着実志向・挑戦志向とは?意味や特徴、違いを知って自己診断結果を活用する

性格や価値観の種類は様々ある

「自分にはどのような職業が向いているのだろう?」と、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

自分自身の事について深く知ることは、そのような疑問を解決する第一歩となります。また、相手や周りの人間の事を知る事で、採用や良好な対人関係のコツがつかめます。

本記事では、ミツカリにおける「着実志向・挑戦志向」という軸について考察します。自分の価値観に合っている職業や仕事環境を探すことにおいて、自分が着実志向なのか、挑戦志向なのかを知ることは、職選びの際や転職活動において、良い基準となります。それぞれの特徴を描写した後、それぞれの価値観に向いている職業や役職を紹介し、コミュニケーションや配属における注意点を紹介します。

適性検査や自己診断での「着実志向・挑戦志向」とは?

適性検査はもともと、人それぞれの特性の違いを、効率よく整理する為に開発されたものです。適性検査研究で最も盛んに行われている性格・価値観は、「人それぞれの違い」を説明する為に開発されました。したがって、どの性格・価値観が優っているかどうかと言う絶対的な判断基準は存在しません。優劣を付けない前提があってこそ、「それぞれに適した職業」や「自分に合ったコミュニケーションの取り方」と結びつける事が可能になります。

採用選考でもよく使われているパーソナリティーを測る適性検査(性格検査)は、抽象的な概念である性格や価値観を可視化できます。適性検査の生まれた歴史を紐解くと、適性検査はあくまで「どんな性格や価値観を持っているのか」の違いを分類するために作られており、スクリーニングなどで「優劣をつける」ことが目的ではありません。そのため適...

性格を適性検査で測る場合、大きく分けて「特性論」と「類型論」に分けられます。ミツカリが捉える性格・価値観とは、複数ある軸の上での自分の位置を測る「特性論」と言う理論に分類されます。

ミツカリは、いくつかの軸の上で性格・価値観を描写しますので、前者の「特性論」に当てはまります。「特性論」に基づく研究は、心理学研究の中でも最も古くから行われている研究の一つで、社会心理学や産業・組織心理学の応用により、性格と仕事のパフォーマンスや人間関係の向上などについて研究されています。

一方で類型論とは、血液型占いのように「あなたはO型」と一つのカテゴリーに当てはめて考える理論です。「特性論」は類型論とは異なり、より複雑で多様な描写を可能にします。

今回の記事では、ミツカリの「着実志向・挑戦志向」に焦点を当てます。自分がこの軸の上でどちら寄りなのか、またはどちらもバランスが取れているかを理解する事が、少しでも職業選択や対人関係に役立つ事ができれば幸いです。

 着実志向・挑戦志向

ミツカリにおける他の項目については、該当する記事をご覧ください。

  1. 外向型・自問型
  2. 論理型・想い重視
  3. 共感型・主観型
  4. 協調型・競争型
  5. 冷静型・情熱型
  6. 楽観型・慎重型
  7. 自己評価・他己評価
  8. 理念重視・ビジネス重視
  9. 過程重視・結果重視
  10. 専門追求型・組織貢献型
  11. 着実志向・挑戦志向(この記事です)
  12. 仕事重視・プライベート重視
  13. 給与重視・仕事内容重視
  14. 私仕混同・私仕分離

着実志向な人の特徴とは

着実志向の人は、大きなリスクは避け、キャリアをしっかりと積み上げていきたいタイプです。計画性を持って、効率よく仕事を進めたいと思っています。立てた目標を一つずつ着実にこなして行く事にやりやすさを感じます。

一つの意思決定に十分な時間をかけ、なるべく多くのことを考慮してリスクを減らした上で判断したいタイプです。一旦動き出せば途中で諦める事は少なく、一つのことを最後までやり遂げる忍耐力も持ち合わせています。

挑戦志向な人の特徴とは

挑戦志向の人は、ハイリスクハイリターンを好み、挑戦を求めるタイプです。失敗を恐れず、可能性の低い事でも果敢に挑んで行く度胸があります。予期せぬ展開にも臆する事なく、意外性を楽しむ事ができます。

計画を立てる事は苦手だが、勢いが良いので難しい決断も即決する事ができます。ルーティンワークを嫌い、型にはまらない独創的なアプローチを好みます。

着実志向・挑戦志向の注意点について

「特性論」に基づくミツカリは、着実志向・挑戦志向のどちらか一方に特定するのではなく、あくまで連続値の上での相対的なスコアを算出します。つまり、着実志向と挑戦志向のちょうど真ん中に当たる「どちらとも言えない」バランスの取れた価値観になることも十分に起こりえます。誰しもどちらの側面を持ってはいるけれど、自分の置かれた状況に応じて、どちらの側面が強く出やすいかが人によって異なります。

今の自分の価値観はどこ?

着実志向・挑戦志向のようなキャリアの価値観は、性格による多少の影響はあるものの、キャリアのステージによって変わる事があります。

例えば、実務経験の少ない若手にとっては、責任のかかる大きなプロジェクトを経験する事は少ないでしょう。仕事のリスク自体が低いので挑戦する事のリスクは小さくなります。様々なプロジェクトを経験した事のある中堅層なら、リスクの大きさを認知しやすくなったがために着実志向に傾倒するかもしれません。一方で、経験を積むにつれリスクヘッジの仕方を学び、より挑戦志向に傾倒する可能性もあります。

自分がどちら寄りなのかはっきりとは断定せずに、経験値の度合いとキャリアのタイミングでじっくり考えてみるのも良いでしょう。

着実志向・挑戦志向と職業適性の相性とは

着実志向・挑戦志向の人には、どのような職業・役職が向いているのでしょうか。

現代ほど複雑化した世の中では、多様な職業が存在します。それぞれの職業には、それぞれに特化した必要なスキルや能力がありますが、「着実志向・挑戦志向」にも適性の相性はあります。

心理学研究によると、性格によって向いている・向いていない職業をある程度予測することができるます。主に産業・組織心理学、社会心理学を中心に、性格検査を用いて人の様々な行動パターンを結びつく研究が多く行われてきました。

以前の心理学研究では「○○なタイプの人は××な職業を選んでいる傾向がある」と言うところまでしか分かっていませんでした。最新の心理学研究の結果から「性格と職業適性の相性」が仕事の活躍度を予測しうる事が分かってきました。

特筆すべきなのは、ドイツの研究グループによる、社会人の性格と「職業に適すると思われる性格」とのマッチを調べた大規模な研究です。研究結果によると、ある職業における「望ましいと思われる性格」と「実際の性格」との相性が良い人ほど年収が高い、と言う結果がでました。つまり、自分の性格に合っている職業を選んでいる人ほど、パフォーマンスが高いと言う事です。

この研究の結果は、自分のしたい事がまだ明確に決まっていない就活生や、現在の仕事が自分には合わないと感じている人にとっては大きな手掛かりになるのではないでしょうか。自分が何をしたいのか明確に決まっていない場合、まずは自分の性格や特徴を知る事で、ある程度自分のパフォーマンスを最大化できる職業を効率よく見つけ出す事ができます。

着実志向に向いている職場環境とは?

着実志向の人にとっては、リスクを取る事があまり必要なく、規律性と秩序のある仕事環境が適しています。プロジェクトの見通しが立っていたり、具体的で明確な指針があると働きやすいです。長期的に自分のキャリアをしっかりと描ける企業や、それを手助けしてくれるような職場環境が適しています。

このような役職や職業には、例えば公務員、事務職、セールス、教師、公認会計士、会計監査、銀行員、財務・経理、などの職業が挙げられます。

挑戦志向に向いている職場環境とは?

挑戦志向の人にとっては、リスクは大きいがリターンも大きい仕事を好みます。責任を問われるポジションや、新規事業に向いています。活動的に働く事ができ、臨機応変な判断が求められる環境が適しています。あまり規則や制限のない組織の方がモチベーションを長く維持できます。

挑戦志向に適した職種は、例えば起業家、投資家、金融アナリスト、保険のセールス、報道記者、エンタメ業、卸売業などが挙げられます。

コミュニケーション方法や職場の環境選びへの応用

今の自分が着実志向なのか、挑戦志向なのかが分かれば、職業選びだけでなく、自分の置かれた環境での他人とのコミュニケーションの取り方にも生かすことができます。もしも同じ部署に自分の価値観とは正反対の同僚や上司がいたらどうでしょうか?

例えば、着実志向の人にとっては、事例や経験が乏しく失敗するかもしれない業務や責任を伴う業務はストレスがかかります。もし、挑戦志向寄りのメンバーが多いチームに配属されたとしたら、不安定な行動や意思決定に追いつけなくなってしまうでしょう。また、着実志向の人は、挑戦志向の人から見ると、優柔不断で度胸のない人間に写ってしまいかねません。

挑戦志向の人にとっては、確実性はあるが成長やチャレンジの少ない業務は退屈に感じてしまうでしょう。もし、着実志向寄りのメンバーが多いチームに配属されたとしたら、型にはまって変化の少ない仕事にストレスを感じるかもしれません。また、挑戦志向の人は、着実志向の人から見ると、思考が浅く一貫性のない人に見えてしまいます。

採用や部署配置の時点で個人の価値観と、組織風土の価値観を擦り合わせておく必要があります。着実志向と挑戦志向は、互いに対照的であるが故に、同じチームや環境下に配属された場合には上手なコミュニケーションが必要になってきます。

最初の前提で述べたとおり、本来価値観の違いに優劣はありません。お互いの長所と短所が表れやすい環境はあっても、あくまで同じ目標に向かっているのならば、そこに辿り着くまでの思考や手段のプロセスが違うのです。

対称的な価値観を理解して上手く対処できれば、お互いの短所を補完しあう関係性を築ける可能性もあります。たとえお互いの思考プロセスが違っていたとしても、同じ目標を共有している事と、それぞれの違いをお互いに理解している状態が、ストレスに繋がります。

着実志向と挑戦志向の価値観の違いは、キャリアのステージに依存します。したがって、違いが存在すること自体はそこまで問題ではなく、共通理解や事前の擦り合わせがないままの採用や配属こそがトラブルの原因になります。違いを事前に把握していれば、配属でのトラブルを最小限に留めることができます。

自分の「着実志向・挑戦志向」のスコアをまずは把握することが質の高い採用や転職の第一歩となります。また、配属の責任を任される人事担当者の方にとっては、新卒・中途に関わらず、スコアを把握しておくことは実に有用な情報になります。

例えば、着実志向のスコアが高い人には「上司からの承認やアドバイスを待たずとも、自分で進める仕事を任された場合どうするか?」、挑戦志向のスコアが高い人には「あまり新しい業務がないが、モチベーションを保てるか?」などといった、一歩踏み込んだ確認ができます。これらの確認を面接で戦略的に行うためにも、適性検査などの客観的な指標が役に立ちます。

着実志向・挑戦志向と上手く付き合っていこう

性格・価値観にはそれぞれに優劣はなく、自分と他人との違いを上手く整理するために使えるものです。多くの適性検査をはじめ、ミツカリでは「特性論」という理論を使い、それぞれの軸の上で、人の性格や価値観の程度を計測し可視化します。

今回紹介した「着実志向・挑戦志向」の特徴を理解する事で、自分に向いている職業を予測したり、ある程度参考にすることができます。

着実志向の人にとっては、規律がありキャリアを着実にアップできるような職場環境が向いています。挑戦志向の人にとっては、新しい事に挑戦できたりルーティンワークの少ない業務が向いています。

自分に合った職業や役職を探す際には、まずは適性検査を使って自分の性格や価値観を客観的に見つめ直してはどうでしょうか。自分の価値観を深く知ることは、自分のやりたい事が決まっていない場合や、現職が自分に合わないと感じている転職者にとって、大きなきっかけになります。「着実志向・挑戦志向」の価値観は、キャリアや人生のステージによって大きく変わりうるので、節目ごとに確認することをオススメします。

お互いに対照的な価値観であるが故に、ズレが生じると大きなストレスを生みます。自分自身の価値観や周りの人間の価値観を知ることで、ストレスのないコミュニケーションの取り方や、適切な配属に生かすことができます。適性検査を通じて価値観を知ることは、企業の人事担当者だけでなく、働くすべての労働者にとって効果的に活用できます。

ミツカリにおける他の項目については、該当する記事をご覧ください。

  1. 外向型・自問型
  2. 論理型・想い重視
  3. 共感型・主観型
  4. 協調型・競争型
  5. 冷静型・情熱型
  6. 楽観型・慎重型
  7. 自己評価・他己評価
  8. 理念重視・ビジネス重視
  9. 過程重視・結果重視
  10. 専門追求型・組織貢献型
  11. 着実志向・挑戦志向(この記事です)
  12. 仕事重視・プライベート重視
  13. 給与重視・仕事内容重視
  14. 私仕混同・私仕分離
資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ