記事カテゴリー

「 企画・設計 」一覧

母集団形成は、多くの企業が取り組む採用課題の一つです。少子化による労働力人口の減少、優秀な人材の獲得競争の激化による採用コストの増加、SNSやリファラル採用などの新しい母集団形成手法の増加などで、多くの課題が生まれています。

母集団形成に注力する企業が多い中で、そもそもどの母集団形成方法が効率的なのかを選ぶことや、必要となるリソースやコスト配分、昨年度は成功したのに今年は失敗したなどの労働市場の変化に対応することが求められています。

母集団形成の企画・設計カテゴリーでは、母集団形成における一般的な悩みや課題について掘り下げて説明します。母集団形成ができなくなっている現状や、多くの企業で発生している課題や問題、各課題の解決策について説明します。求人広告や会社説明会などの具体的な悩みについては、他のカテゴリーにて説明します。

戦略的な母集団形成とは?採用活動プロセスの効率化を目指そう!

人材獲得競争の激化や働き方改革での法令対応や自社制度の整備など、人事担当者の業務負担が増加しています。採用に関しても、多くの人事担当者の悩みとなっています。少子化に伴う労働力人口の減少により、採用における母集団形成も、ただやみくもに候補者を集めるのではなく、戦略的に何人集めるのか、どれだけのリソースを避けばよいのか戦略に落とし込むことが大切です。戦略な母集団形成を実現するために、どのような方法をとればよいのか、どのようなデータを活用すればよいのかについて説明します。

母集団形成の方法とは?各方法のメリットやデメリットを理解しよう!

母集団形成の方法には様々な種類があります。近年はインターネットの発達や従来の母集団形成方法が通用しなくなったなどの理由から、新たな母集団形成方法も誕生しています。効果的な母集団形成を行うためには、全ての方法を試すのではなく、自社の採用戦略に適した方法を取捨選択し、予算や人手などのリソースに優先順位をつけて対応することが求められています。今回は代表的な母集団形成方法と、それぞれの方法におけるメリットやデメリットについて説明します。

母集団形成の課題と対策方法とは?優れた人材を採用するために

人材獲得競争が激化しています。過半数の企業で自社の従業員不足を認識しているのに対し、少子化に伴う労働人口の減少により、優秀な人材をどのように獲得するかは多くの人事担当者の悩みです。労働人口の減少や、リファラル採用などの新しい採用手法が出てきたことにより、母集団形成に苦戦する企業も少なくありません。優秀な人材を採用し、自社の人材不足を解消するためには、母集団形成は欠かせないものです。今回は母集団形成における代表的な課題や問題、対策方法について説明します。

母集団形成とは?意味や目的、課題や注意点について再認識しよう!

企業における労働力不足が深刻な問題となってきています。自社の従業員が不足していると考える企業は過半数を超えている一方で、少子化に伴う労働人口の減少により、人材獲得競争はより激化する傾向にあると考えられます。自社の従業員を確保するためには、自社の採用候補者となってもらう人材を集める母集団形成の重要性が増しています。母集団形成は、単に候補者の数を集めればよいわけではなく、候補者の質も考慮して母集団形成を行う必要があります。母集団形成の目的や課題、注意点や方法の概要について説明します。