信念バイアスとは?結果と過程を切り離して考えよう
信念バイアス
業績評価とは?運用時に注意すべきポイントについて
業績評価
プレイングマネージャーとは?メリット・デメリットを理解しよう
働き方
記事カテゴリー

信念バイアスとは?結果と過程を切り離して考えよう

信念バイアスとは、結果が正しければ過程もすべて正しいと思い込む効果、または結果が間違っていれば過程も全て間違っていると思い込む効果のことです。結果がダメだとそれまでの過程もすべて否定してしまうため、周りの人の頑張りや努力、良かったところまですべてを否定してしまいがちになります。今回は信念バイアスについて説明します。

業績評価とは?運用時に注意すべきポイントについて

業績評価とは、業務の結果や成果によって人材を評価する手法です。業績が明確で、定量指標を設けやすい営業職などに適している評価手法で、客観性の高いジャッジができるのが利点です。客観的かつわかりやすい指標で評価が行われるため、公平性・明瞭性などが担保されやすいのですが、全ての職種で定量指標が導入できる訳でもないのが問題点です。今回は業績評価を実施する際に注意すべきポイントについて説明します。

プレイングマネージャーとは?メリット・デメリットを理解しよう

プレイングマネージャーとは、組織の成果や利益を出すプレイヤーとして活躍しながら部下の育成や評価などのマネジメントを行うポジションです。優秀なプレイヤーが優秀なマネージャーになるとは限りませんが、人手不足によるプレイヤー不足やマネージャー不足に伴ってプレイングマネージャーになるケースも多々発生しています。今回はプレイングマネージャーについて説明します。

ワークプレイスラーニングを実現する方法とは?環境整備が大切!

ワークプレイスラーニングとは、職場における学習の意味であり、職場における経験や他メンバーとのかかわり合いなどにおける学習で、個人や組織のパフォーマンスを改善する目的で行われています。職場における経験を学習に有効活用するために、モデルの認知や職場環境の整備などが重要となります。今回はワークプレイスラーニングを実現する方法について説明します。

グリットとは?どんな構成要素がやり抜く力を高めるのか

グリットとは「やり抜く力」で、困難に対して粘り強く立ち向かい、最後までミッションを完遂するというニュアンスがあります。心理学の分野で研究されてきた概念で、労働生産性との関係性も注目されており、人材が成功するに必要な要素とも言われています。今回はグリットを構成する要素について説明します。

ソーシャルレコグニションの実践方法や具体例とは?感謝を交換しよう

ソーシャルレコグニションとは、組織においてメンバー同士が互いを承認しあうことや承認し合う仕組みのことです。労働生産性や定着率の向上にも影響のある仕組みですが、闇雲に導入するだけでは制度が形骸化してしまう可能性が高いことに注意しましょう。導入する前の事前の検討や準備、正しく制度が運用されるためのサポートなどを行う必要があります。今回はソーシャルレコグニションの実践方法や具体例について説明します。

プロティアンキャリアにおけるキャリア形成方法とは?自分自身に向き合う

プロティアンキャリアとは、変化の激しい現代において、キャリアを組織依存ではなく個人の欲求によって都度変化させていくキャリア理論です。プロティアンキャリアを形成させるためには、自分はどんなキャリアを積みたいのか、未経験やスキルがなくともどんなスキルや経験を蓄積させたいのかなどを考えることが大切です。今回はプロティアンキャリアの形成方法について説明します。

後知恵バイアスの具体例や対策方法とは?深刻な問題を引き起こす前に

後知恵バイアスとは、物事が起こった後に予測可能であったと考える心理効果であり、結果だけを見てしまうことで原因や他の可能性などを考慮しなくなる現象です。後知恵バイアスが過度に生じると、事象の本質を見ずに誤った判断をしてしまう危険が増えます。今回は後知恵バイアスが発生する原因や具体例、対策方法について説明します。

第二新卒を採用するメリットや注意点とは?総合的な判断が大切

第二新卒とは、学校を卒業し就職した後、1~3年以内に何かしらの理由により離職をし、転職活動を行う25歳前後の若手求職者の事を指します。第二新卒の市場は一定数あり、ビジネススキル等も兼ね備えながら意欲の高い第二新卒は魅力的に感じられますが、採用時には注意すべきポイントもあります。今回は第二新卒の採用について説明します。