会社説明会とは?目的や開催前の準備、メリット・デメリットについて
会社説明会
グループディスカッションの役割とは?役割ごとの評価方法について
選考基準や採用要件を明確化しよう!新卒・中途採用の選考方法とは?
採用要件
記事カテゴリー

会社説明会とは?目的や開催前の準備、メリット・デメリットについて

会社説明会とは、企業が求職者に対して自社をより詳しく知ってもらうために開催する、採用活動のプロセスのひとつです。会社説明会は、求職者を自社に惹きつけるための施策ですが、準備が足りないと逆に求職者を失望させてしまうきっかけにもなり得るため注意が必要です。今回は会社説明会の目的や内容、開催前の準備やメリット・デメリットについてご紹介します。

グループディスカッションの役割とは?役割ごとの評価方法について

グループディスカッションとは、学生を数人のグループに分けてテーマを与えて議論させ、グループとしての結論を出させる選考方法です。グループディスカッションでは、役割によって評価できる項目が異なるため、役割に応じた評価を行う必要があります。今回はグループディスカッションの役割と、役割ごとに評価できる要素について説明します。

選考基準や採用要件を明確化しよう!新卒・中途採用の選考方法とは?

選考基準や採用要件を明確化するためには「どのような人材が欲しいのか」を定義した上で「求める人材はどのような人柄・スキル・経験を持っているのか」を具体化する必要があります。自社ならではの採用要件を定義すれば、採用活動の効率化に役立つだけでなく、他社との差別化にもつながります。今回は新卒採用と中途採用において、選考基準や採用要件を明確化する方法についてご紹介します。

キャリアサバイバルの意味とは?企業のメリット・デメリットについて

キャリアサバイバルとは、社員個人の仕事上譲れない価値観と、環境や組織のニーズとの調和を意味する言葉です。キャリアサバイバルとキャリアアンカーを両立させることで、社員のモチベーションが向上し、生産性の向上や離職率の改善につながります。今回はキャリアサバイバルの意味や定義、企業で活用するメリット・デメリットなどをご紹介します。

ティール組織の事例紹介!ティール組織を実現した企業の事例について

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織を実現している企業は多くあり、さまざまな取組事例や成功事例が公開されています。今回は、ティール組織を導入した企業の事例をご紹介します。

ワークライフバランス推進における日本特有の問題点と解決策とは?

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。日本でワークライフバランスを推進する上での問題点として、男女の役割分担意識の強さがあり、男性の家事参加や女性の社会進出の妨げとなっています。今回は、ワークライフバランス推進における日本特有の問題点についてご紹介します。

マネジメントスキルとは?意味や定義、具体的なスキルの例について

マネジメントスキルとは、何らかの対象を管理するスキルを意味する言葉です。マネジメントスキルの育成や見極めを行う際には、立場や役職によって求められるスキルが異なるため、マネジメントスキルの種類や概要について知っておく必要があります。今回はマネジメントスキルの意味や定義、具体的なスキルの例についてご紹介します。

採用サイトのキャッチコピーの作り方とは?魅力的な実例をご紹介!

採用サイトとは、自社を志望している求職者に向けて情報を発信する、求人募集のための専用ウェブサイトです。自社の採用サイトのキャッチコピーを考える際には、他社の魅力的なキャッチコピーを参考にして、語感の良さや企業イメージとの関連付け方を考えることが大切です。今回は、採用サイトに魅力的なキャッチコピーを掲載している企業の例を参考にして、採用サイトのキャッチコピーの作り方をご紹介します。

グループディスカッションの進め方とは?当日の流れや準備について

グループディスカッションとは、学生を数人のグループに分けてテーマを与えて議論させ、グループとしての結論を出させる選考方法です。グループディスカッションを実施する際には、事前準備をしっかり整えた上で、当日の進め方を理解しておく必要があります。今回は、グループディスカッションの進め方について詳しくご紹介します。

採用基準の作り方とは?採用要件の明確化と優先順位の決め方について

採用要件とは、労働条件や求職者のスキルなど、採用活動において企業が応募者を採用するかどうかを決める基準を意味する言葉です。採用要件の項目は、増やせば増やすほど求人市場からターゲットの母数が減っていくため、明確な採用基準を作って優先順位を決めておくことが大切です。今回は採用基準の作り方について、採用要件の優先順位の決め方をご紹介します。