動機付け要因とは?動機付け要因を高める方法やメリットについて
イノベーション人材の特徴とは?具体的なスキルの例について
パフォーマー
社会人インターンで副業目的の人材を確保する企業側のメリットとは?
記事カテゴリー

動機付け要因とは?動機付け要因を高める方法やメリットについて

動機付け要因とは、達成感や承認欲求などといった、仕事への「やりがい」に直接関わる要因です。動機付け要因は、社員のモチベーションを高めて企業全体の生産性を向上させる上で、非常に重要な要素です。今回は、ハーズバーグの二要因理論における動機付け要因について、詳しくご紹介します。

イノベーション人材の特徴とは?具体的なスキルの例について

イノベーション人材とは、技術やサービスなどにおいて革新を起こす可能性が高い人材を意味する言葉です。イノベーション人材を採用・育成するためには、自社がどの分野でイノベーションを起こしたいのかという目的を明確にして、求める人物像を具体化していく必要があります。今回はイノベーション人材の特徴や、イノベーション人材が持つスキルの具体例についてご紹介します。

社会人インターンで副業目的の人材を確保する企業側のメリットとは?

社会人インターンとは、社会人が現在所属している企業の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加することを意味する言葉です。社会人インターンを実施する際には、副業や兼業を目的とした優秀な人材を確保するために、有償インターンと無償インターンの違いについてしっておく必要があります。今回は、社会人インターンで副業目的の人材を確保する方法や、企業にとってのメリット・デメリットについてご紹介します。

コーポレートアイデンティティを活用できる施策の例とは?

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。コーポレートアイデンティティの効果を最大限に引き出すためには、コーポレートアイデンティティを活用した施策を実施する必要があります。今回は、コーポレートアイデンティティを有効活用するための施策例についてご紹介します。

ファミリーデーを実施した企業の事例とは?企画の例や効果について

ファミリーデーとは、企業が自社のオフィスに社員の家族などを呼ぶ、社内イベントを意味する言葉です。ファミリーデーは、多くの企業で実施された事例があり、各社さまざまな取り組みがされています。今回は、ファミリーデーを実施した企業の事例から、具体的な企画例をご紹介します。

職場の人間関係を改善する研修とは?具体的な目的や内容について

職場の人間関係は、給与の高さや仕事のやりがいよりも、多くの人にとって重大なストレスの原因となっています。職場の人間関係を改善するために研修を行う場合は、自社の課題に合った研修内容を考える必要があります。今回は、職場の人間関係を改善するための研修についてご紹介します。

学内セミナーを開催する上で企業側に必要な準備とは?

学内セミナーとは、学校主催で開催される企業説明会を意味する言葉です。学内セミナーは、学校側と信頼関係を築くことができれば基本的に開催費用が無料ですので、母集団形成の面でもコストの面でも非常に効果的です。今回は、学内セミナーを開催する上で企業側に必要な準備についてご紹介します。

ハーズバーグの二要因理論とは?動機付け要因と衛生要因について

ハーズバーグの二要因理論とは、仕事における「満足」と「不満足」につながる要因が、それぞれ全く別の原因であるとする理論です。社員のモチベーションマネジメントを行う上では、動機付け要因と衛生要因のどちらか一方だけでなく、両方を満たす必要があります。今回は、ハーズバーグの二要因理論についてご紹介します。

イノベーション人材とは?意味や定義、企業に求められる要素について

イノベーション人材とは、技術やサービスなどにおいて革新を起こす可能性が高い人材を意味する言葉です。イノベーション人材はほとんどの企業が求める人材ですが、単にイノベーション人材を採用・育成しただけではイノベーションを起こすことはできません。今回はイノベーション人材の意味や定義、企業に求められる要素についてご紹介します。

社会人インターンとは?企業側の目的やメリット・デメリットについて

社会人インターンとは、社会人が現在所属している企業の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加することを意味する言葉です。社会人インターンは、中途採用における優秀な人材の獲得や早期離職の防止など、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回は、社会人インターンの意味や目的、企業にとってのメリット・デメリットなどについてご紹介します。