オープン・リーダーシップとは?組織の運営に役立てる方法について
OJTシートとは?使用目的やメリット、活用する際の注意点について
OJT・Off-JT
キャリア開発を支援する方法とは?具体的な施策や制度の内容について
キャリア
記事カテゴリー

オープン・リーダーシップとは?組織の運営に役立てる方法について

オープン・リーダーシップとは、組織の透明性とヨコのつながりを重視し、組織のメンバー全員が能力を発揮できるようにするリーダーシップ能力です。オープン・リーダーシップを活用すれば、組織の意思決定や業務の処理速度が格段に上がり、業界・業種を問わずフレキシブルな対応が可能になります。今回はオープン・リーダーシップの意味や目的、求められる能力やメリット・デメリットについてご紹介します。

OJTシートとは?使用目的やメリット、活用する際の注意点について

OJTシートとは、トレーナーとトレーニーがOJTの目標や進捗状況を共有し、客観的に自分を振り返えるためのツールです。OJTシートを活用すれば、現状の課題が可視化されて、効果的・効率的なOJTが実施できます。今回はOJTシートの使用目的やメリット、活用する際の注意点をご紹介します。

キャリア開発を支援する方法とは?具体的な施策や制度の内容について

キャリア開発とは、自社内で社員がキャリアを築いていくために、企業が社員に対して支援を行うことを意味する言葉です。キャリア開発を支援することで、社員の生産性や定着率が向上し、会社全体で大きなメリットを得ることができます。今回は、社員のキャリア開発を支援するための具体的な施策についてご紹介します。

キャリアデザインとは?意味や概念、企業が支援する目的について

キャリアデザインとは、自身の理想のキャリアを描き、キャリアを実現する方法を考えることです。社員のキャリアデザインを支援すれば、労働生産性の向上や組織全体の活性化など、企業にとって様々なメリットがあります。今回はキャリアデザインの意味や概念、社員のキャリアデザインを支援する目的やメリット・デメリットなどをご紹介します。

スキルマップの活用事例とは?実際の企業における事例を5つご紹介!

スキルマップとは、在籍中の従業員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを導入する際には、他社の事例を参考にすることで、高い効果と効率が得られます。今回は、スキルマップを導入した企業の事例と、導入した結果得られた効果を5つご紹介します。

ダイバーシティマネジメントのアメリカにおける企業事例と歴史とは?

ダイバーシティマネジメントとは「従業員の多様な個性を企業内に取り込んで活用し、経営に活かしていく」という意味の言葉です。ダイバーシティマネジメント発祥の地であるアメリカにおける歴史や企業事例からは、今後自社で取り組んでいく際のヒントが得られます。今回はダイバーシティマネジメントについて、アメリカにおける歴史や企業事例をご紹介します。

マミートラックとは?問題が起きる原因とデメリットを防ぐ方法とは?

マミートラックとは、子育てをしながら働く中で発生する制約が原因で、育休から復帰した女性が昇進やキャリアコースから離れることを意味する言葉です。マミートラックのデメリットを防ぐための努力は、回りまわって企業に大きなメリットをもたらします。今回は、マミートラックが問題になる原因と発生し得るデメリットを説明した上で、問題の発生を防ぐ方法をご紹介します。

ホリゾンタル・リーダーシップとは?組織の多様化への活用法について

ホリゾンタル・リーダーシップとは、従来のタテの関係によるリーダシップではなく、ヨコの関係を重視した新しいリーダーシップ理論です。ホリゾンタル・リーダーシップは、自社のビジネスや組織全体の多様化・グローバル化に役立つだけでなく、女性活躍推進やダイバーシティ推進にもつながります。今回は、ホリゾンタル・リーダーシップの意味や定義、求められる能力やメリット・デメリットについてご紹介します。

OJTの失敗例とは?失敗例から学ぶOJTを失敗しないための方法とは?

OJTは現在多くの企業で定着していますが、実施してはいるものの上手く機能しておらず、OJTを失敗している例が存在します。自社でOJTを失敗しないためには、失敗例からOJTでやってはいけないことを読み取る方法が一番の近道です。今回は、OJTを実施する際に失敗しないための方法を、OJTの失敗例をもとにご紹介します。

キャリア開発の実施方法とは?自社でキャリア開発を行う方法について

キャリア開発とは、自社内で社員がキャリアを築いていくために、企業が社員に対して支援を行うことを意味する言葉です。キャリア開発を自社で行い、生産性や定着率を向上させるための方法は、大きく5つのプロセスに分けられます。今回はキャリア開発を自社で実施する方法について、プロセスごとの目的とあわせて分かりやすくご説明します。