労働者のストレス要因の変化を厚生労働省の調査から読み解くと
ストレス
ナレッジワーカーとマニュアルワーカーの関係性とは?歴史背景から読み解く
働き方
テレワークとは?働き方改革は在宅勤務だけじゃない!
テレワーク
記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (51)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (88)
  • 離職・定着 (26)
  • 労働者のストレス要因の変化を厚生労働省の調査から読み解くと

    労働者を保護するため、健康に関する現状を理解するために調査・公開されているデータが労働安全衛生に関する調査です。労働安全衛生調査では、強いストレスを抱えている労働者の割合だけでなく、強いストレスとなっているストレス要因の割合についても調査されており、過去の調査データと比較することで、ストレス要因の推移などが明らかになります。今回は2017年の調査と2012年の調査を比較して分かることやストレス管理の改善策として必要なことについて説明します。

    ナレッジワーカーとマニュアルワーカーの関係性とは?歴史背景から読み解く

    マネジメントの世界的な第一人者、ピーター・ドラッカー氏が提唱した「ナレッジワーカー」。この対語である「マニュアルワーカー」とともに、1970年代以降さまざまなビジネスの現場で使われている用語です。今回は、人事担当者として知っておきたい「ナレッジワーカー」と「マニュアルワーカー」の概要とその違いなどについてご紹介します。

    テレワークとは?働き方改革は在宅勤務だけじゃない!

    テレワークとは、情報技術を活用して会社以外の場所で、遠く離れて働くことを実現する勤務形態のことです。テレワークとは在宅勤務だけを指す言葉ではなく、時間や場所を有効に活用できる様々な働き方があります。今回はテレワークを導入する目的や、テレワークを導入する企業・従業員のメリット・デメリットについて説明します。

    ITケイパビリティとは?ITの利活用も企業組織の能力である!

    ITケイパビリティとは、ITの利活用に関するケイパビリティ(企業組織における能力)のことです。世界企業の時価総額ランキングでは、IT企業が上位を占めています。また1995年頃から横ばいとなっている日本の労働生産性における原因として、ITの利活用が遅れたことも問題として挙げられます。人工知能などの発展により、業務やビジネスモデルにITを組み込むことは競争社会を勝ち抜くために必要不可欠な要素です。今回はITを活用できる能力であるITケイパビリティとはどんなものか、細分化するとどのような能力があるのかについて説明します。

    性格検査の種類とは?3種類の特徴を理解して活用しよう!

    採用選考などで用いられる性格検査には、主に3種類の手法に分類ができます。3種類それぞれの手法には、検査時間や結果の信頼性、検査者の熟練度などに違いがあり、メリット・デメリットを理解した上で自社で活用する方法を考えることが重要です。今回は性格検査の種類と、それぞれの手法の特徴について説明します。

    「オヤカク」とは?内定者フォローとしてオヤカクの対応は必要なのか?

    オヤカクとは、企業が内定予定者の親に対して、内定承諾の確認を行うことです。オヤカクが求められるようになった背景として、少子化などで親が進路に慣用する機会が多くなったことや大手企業が安泰ではなくなったこと、ブラック企業問題の表面化などが挙げられます。今回はオヤカクが求められるようになった背景や実態、施策内容やポイントについて説明します。

    採用業務の効率化と内定率UPを両立する3つのポイントとは

    採用業務の効率化は、人事担当者にとって重大な課題となっています。売り手市場が続くことで「以前と同じやり方では人材確保が厳しい」だけでなく、働き方改革の推進により「就労環境や人事制度の整備」などへの対応も求められています。採用における課題として約7割の人事担当者が「マンパワーが課題である」と挙げています。売り手市場で人事担当者を採用するのも難しくなる中、採用業務を効率化させながら内定辞退率を低下させる3つのポイントについて説明します。

    ストレス要因の強さランキングとは?労働者のストレスの原因を知ろう!

    ストレス管理を行うためには、ストレスの原因となるストレス要因に優先順位を付けて対策を行うことが重要です。ストレスについては様々な学術研究が行われており、ストレス要因の強さについても、ストレス管理に活用できる結果が報告されています。今回はストレス要因の強さをランキングにした研究結果や、研究内容から読み取れるものについて説明します。

    マニュアルワーカー(単純作業労働者)とは?将来性や必要性について

    マニュアルワーカー(単純作業労働者)とは、ナレッジワーカー(知識資産労働者)の対語である存在です。高度経済成長期において特徴的な働き方で、マニュアル通りに正確かつ速さが求められていました。現代の働き方においてナレッジワーカーの重要性が高まっているものの、マニュアルワーカーが不要というわけでは決してありません。マニュアルワーカーの意味や定義、今後マニュアルワーカーに求められるものについて説明します。

    副業を解禁した他社の事例!先進的な活動から、副業解禁の効果を知る

    2018年1月に厚生労働省が公表した「モデル就業規則」によって「原則副業を容認する」流れとなっています。副業について法的な拘束力は元々無く「モデル就業規則」での解禁に先立って副業を容認してきた企業がいくつかあります。今回は副業を解禁した他社の事例から、副業を解禁することでどのような効果をもたらしたのかについて説明します。