記事カテゴリー

「 適性検査 」一覧

多くの企業で、採用選考や管理職登用などの際に用いられているのが「適性検査」です。適性検査では、性格や価値観といった人柄を測る「パーソナリティ検査(性格検査)」や基礎学力を測る「能力検査」など、目に見えない抽象的な概念を測定することを目的としています。

適性検査は、抽象的で曖昧な概念を、客観的かつ学術的にも根拠のある形で可視化できるため、採用選考だけでなく、配属や教育研修、人事評価制度など様々な人事業務へ応用ができます。しかし適性検査はあくまで可視化するツール(手段)であるため、適性検査の受検結果をどのように活用するのかの目的を明確にしなければ、最大限の効果を発揮できません。

適性検査カテゴリーでは、心理学研究から生まれた適性検査の歴史や目的、どのような適性検査があるのか、適性検査の受検結果を人事業務へ活用する方法について説明します。

 

職務適応検査とは?職務適応性で異なる仕事の向き・不向きについて

職務適応検査とは、人材が職務をスムーズに遂行するために必要な知識や技術を、どれだけ速く身に付けられるかを測る検査です。職務適応検査の結果から、人材の職務適応性に合った役職や業務を的確に与えることができれば、人材の定着率や仕事の生産性の大きな向上が期待できます。今回は、職務適応性の種類と、種類ごとの仕事の適性についてご紹介します。

職務適応性検査とは?採用活動における効果的な活用方法について

職務適応性検査とは、職務をスムーズに遂行するために必要な知識や技術を、人材がどれだけ速く身に付けられるかを測る検査です。職務適応性検査は、応募者が現時点で持っているスキルだけでなく、将来的なポテンシャルを含めた適性を測ることができます。今回は職務適応性という言葉の意味や定義、職務適応性検査のメリットとデメリットについてご紹介します。

ストレス耐性検査とは、どんなことが分かるのか?先天的・後天的な要素で考えよう

ストレス耐性検査とは、適性検査の一種で、ストレス耐性の強さを見極める検査です。精神障害の労災請求が年々増加しており、多くの企業が入社前にストレス耐性を見極めようとしています。今回はストレス耐性検査で見極められる6つの要素と、見極めるべき要素について説明します。

ビッグファイブの神経症傾向とは?ストレス耐性に影響を与える!

ビッグファイブの神経症傾向とは、ネガティブなことへの感情の反応を示すもので、ストレス耐性にも大きな影響を与えています。神経症傾向が低い人材=ストレス耐性が強い人材=優秀な人材と考えられがちですが、得手不得手があることを理解することが大切です。今回は神経症傾向の特徴や、神経症傾向が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

適性検査の標準性とは?誰に対して作られたものかを理解しよう!

多くの企業の採用選考で適性検査が使われています。日本にも様々な適性検査が存在しますが、適性検査を選ぶ基準の一つに標準性があります。標準性とは、母集団に対して受検者個人の位置を示すものであり、比較対象となる母集団が適切な適性検査を選ぶことが重要です。今回は適性検査における標準性とはなにか、どのように適性検査を選ぶべきかについて説明します。

適性検査の信頼性とは?精度と受検負担を考慮しよう!

適性検査の信頼性とは、受検結果の精度を意味する指標であり、どの程度正確な分析結果であるかを意味しています。質問項目などを増やせば信頼性が高まる一方で、受検負担が増加するため、信頼性と受検負担を天秤にして考える必要があります。今回は適性検査の信頼性とはなにか、どのように考えて適性検査を選ぶべきかについて説明します。

適性検査の妥当性とは?適性検査を使う目的を明確にしよう!

採用や人事考課などで用いられることの多い適性検査ですが、適性検査と言っても様々な種類があり、自社に適した適性検査を選んで活用することが大切です。適性検査を選ぶ基準の一つに「妥当性」があり、妥当性とは利用目的や場面にどの程度相応しいかを示す指標です。今回は適性検査の妥当性について、定義や考え方、計測方法について説明します。

組織適性検査を採用精度向上に活かす方法とは?現状を把握し、相性を見極めよう!

組織適性検査は、組織の現状を理解することができる適性検査です。組織の現状を把握するだけでなく、人事業務に有効活用することが大切です。組織適性検査を採用活動で活用するためには、現状と相性の良い人材を見極めて、採用評価項目や評価基準に落とし込むことが大切です。今回は組織適性検査を採用活動で活用する方法や注意点について説明します。

組織適性検査を使ってチームビルディングを実現する方法とは?

組織適性検査は、組織の現状を把握するための適性検査であり、効果的なチームワークを実現するためのチームビルディングにも有効活用することができます。有効活用するためには、チームビルディングの目的や方法を明確にしながら、現状の組織の課題を明確にすることが大切です。今回は組織適性検査をチームビルディングに活用する方法について説明します。