記事カテゴリー

「 人材アセスメント 」一覧

人材アセスメントとは、組織以外の第三者による客観的かつ公平な評価で、社員の人材配置や昇進・昇格の適正を測定する方法です。人材アセスメントは、人材に対する客観的な評価ができるだけでなく、自己開発の動機づけや人材発掘、採用・評価のミスマッチを防止するメリットがあります。

人材アセスメントで評価できる項目として、個人特性や意思決定能力、対人関係能力などが挙げられます。人事業務で人材アセスメントを活かすためには、アセスメントで評価した項目をどのように活用するのか、具体的な活用方法まで落とし込むことが大切です。

人材アセスメントカテゴリーでは、人材アセスメントとはなにか、具体的にどのような項目を評価できるのか、どのように評価するのか、人材アセスメントで評価した項目を人事業務でどのように活用できるのかについて説明します。

人材アセスメントが活用できる人事業務とは?有効な手法を考えよう!

人材アセスメントとは、人の性格や価値観などを可視化し、幅広い人事業務に活用できる評価技法です。人材アセスメントを正しく活用すれば、管理職候補の適性検査や人材と職務のミスマッチ防止だけでなく、人材の成長や組織の効率的な運用など、様々な人事業務に役立てられます。今回は人材アセスメントを実際の業務で人事活用する手法についてご説明します。

人材アセスメントツールとは?目的に最適な評価測定ツールを考えよう

人材アセスメントとは、複数のシミュレーションや心理テストを通して、受講者の能力や適性を測る評価技法です。人材アセスメントで評価できる項目は多数ありますが、事業や組織の目的によって、評価する項目と使用するツールを正しく選ばなければなりません。今回は人材アセスメントを組織で活用するために有効な評価ツールについてご紹介します。

人材アセスメントの活用方法とは?評価する項目を考えよう!

人材アセスメントとは、人事評価だけでなく採用や教育研修にも活用できる、客観的かつ公平に能力や適性を見極める評価手法です。人材アセスメントを活用するためには、評価する項目を具体的に設定しなければなりません。今回は人材アセスメントがどのような能力や適性を評価できるのかについてご説明します。

人材アセスメントとは?客観的な評価で人材の能力や適性を知ろう!

人材アセスメントとは、客観的かつ公平に人材を評価できる手法であり、社員の人材配置や昇進・昇格の適性を測定できます。人材アセスメントを有効に活用すれば、従業員の不満を緩和できるだけでなく、人事業務の正確化と効率化も図れます。今回は人材アセスメント導入のメリットやデメリットと注意点、従来の人事評価との違いについてご説明します。