記事カテゴリー

「 教育・研修 」一覧

教育研修は、新卒採用や中途採用などの新入社員だけでなく、管理職登用などの既存社員に対しても重要な制度です。労働力不足によって1人あたりに求められる業務量や質が増加する中で、改善を行うためには人材の育成は欠かせません。

日本企業では、現場で活躍している社員をマネジメントスキルを身に付けていないのに管理職に昇進させることで、部下からの不平不満が生まれる事態が多く発生しています。改善するためには、管理職に昇進させる前にマネジメントスキルの教育研修を行う、管理職になってもマネジメントスキルを向上させる仕組みを作ることが必要です。

労働力不足に悩む企業が多い現状では、即戦力となるが早期離職をしてしまう人材ではなく、中長期的に活躍できる人材を採用して、育成することも重要な人事戦略です。

教育研修カテゴリーでは、チームの生産性を向上させるための仕組みや、メンター制度やブラザーシスター制度などの教育研修制度のメリットや実施方法、企業事例について説明します。

OJT・Off-JT チームビルディング ブラザーシスター制度 メンター制度 コーチング リカレント教育 オンボーディング フォローアップ ジョブローテーション 経験学習 アンラーニング アダプティブラーニング カークパトリックモデル

経験学習モデルを意識した人材育成方法の事例とは?自社でも活用しよう

1つの経験から多くを学び深く理解する経験学習モデルは、人材育成の現場ではぜひ取り入れたい学習事例のひとつです。業務で得た知識や経験を最大限に活かすためには、経験学習サイクルを回すことが大切で、自社制度に経験学習サイクルを取り組れることで、自然に経験学習を行うことができます。今回は経験学習サイクルを意識した人材育成の取り組み事例について説明します。

経験学習におけるサイクルとは?経験からの学びを効果的にするために

経験学習とは、日々の業務や人間関係など全ての経験を通して学ぶ事です。経験からの学びを最大限に活用するためには、体系化された経験学習サイクルを理解し、うまく循環させることが大切です。今回は経験学習サイクルにおけるそれぞれのサイクルについて説明します。

フォローアップ面談の具体的な質問例とは?目的と意図を明確にしよう

フォローアップ面談とは、新入社員だけでなく既存社員にも有効な教育方法です。フォローアップ面談を実施する場合には、事前に質問を用意しておき、お互いにとって有意義な時間にすることが大切です。今回はフォローアップ面談での具体的な質問例や質問する意図、目的について説明します。

経験学習とは?研修よりも効果的な経験による教育を最大限に活かすために

経験学習とは、日々の業務や人間関係など全ての経験を通して学ぶ事です。日本企業でも多くの教育研修が実施されていますが、アメリカのある調査ではリーダーシップを身につけるために経験が最も役に立ったなどと報告されています。経験から学ぶためには、効果的なプロセスを事前に理解することが大切です。今回は経験学習の概要について説明します。

フォローアップ面談の設計方法とは?流れを理解し、話す内容を固めよう

フォローアップ面談とは、新入社員だけでなく既存社員にも有効な教育方法です。フォローアップ面談を実施する場合には、事前に何を話すかを決めておき、雑談に終わらせないようにしなければなりません。今回はフォローアップ面談の流れや設計方法について説明します。

ジョブローテーション制度を効率的な活用方法と進め方とは?

日本企業の多くでジョブローテーション制度が導入されています。ジョブローテーション制度には、会社の業務形態などによっても向き不向きがあり、導入すれば必ず効果がでるわけではありません。今回はジョブローテーション制度を最大限に活用するために必要な方法や進め方について説明します。

フォローアップ面談とは?実施する目的や意味、メリットについて

フォローアップ面談は、新人研修だけでなく、既存従業員に対しても有効な教育研修手法です。フォローアップ面談では、変わりゆく従業員の悩みに対して、適切なタイミングかつ内容で実施される必要があります。今回はフォローアップ面談を実施する目的や企業・従業員にとってのメリットについて説明します。

ジョブローテーション制度は無駄なのか?批判内容を検討する

多くの企業で導入されているジョブローテーション制度ですが、導入した企業がすべて成功するわけではありません。ジョブローテーション制度にはデメリットも存在し、制度そのものが無駄であるとの批判を受けることもあります。今回はジョブローテーション制度が無駄だと考えられている理由について考察します。

新人フォローアップ研修で理想と現実のギャップを埋める方法とは?

多くの新入社員が、入社前に描いていた理想と入社後の現実のギャップに悩んでいます。この現象はリアリティーショックとも呼ばれ、モチベーションの低下や離職につながる問題です。新人フォロー研修では、リアリティーショックを防ぐ内容が有効になります。今回はリアリティーショックを防ぐための新人フォローアップ研修の方法について説明します。

ジョブローテーションの成功企業事例とは?目的と効果を明確に捉える

日本企業の多くでジョブローテーション制度が導入されています。ジョブローテーション制度は、どんな企業でも導入すれば効果が出るわけではなく、成功した企業もあれば失敗した企業も存在します。今回はジョブローテーション制度を導入し、成功させた企業の事例について紹介します。