記事カテゴリー

「 教育・研修 」一覧

教育研修は、新卒採用や中途採用などの新入社員だけでなく、管理職登用などの既存社員に対しても重要な制度です。労働力不足によって1人あたりに求められる業務量や質が増加する中で、改善を行うためには人材の育成は欠かせません。

日本企業では、現場で活躍している社員をマネジメントスキルを身に付けていないのに管理職に昇進させることで、部下からの不平不満が生まれる事態が多く発生しています。改善するためには、管理職に昇進させる前にマネジメントスキルの教育研修を行う、管理職になってもマネジメントスキルを向上させる仕組みを作ることが必要です。

労働力不足に悩む企業が多い現状では、即戦力となるが早期離職をしてしまう人材ではなく、中長期的に活躍できる人材を採用して、育成することも重要な人事戦略です。

教育研修カテゴリーでは、チームの生産性を向上させるための仕組みや、メンター制度やブラザーシスター制度などの教育研修制度のメリットや実施方法、企業事例について説明します。

OJT・Off-JT チームビルディング ブラザーシスター制度 メンター制度 コーチング リカレント教育 オンボーディング フォローアップ ジョブローテーション 経験学習 アンラーニング アダプティブラーニング カークパトリックモデル リフレクション ジュニアボード

リチーミングの実施方法とは?12個のステップを実践しよう

リチーミングとは、チームの再構成を意味する言葉であり、人材再活性化に取り組む手段として注目された手法です。チームワークに問題があると考える企業は多い一方で、具体的な行動まで落とし込めている企業は多くありませんが、リチーミングを実施することでチームのパフォーマンスを改善できる可能性があります。今回はリチーミングの実施方法について説明します。

リチーミングとは?心理学の知見からチームを再構成してみよう

リチーミングとは、チームの再構成を意味する言葉であり、人材再活性化に取り組む手段として注目された手法です。チームワークに問題があると考える企業は多い一方で、具体的な行動まで落とし込めている企業は多くありませんが、リチーミングを実施することでチームのパフォーマンスを改善できる可能性があります。今回はリチーミングについて説明します。

カークパトリックモデルの実施方法とは?教育研修成果を可視化しよう

カークパトリックモデルとは、人材育成における教育研修の効果を測定するモデルです。教育研修の成果が可視化できれば、効果的な人材育成戦略や今後の教育研修計画に役立てられます。今回はカークパトリックモデルの実施方法と運用における注意点について説明します。

カークパトリックモデルとは?教育研修の評価測定を明確化しよう!

カークパトリックモデルとは、教育研修の評価方法として開発されたモデルです。人材育成における教育研修においては、多くの企業が実施しているものの、知識が身についているか、実践できているかなどを正しく評価できている企業は多くありません。今回はカークパトリックモデルの概要について説明します。

トレーニンググループとエンカウンターグループの違いとは?

トレーニンググループとエンカウンターグループは、ともに人間関係を通じた能力の発展を目的として行われる体験型学習です。実施事例も多く実証研究も盛んに行われており、コミュニケーションやリーダーシップの教育研修として多くの企業に採用されつつあります。今回はトレーニンググループとエンカウンターグループの違いについて説明します。

Tグループとは?体験型学習でコミュニケーションや人間関係を学ぶ

Tグループとはトレーニンググループのことを指し、コミュニケーションやリーダーシップなどの人間関係を総括して深く学べる体験学習方法です。福祉職や管理職に向けた教育研修として用いられていましたが、近年は新人教育やチームビルディングなどにも活用されています。今回は企業の人材育成にも活用できる体験型学習Tグループについて説明します。

アダプティブラーニングの導入企業事例とは?自社独自の運用が大切

アダプティブラーニングとは、個人の習熟度や理解力に基づいて、学習内容を提供する仕組みのことです。アダプティブラーニングを導入するためには自社の課題や学習してほしい内容を明確にして運用することが大切です。今回はアダプティブラーニングを導入して成功させた企業事例について説明します。

アダプティブラーニングとは?能力に合わせた教育研修を実施しよう

アダプティブラーニングとは、個人の習熟度や理解力に基づいて、学習内容を提供する仕組みのことです。元々は教育現場で用いられた概念ですが、近年は企業での教育研修にも用いられています。今回はアダプティブラーニングの概要について説明します。

アンラーニングの実施方法とは?リフレクションを大切にしよう

変化の大きいビジネス社会を生き抜くためには、人も会社もラーニング(学習)したものをアンラーニング(学習棄却)し、常に成長し続ける必要があります。「アンラーニング」は人事用語で言うところの「学びなおし」や「学習棄却」と呼ばれる学習方法のひとつです。ここでは「アンラーニング」を実際に実施するための方法について説明します。

アンラーニングとは?過去の知識や経験にとらわれずに育成を行う

変化の大きいビジネス社会を生き抜くためには、人も組織もラーニング(学習)したものをアンラーニング(学習棄却)し、常に成長し続ける必要があります。「アンラーニング」は人事用語で言うところの「学びなおし」や「学習棄却」と呼ばれる学習方法のひとつです。今回はアンラーニングの概要について説明します。