記事カテゴリー

「 教育・研修 」一覧

教育研修は、新卒採用や中途採用などの新入社員だけでなく、管理職登用などの既存社員に対しても重要な制度です。労働力不足によって1人あたりに求められる業務量や質が増加する中で、改善を行うためには人材の育成は欠かせません。

日本企業では、現場で活躍している社員をマネジメントスキルを身に付けていないのに管理職に昇進させることで、部下からの不平不満が生まれる事態が多く発生しています。改善するためには、管理職に昇進させる前にマネジメントスキルの教育研修を行う、管理職になってもマネジメントスキルを向上させる仕組みを作ることが必要です。

労働力不足に悩む企業が多い現状では、即戦力となるが早期離職をしてしまう人材ではなく、中長期的に活躍できる人材を採用して、育成することも重要な人事戦略です。

教育研修カテゴリーでは、チームの生産性を向上させるための仕組みや、メンター制度やブラザーシスター制度などの教育研修制度のメリットや実施方法、企業事例について説明します。

OJT・Off-JT チームビルディング ブラザーシスター制度 メンター制度 コーチング リカレント教育 オンボーディング フォローアップ ジョブローテーション 経験学習 アンラーニング アダプティブラーニング カークパトリックモデル リフレクション ジュニアボード アクションラーニング ワークプレイスラーニング 認知的徒弟制

アシミレーションの具体的なやり方とは?ファシリテーターが重要!

アシミレーションとは「融和」や「同化」という意味であり、チームリーダーとメンバー間の相互理解を深めて関係構築する組織開発の手法です。アシミレーションでは労働生産性の向上や離職率の改善など、多くのマネジメント課題を解決できます。今回はチームリーダーとメンバーの信頼関係を築く組織開発手法であるアシミレーションの具体的なやり方について説明します。

アシミレーションとは?従業員同士の相互理解や信頼関係構築のために

アシミレーションとは「融和」や「同化」という意味であり、チームリーダーとメンバー間の相互理解を深めて関係構築する組織開発の手法です。アシミレーションでは労働生産性の向上や離職率の改善など、多くのマネジメント課題を解決できます。今回はチームリーダーとメンバーの信頼関係を築く組織開発手法であるアシミレーションについて説明します。

社外メンターの効果を最大化させるポイントとは?従業員への周知が大切

社外メンター制度とは、従業員の悩みなどを相談する相手を社外の人に依頼する制度です。社外メンター制度の効果を最大化させるためには相談の内容や目的を前もって共有しておき、アフターケアもしっかり行うことが大切です。今回は社外メンター制度の効果を上げる方法について説明します。

社外メンター制度とは?社内メンターとの違いを理解して有効活用しよう

社外メンター制度とは、従業員の悩みなどを相談する相手を社外の人に依頼する制度です。社内では相談できない人間関係の悩みを解消できる可能性があるだけでなく、自社にとらわれない新しい発想のアイディアにつながる可能性もある制度です。今回は社外メンター制度について説明します。

リバースメンタリングプログラムのメリットや導入時の注意点とは?

リバースメンタリングとは、逆メンター制度とも呼ばれ、若手社員が役員に対して仕事の助言を行う仕組みのことです。リバースメンタリングプログラムは、次世代の後継者やリーダーを育成する方法として非常に有効です。しかし、どうすればリバースメンタリングプログラムを社内に導入できるのでしょうか。今回は、リバースメンタリングプログラムのメリットや導入時の注意点についてまとめます。

リバースメンタリングとは?役員や管理職を育成できる手法について

リバースメンタリングとは、逆メンター制度とも呼ばれ、若手社員が役員に対して仕事の助言を行う仕組みのことです。若手社員の知識を役員などが吸収していくことで、激変する市場などに対応した施策や考え方を学ぶことができるだけでなく、若手社員にも役員との距離が近くなり、役員ならではの思考なども理解できる場となります。今回はリバースメンタリングについて説明します。

ジュニアボード制度の導入に役立つ企業事例とは?

ジュニアボード制度とは、若手・中堅社員が企業経営の施策に対して提言する疑似役員会のことであり、若手・中堅社員の経営への参画意識を高めるのに非常に有効な手法です。ジュニアボード制度を導入したからと行って必ず成功するわけではなく、失敗してしまった起業も多くあります。今回はジュニアボード制度の企業事例について説明します。

ジュニアボード制度のやり方とは?研修実施前の事前準備や注意点について

ジュニアボード制度とは、若手・中堅社員が企業経営の施策に対して提言する疑似役員会のことであり、若手・中堅社員の経営への参画意識を高めるのに非常に有効な手法です。ジュニアボード制度を実施するためには、メンバーや議題の選定など、様々な準備が必要です。今回はジュニアボード制度のやり方について説明します。

ジュニアボード制度とは?意味や目的、導入時の注意点について

ジュニアボード制度とは、若手・中堅社員が企業経営の施策に対して提言する疑似役員会のことであり、若手・中堅社員の経営への参画意識を高めるのに非常に有効な手法です。次世代の役員や管理職の育成にも効果的な手法ではありますが、導入すれば必ず成功するわけではないため、メリットだけでなくデメリットや注意点についても理解しておくことが大切です。今回はジュニアボード制度の概要について説明します。

看護業界ではなぜリフレクションが当たり前なのか?応用方法を学ぶ

看護業界において、リフレクションは学術的な視点でも広く実証研究が行われています。得られた知見は看護業界だけでなく他の業界でも活用できます。リフレクションを定着させ、その効果を高めるためには組織全体のサポートが必要不可欠となります。今回は看護業界でなぜリフレクションが活用されているのかについて説明します。