記事カテゴリー

「 早期離職 」一覧

早期離職とは、一般的に入社から3年以内の離職のことを指します。大卒の新入社員の早期離職率は、直近30年間で平均3割を超えています。

早期離職は、会社説明会などの会場費用や求人広告費用や採用担当者の人件費が無駄になってしまうだけでなく、教育担当者の業務負担増加や人間関係の不和を引き起こしてしまいます。早期離職によってもたらされる損失は一人あたり数百万と言われており、離職が離職を呼ぶケースになると1000万円を超える可能性もあります。

多くの企業が人材不足に悩む中で、労働者の離職のハードルは下がる一方で、企業にとっては人材の確保が非常に大きな課題です。逆に離職を防げれば、上記の損失がなくなるだけでなく、欠員補充のための採用活動も最小限で済むため、より生産性の高い業務に時間を割くことができます。

早期離職カテゴリーでは、早期離職の現状や早期離職が起きる離職理由や職場の原因、早期離職が引き起こす問題などについて説明します。

 

早期離職防止ガイドブックとは?ガイドブックの内容を簡単にご紹介!

早期離職防止ガイドブックとは、公益財団法人東京しごと財団/東京しごとセンター・ヤングコーナーが発行している「早期離職を防ぐ」ことを目的としたガイドブックです。早期離職防止ガイドブックは、若手社員の早期離職防止や定着率向上に役立つ様々な内容が紹介されています。今回は、早期離職防止ガイドブックの概要を簡単にまとめてご紹介します。

早期離職のデメリットとは?残った社員や求人活動への悪影響について

早期離職によって引き起こされるデメリットは、企業に様々な悪影響をもたらします。早期離職のデメリットは、採用コストや教育コストの金銭的損失だけでなく、残った社員のモチベーション低下や求人募集の応募者減少にもつながります。今回は、早期離職が企業にもたらすデメリットについて詳しくご紹介します。

早期離職への対策方法とは?採用活動の段階ごとの対策方法について

早期離職を防止するためには、早期離職の発生理由をきちんと調べて、自社の採用や教育のプロセスを改善する必要があります。早期離職への対策は、入社後のマネジメントだけでなく、入社前の採用選考や内定者フォローなどの段階から始められます。今回は、早期離職の対策方法について詳しくご紹介します。

早期離職の理由とは?離職理由のホンネとタテマエ、対策方法について

早期離職者の退職理由は「ホンネ」と「タテマエ」に大きな違いがあります。早期離職者のホンネの離職理由は「人間関係」や「仕事内容」など、性格や価値観のミスマッチに関する理由が中心であるため、求職者の人柄や価値観と自社の社風や既存社員との相性の見極めが大切です。今回は、早期離職の理由について掘り下げてご紹介します。

早期離職問題の現状とは?企業への悪影響や原因、対策方法について

早期離職率は若い人材ほど高く、最も低い大卒でも約3割の新入社員が3年以内に離職しており、直近30年の推移を見ても大きな改善の兆しは見らていません。早期離職を解決するためには、社風や上司・同僚とのミスマッチの防止が重要になります。今回は、早期離職問題の現状や原因、企業への悪影響や対策方法についてご紹介します。