記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (50)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (87)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 ストレス 」一覧

    ストレスとは、現代社会に生きる労働者と切っても切り離せない存在である概念です。職場生活において強いストレスを抱えている労働者は過半数を超えており、職場生活が原因である精神障害における労災申請件数や決定件数は増加傾向にあります。

    「今の若者はストレス耐性が弱い」と言われることもありますが、弊社は「ロボットや人工知能などのテクノロジーの発達や海外企業の日本進出などの市場競争のグローバル化による業務内容の変化や求められる質の向上」にあると考えています。日々変わる市場の変化に対応するために、昔の労働者以上に知識や知恵を活用することが求められており、この傾向はしばらく続くものだと考えています。また終身雇用制度・年功序列制度が成り立たなくなったことにより、自分は今なにをすべきか、何を身につけるべきかといった視点を常に求められていることも挙げられます。

    ストレス耐性の強さ以前に、まずはストレスを与えない職場環境づくりが求められています。市場変化によるストレス影響は止められないものであるため、人間関係の悪化によるストレスやパワハラ・セクハラなどの止められるストレスについて改善することが重要です。

    ストレスカテゴリーでは、そもそもストレスとは何か、同じストレス要因(ストレッサー)に対して個人間でストレスの感じ方が変わるのはなぜかといった心理学研究分野の知見だけでなく、人事担当者として不要なストレス要因を排除するための方法や注意点について説明します。

    ストレス要因の強さランキングとは?労働者のストレスの原因を知ろう!

    ストレス管理を行うためには、ストレスの原因となるストレス要因に優先順位を付けて対策を行うことが重要です。ストレスについては様々な学術研究が行われており、ストレス要因の強さについても、ストレス管理に活用できる結果が報告されています。今回はストレス要因の強さをランキングにした研究結果や、研究内容から読み取れるものについて説明します。

    仕事でのストレッサー(ストレス要因)の種類や具体例とは?

    職場のストレスを軽減するためには、ストレスの原因となるストレッサー(ストレス要因)を発生させないことが最も良い改善方法です。すべてのストレッサーを排除することは不可能ですが、明らかに不要で悪影響を与えているストレッサーについては改善が可能です。今回はストレッサーの種類や具体例から、改善可能なストレッサーにはどのようなものがあるのかについて説明します。

    ストレス反応とは?ストレスが発生するメカニズムと影響範囲について

    ストレスを感じるメカニズムは、ストレスの原因となるストレッサー(ストレス要因)から刺激を受けることで、ストレス反応として心理や行動に反応が起こることです。ストレス反応には、心理的な反応、行動的な反応、身体的な反応として現れます。ストレスを軽減したり、ストレス管理を行うためには、ストレスが発生するメカニズムについて理解しておくことが重要です。今回はストレス反応を中心に、ストレスが発生するメカニズムや、ストレス反応によって引き起こされること、ストレスの対処行動について説明します。

    ストレッサー(ストレス要因)とは?仕事や職場におけるストレスを考えよう

    仕事や職場には、多くのストレス要因(ストレッサー)があります。ストレスの感じ方は人それぞれで、適量のストレスは企業や労働者にとって良い結果をもたらしますが、過剰なストレスは悪い結果をもたらします。日本では、仕事において強いストレスを感じている労働者は過半数以上にもなり、実際に精神障害の労災請求件数や労災決定件数は増加傾向にあります。今回は抽象的で目に見えないものであるストレスとは何か、仕事や職場でストレスを引き起こすストレッサー(ストレス要因)とは何かについて説明します。