記事カテゴリー

「 組織風土・企業文化・社風 」一覧

会社内のことを表す言葉として「組織風土(企業風土)」「企業文化(組織文化)」「社風」と言った言葉があります。抽象的である3つの概念は、人事業界のメディアなどでも同一であるように表現されることもありますが、厳密にはそれぞれ意味が異なります。

風土とは「その土地に根付いているものや独自的・固定的な価値観や精神」のことで、人間に例えると「性格や気質、癖」に該当します。組織風土とは「従業員間の共通の認識とされる、独自の規則や価値観など」のことを意味しています。

文化とは「土地よりも時代を反映する信念や前提条件、ルール」のことで、人間に例えると「行動原理となる価値観」に該当します。企業文化とは「従業員間で共有されている信念や前提条件、ルール」のことで、組織風土と比べると、外部からの影響を受けながら変化しうるものであると言われています。

社風とは「従業員が感じる会社の雰囲気や特徴」のことで、人間に例えると「人柄」に該当します。人見知りをしないといった「性格」やみんなを楽しませることが自分の楽しみであるといった「価値観」から成り立つ雰囲気のようなものです。

組織風土・企業文化・社風カテゴリーでは、これらの言葉の違いやそれぞれがどのような要素から影響を受けている・与えているのか、自社の組織風土や企業文化・社風を知る方法と活用方法について説明します。

バウンダリレス組織とは?社内コミュニケーション活性化を行うために

バウンダリレス組織とは、立地や部署・役職などを越えて、従業員同士が協力し合うことを目指した組織です。従業員同士が交流することで、新たなイノベーションのヒントになったり、社内コミュニケーションの活性化、業績の向上など様々なメリットがあります。今回はバウンダリレス組織について説明します。

バウンダリレスキャリアとは?会社にとらわれない価値観について

バウンダリレスキャリアとは、自社組織にとらわれないキャリアの考え方です。人材の流出を防ぎたい企業としては容認したくない概念ではありますが、時勢として副業解禁などの流れもあり、バウンダリレスキャリアを考えた上で自社で働きたいと思ってくれる魅力的な組織づくりが重要でしょう。今回はバウンダリレスキャリアについて説明します。

バウンダリレスとは?組織や従業員の課題を解決するために

バウンダリレスとは「境界のなさ」を示す用語であり、組織においては「部門や役職などの立場だけでなく、所在地も含めた組織内外の境界を越えて自社に貢献しようとする姿や価値観」を意味しており、キャリアにおいては「異なる企業や業種の境界を横断しながら、新たなスキルや経験やノウハウを獲得して成長する」ことを意味しています。今回はバウンダリレスについて説明します。

組織社会化の実行方法とは?乗り越えるべき3つの課題を理解しよう

組織社会化とは、新卒採用・中途採用を含む新入社員が、組織や仕事にうまく馴染むためのプロセスです。組織社会化を行うためには、解決しなければならない課題について理解し、どのように課題を解決していくのかの方法について明確な目的意識をもった状態で取り組む必要があります。今回は組織社会化の実行方法について説明します。

社会組織化とは?早期離職や生産性の改善に欠かせないプロセス

組織社会化とは、新卒採用・中途採用を含む新入社員が、組織や仕事にうまく馴染むためのプロセスです。組織社会化は、離職率・定着率の改善だけでなく、労働生産性の向上にも影響があり、結果的に業績の向上にもつながる重要な概念です。今回は組織社会化について説明します。

ホールシステムアプローチの進め方や具体的な方法とは?

ホールシステムアプローチとは、一部のトップ層や主催者側だけでなく、すべてのステークホルダーもしくはその代表者が対話することで、意思決定やアクションプランを生成する方法論の総称です。様々な背景を持った人たちが集まり、お互いに情報をオープンにすることで新たな着眼視点や見つかっていなかった原因などを探求し、具体的な行動や施策へと導くことが可能です。今回はホールシステムアプローチのやり方について説明します。

ホールシステムアプローチとは?情報交換や対話の場から経営課題を解決する

ホールシステムアプローチとは、一部のトップ層や主催者側だけでなく、すべてのステークホルダーもしくはその代表者が対話することで、意思決定やアクションプランを生成する方法論の総称です。様々な背景を持った人たちが集まり、お互いに情報をオープンにすることで新たな着眼視点や見つかっていなかった原因などを探求し、具体的な行動や施策へと導くことが可能です。今回はホールシステムアプローチについて説明します。

アプリシエイティブインクワイアリーのやり方とは?原理とステップを理解する

アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)とは、価値を見つける質問を投げかけることで、人材や組織の持っている強みや良いところを発見し、利用しながら目標を達成するアプローチのことです。アプリシエイティブアプローチのやり方としては、8つの原理を理解した上で4つのプロセスを踏むことが大切です。今回はアプリシエイティブインクワイアリーのやり方について説明します。

アプリシエイティブインクワイアリーとは?良い所を認めて伸ばす

アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)とは、価値を見つける質問を投げかけることで、人材や組織の持っている強みや良いところを発見し、利用しながら目標を達成するアプローチのことです。従来の「失敗した原因を探す」「弱みを潰す」という方法とは逆の手段を取り、人材育成や組織活性化のアプローチとして注目されています。今回はアプリシエイティブインクワイアリーについて説明します。

企業遺伝子とは?作成する目的や作成方法、有効活用事例について

企業遺伝子とは、企業が自社の魅力や自分たちらしさを明確に捉え、強みとして優位性を見出し適応するために作られた言葉です。企業遺伝子と企業理念は深く繋がっており、企業遺伝子を明確にしていく過程において企業理念も自然と明らかにすることができます。今回は企業遺伝子の作成方法や活用した企業事例について説明します。