外向型と自問型とは?意味や特徴、違いを知って自己診断結果を活用する

性格や価値観の種類は様々ある

「自分にはどのような職業が向いているのだろう?」と、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

自分自身の事について深く知ることは、そのような疑問を解決する第一歩となります。また、相手や周りの人間の事を知る事で、採用や良好な対人関係のコツがつかめます。

本記事では、ミツカリにおける「外向型・自問型」という性格・価値観について考察します。自分に合っている職業を探すことにおいて、また対人関係においても、自分が外向型なのか、自問型なのかを知ることは良い基準となります。

適性検査や自己診断での「外向型・自問型」とは?

適性検査はもともと、人それぞれの特性の違いを、効率よく整理する為に開発されたものです。適性検査研究で最も盛んに行われている性格・価値観は、「人それぞれの違い」を説明する為に開発されました。したがって、どの性格・価値観が優っているかどうかと言う絶対的な判断基準は存在しません。優劣を付けない前提があってこそ、「それぞれに適した職業」や「自分に合ったコミュニケーションの取り方」と結びつける事が可能になります。

採用選考でもよく使われているパーソナリティーを測る適性検査(性格検査)は、抽象的な概念である性格や価値観を可視化できます。適性検査の生まれた歴史を紐解くと、適性検査はあくまで「どんな性格や価値観を持っているのか」の違いを分類するために作られており、スクリーニングなどで「優劣をつける」ことが目的ではありません。そのため適...

性格を適性検査で測る場合、大きく分けて「特性論」と「類型論」に分けられます。ミツカリが捉える性格・価値観とは、複数ある軸の上での自分の位置を測る「特性論」と言う理論に分類されます。

ミツカリは、いくつかの軸の上で性格・価値観を描写しますので、前者の「特性論」に当てはまります。「特性論」に基づく研究は、心理学研究の中でも最も古くから行われている研究の一つで、社会心理学や産業・組織心理学の応用により、性格と仕事のパフォーマンスや人間関係の向上などについて研究されています。

一方で類型論とは、血液型占いのように「あなたはO型」と一つのカテゴリーに当てはめて考える理論です。「特性論」は類型論とは異なり、より複雑で多様な描写を可能にします。

今回の記事では、ミツカリの「外向型・自問型」に焦点を当てます。自分がこの軸の上でどちら寄りなのか、またはどちらもバランスが取れているかを理解する事が、少しでも職業選択や対人関係に役立つ事ができれば幸いです。

外向型・自問型

ミツカリにおける他の項目については、該当する記事をご覧ください。

  1. 外向型・自問型(この記事です)
  2. 論理型・想い重視
  3. 共感型・主観型
  4. 協調型・競争型
  5. 冷静型・情熱型
  6. 楽観型・慎重型
  7. 自己評価・他己評価
  8. 理念重視・ビジネス重視
  9. 過程重視・結果重視
  10. 専門追求型・組織貢献型
  11. 着実志向・挑戦志向
  12. 仕事重視・プライベート重視
  13. 給与重視・仕事内容重視
  14. 私仕混同・私仕分離

外向型な人の特徴とは

ミツカリでの「外向型」に当たる人物とは、人と話したり外出するのが好きな人です。単に他人と一緒にいるのが好きなだけでなく、刺激的な事が好きで、楽観的で、物事に積極的です。

多くの研究結果によると、外向型な人が得意とする職業の典型例は、営業職です。内気な人にとってストレスになりかねない営業職であっても、人と関わることが好きな人であれば長所を生かすことができます。

自問型な人の特徴とは

外向型の反対にあたる「自問型」の人物とは、一人でいるのを好む人です。必ずしも「他人と関わる事が怖くて内気である」という意味ではなく、あくまでマイペースで独立した状況を好むと言う意味が含まれています。

自問型の人物は必ずしも悲観的で不幸せと言うわけではありません。モチベーションとなるエネルギーの向きをうまく表現するために、「自」分に「問」いかける、と言う意味を込めて、ミツカリでは「自問型」と言う表現を採用しました。

外向型・自問型の注意点について

「特性論」において重要な点は、外向型・自問型のどちらか一方に決まるのではなくて、あくまで連続値の上での相対的な位置で決まると言う点です。つまり、ちょうど真ん中に当たる「どちらとも言えない」バランスの取れた状態も十分にあり得りえます。

外向型・自問型と職業適性の相性とは

外向型・自問型の人々には、どのような職業が向いているのでしょうか。

現代ほど複雑化した世の中では、多様な職業が存在します。それぞれの職業には、それぞれに特化した必要なスキルや能力がありますが、「外向型・自問型」にも適性の相性はあります。

心理学研究によると、性格によって向いている・向いていない職業をある程度予測することができるます。主に産業・組織心理学、社会心理学を中心に、性格検査を用いて人の様々な行動パターンを結びつく研究が多く行われてきました。

以前の心理学研究では「○○なタイプの人は××な職業を選んでいる傾向がある」と言うところまでしか分かっていませんでした。最新の心理学研究の結果から「性格と職業適性の相性」が仕事の活躍度を予測しうる事が分かってきました。

特筆すべきなのは、ドイツの研究グループによる、社会人の性格と「職業に適すると思われる性格」とのマッチを調べた大規模な研究です。研究結果によると、ある職業における「望ましいと思われる性格」と「実際の性格」との相性が良い人ほど年収が高い、と言う結果がでました。つまり、自分の性格に合っている職業を選んでいる人ほど、パフォーマンスが高いと言う事です。

この研究の結果は、自分のしたい事がまだ明確に決まっていない就活生や、現在の仕事が自分には合わないと感じている人にとっては大きな手掛かりになるのではないでしょうか。自分が何をしたいのか明確に決まっていない場合、まずは自分の性格や特徴を知る事で、ある程度自分のパフォーマンスを最大化できる職業を効率よく見つけ出す事ができます。

外向型に向いている職業とは?

人と関わる事が好きな外向型の人にとって、一番多くの支持を集めているのが営業職です。上で紹介した研究では外向型が最も高かった職業は「舞台俳優・ディレクター」などの、エンターテインメントに関わる人達でした。

人との関わりを楽しめる人物にとっては、人を楽しませたり、人を喜ばせるような職業が向いていると言えます。逆に言えば、自問型の人物にとっては、人の前に立ったり人との関わりが多い仕事はストレスに感じるでしょう。

自問型に向いている職業とは?

人との会話をするよりも、自分との対話に価値を見いだすのが自問型です。上で紹介した研究では、自問型のスコアが最も高かった職業は「簿記」に関わる職業でした。

会計士、銀行員、金融機関など、じっくりコツコツとやる作業が求められる職業に向いていると言えます。逆に言えば、外向型の人にとってはこのような対人関係があまり求められない職業は、退屈に感じてしまうかもしれません。

コミュニケーション方法や職場の環境選びへの応用

外向型な人と自問型な人は対称的である為、共通理解なしでのコミュニケーションはストレスを生む可能性があります。自分自身だけでなく、周りの人間が「外向型」なのか「自問型」なのかが分かった場合に、コミュニケーションや人間関係の対応にはどのように応用できるでしょうか?

共通理解なしでの外向型・自問型のミスマッチは、ストレスを生むことが、性格とチームワークの研究で示唆されています。外向型の自分が自問型の他人と接する際には「普通はこう言う風に仕事に取り組むべき」と言う前提が性格によって異なっている場合が考えられます。

外向型の人は、他人に関わりながら物事を考えるのが得意な一方で、自問型の人は、自分自身でじっくり考えるのが最適だと思っているかもしれません。これらの考え方はあくまで考え方のスタイルなので、優劣はつかないはずです。しかし、お互いにそのような共通認識が欠けていると、お互いにネガティブに評価し合ってしまう可能性もあります。

外向型の人は、自問型の人が多いチームに配属されたら、多少退屈に感じてしまうかもしれません。逆に、自問型の人が外向型が多いチームに配属されたとしたら、活発な雰囲気についていけなくなってしまうかもしれません。

「ミスマッチはストレスを生みやすい」と言う考え方のもとでは、自分の性格を知る事で、ある程度ストレスを軽減する事ができます。自分にとって理想の職業を見つけるのと同時に、どのような環境に自分は適しているのかを理解することは、より有意義な仕事をしていく上で重要になります。このような適材適所の考え方は、配属の責任を任される人事担当者やマネジメントを行う管理職・役員層の方には有効だと考えられます。

外向型・自問型と上手く付き合っていこう

性格・価値観にはそれぞれに優劣はなく、自分と他人との違いを上手く整理するために使えるものです。多くの適性検査をはじめ、ミツカリでは「特性論」という理論を使い、それぞれの軸の上で、人の性格や価値観の程度を計測し可視化します。

今回紹介した「外向型・自問型」の特徴を理解する事で、自分に向いている職業をある程度予測できます。自分の性格を深く知ることは、自分のやりたい事が決まっていない就活生や、現職が自分に合わないと感じている求職者にとっては、大きなヒントになるのではないでしょうか。

自分自身の性格や周りの人間の性格を知ることで、コミュニケーションの取り方や配属に生かすことができます。適性検査を通じて性格を知ることは、企業の人事担当者だけでなく、働くすべての労働者にとって効果的に活用できます。

ミツカリの他の項目については、該当する記事をご覧ください。

  1. 外向型・自問型(この記事です)
  2. 論理型・想い重視
  3. 共感型・主観型
  4. 協調型・競争型
  5. 冷静型・情熱型
  6. 楽観型・慎重型
  7. 自己評価・他己評価
  8. 理念重視・ビジネス重視
  9. 過程重視・結果重視
  10. 専門追求型・組織貢献型
  11. 着実志向・挑戦志向
  12. 仕事重視・プライベート重視
  13. 給与重視・仕事内容重視
  14. 私仕混同・私仕分離
資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ