記事カテゴリー

「 M字カーブ 」一覧

M字カーブとは、日本女性の世代別労働力率をグラフ化したときに、M字となる現象のことで、新卒で働き始めた女性が結婚や出産で離職し、育児が落ち着いた時期に再就職する現象を意味しています。

M字になる背景として、働きながら育児ができる環境にないことが挙げられます。長時間労働によるワークライフバランスが実現できない、会社に育児休暇制度がない、育児休暇制度があっても他の社員から白い目で見られることなどが原因として考えられます。

日本のM字カーブは改善されつつあり、他の先進諸国の形である逆U字カーブに近づいてきてはいますが、まだ先進諸国ほどの水準に至っていないのが現状です。

M字カーブカテゴリーでは、日本のM字カーブの現状や国際社会との比較結果、日本のM字カーブはなぜ改善されつつあるのかの施策内容や理由について説明します。

M字カーブに見る日本の女性活躍度とは?自社でも女性の活躍を応援しよう!

M字カーブとは、女性の労働力比率をグラフにした場合に、20代後半から40代前半にかけて離職して就業していない状況を意味する言葉です。M字カーブは結婚や出産のライフイベントによって引き起こされますが、政府の女性活躍推進活動などにより、現在は改善傾向にあります。M字カーブが発生する原因や企業にもたらすデメリット、M字カーブを改善する取り組み内容の例などを説明します。

M字カーブになる原因と解消されつつある理由とは?日本特有の原因を探る

M字カーブは、女性の世代別労働力率をグラフ化したときに、結婚や出産を機に仕事を辞めてしまう現象が可視化されたものです。現在でもM字カーブの傾向は続いているものの、30年前などと比べても改善傾向にありますが、国際社会水準とはまだ言えません。M字カーブが発生した原因や改善傾向にある理由について説明します。

M字カーブを解消することは目的ではない!女性が活躍できる環境を作ろう

M字カーブは解消傾向にあります。20代後半から40代前半の就業率は30年前には50%以下であったのに対し、現在は70%程度で推移しています。M字カーブを解消し、女性に就業してもらうことが目的ではありません。企業としては、育児を両立できる環境だけでなく、女性が業務で活躍できる環境を整えることが求められています。今回は解消されつつあるM字カーブにおいて、企業が何を求められているのかについて説明します。

M字カーブの変遷と国際社会でみた日本の現状と将来とは?

「M字カーブ」は、他の先進諸国には見られない女性の労働力率の偏りのことです。日本では解消に向かいつつあり、台形に近い形に変化しています。本当に重要なのは「M字カーブの解消」が女性の活躍を推進している結果だと言えないことです。今回はM字カーブ解消の変遷を他国との比較もしながらご紹介します。