記事カテゴリー

「 面接 」一覧

採用を行っている企業の95%以上が実施する、採用プロセスにおいて人材を見極める場が面接です。面接では、業務の経験年数や資格などの客観的に判断できる定量情報ではなく、人柄や入社意欲、スキルなどの客観的に判断することが難しい定性情報の見極めが主になります。

面接の限られた時間内で、定性情報を正確に見極めることは非常に難しい問題です。面接官ごとに主観的な評価が入って採用すべきかしないべきかの評価が異なってしまえば、本来採用すべき人材を見逃してしまうだけでなく、早期離職しやすい人材を採用してしまうことにもつながります。

面接は企業が応募者を見極めるだけでなく、応募者も企業のことを見極めています。ストレス耐性を測るための意図的な圧迫面接はもちろんのこと、意図的でなくても面接官の態度や質問の仕方が悪いとなれば、求職者で悪評が広がり、企業のブランディングにも影響を与えてしまいます。

面接カテゴリーでは、面接を実施する前に必要な準備や心構えだけでなく、客観的に人材を見抜く質問方法や評価方法、ケース面接やコーディング面接など特殊な面接方法について説明します。

意図せずやりがちな圧迫面接の5例!応募者目線で考えよう

圧迫面接とは、新卒採用・中途採用共に「クレームや要望への対応スキル、ストレス耐性」を見極めるために、わざと意地悪いな質問や威圧的な態度をとる面接手法です。面接官が圧迫面接をやろうとしていなくても、求職者が圧迫面接だったと捉えてしまうことがあり、母集団形成や業績へ悪影響を与えることも少なくありません。今回は意図せずやりがちな圧迫面接の5例から、求職者視点・改善ポイントについて説明します。

ストレス耐性を見極める面接の質問例とは?質問の意図を明確にしよう!

メンタルヘルス不調は「本人の性格の問題」と捉える人が多い一方で、性格は生涯を通じて変わりにくいため、採用選考段階で見極めることが有効です。ストレス耐性検査だけでなく、採用面接でもストレス耐性を見極めることができますが、質問の意図を明確にし、どのように見極めるか準備することが大切です。今回はストレス耐性を決定づける6つの要素から、各要素を見極めるための面接での質問例について説明します。

圧迫面接の意味や目的、いますぐ辞めるべき3つの理由とは?

圧迫面接とは、新卒採用・中途採用共に「クレームや要望への対応スキル、ストレス耐性」を見極めるために、わざと意地悪いな質問や威圧的な態度をとる面接手法です。現在は適性検査などで客観的かつ具体的にストレス耐性を見極めることが可能になったため、圧迫面接で発生するリスクである母集団形成や業績への悪影響について考えることが大切です。今回は圧迫面接を実施する目的や現状、想定されるリスクや圧迫面接の代替手段について説明します。

行動面接「STAR」フレームワークの目的と質問例とは?

STAR面接とは、行動面接における最も有名なフレームワークであり、過去の経験に対して状況・課題・行動・結果を聞くことで、応募者の性格や価値観、思考パターンを掘り下げる手法です。求める人物像が決まっていれば、採用要件に従って掘り下げる質問を明確にすることが大切です。今回は行動面接のフレームワークであるSTAR面接の具体的な質問例を3つ踏まえながら、行動面接の実施方法について説明します。

行動面接(STAR面接)の手法とは?実例付きで具体的に説明します

行動面接(STAR面接)とは、過去の行動例から「どのような状況で、どのような課題意識を持つ思考パターンなのか」を知ることで、性格や価値観、思考パターンを掘り下げて知る面接手法です。行動面接から将来の行動を予測することで「入社後に活躍できる人材なのか」を見極める精度を高めることができます。今回は行動面接(STAR面接)の手法を、実例付きで具体的に説明します。

行動面接の目的やメリットとは?採用ミスマッチを防止しよう!

Googleの採用でも用いられている「構造化面接」は「行動面接」と「状況面接」の2つを組み合わせて設計されていると言われています。行動面接とは、過去の行動に焦点を当てて「どのような状況でどのような課題意識を持つのか」を掘り下げて、性格や価値観、思考パターンを深く知る方法です。今回は行動面接を実施するプロセスや、行動面接を導入するメリットやデメリット、注意点について説明します。

構造化面接・半構造化面接・非構造化面接の違いや活用方法とは?

採用面接の手法として、臨床心理学で用いられていた「構造化面接」「半構造化面接」「非構造化面接」が用いられています。それぞれの面接手法にはメリット・デメリットがあり、自社に適した採用手法を導入することが、採用活動を成功させるために必要です。今回は構造化面接・半構造化面接・非構造化面接の違いや活用方法について説明します。

非構造化面接の目的、メリット・デメリットや注意点とは?

非構造化面接は、日本企業でも注目が集まっている構造化面接とは真逆の面接手法で、非常に自由性の高い面接手法です。自由性が高すぎるため、面接官の力量によって面接内容が大幅に異なってしまいますが、非構造化面接が有効なシーンもあります。今回は非構造化面接の目的や、実施するメリット・デメリット、注意点について説明します。

半構造化面接の定義・目的とメリット・デメリット・注意点とは?

半構造化面接は、構造化面接と非構造化面接の中間とも言える面接手法で、多くの企業が実施している面接手法です。しかし内定辞退率が高い・入社後に活躍する人材を見極められていないことが人事担当者や経営者の悩みとなっているように、問題なく運用できている企業は少ないです。今回は半構造化面接の目的や実施する流れ、メリット・デメリットや注意点について説明します。

構造化面接の目的・進め方・メリット・デメリットとは?

Googleの採用面接でも使われる手法としても有名な「構造化面接」があります。構造化面接の最大のメリットは、面接官による評価のばらつきを抑え、応募者のパフォーマンスを客観的に予測できるという点です。構造化面接の定義や目的、進め方、メリットと注意点について説明します。