記事カテゴリー

「 面接 」一覧

採用を行っている企業の95%以上が実施する、採用プロセスにおいて人材を見極める場が面接です。面接では、業務の経験年数や資格などの客観的に判断できる定量情報ではなく、人柄や入社意欲、スキルなどの客観的に判断することが難しい定性情報の見極めが主になります。

面接の限られた時間内で、定性情報を正確に見極めることは非常に難しい問題です。面接官ごとに主観的な評価が入って採用すべきかしないべきかの評価が異なってしまえば、本来採用すべき人材を見逃してしまうだけでなく、早期離職しやすい人材を採用してしまうことにもつながります。

面接は企業が応募者を見極めるだけでなく、応募者も企業のことを見極めています。ストレス耐性を測るための意図的な圧迫面接はもちろんのこと、意図的でなくても面接官の態度や質問の仕方が悪いとなれば、求職者で悪評が広がり、企業のブランディングにも影響を与えてしまいます。

面接カテゴリーでは、面接を実施する前に必要な準備や心構えだけでなく、客観的に人材を見抜く質問方法や評価方法、ケース面接やコーディング面接など特殊な面接方法について説明します。

行動面接「STAR」フレームワークの目的と質問例とは?

STAR面接とは、行動面接における最も有名なフレームワークであり、過去の経験に対して状況・課題・行動・結果を聞くことで、応募者の性格や価値観、思考パターンを掘り下げる手法です。求める人物像が決まっていれば、採用要件に従って掘り下げる質問を明確にすることが大切です。今回は行動面接のフレームワークであるSTAR面接の具体的な質問例を3つ踏まえながら、行動面接の実施方法について説明します。

行動面接(STAR面接)の手法とは?実例付きで具体的に説明します

行動面接(STAR面接)とは、過去の行動例から「どのような状況で、どのような課題意識を持つ思考パターンなのか」を知ることで、性格や価値観、思考パターンを掘り下げて知る面接手法です。行動面接から将来の行動を予測することで「入社後に活躍できる人材なのか」を見極める精度を高めることができます。今回は行動面接(STAR面接)の手法を、実例付きで具体的に説明します。

行動面接の目的やメリットとは?採用ミスマッチを防止しよう!

Googleの採用でも用いられている「構造化面接」は「行動面接」と「状況面接」の2つを組み合わせて設計されていると言われています。行動面接とは、過去の行動に焦点を当てて「どのような状況でどのような課題意識を持つのか」を掘り下げて、性格や価値観、思考パターンを深く知る方法です。今回は行動面接を実施するプロセスや、行動面接を導入するメリットやデメリット、注意点について説明します。

構造化面接・半構造化面接・非構造化面接の違いや活用方法とは?

採用面接の手法として、臨床心理学で用いられていた「構造化面接」「半構造化面接」「非構造化面接」が用いられています。それぞれの面接手法にはメリット・デメリットがあり、自社に適した採用手法を導入することが、採用活動を成功させるために必要です。今回は構造化面接・半構造化面接・非構造化面接の違いや活用方法について説明します。

非構造化面接の目的、メリット・デメリットや注意点とは?

非構造化面接は、日本企業でも注目が集まっている構造化面接とは真逆の面接手法で、非常に自由性の高い面接手法です。自由性が高すぎるため、面接官の力量によって面接内容が大幅に異なってしまいますが、非構造化面接が有効なシーンもあります。今回は非構造化面接の目的や、実施するメリット・デメリット、注意点について説明します。

半構造化面接の定義・目的とメリット・デメリット・注意点とは?

半構造化面接は、構造化面接と非構造化面接の中間とも言える面接手法で、多くの企業が実施している面接手法です。しかし内定辞退率が高い・入社後に活躍する人材を見極められていないことが人事担当者や経営者の悩みとなっているように、問題なく運用できている企業は少ないです。今回は半構造化面接の目的や実施する流れ、メリット・デメリットや注意点について説明します。

構造化面接の目的・進め方・メリット・デメリットとは?

Googleの採用面接でも使われる手法としても有名な「構造化面接」があります。構造化面接の最大のメリットは、面接官による評価のばらつきを抑え、応募者のパフォーマンスを客観的に予測できるという点です。構造化面接の定義や目的、進め方、メリットと注意点について説明します。

採用業務の効率化と内定率UPを両立する3つのポイントとは

採用業務の効率化は、人事担当者にとって重大な課題となっています。売り手市場が続くことで「以前と同じやり方では人材確保が厳しい」だけでなく、働き方改革の推進により「就労環境や人事制度の整備」などへの対応も求められています。採用における課題として約7割の人事担当者が「マンパワーが課題である」と挙げています。売り手市場で人事担当者を採用するのも難しくなる中、採用業務を効率化させながら内定辞退率を低下させる3つのポイントについて説明します。

面接で失敗しないための2つの目的とは?目的ごとに配分を考えよう!

面接は全企業のうち99.4%が実施している採用活動プロセスです。面接の目的としては「応募者を見極める」ことが第一に挙げられますが、売り手市場においては「応募者の惹き付け」を行うことも重要です。新卒採用において、過半数の学生が2社以上からの内定を取得しており、「複数の内定から自社を選んでもらう」仕組みを面接にも取り入れることが大切です。面接の目的である「応募者の見極め」と「応募者の惹き付け」を行うことの重要性ややり方、注意点や配分について説明します。

「面接の仕方」改善や見直しに役立つ6つのチェックポイント

少子化に伴う労働人口の減少に伴い、人材獲得の難易度が上がり続けています。人手不足を理由とする倒産も年々増加しており、中小企業のみにおける大卒求人倍率は9.91倍との調査もあります。一方で「志望していなかった/滑り止め」企業に就職する学生は「面接などの選考試験を重ねていく中で徐々に志望度が上がった」ことを挙げています。採用面接は、人材の見極めを行う場であると同時に、求職者の志望度を向上できる場でもあります。採用面接で志望度を上げることができれば、採用競争力の向上もできると考えられます。今回は面接の仕方の改善や見直しを行う上で、役に立つ6つのチェックリストを紹介致します。