記事カテゴリー

「 面接の仕方 」一覧

採用を行っている企業の95%以上が実施する、採用プロセスにおいて人材を見極める場が面接です。面接では、業務の経験年数や資格などの客観的に判断できる定量情報ではなく、人柄や入社意欲、スキルなどの客観的に判断することが難しい定性情報の見極めが主になります。

面接の限られた時間内で、定性情報を正確に見極めることは非常に難しい問題です。面接官ごとに主観的な評価が入って採用すべきかしないべきかの評価が異なってしまえば、本来採用すべき人材を見逃してしまうだけでなく、早期離職しやすい人材を採用してしまうことにもつながります。

面接は企業が応募者を見極めるだけでなく、応募者も企業のことを見極めています。ストレス耐性を測るための意図的な圧迫面接はもちろんのこと、意図的でなくても面接官の態度や質問の仕方が悪いとなれば、求職者で悪評が広がり、企業のブランディングにも影響を与えてしまいます。

面接カテゴリーでは、面接を実施する前に必要な準備や心構えだけでなく、客観的に人材を見抜く質問方法や評価方法について説明します。

面接の流れとは?面接官が当日までにしておくべき「4つの準備」

一般的に採用面接は、複数の面接官が担当します。面接の流れや質問すべき項目を統一化し、面接官が当日までにしっかり準備をすることで、面接の質を向上でき、採用業務の効率化を図ることできるでしょう。本記事では、面接官が当日までに抑えておくべき、面接の大まかな流れについて解説します。

面接官トレーニングで面接のスキル・精度を向上させる方法とは?

面接官の研修・トレーニングとは、面接の手順や質問の仕方、心構えや注意点など、面接のスキルアップを図る訓練です。面接で優秀だと思って採用した人材が入社後に活躍していない、早期離職してしまうなどの課題がある場合は、面接官研修・トレーニングで面接スキルの底上げを図ってみてはいかがでしょうか。