「 面接 」一覧

採用を行っている企業の95%以上が実施する、採用プロセスにおいて人材を見極める場が面接です。面接では、業務の経験年数や資格などの客観的に判断できる定量情報ではなく、人柄や入社意欲、スキルなどの客観的に判断することが難しい定性情報の見極めが主になります。

面接の限られた時間内で、定性情報を正確に見極めることは非常に難しい問題です。面接官ごとに主観的な評価が入って採用すべきかしないべきかの評価が異なってしまえば、本来採用すべき人材を見逃してしまうだけでなく、早期離職しやすい人材を採用してしまうことにもつながります。

面接は企業が応募者を見極めるだけでなく、応募者も企業のことを見極めています。ストレス耐性を測るための意図的な圧迫面接はもちろんのこと、意図的でなくても面接官の態度や質問の仕方が悪いとなれば、求職者で悪評が広がり、企業のブランディングにも影響を与えてしまいます。

面接カテゴリーでは、面接を実施する前に必要な準備や心構えだけでなく、客観的に人材を見抜く質問方法や評価方法、ケース面接やコーディング面接など特殊な面接方法について説明します。

「面接の仕方」改善や見直しに役立つ6つのチェックポイント

少子化に伴う労働人口の減少に伴い、人材獲得の難易度が上がり続けています。人手不足を理由とする倒産も年々増加しており、中小企業のみにおける大卒求人倍率は9.91倍との調査もあります。一方で「志望していなかった/滑り止め」企業に就職する学生は「面接などの選考試験を重ねていく中で徐々に志望度が上がった」ことを挙げています。採用面接は、人材の見極めを行う場であると同時に、求職者の志望度を向上できる場でもあります。採用面接で志望度を上げることができれば、採用競争力の向上もできると考えられます。今回は面接の仕方の改善や見直しを行う上で、役に立つ6つのチェックリストを紹介致します。

面接で優秀なポテンシャル人材を「見逃さない」ために

面接で優秀な人材を見極めるためには「求める人物像」を明確にして、どんな人材が優秀であるのかを定義し、スキルや人柄を見極めることが大切です。売り手市場で即戦力人材の獲得が難しくなっていく中、優秀な人材に成長するポテンシャルがあるかどうかを見極めることが、人材獲得に課題を感じている企業にとって重要となります。今回は優秀な人材とはどのような人材なのか、優秀な人材を見逃さないために何をすべきかについて説明します。

採用面接には「面接で聞くことリスト」を作って、事前に準備を行おう!

採用面接の限られた時間を最大限に有効活用するためには、事前の準備が必要不可欠です。そのためには「面接で聞くことリスト」を作成し、求める人物を見抜けるか、面接での回答に対して掘り下げる質問は適切か、様々なパターンを想定してシミュレーションしておくことが大切です。今回は面接で聞くことリストを作る上で、もれなく綿密に洗い出すために必要なことを説明します。

面接で求職者の「人柄」を見誤らないための掟3つとは

売り手市場が加速して人材確保が難しくなる中、早期離職してしまわないように人柄を面接で見極める重要性が高まっています。職場の人間関係を理由とした離職は多く、新入社員はもちろん既存社員にも悪影響を及ぼさないようにしなければなりません。面接の限られた時間の中で、応募者の人柄を見極めるために必要なことを3点に絞って説明します。

新人や若手採用面接官が注意すべき「5つの心得と心構え」とは

求職者は、面接官が若手や新人であろうと、会社の顔として入社後のイメージをわかせます。実際に、面接官の人柄や印象が悪くて入社したくないと思う求職者は非常に多く、面接官の対応が入社意欲に強い影響を与えています。しかし新人や若手面接官であれば、求職者を見極めることに注力しすぎて、面接官のあるべき姿を忘れてしまいがちです。新人や若手面接官が見落としがち、忘れがちな面接官の心得を5つ紹介します。

コンピテンシー面接とは?メリットやデメリット、活用のポイントについて

コンピテンシーを評価項目としたコンピテンシー面接が、企業での採用選考の場はもちろんのこと、公務員試験や中学受験などでも使われています。コンピテンシー面接では、応募者のスキルや能力である行動特性を客観的に見抜くことができる手法です。コンピテンシー面接の概要やメリットとデメリット、活用のポイントについて説明します。

ケース面接とは一体何?フェルミ推定との違いと例題について

グーグルの採用面接でも使用されていた「ケース面接」は外資系金融やコンサルティングファームを中心に使われている手法です。ケース面接の元と言われているフェルミ推定との違いや、ケース面接のお題例、応募者の評価項目などについてご紹介しながら、今後自社の採用選考に導入すべきかの視点について、説明致します。