「 従業員エンゲージメント 」一覧

従業員エンゲージメントとは、会社と従業員が一体となり、共に成長・信頼しながら経営目標の達成を目指す状態のことです。従業員の潜在的な能力を引き出しながら、高いパフォーマンスを発揮することができます。

エンゲージメントやロイヤルティやコミットメント、モチベーションなどは類似した概念として用いられます。終身雇用制度や年功序列制度の存在により会社が圧倒的な権力を持っていた時代ではロイヤルティ(忠誠心)が重要視されていましたが、2人に1人が転職する現代では、会社と従業員は共に成長・信頼する関係性が求められています。結婚指輪のことを「エンゲージメントリング」と言われることを考えると、関係性がイメージしやすいのではないでしょうか。

従業員エンゲージメントカテゴリーでは、従業員エンゲージメントを高めることで企業や従業員に起こる効果、従業員エンゲージメントを向上させる方法、具体的な施策事例や企業事例について説明します。

従業員エンゲージメント向上させる研修とはどのような内容?

エンゲージメントの向上を願うなら「従業員エンゲージメントを高める」というハッキリした目的を持って研修を行いましょう。エンゲージメントを高める要因を絞った内容にすることが大切です。また、自社で行うエンゲージメント向上のための研修と、外部に依頼するエンゲージメント向上目的の研修では性質が異なります。自社で行う「相互理解」が進むというメリットと、社外で行う「広く新しい視野」を得られるメリット。従業員が必要としている要素を見極めて研修を行うことが、従業員エンゲージメントを高める近道です。

参考にしたい!従業員エンゲージメントが高い企業の成功事例とは

従業員エンゲージメントが高まれば様々なメリットが得られるのに対し、日本の多くの企業ではとても低いのが現状です。しかし、その中でもエンゲージメントが高い企業も存在します。日本では建設機械の国内シェア1位を誇る小松製作所や、海外ではインターネット検索エンジンの大手googleなどが有名です。これらの企業などを参考に、実際に従業員エンゲージメントを上げるための施策に落とし込む場合は、業績を上げるなどの目的ではなく従業員との共通理解を得るなど、エンゲージメントを高めることが目的です。その上で、自社に何が足りないのか、足りない部分でエンゲージメントが高い企業の施策から得るものがあるのではないでしょうか。

従業員エンゲージメントを高める具体的な施策例とは?

複数の報告から、日本企業は従業員エンゲージメントが最低水準であると報告されています。従業員エンゲージメントを高めることによって、業績や定着率の向上など、様々なメリットが得られます。従業員エンゲージメントを高めるためには、評価体制などの仕組みづくりや社内イベントなどが有効です。従業員エンゲージメントの向上施策について、どのような観点で行うべきか、説明します。

従業員エンゲージメントを向上させるために大事な3つのこと

従業員エンゲージメントを向上させれば、業績も上がり離職率も下がるなど多くのメリットが得られます。従業員エンゲージメントを向上させるためには、向上する要因となるエンゲージメントドライバーと向上を阻害する要因について知ることが重要です。エンゲージメントドライバーを3つに分け、それぞれの要因について説明しながら、従業員エンゲージメントが向上しない、よくある理由についてもご紹介します。

従業員エンゲージメント調査とは?調査方法、ポイントについて

従業員エンゲージメントを高めると多くのメリットが得られますが、日本のエンゲージメントレベルは世界最低水準と言われています。従業員エンゲージメント向上の第一歩は、自社の現状を正しく知り、向き合うことからはじまります。今回は従業員エンゲージメント調査についてお伝えします。調査方法は、「自社で行なう」「外部専門機関に依頼する」の2種類の方法がありますが、どちらの場合も結果を真摯に受け止め、施策に落とし込むことが非常に重要になってきます。課題を一つ一つ解決し、従業員エンゲージメントを高めながら、業績アップへとつなげましょう。

業績アップのカギとなる、従業員エンゲージメントとは一体なに?

事業を成功させ、成長させていくために非常に重要とされる「従業員エンゲージメント」。企業と従業員の愛着を指す言葉で、従業員が自発的に自分の力を発揮する貢献意欲のことです。これを高めることで、従業員の意欲を向上させ、企業収益を増加させたり、離職率を下げるなど多くのメリットがあります。世界ではすでに研究が進み業績向上につながることが証明されていますが、調査により日本はエンゲージメントが低いことがわかりました。「従業員エンゲージメント」を理解し、高めていくことが、これからの業績を伸ばしていくためのカギになるかもしれません。

適材適所の人事を実現するために人事担当者にとって大切なこととは?

「適材適所」とは、社員の適性や能力を評価し、その社員にふさわしい地位や職務に配置していくことです。適材適所の人事が実現できれば、モチベーションや従業員エンゲージメントだけでなく、定着率や労働生産性も向上し、会社としても従業員としても幸せですが、簡単にはできないのが問題点です。適材適所の人事配置を行うメリットやデメリット、実現するための注意点について説明します。

「エンゲージメント」「ロイヤルティ」の言葉の違いとは?

最近「エンゲージメント」や「ロイヤルティ」などの言葉を良く聞くようになりました。本記事では、「エンゲージメント」「ロイヤルティ」「コミットメント」「モチベーション」「従業員満足度」の5つの言葉の定義や違い、ビジネスでの具体例を提示しながら説明していきます。この言葉の意味をしっかりと理解しておかなければ、エンゲージメントを高める施策を行ったとしても、従業員内で施策の目的意識がバラバラになり、失敗してしまう可能性もあります。誤解を招きやすい5つの言葉について、まずは基本的な知識を確認していきましょう。