記事カテゴリー

「 従業員エンゲージメント 」一覧

従業員エンゲージメントとは、会社と従業員が一体となり、共に成長・信頼しながら経営目標の達成を目指す状態のことです。従業員の潜在的な能力を引き出しながら、高いパフォーマンスを発揮することができます。

エンゲージメントやロイヤルティやコミットメント、モチベーションなどは類似した概念として用いられます。終身雇用制度や年功序列制度の存在により会社が圧倒的な権力を持っていた時代ではロイヤルティ(忠誠心)が重要視されていましたが、2人に1人が転職する現代では、会社と従業員は共に成長・信頼する関係性が求められています。結婚指輪のことを「エンゲージメントリング」と言われることを考えると、関係性がイメージしやすいのではないでしょうか。

従業員エンゲージメントカテゴリーでは、従業員エンゲージメントを高めることで企業や従業員に起こる効果、従業員エンゲージメントを向上させる方法、具体的な施策事例や企業事例について説明します。

従業員エンゲージメントを高める研修とは?研修の方法とメリットとは

従業員エンゲージメントを高めるためには、自社の従業員が何を求めているのかを理解し、従業員が求めている内容の研修を行うことが重要です。自社の課題を理解せずに無闇な研修を行うと、逆に従業員エンゲージメントの低下につながることもあります。今回は従業員エンゲージメントを高める研修の方法と、方法ごとのメリットについてご説明します。

従業員エンゲージメントを高める方法とは?企業の成功事例をご紹介!

従業員エンゲージメントが向上すると、労働生産性の向上や離職率低下に大きく貢献することが、研究や調査により明らかになっています。自社の従業員エンゲージメントを高める施策を導入する上で、実際にエンゲージメントレベルの向上に成功した企業の事例は、非常に大きなヒントになります。今回は日本と海外の企業の事例をもとに、従業員エンゲージメントを高める具体的な方法についてご紹介します。

従業員エンゲージメントを高める施策とは?向上させる方法をご紹介!

従業員エンゲージメントとは、従業員のやる気を高めて企業の業績を上げるために重要なものとして、世界中で注目を集めている指標です。従業員エンゲージメントを高めるための施策は様々ですが、実際の事例を参考にすることで、施策が成功する可能性が大きく高まります。今回は従業員エンゲージメントを高めるための施策をご紹介します。

従業員エンゲージメントを高める!向上につながる3つの要素とは?

従業員エンゲージメントとは、従業員のやる気を高めて企業の業績を上げるために重要なものとして、世界中で注目を集めている指標です。従業員エンゲージメントを高めるためには重要な要素が3つあり、従業員エンゲージメント向上につながる大きなヒントになります。今回は従業員エンゲージメントを高めるための3つの要素と、エンゲージメント低下につながる要因の対策方法についてご紹介します。

従業員エンゲージメント調査とは?人事調査を行う意味と調査の方法

従業員エンゲージメントとは、従業員のやる気を高めて企業の業績を上げるために重要なものとして、世界中で注目を集めている指標です。従業員エンゲージメント調査では、調査結果を真摯に受け止めて行動に落とし込まなければ、調査自体が全く無意味なものになってしまいます。今回は従業員エンゲージメント調査の目的や方法についてご説明します。

従業員エンゲージメントとは?業績アップや離職率改善などのメリット

従業員エンゲージメントとは「従業員の一人ひとりが企業の掲げる戦略・目標を適切に理解し、自発的に自分の力を発揮する貢献意欲」を意味する言葉です。従業員エンゲージメントを高めることで、労働生産性の向上や離職率の改善など、様々なメリットが得られます。今回は従業員エンゲージメントという言葉の意味や、従業員エンゲージメントを高めることで得られるメリットなどについてご紹介します。

エンゲージメント・ロイヤルティ・従業員満足度の意味と違いとは?

エンゲージメント、ロイヤルティ、コミットメント、モチベーション、従業員満足度とは、従業員の状態や感情などを表す言葉です。それぞれの言葉は全て意味が異なり、違いが曖昧なまま対策を施しても意味が無く、逆効果になることさえあります。今回は、エンゲージメント、ロイヤルティ、コミットメント、モチベーション、従業員満足度の、言葉の意味とそれぞれの違いについてご説明します。