「 パフォーマー 」一覧

前職での営業成績がトップだからといって、自社で優秀な営業成績を収めるとは限りません。理由としては、成功する・失敗する要因は同業であっても会社ごとに異なるからです。

自社の業績を向上させるためには、各従業員が最大のパフォーマンスを発揮することが重要です。しかし大変だからといって手を抜いている社員がいると「手を抜いても許される」との観点から、最大のパフォーマンスを発揮する社員が減少することにもつながります。しかし「手を抜いている社員」を退職させたとしても「あの人は頑張っていたのに会社から切られた」との視点から、継続して働くことに疑いを感じ、離職につながってしまう可能性があります。

高いパフォーマンスを発揮するハイパフォーマー、低いパフォーマンスしか発揮できないローパフォーマーには特徴があります。採用選考ではハイパフォーマーの特徴を兼ね備えている人材を獲得しながら教育研修を実施する、ローパフォーマーに対してはハイパフォーマーしかもっていない特徴を身につけるために教育研修を実施するなどの視点が重要です。

パフォーマーカテゴリーでは、高いパフォーマンスを発揮するハイパフォーマーの特徴や低いパフォーマンスしか発揮できないローパフォーマーの特徴や対応方法、自社ならではのハイパフォーマー・ローパフォーマーを見つける方法や、各人材への対応方法などについて説明します。

ピーターの法則と日本型雇用の関係性とは?昇進だけが正解ではない

ピーターの法則は能力主義の社会において起きやすい問題であり、成果よりも人物が評価される日本型雇用と密接に関係する法則です。日本型雇用の評価制度には、終身雇用に基づく年功序列制度や、資格や経験の有無による評価がまだ根強く残っています。今回は何故日本型雇用がピーターの法則に陥りやすいのかの理由について詳しく説明します。

ピーターの法則への対策とは?会社組織だけでなく個人でもできる!

ピーターの法則とは、優秀な社員であっても昇進し続けるとどこかで無能となる法則です。優秀な社員を昇格させたのに急に成果が出せないなどの場合はピーターの法則に陥っている可能性があります。今回はピーターの法則の対策として、企業組織でできる対策と個人でできる対策について説明します。

昇進したら無能になるピーターの法則とは?人材の適材適所を実現しよう!

ピーターの法則とは「有能な人も昇進し続けると無能になる」という、階層社会学における法則です。日本でも多く見られる、トップダウン型かつ能力主義の組織において当てはまる法則です。無能な人に埋め尽くされた組織はいずれ機能しなくなるため、人材の昇進や配属を考える上では、従業員が無能にならないような人事戦略が求められます。ピーターの法則の概要や特徴、回避するための対策例について説明します。

コア人材を育成・教育する方法とは?適正な育成方法を知ろう

コア人材は、企業の中核を担う人材であり、事業の成長や他社との差別化を図る上で必要不可欠であり代替が効かない人材です。コア人材は会社の発展段階によって要件が異なるため、求められるスキルを理解した上で中長期的な視点で育成を行うことが大切です。会社の発展段階によってどのような要件があるのか、コア人材を育成する方法はどのような方法かについて説明します。

コア人材とはどのような人材?コア人材を採用・育成し、離職を防止しよう

コア人材とは、名前の通り企業の中核を担う人材であり、他社との差別化を図る上で必要不可欠となり代替の効かない人材のことです。企業における中核は、発展段階によって解決したい問題が異なるため、企業ごとに要件を明確にする必要があります。コア人材を確保するためには要件を明確にした上で、採用や教育・研修だけでなく離職を防止することも重要となります。コア人材の意味や定義、重要性や活用するメリットについて説明します。

フリーライダーへの対応や対策とは?自社からフリーライダーをなくす施策

組織に貢献せずに、職務怠慢やネガティブな言動で組織に悪影響を与えるフリーライダーは、全労働者の5%以上を占めており、大規模な組織になればなるほど一定数存在してしまう可能性があります。フリーライダーを生まないための事前の対策や、既にフリーライダーがいる場合でも対応を行うことで、フリーライダーの数は減らせます。フリーライダーへの問題解決を行うための対策や対応について説明します。

フリーライダーが生まれる原因や具体例、特徴とは?ビジネスシーンで考える

他者の成果を横取りし、会社にただ乗りするフリーライダーは、組織や他の従業員に対して悪影響を与える存在です。フリーライダーは元々社会学や経済学の概念であり、どのようにして生まれるのかのメカニズムも研究されています。今回はフリーライダーが生まれてしまう原因や、ビジネスシーンにおける具体例、特徴について説明します。

会社にぶら下がるフリーライダーとは?同僚や会社に与える影響について

他人の成果にただ乗りする「フリーライダー」とは、以前は「給与泥棒」などと言われた昔から存在する概念です。少子化に伴う労働人口の減少の一方で、企業の事業に活用されない雇用保蔵者、社内失業者数は増加傾向にあります。フリーライダーの意味や定義、他の従業員や会社に与える悪影響について説明します。

ローパフォーマーへの対応や対策とは?組織全体の生産性を向上しよう

組織が大きくなればなるほど、業務成績の芳しくない人材やスキルや能力が不足しているローパフォーマーが発生しやすくなります。ローパフォーマーだからと言って解雇しても、新たなローパフォーマーが生まれたり、不当解雇として裁判になる可能性すらあります。今回はローパフォーマーが生まれてしまう原因から、ローパフォーマーを生まないための対策と生まれてしまった場合の対応について説明します。

ローパフォーマーの特徴とは?真面目なローパフォーマーを改善する

成果が出なかったり、能力やスキルが足りていないローパフォーマーは、真面目な人でもなってしまう可能性があります。人事担当者や経営者が「優秀な人材」だと思ったとしても、現場ではローパフォーマー化してしまうことは起こりえます。組織が大きくなるほど、ローパフォーマーが生まれる可能性が高まります。今回はローパフォーマーにしっかりと向き合うために、ローパフォーマーの特徴などについて説明します。