記事カテゴリー

「 パフォーマー 」一覧

前職での営業成績がトップだからといって、自社で優秀な営業成績を収めるとは限りません。理由としては、成功する・失敗する要因は同業であっても会社ごとに異なるからです。

自社の業績を向上させるためには、各従業員が最大のパフォーマンスを発揮することが重要です。しかし大変だからといって手を抜いている社員がいると「手を抜いても許される」との観点から、最大のパフォーマンスを発揮する社員が減少することにもつながります。しかし「手を抜いている社員」を退職させたとしても「あの人は頑張っていたのに会社から切られた」との視点から、継続して働くことに疑いを感じ、離職につながってしまう可能性があります。

高いパフォーマンスを発揮するハイパフォーマー、低いパフォーマンスしか発揮できないローパフォーマーには特徴があります。採用選考ではハイパフォーマーの特徴を兼ね備えている人材を獲得しながら教育研修を実施する、ローパフォーマーに対してはハイパフォーマーしかもっていない特徴を身につけるために教育研修を実施するなどの視点が重要です。

パフォーマーカテゴリーでは、高いパフォーマンスを発揮するハイパフォーマーの特徴や低いパフォーマンスしか発揮できないローパフォーマーの特徴や対応方法、自社ならではのハイパフォーマー・ローパフォーマーを見つける方法や、各人材への対応方法などについて説明します。

イノベーション人材の特徴とは?具体的なスキルの例について

イノベーション人材とは、技術やサービスなどにおいて革新を起こす可能性が高い人材を意味する言葉です。イノベーション人材を採用・育成するためには、自社がどの分野でイノベーションを起こしたいのかという目的を明確にして、求める人物像を具体化していく必要があります。今回はイノベーション人材の特徴や、イノベーション人材が持つスキルの具体例についてご紹介します。

イノベーション人材とは?意味や定義、企業に求められる要素について

イノベーション人材とは、技術やサービスなどにおいて革新を起こす可能性が高い人材を意味する言葉です。イノベーション人材はほとんどの企業が求める人材ですが、単にイノベーション人材を採用・育成しただけではイノベーションを起こすことはできません。今回はイノベーション人材の意味や定義、企業に求められる要素についてご紹介します。

優秀な人材を確保する方法とは?一般的な人材を優秀な人材に育てよう

優秀な人材を確保するためには「採用・育成・定着」の3つの視点が必要になります。採用や定着のための施策だけでは、他社との競合の関係上優秀な人材の安定した確保は難しいため、自社内での人材育成が重要になります。今回は優秀な人材を確保する方法について、採用や離職防止に加えて、一般的な人材を優秀な人材に育成する方法をご紹介します。

優秀な人材を採用する方法とは?具体的な採用フローや注意点について

優秀な人材の採用は、人手不足が深刻な現代日本において、多くの企業が抱えている課題です。優秀な人材を採用するための方法には大きく分けて6つのポイントがあり、具体的な採用フローや注意点を知っておくことで、他社との獲得競争を有利に運ぶことができます。今回は、優秀な人材を採用するための具体的な方法についてご紹介します。

優秀な人材に選ばれる企業の特徴とは?魅力的な企業の4つのポイント

優秀な人材とは、業績に貢献できる高い能力を持ち、自社に利益をもたらすことができる人材です。優秀な人材が魅力的に感じる企業には共通の特徴があり、優秀な人材にとって魅力的な企業になるべく努力することは、優秀な人材の採用や定着を図る上で非常に重要です。今回は、優秀な人材の特徴と、優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴についてご紹介します。

優秀な人材が辞めてしまう理由とは?人材の流出を防ぐ方法について

優秀な人材の採用と育成、および離職防止は、多くの企業が最優先で取り組むべき問題の一つです。優秀な人材が辞めてしまう理由は、細かく分けると様々な理由が挙げられますが、優秀であるからこその共通点が存在します。今回は、優秀な人材が辞めてしまう理由からもう一歩踏み込んで、優秀な人材の流出を防ぐ方法についてご紹介します。

優秀な人材ほど早く辞めていく理由とは?離職につながる原因について

優秀な人材の流出は、企業にとって「社員が一人辞めた」という以上の痛手となります。優秀な人材ほど早く辞めていく理由には共通点があり、離職理由の共通点を知っておくことで、優秀な人材の流出を防止できます。今回は、優秀な人材ほど早く辞めていく理由について、5つの原因をご紹介します。

優秀な人材とは?「優秀」の定義や求められる能力について

優秀な人材とは、業績に貢献する能力を持ち、自社に利益をもたらすことができる人材です。優秀な人材の定義は企業や業種によって異なりますが、どのような企業にとっても優秀と言える人材には、共通する特徴や能力があります。今回は優秀な人材とはどんな人材なのか、どのように定義すればよいのかについてご説明します。

ピーターの法則と日本企業で発生しやすい!昇進したら無能になる原因

ピーターの法則は能力主義の社会において起きやすい問題であり、成果よりも人物が評価される日本型雇用と密接に関係する法則です。日本型雇用の評価制度には、終身雇用に基づく年功序列制度や、資格や経験の有無による評価がまだ根強く残っています。今回は何故日本型雇用がピーターの法則に陥りやすいのかの理由について詳しく説明します。

ピーターの法則の対策とは?会社組織の無能化を回避するために

ピーターの法則とは、優秀な社員であっても昇進し続けるとどこかで無能となる法則です。優秀な社員を昇格させたのに急に成果が出せないなどの場合はピーターの法則に陥っている可能性があります。今回はピーターの法則の対策として、企業組織でできる対策と個人でできる対策について説明します。