記事カテゴリー

「 採用マーケティング 」一覧

採用マーケティングとは、採用戦略にマーケティング分野の知見やフレームワークを取り入れ、自社の強みや求める人物像を活かした採用活動を行うことで、自社の採用をより良いものに改善していく手法や考え方です。

従来の採用プロセスでは、自社が採用した人物像やその人材の見極めに注力していたのに対して、採用マーケティングでは労働市場や競合他社の動向を踏まえた上で、自社ならではの採用選考プロセスや戦略に落とし込むことが目的となっています。応募率や内定率などの数字に落とし込むことで、改善プロセスが明確になり、よりより採用プロセスへと改善することができます。

採用マーケティングカテゴリーでは、従来の採用プロセスと採用マーケティングとの違いや実施方法、実施するメリットやデメリットについて説明します。

採用マーケティングの方法とは?採用プロセスとポイントについて

採用マーケティングとは、従来の採用プロセスにマーケティングの手法を取り組んだ採用手法です。労働市場や人材獲得における競合他社などの動向は常に変化しているため、動向に注意しながら自社の採用プロセスを改善し続ける視点が今後優秀な人材を獲得する上では必要不可欠です。今回は採用マーケティングにおける具体的な採用プロセスとそのポイントや注意点について説明します。

採用マーケティングとは?効果的な母集団を形成し、優秀な人材を獲得しよう!

売り手市場により、労働者の確保が難しくなっていく中で「採用マーケティング」が注目されています。採用マーケティングとは、従来のマーケティングを採用分野に応用した内容で「自社の求める人物像が自社を選んでくれるための仕組みづくり」が目的となります。採用マーケティングとは何か、採用広報との違いは何か、採用マーケティングの具体的な内容について説明します。