記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

働き方改革は、平成28年6月2日に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」の実現に向けたチャレンジのことです。労働制度の抜本改革を行うことで、「正規、非正規の不合理な処遇の差」「長時間労働」「単線型の日本のキャリアパス」の課題を企業文化や組織風土も含めて変えようとしています。

2018年7月6日に公布された「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」では、「労働基準法」や「労働安全衛生法」「労働契約法」などの様々な法案が改正されることが決まりました。法改正による企業への対応だけでなく、仕事や育児の両立支援企業を応援する「くるみん認定」や女性の活躍推進企業を応援する「えるぼし認定」などの認定制度、長時間労働を是正する制度を導入する企業に向けた「時間外労働等改善助成金」などの助成金制度など、様々な取り組みが実施されています。

働き方改革カテゴリーでは、働き方改革実現に向けた取組内容だけでなく、政府や公庁の発表や法改正への対応方法など、自社で働き方改革を実現するために実施しなければならないことや実施するとメリットのあるもの、対応方法や注意点について説明します。

M字カーブ えるぼし・くるみん・ユースエール ダイバーシティ・インクルージョン 副業解禁 同一労働同一賃金 外国人採用 女性活躍推進 テレワーク ワークライフバランス シニア人材 障害者採用 RPA ディーセントワーク アルバイト採用 長時間労働

海外で長時間労働が発生しにくい理由とは?日本の現状と取組を知ろう

日本に比べて、欧米をはじめとした海外の国々では長時間労働者の割合が低い調査結果があります。長時間労働者の割合が低い理由として、法律や労働協約で労働時間や残業可能時間がこと細かく定められていること、成果主義やタスク管理が徹底しており成果を出していれば柔軟に働き方を変えられることなどが挙げられます。今回は海外で長時間労働者の割合が低い理由から、取組内容を紹介します。

長時間労働の対策企業事例とは?成功要因を知り、自社にも活用しよう

長時間労働は多くの日本企業が抱えている問題です。厚生労働省の調査では、長時間労働への対策を行った企業は9割を超えている一方で、実際に改善された企業は約半数程度であり、改善施策が失敗に終わってしまうこともあります。今回は長時間労働を対策し、実際に効果が現れた企業の取組施策事例について説明します。

長時間労働是正に必要な対策方法とは?生産性向上だけじゃない!

長時間労働は企業・労働者に対して悪い影響をもたらすため抑制が必要です。そのためには、管理職の教育の実施や人事評価項目の再考、会社としての強いメッセージの発信、ノー残業デーなどの制度による抑制など様々な手段が考えられます。今回は長時間労働を是正する対策方法について説明します。

労働者が考える長時間労働の原因とは?企業側との認識の相違について

長時間労働の原因として企業が認識している原因と労働者が考える原因には齟齬があり、根本的な解決を阻んでいます。人員不足や根本的な業務量の多さなどなど共通する認識はありますが、自分の仕事をきちんと仕上げたい気持ちや残業代目当ての勤務などを労働時間の増加の原因として上げる労働者も少なくありません。今回は労働者視点での長時間労働の原因について説明します。

アルバイト採用後の必要書類と手続きとは?事前準備と管理を行おう

アルバイト採用でも、正社員採用と同様に労働条件通知書などの書類の準備が必要です。アルバイト採用においても必要な書類は多岐に渡るため、事前の準備や個人情報の管理を行うことが大切です。今回はアルバイト採用後における必要な書類や手続、必須ではないがトラブル回避のためにあったほうがよい書類について説明します。

長時間労働の原因とは?厚生労働省の調査から読み取れる根本の課題

長時間労働は日本の抱える深刻な問題です。厚生労働省の調査によれば、企業の管理職は、管理職の意識やマネジメントの不足、人員の不足、長時間労働に肯定的な人事制度や風土などを長時間労働を招く原因として考えています。長時間労働を是正するためには、自社が抱える課題を明確にして、経営者が主体となって根本となる問題を解決していく必要があります。

アルバイトの採用通知書の書き方、出し方とは?迅速な対応を心がけよう!

アルバイト採用の際に採用通知書をきちんと提出されていますでしょうか。人材不足で辞退者も続出している中、アルバイト採用でも社員採用同様、迅速でかつ丁寧な採用通知が求められています。今回はアルバイト採用における採用通知書の書き方や記載すべきことについて紹介します。

長時間労働が従業員にもたらす健康被害と精神障害リスクとは?

長時間労働は、日本社会全体の課題です。長時間労働が企業に与える影響も大きいながら、従業員への影響はより深刻なものです。プライベートの時間が厳守することで、十分な休息を取れなくなり、健康被害や精神障害リスクが非常に高まります。今回は長時間労働が従業員にもたらす健康被害や精神生涯リスクについて説明します。