記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (51)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (88)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 働き方改革 」一覧

    働き方改革は、平成28年6月2日に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」の実現に向けたチャレンジのことです。労働制度の抜本改革を行うことで、「正規、非正規の不合理な処遇の差」「長時間労働」「単線型の日本のキャリアパス」の課題を企業文化や組織風土も含めて変えようとしています。

    2018年7月6日に公布された「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」では、「労働基準法」や「労働安全衛生法」「労働契約法」などの様々な法案が改正されることが決まりました。法改正による企業への対応だけでなく、仕事や育児の両立支援企業を応援する「くるみん認定」や女性の活躍推進企業を応援する「えるぼし認定」などの認定制度、長時間労働を是正する制度を導入する企業に向けた「時間外労働等改善助成金」などの助成金制度など、様々な取り組みが実施されています。

    働き方改革カテゴリーでは、働き方改革実現に向けた取組内容だけでなく、政府や公庁の発表や法改正への対応方法など、自社で働き方改革を実現するために実施しなければならないことや実施するとメリットのあるもの、対応方法や注意点について説明します。

    M字カーブ えるぼし・くるみん・ユースエール ダイバーシティ・インクルージョン 副業解禁 同一労働同一賃金 外国人採用 女性活躍推進 テレワーク ワークライフバランス

    テレワークとは?働き方改革は在宅勤務だけじゃない!

    テレワークとは、情報技術を活用して会社以外の場所で、遠く離れて働くことを実現する勤務形態のことです。テレワークとは在宅勤務だけを指す言葉ではなく、時間や場所を有効に活用できる様々な働き方があります。今回はテレワークを導入する目的や、テレワークを導入する企業・従業員のメリット・デメリットについて説明します。

    副業を解禁した他社の事例!先進的な活動から、副業解禁の効果を知る

    2018年1月に厚生労働省が公表した「モデル就業規則」によって「原則副業を容認する」流れとなっています。副業について法的な拘束力は元々無く「モデル就業規則」での解禁に先立って副業を容認してきた企業がいくつかあります。今回は副業を解禁した他社の事例から、副業を解禁することでどのような効果をもたらしたのかについて説明します。

    「副業解禁」はいつから?各企業に求められる対応と考え方とは

    2018年1月に厚生労働省が公表した「モデル就業規則」で「原則副業を禁ずる」文面が削除され、「原則副業を容認する」文面が追加されました。副業に関する法的な拘束はないため、各企業が「副業を解禁する」とみなしたタイミングで「副業が解禁された」とみなすことができます。逆に現在でも「正当な理由なしに副業を禁止すること」は、労働者の自由を奪う行為として法的問題に発展する可能性が0ではありません。今回は副業が解禁された流れと、企業としてどのような対応や考えが求められるのかについて説明します。

    加速する「副業解禁」に対応すべき?期待する効果と注意点とは

    大企業を含む、一部の企業において「副業解禁」の流れが加速しています。背景として、働き方改革の推進に伴い、厚生労働省が公表している「モデル就業規則」から「原則副業を禁止する」文面が削除され、「原則容認する」文面が追加されたことが挙げられます。副業を解禁することで、労働者の健康管理や本業への影響などが懸念されますが、それ以上に企業・労働者側にも大きなメリットがあります。副業・兼業が原則禁止されていた背景と解禁された背景、企業・労働者側のメリットとデメリットについて説明します。

    同一労働同一賃金では賞与(ボーナス)も対象となる!

    正規・非正規間の不当な格差を是正する目的である「同一労働同一賃金」制度。基本給だけでなく、賞与も対象となっており、正社員と同様の貢献をしたアルバイトやパートタイム労働者にも、正社員と同様に賞与を支払う必要があると説明されています。一方で正社員と非正社員で業務内容や責務に大きな違いがある場合には、支払わなくても問題がないとの見解も示されています。今回は同一労働同一賃金制度における賞与の扱いについて説明します。

    くるみん・えるぼし・ユースエールの違いとは?メリットや基準の違い

    働き方改革を推進するために厚生労働大臣が認定する代表的な制度として、くるみん認定・えるぼし認定・ユースエール認定があります。認定基準の違いはありますが、どの制度も認定を受けることで様々なメリットが得られます。今回はそれぞれの認定の目的やメリット、認定基準の違いなどについて説明します。

    同一労働同一賃金が「派遣」というワークスタイルに及ぼす影響とは?

    同一労働同一賃金制度において、派遣労働者は「派遣先企業」と「派遣元企業」の2つが関わるため、何を同一労働とみなしてどちらの企業の同一賃金を支払うのか、議論が交わされています。現在検討されている方法は2種類ありますが、派遣労働者に対してそれぞれメリット・デメリットがあり、どちらが正解であるといったものはありません。具体的にどのような方法があるのか、どんな内容が議論されているのか、現在おさえておくべきポイントについて説明します。

    若者雇用促進法の一つ、ユースエール認定を受けると助成金が貰える!

    ユースエール認定制度とは、若年層の採用活動や育成活動を積極的に展開し、雇用状況が優良な中小企業に対して、厚生労働省が認定を行う制度です。ユースエール認定を受けると、助成金の上乗せや公共調達での加点評価など、様々なメリットが得られます。今回はユースエール認定を受けることで受給金額が上乗せされる各助成金や、公共調達におけるメリットについて説明します。

    同一労働同一賃金の推進法案とは?実は既に始まっていた?

    同一労働同一賃金推進法案について、現在も議論が交わされています。実は元となる法律として「職務待遇確保法」という法律が2015年9月から施行されています。しかし、この法律は様々な議論を経て「企業がそれぞれで解釈できる余地がある」「必ずしも措置を講ずる必要がない」など、実効性が弱い問題点がありました。この問題点を解決しようとしたのが、現在の同一労働同一賃金ガイドライン案による法改正です。今回は職務待遇確保法の目的や問題点、どのように改善しようとしているのかについて説明します。

    ユースエール認定の申請条件とは?必要な条件と申請の方法をご紹介!

    ユースエール認定制度とは、若年層の採用活動や育成活動を積極的に展開し、雇用状況が優良な中小企業に対して、厚生労働省が認定を行う制度です。ユースエール認定の申請にはいくつかの条件があり、条件を満たした上で手続きが必要です。今回はユースエール認定を申請するための条件と、申請の方法についてご紹介します。