記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

働き方改革は、平成28年6月2日に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」の実現に向けたチャレンジのことです。労働制度の抜本改革を行うことで、「正規、非正規の不合理な処遇の差」「長時間労働」「単線型の日本のキャリアパス」の課題を企業文化や組織風土も含めて変えようとしています。

2018年7月6日に公布された「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」では、「労働基準法」や「労働安全衛生法」「労働契約法」などの様々な法案が改正されることが決まりました。法改正による企業への対応だけでなく、仕事や育児の両立支援企業を応援する「くるみん認定」や女性の活躍推進企業を応援する「えるぼし認定」などの認定制度、長時間労働を是正する制度を導入する企業に向けた「時間外労働等改善助成金」などの助成金制度など、様々な取り組みが実施されています。

働き方改革カテゴリーでは、働き方改革実現に向けた取組内容だけでなく、政府や公庁の発表や法改正への対応方法など、自社で働き方改革を実現するために実施しなければならないことや実施するとメリットのあるもの、対応方法や注意点について説明します。

M字カーブ えるぼし・くるみん・ユースエール ダイバーシティ・インクルージョン 副業解禁 同一労働同一賃金 外国人採用 女性活躍推進 テレワーク ワークライフバランス シニア人材

ファミリーデーを実施した企業の事例とは?企画の例や効果について

ファミリーデーとは、企業が自社のオフィスに社員の家族などを呼ぶ、社内イベントを意味する言葉です。ファミリーデーは、多くの企業で実施された事例があり、各社さまざまな取り組みがされています。今回は、ファミリーデーを実施した企業の事例から、具体的な企画例をご紹介します。

ファミリーデーの企画に必要な準備とは?事前準備やイベントについて

ファミリーデーとは、企業が自社のオフィスに社員の家族などを呼ぶ、社内イベントを意味する言葉です。ファミリーデーを企画する際には、担当スタッフやイベントの日程など、必要な準備が多くあります。今回は、ファミリーデーを企画する際の流れや、必要な準備についてご紹介します。

ファミリーデーとは?意味や目的、メリット・デメリットについて

ファミリーデーとは、企業が自社のオフィスに社員の家族などを呼ぶ、社内イベントを意味する言葉です。ファミリーデーは、社員同士のコミュニケーション促進やワークライフバランス推進などのメリットがある一方で、プライベートへの干渉と感じる人もいるため注意が必要です。今回は、ファミリーデーの意味や目的、企業側と社員側それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

ワークライフインテグレーションの実現につながる制度とは?

ワークライフインテグレーションは、ワークライフバランスから派生した概念で、どちらが良い・悪いというものではありません。人事担当者はワークライフインテグレーションとワークライフバランスの違いについて理解して、自社の従業員や組織風土に適している方を選ぶ必要があります。今回は、ワークライフインテグレーションの実現につながる制度についてご紹介します。

ワークライフインテグレーションの意味とは?企業のメリットについて

ワークライフインテグレーションとは「仕事も生活も人生の一部」と統一(インテグレーション)して考え、仕事と生活両方の充実を求める働き方を意味する言葉です。ワークライフインテグレーションを実現すれば、社員のモチベーションアップや生産性向上など、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回はワークライフインテグレーションの意味や定義、ワークライフバランスとの違いや企業のメリットなどについてご紹介します。

ワークライフバランスの取り組み事例とは?実際の事例を5つご紹介!

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスの推進に取り組む際には、実際の企業事例から多くのヒントが得られます。今回はワークライフバランス推進に取り組んだ企業の事例を5つ、取り組みの目的・内容・結果に分けてご紹介します。

ワークライフバランスの推進に活用できる働き方改革の施策とは?

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスを推進する際には、働き方改革の一環として国が行っている施策や助成金制度が活用できます。今回は、ワークライフバランスの推進に活用できる働き方改革の施策や助成金制度、認定制度などをご紹介します。

ワークライフバランスの海外事例とは?自社の施策の参考にしよう!

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスの推進に取り組む際には、海外の事例を参考にすることで、ライフワークバランスを推進する上での課題を解決するヒントが得られます。今回は、ワークライフバランス実現のためのヒントを海外の事例から探っていきます。

ワークライフバランス推進における日本特有の問題点と解決策とは?

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。日本でワークライフバランスを推進する上での問題点として、男女の役割分担意識の強さがあり、男性の家事参加や女性の社会進出の妨げとなっています。今回は、ワークライフバランス推進における日本特有の問題点についてご紹介します。

ワークライフバランスの問題点とは?推進するための取り組みについて

ワークライフバランスの問題点としては、ワークライフバランスの実現に向けた取り組みに対して、協力を得られない場合があるという点が挙げられます。ワークライフバランスを実現するためには、職務評価制度を導入したり経営者の理解を得たりする必要があります。今回はワークライフバランスの問題点についてご紹介します。