記事カテゴリー

「 スキル 」一覧

スキルは、人材評価や採用選考に用いられる概念です。スキルには様々な種類があり、人事業務でスキルを活用するためには、「他社でも通用するスキル」や「自社でしか通用しないスキル」、「現場社員に求められるスキル」や「管理職に求められるスキル」の様々なスキルについての理解が必要です。

「パソコンスキル」や「英語スキル」などの資格や試験で明らかにしやすいスキルもあれば「コミュニケーションスキル」「マネジメントスキル」などの明らかにしにくいスキルもあります。

人材選考や採用選考でスキルを活用するためには「具体的にどんなスキルを見極めるのか」の項目と「どのようにスキルを見極めるのか」の基準を明確にすることが求められます。「コミュニケーションスキル」と言っても細分化すると「話を遮らずに聞く能力」なのか「相手のことを理解する能力」なのか「端的に要点をまとめて話せる能力」なのかを細分化しながら、その程度について基準を設けることが必要です。

スキルカテゴリーでは、経営学分野で研究されてきた知見から、会社組織で必要とされるスキルに焦点を当て、体系的な知識としてスキルを理解することで、人事業務に活用できる範囲まで落とし込んで説明いたします。

 

マネジメントスキルを採用基準や育成計画に活用する方法とは?

マネジメントスキルとは、何らかの対象を管理するスキルを意味する言葉です。マネジメントスキルは、会社や人が違えば認識が変わる抽象的な概念であるため、人事戦略で活用する際には細分化や具体化が必要になります。今回は、マネジメントスキルとはどのようなスキルなのか、具体的にどのような能力に細分化できるのかについてご紹介します。

マネジメントスキルとは?意味や定義、具体的なスキルの例について

マネジメントスキルとは、何らかの対象を管理するスキルを意味する言葉です。マネジメントスキルの育成や見極めを行う際には、立場や役職によって求められるスキルが異なるため、マネジメントスキルの種類や概要について知っておく必要があります。今回はマネジメントスキルの意味や定義、具体的なスキルの例についてご紹介します。

採用選考で見極められるビジネスマナーとは?具体例を紹介します

8割以上のビジネスパーソンが、仕事を円滑に進めるためにビジネスマナーは欠かせないものであると回答しています。一方で、ビジネスマナーができていると回答した人は44.2%と、重要性を理解しながらも十分に身につけられていない現状が明らかになっています。ビジネスマナーは新卒採用よりも中途採用において採用基準として用いられる傾向にあります。今回は面接や採用選考の過程で見極められるビジネスマナーにはどのようなものがあるのか、採用選考で見極められないビジネスマナーにはどのようなものがあるのかを具体例を交えて紹介します。

ビジネスマナーとは?人材採用でどれだけ重視すべきなのか

8割以上のビジネスパーソンが、仕事を円滑に進めるためにビジネスマナーは欠かせないものであると回答しています。一方で、ビジネスマナーができていると回答した人は44.2%と、重要性を理解しながらも十分に身につけられていない現状が明らかになっています。今回はそもそもビジネスマナーとは何か、人材採用シーンでビジネスマナーを重視するメリットやデメリット、注意点について説明します。

スキルマップの活用事例とは?実際の企業における事例を5つご紹介!

スキルマップとは、在籍中の従業員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを導入する際には、他社の事例を参考にすることで、高い効果と効率が得られます。今回は、スキルマップを導入した企業の事例と、導入した結果得られた効果を5つご紹介します。

スキルマップの評価項目の決め方とは?具体的な方法をご紹介!

スキルマップとは、在籍中の従業員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを作成する上では、評価項目が細かく具体的であればあるほど、現場の業務実態に近く精度の高い資料となります。今回は、スキルマップの評価項目を設定するための具体的な方法をご紹介します。

スキルマップの作り方とは?評価項目や評価基準の決め方について

スキルマップとは、在籍中の社員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを作成する際には、評価項目や評価基準を正しく設定しなければ、業務の質や社員のモチベーションを低下させてしまう恐れがあります。今回はスキルマップの作り方について、評価項目や評価基準、評価方法の決め方をご紹介します。

スキルマップとは?スキルを可視化する目的とメリット・デメリット

スキルマップとは、在籍中の社員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップは、教育研修だけでなく人事評価やマネジメント、人材採用などの様々な人事業務に活用できます。今回はスキルマップの意味や目的、メリット・デメリットについてご紹介します。

コンセプチュアルスキル(概念化能力)の項目や要素の一覧、具体例とは?

ビジネススキルの中でも抽象度が高いのが「コンセプチュアルスキル(概念化能力)」です。トップマネジメント層で最も求められるスキルですが、一般社員には不要というわけではありません。コンセプチュアルスキルは先天的な影響が強く「採用段階での見極め」や「中長期的な教育」が重要となります。コンセプチュアルスキルに含まれるスキルも細分化することができます。今回はコンセプチュアルスキルの項目や要素の一覧と各スキルの内容、ビジネスシーンでの具体例について説明します。