記事カテゴリー

「 スキル 」一覧

スキルは、人材評価や採用選考に用いられる概念です。スキルには様々な種類があり、人事業務でスキルを活用するためには、「他社でも通用するスキル」や「自社でしか通用しないスキル」、「現場社員に求められるスキル」や「管理職に求められるスキル」の様々なスキルについての理解が必要です。

「パソコンスキル」や「英語スキル」などの資格や試験で明らかにしやすいスキルもあれば「コミュニケーションスキル」「マネジメントスキル」などの明らかにしにくいスキルもあります。

人材選考や採用選考でスキルを活用するためには「具体的にどんなスキルを見極めるのか」の項目と「どのようにスキルを見極めるのか」の基準を明確にすることが求められます。「コミュニケーションスキル」と言っても細分化すると「話を遮らずに聞く能力」なのか「相手のことを理解する能力」なのか「端的に要点をまとめて話せる能力」なのかを細分化しながら、その程度について基準を設けることが必要です。

スキルカテゴリーでは、経営学分野で研究されてきた知見から、会社組織で必要とされるスキルに焦点を当て、体系的な知識としてスキルを理解することで、人事業務に活用できる範囲まで落とし込んで説明いたします。

 

行動力のある人材のシンプルな特徴とは?育成可能な部分を見極めよう

行動力とは「目的のために積極的に行動する力」です。行動力のある人は「目的意識を持っている」というシンプルな特徴があります。行動力を見極めたり育成するためには、主体性や挑戦志向などの価値観に依存する部分は採用時に見極め、知識量や優先順位付けなどは教育研修で育成する方法が効果的です。今回は行動力のある人材の特徴について説明します。

行動力を構成するスキルとは?どのように行動力を育成できるのか

行動力とは「目的のために積極的に行動する力」です。行動力は主体性やチャレンジ精神など、多くの企業が採用要件として掲げる要素と密接に影響しており、行動力の構成要素を理解することで人材の見極めや育成に活用できます。今回は行動力を構成する要素について説明します。

行動力とは?従業員の行動力ががもたらす企業へのメリットやデメリット

行動力とは「目的のために積極的に行動する力」です。ビジネスシーンでは慎重に検討することだけでなく、実際にやってみてから改善していくことも大切です。今回は行動力とはどのような能力なのか、従業員の行動力の有無によって企業にもたらされるメリットやデメリットについて説明します。

折衝力と交渉力の共通点や違いとは?違いを理解して見極めに活用する

交渉力と折衝力は、ともにコミュニケーションを行う上で重要なスキルです。ともに相手との意思決定を合意する能力ですが、交渉力と折衝力では前提が異なるため、コミュニケーションスキルの高い人材を採用したい場合には、どちらの能力が備わっているのかの見極めを行うことが大切です。今回は交渉力と折衝力の共通点や違いについて説明します。

折衝力を高めるのに必要な研修とは?日々の生活での意識を身につける

折衝力とは、お互いの利害関係が一致しない状態での駆け引きを行うコミュニケーションスキルです。折衝力は、基本的なコミュニケーションスキルから成り立っており、すぐに身につけることはできませんが、日々の生活を意識するように教育研修を実施することで中長期的に育成することができます。今回は折衝力を高める教育研修において重要なポイントについて説明します。

折衝能力を構成するスキルとは?折衝力を高めるために必要なプロセス

折衝力とは、お互いの利害関係が一致しない状態での駆け引きを行うコミュニケーションスキルです。折衝力は、ペーシングや傾聴、クロージングなど様々なコミュニケーションスキルによって構成されています。今回は折衝におけるプロセスを分解し、各プロセスにおいてどのようなスキルが求められるのかについて説明します。

折衝力とは?高い人・低い人材を見極める3つの特徴について

折衝力とは、お互いの利害関係が一致しない状態での駆け引きを行うコミュニケーションスキルです。営業などの社外の人に対してだけでなく、社内の人に仕事を頼むなどのときにも折衝力が求められます。折衝力は交渉力よりも難しいスキルですが、リスクマネジメントの観点からは非常に重要なスキルです。今回は折衝力の内容や、接触力の高い・低い人材の特徴について説明します。

教育研修で交渉力を効果的に向上させる方法とは?強い目的意識を持とう

交渉力とは、お互いの意思決定を合意できるまでコミュニケーションをとるスキルです。交渉力は、コミュニケーションスキルの基本となる傾聴やペーシング、プレゼンテーションスキルなどのスキルが複合している能力です。今回は教育研修で交渉力を効果的に向上させるために必要な意識や方法について説明します。

交渉力を見極める方法とは?交渉をプロセス分けして各スキルを判断する

交渉力とは、お互いの意思決定を合意できるまでコミュニケーションをとるスキルです。交渉力を見極めるためには、まずは交渉におけるプロセスを理解し、各プロセスに求められるスキルが備わっているのか一つ一つ見極めていく方法が有効です。今回は交渉の目的や交渉におけるプロセス、各プロセスに求められるコミュニケーションスキルについて説明します。

交渉力とは?プロジェクトや人間関係を円滑にするコミュニケーション

交渉力とは、お互いの意思決定を合意できるまでコミュニケーションをとるスキルです。自分の意志を通すだけではなく、相手が求めていることを的確に把握し、無用なトラブルを起こさないためにはコミュニケーション能力の一つである交渉力が重要になります。今回は交渉力とはどのような能力なのかについて説明します。