記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (50)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (87)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 インターンシップ 」一覧

    インターンシップ制度とは、主に学生を対象として行われる母集団形成方法で、自社のセミナーに参加してもらう・長期に渡って業務に取り組んでもらうなどで、早期から求職者と接触する、実際の社員や業務に触れることで入社後のミスマッチを減らす効果がある制度です。

    インターンシップの実施企業比率も増加傾向にあるだけでなく、学生のインターンシップ参加率や参加者数も増加傾向にあり、学生にとってもインターンシップの注目度が高まっています。しかしただインターンシップを実施するだけでなく、参加したくなる魅力的なインターンシップの企画・実施を行う必要があります。

    インターンシップカテゴリーでは、インターンシップ制度を実施するメリットやデメリット、プログラム内容、給与を支払う必要がある法的な規約、インターンシップ契約書や誓約書を準備する必要性などについて説明します。

    インターンシップ誓約書の目的や注意点、テンプレートとは?リスク回避をしよう!

    就職活動解禁時期よりも前に学生に接触できるアプローチとして「インターンシップ制度」を導入する企業が増加しています。インターンシップ制度を導入するためには「インターンシップのプログラム内容」などだけでなく、受け入れ準備として「インターンシップ誓約書」と「インターンシップ契約書」の2種類の書類を準備しておくことが大切です。インターンシップ誓約書では、企業情報や個人情報などの外部への情報漏洩を防ぐ機密保持内容や、事故・疾病などのリスクヘッジ内容が含まれます。インターンシップ誓約書の目的や記載内容のポイントについて説明します。、

    インターンシップ契約書の目的や注意点、テンプレートとは?

    インターンシップの参加者を受け入れるためには、実習時間や実習場所、交通費などの手当、インターンシップ中の事故に関わる保証、情報漏えいなど考慮しなければならない注意点が多くあります。インターンシップの契約書では、インターンシップ中のトラブルによるリスクを事前に回避するために、リスクに関する内容を明確にして契約を交わしておくことが必要です。インターンシップで契約書を設ける目的や注意点、どのような項目を記載すべきかのテンプレートについて説明します。

    インターンシップには賃金報酬や給料を設定すべき?有償・無給を法律視点で考える

    インターンシップのプログラムには、賃金報酬や給料が発生する内容もあります。賃金報酬が必要化どうかは、労働基準法の観点で、インターンシップ参加者が労働者に該当するかを確認する必要があります。給料が発生する場合には、最低賃金よりも高い金額で設定する必要があります。今回はインターンシップ制度に賃金報酬や給料を設定すべきか、具体的にどれぐらいの金額で設定すべきかについて説明します。

    インターンシップ受け入れ準備や注意点を踏まえた6つのステップとは

    新卒採用で人気なのがインターンシップ制度です。就職活動解禁時期よりも前に学生への接点を設けることができ、優秀な学生の囲い込みに用いられています。インターンシップ制度を導入する上では、受け入れ体制の準備やインターンシップ実施における注意点を理解しておくことが重要です。効果的なインターンシップを実施するために必要な6つのステップについて説明します。

    インターンシップ制度とは? 種類や目的とメリット・デメリットについて

    特に新卒採用活動において、早いタイミングで人材と接触し、自社で働くメリットを十分に伝えられる「インターンシップ制度」を導入する企業が増加し続けています。インターンシップ制度は、短期・長期だけでなく、プログラムの内容によっても様々な種類に細分化できます。自社でインターンシップ制度を導入するには、どのような課題を解決したいのかを明確にしてプログラム内容を選択することが大切です。今回はインターンシップ制度とはなにか、どのようなプログラム内容があるのか、各プログラム内容におけるメリットやデメリットについて説明します。