記事カテゴリー

「 インターンシップ 」一覧

インターンシップ制度とは、主に学生を対象として行われる母集団形成方法で、自社のセミナーに参加してもらう・長期に渡って業務に取り組んでもらうなどで、早期から求職者と接触する、実際の社員や業務に触れることで入社後のミスマッチを減らす効果がある制度です。

インターンシップの実施企業比率も増加傾向にあるだけでなく、学生のインターンシップ参加率や参加者数も増加傾向にあり、学生にとってもインターンシップの注目度が高まっています。しかしただインターンシップを実施するだけでなく、参加したくなる魅力的なインターンシップの企画・実施を行う必要があります。

インターンシップカテゴリーでは、インターンシップ制度を実施するメリットやデメリット、プログラム内容、給与を支払う必要がある法的な規約、インターンシップ契約書や誓約書を準備する必要性などについて説明します。

コラボインターンシップとは?新しい母集団形成の形を活用する

コラボインターンシップとは、複数の企業が合同で行うインターンシップのことです。採用における強いや課題が異なる企業同士が組むことで、インターンシップを実施する企業だけでなく、インターンシップに参加する学生にとってもメリットのあるインターンシップとして、徐々に広がり始めています。今回はコラボインターンシップについて説明します。

1dayインターンシップの企業事例とは?目的を明確にしよう

インターンシップとは、職業体験制度のことで、多くの企業が実施し多くの学生が参加している制度です。1dayインターンシップは気軽に実施できる一方で、参加者からの不満足度も高く、実施には注意が必要です。今回は1dayインターンシップを成功させた企業事例について説明します。

1dayインターンシップの設計方法とは?企画や準備を大切に

インターンシップとは、職業体験制度のことで、多くの企業が実施し、多くの学生が参加している制度です。1日のみで開催される1dayインターンシップは、企業側の準備や運営の負担が少ないものの、きちんと準備しなければ参加者の不満を生む原因となってしまいます。今回は1dayインターンシップの設計方法について説明します。

1dayインターンシップとは?実施しても満足してもらえるとは限らない

インターンシップとは、職業体験制度のことで、多くの企業が実施し、多くの学生が参加している制度です。1日のみで開催される1dayインターンシップは、企業にとっては開催が容易である、多くの学生と出会えるとメリットも多いですが、参加した学生からは不満足であると聞かれることも多いものです。今回は1dayインターンシップの概要について説明します。

政府から禁止要請されている採用直結型インターンシップとは?

インターンシップとは、職業体験制度のことで、多くの企業が実施し、多くの学生が参加している制度です。インターンシップの中でも採用に直結するものは、本来のインターンシップの目的と異なるとして、政府から禁止要請が出されています。今回は禁止要請されている採用直結型のインターンシップについて説明します。

インターンシップとは?目的や企業にとってのメリットを再確認しよう

インターンシップとは、職業体験制度のことで、多くの企業が実施し、多くの学生が参加している制度です。就業体験を通じて、仕事や企業、業界、社会への理解を深めることを目的にした制度ですが、政府からは選考や会社説明会を兼ねたインターンシップについては禁止要請を行っています。今回はインターンシップ制度について説明します。

社会人インターンの雇用契約書に記載すべき内容や具体例とは?

社会人インターンとは、社会人が現在所属している企業の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加することを意味する言葉です。社会人インターンの雇用契約書を作成する際は、有償インターンの場合と無償インターンの場合で記載すべき内容が異なります。今回は、社会人インターンの雇用契約書に記載すべき内容や具体例についてご紹介します。

社会人インターンの導入に必要な企業側の準備や注意点とは?

社会人インターンとは、社会人が現在所属している企業の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加することを意味する言葉です。社会人インターンを導入する際は、既に学生インターンを導入している企業であっても、社会人インターンならではの準備が必要になります。今回は、社会人インターンの導入に必要な企業側の準備や注意点などについてご紹介します。

社会人インターンで副業目的の人材を確保する企業側のメリットとは?

社会人インターンとは、社会人が現在所属している企業の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加することを意味する言葉です。社会人インターンを実施する際には、副業や兼業を目的とした優秀な人材を確保するために、有償インターンと無償インターンの違いについてしっておく必要があります。今回は、社会人インターンで副業目的の人材を確保する方法や、企業にとってのメリット・デメリットについてご紹介します。

社会人インターンとは?企業側の目的やメリット・デメリットについて

社会人インターンとは、社会人が現在所属している企業の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加することを意味する言葉です。社会人インターンは、中途採用における優秀な人材の獲得や早期離職の防止など、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回は、社会人インターンの意味や目的、企業にとってのメリット・デメリットなどについてご紹介します。