記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (50)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (87)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 ミスマッチ・カルチャーフィット 」一覧

    早期離職を引き起こす原因として考えられているのがミスマッチです。ミスマッチとは、求職者のニーズや期待と、企業の現状にギャップがあることを意味しており、単純に合う・合わないの問題はアンマッチと言われます。採用活動においては、求職者・企業ともに相手に求める希望が高く、実態と差が生じてしまうことでミスマッチが起こります。

    採用活動におけるミスマッチを防ぐためには、企業としては実態を正確に伝えることが必要です。多くの応募者を集めるため、自社の良いところしか伝えなかったばっかりに、入社後にミスマッチが起こって早期離職につながってしまうと、採用コストだけでなく教育研修費用や現場社員の業務負担の増加を引き起こします。良いところだけでなく悪いところを伝える採用手法はRJP手法(Realistic Job Preview)として、アメリカでは40年以上の実証効果があります。

    特に人間関係の相性や社風や企業文化とのミスマッチの問題は深刻です。人間関係や社風と言った抽象的で曖昧なものを具体的に定義するだけでなく、相性を客観的かつ正確に測定することが求められます。早期離職の原因として、人間関係や社風とのミスマッチが様々な調査で多く挙げられています。

    ミスマッチ・カルチャーフィットカテゴリーでは、なぜミスマッチが発生してしまうのかの原因や理由、ミスマッチが引き起こす問題、人間関係や社風のミスマッチを防ぐ施策であるカルチャーフィットについて説明します。

    リアリティショックの対策例とは?引き起こす原因・要因から考える

    リアリティーショックとは理想と現実のギャップによって引き起こされます。学術研究によると、リアリティーショックを引き起こす要因として①仕事②対人関係③他者能力④評価の4つが挙げられています。リアリティーショックによって引き起こる問題は、これらの要因によっても異なります。4つの要因の概要と優先して解決すべき要因、リアリティーショックの対策方法について説明します。

    リアリティショックとは?職場の理想と現実のギャップ・ミスマッチ

    リアリティーショックとは、入社前に描いている職場や仕事の理想と現実のギャップのことを指す言葉です。ある調査では、入社後1か月という短期間にも関わらず、新入社員の6割以上がリアリティーショックを感じていると報告されています。理想と現実のミスマッチは、早期離職だけでなく、様々な問題を引き起こします。また、新入社員だけでなく、既存の社員であってもリアリティーショックは起こりえます。リアリティーショックが引き起こす問題について、説明します。

    カルチャーマッチとはどのようにやればいいの?【人事担当者必見】

    「カルチャーマッチが採用に大事だ」とよく耳にするようになりました。しかし“方法がわからない”“自社のカルチャーがはっきりしない”そんな声があるのも現状です。そこで今回は、カルチャーマッチの導入の仕方や、マッチング方法についてご紹介します。

    雇用のミスマッチが起きる原因と対策とは?採用・人事担当者ができること

    雇用のミスマッチとは、労働力の需要と供給のバランスが崩れることで、人材不足が硬直する状態のことです。人材不足の現状で即戦力が必要となりながらも、採用の早期化によって、即戦力になる新卒生の採用が望めなくなったり、知名度と資金力に劣る中小企業がハンデを追わされることとなっています。雇用のミスマッチが起きる原因として、マクロな視点である「情報不全」とミクロな視点である「特性不全」の2つが考えられます。今回は雇用のミスマッチが起きる原因である情報不全と特性不全とはなにか、どのようにしたら解消できるのかの対策方法について説明します。

    転職のミスマッチを防ぐ〜中途採用におけるカルチャーフィットの可視化〜

    転職者、特に中途採用においては即戦力となる人材が重視される傾向にあります。中途採用においても早期離職する理由として最も挙げられているのが「上司や経営者など人間関係の不満」です。即戦力が重視される中途採用においては「スキルマッチ」が重視されがちですが、中長期的に活躍してもらうためにはカルチャーフィットにも注意を払う必要があります。今回は一度は仕事を辞めている転職者や中途採用におけるミスマッチの内容と現状、ミスマッチへの対策を行う重要性について説明します。

    「こんなはずじゃなかった…」就職後に起こるミスマッチの原因と解決策とは

    就職後にミスマッチが明らかになってしまうと、心理的なストレスを与えるだけでなく、早期離職につながります。早期離職を防ぐためにも、解決策を知り、事前に対策を行うことが重要です。労働政策研究・研修機構の調査によると、早期離職につながった理由として「労働条件」「人間関係」「仕事内容」の3つのミスマッチが「給与や賃金」よりも多く挙げられています。就職後のミスマッチを防ぐために「労働条件」「人間関係」「仕事内容」を明示することのメリットについて説明します。

    新卒採用でのミスマッチを防ぐ!学生視点から分かる原因と解決方法とは?

    就活の期間が短くなり、以前と比べて準備・情報不足が目立ち、新卒採用でのミスマッチが発生しやすくなってきています。学生の準備・情報不足だけでなく、企業側が都合の悪い情報は公開しないように曖昧な情報公開をしてしまうこともミスマッチが発生する原因の一つとして考えられます。人事担当者ができる、就職活動のミスマッチを防ぐ解決方法について説明します。

    カルチャーフィットの意味やメリットとは?どんな場面で有効なのか

    カルチャーフィットとは「会社のメンバーが共有している理念や風土の共有度」を意味しています。早期離職を防ぐ上でもカルチャーフィットは非常に重要です。しかしカルチャーもフィットも目に見えない抽象的な概念なため、実現方法にまで落とし込むことが難しいです。カルチャーフィットを実現するためには、カルチャーとフィットの定義を明確にし、誰しもが共通認識できるようになることが大切です。今回はカルチャーフィットの実証研究から、カルチャーフィットの意味や定義、実現するメリットについて説明します。

    環境 ✕ 性格を考えた適材適所のマッチングを実現するために

    ミライセルフが行った仕事における価値観や人間関係の調査から、「環境と性格の相互作用については、切り離してマッチングを考える」べきと気づきを得ました。どちらも個人の力で変えることが難しい要因ですが、うまくいくパターンを見つけることで適材適所を実現できると考えています。適材適所を実現するために有効な理論であるトレイトアクティベーションモデルについて説明します。