「 メンター制度 」一覧

メンター制度とは、全従業員を対象として、直属の上司や先輩社員とは別の部署の社員が指導役・相談役となる教育研修制度です。全従業員が対象となるため、管理職に成り立ての社員などが指導を受ける側になることもあります。

メンター制度では、指導役であるメンターが指導を受けるメンティの課題や悩みに対して相談・助言を行うことで、メンティが自分自身で意思決定を行えるようにすることが目的です。メンター制度は教育研修の効果だけでなく、離職防止の効果もあるため、厚生労働省もメンター制度の新規導入企業へ助成金を設けたり、新規導入に関するマニュアルを公開するなど注力している制度です。

メンター制度カテゴリーでは、メンター制度とはそもそも何か、どのようなメリットやデメリットがあるのか、メンター制度を活用した企業事例や、受給できる助成金などについて説明します。

 

 

メンター制度導入のメリット・デメリットとは?導入前に知っておこう!

若手人材の教育だけでなく、離職率を低下させる手法としてもメンター制度が注目されています。日本政府も、メンター制度導入で受給できる助成金を設けたり、メンター制度導入マニュアルを無償で公開したりと、企業にメンター制度の導入促進を行っています。メンター制度を導入すれば必ず効果が得られるわけでなく、メリットだけでなくデメリットにも着目し、事前に対策を練っておくことが効率的な運用には欠かせません。今回はメンター制度導入のメリットやデメリット、デメリットへの対策について説明します。

若手社員の育成を行うメンター制度とは?離職率改善にもつながる!

メンター制度とは、1980年代にアメリカで発祥したと言われる人材育成の指導方法です。日本企業では51%の企業がメンター制度、準ずる制度を導入しているとの調査もあります。メンター制度には人材育成の面だけでなく、離職率の低下や組織風土の醸成にも有効です。日本政府としても離職率の低減を目指すために「人材確保等支援助成金」でメンター制度導入で受給できる助成金を設けたり、メンター制度導入マニュアルを無償で公開するなどの導入支援を行っています。今回はメンター制度導入によってどのような効果が得られるのか、メンター制度導入のメリットやデメリットについて説明します。