記事カテゴリー

「 組織マネジメント 」一覧

組織マネジメントの目的とは、組織を管理(マネジメント)するだけでなく、チームや部署、部署をまたがったプロジェクトをうまく管理することによってパフォーマンス(生産性)を高めることです。多くの大学組織でも、経営学部などの組織マネジメントを目的とした組織や研究が行われています。

組織マネジメントを行うためには、労働生産性の向上はもちろんのこと、労働生産性を向上させるための仕組み(従業員エンゲージメントの向上や社内コミュニーケーションの活性化など)が必要となります。学術的にも多くの実証研究・研究結果が発表されている分野となりますが、人事担当者・経営者としては自社の事業に落とし込むことが最も重要です。

組織マネジメントを上手く活用できれば、業績の向上だけでなく離職率の低下、企業ブランディングへの活用など、様々な点においてメリットがあります。一方で、うまく組織マネジメントができていないのは、激変する経済市場や労働市場への対応や自社業務への落とし込みの難しさが挙げられます。

組織マネジメントカテゴリーでは、組織(チーム)となる管理(マネジメント)手法として、どのような点に取り組まなければならないのかの視点や具体的な取り組み方法、組織マネジメントで成功した企業事例について説明します。

 

ケイパビリティ ストレス パフォーマー モチベーション 労働生産性 従業員エンゲージメント 心理的安全性 社内コミュニケーション 社内ルール 組織風土・企業文化・社風 経営・企業理念 配属 集団凝集性

心理的安全性の論文の内容とは?重要なポイントを分かりやすく解説!

心理的安全性はGoogleの発表で注目を集めた言葉ですが、心理的安全性という概念を最初に提唱したのは、ハーバード大学のエイミー・エドモンソン教授です。エドモンソン教授の論文には、心理的安全性のメリットや高める方法が詳しく書かれています。今回は、心理的安全性の論文の内容について、重要な部分をピックアップしてご紹介します。

心理的安全性を解明したGoogleのプロジェクト・アリストテレスとは?

心理的安全性とは、チームの生産性を高める重要な要素として、Googleが2015年に発表したことで注目を集めた言葉です。Googleのプロジェクト・アリストテレスによる研究の結果、心理的安全性を高めることで、チームの労働生産性が大きく向上することが判明しました。今回は心理的安全性と労働生産性との関係について発表した、Googleのプロジェクト・アリストテレスの研究についてご紹介します。

心理的安全性とは?意味や定義、企業へのメリットや注意点について

心理的安全性とは、チームの生産性を高める重要な要素として、Googleが2015年に発表したことで注目を集めた言葉です。心理的安全性が高い職場では、従業員が失敗を恐れずに発言・行動できるため、チームの生産性が大きく向上します。今回は、心理的安全性という言葉の意味や定義について説明した上で、心理的安全性を高めるメリットや注意点についてご紹介します。

ラインケア研修とは?必要なスキルや心構え、注意点を理解しよう!

ラインケアとは、職場の上司や人事労務部門が行う取り組みとして重要なメンタルヘルス対策です。ラインケアを実施するためには、実施方法や求められるスキル、注意点などを事前に理解して身につけておくことが大切です。今回はラインケア研修で身につけるべき、上司に求められるスキルや心構え、注意すべき点についてご説明します。

ラインケアとは?メンタルヘルス対策で健全な組織を作ろう!

ラインケアとは、厚生労働省がメンタルヘルスケアを推進するために設定したメンタルヘルス対策のことです。部下の心の健康をケアしなかった場合には、安全配慮義務違反として、法的に罰せられる可能性もあります。今回はラインケアを実施する重要性やメリット、実施するために必要な準備について説明します。

ストレス耐性を見極める面接の質問例とは?質問の意図を明確にしよう!

メンタルヘルス不調は「本人の性格の問題」と捉える人が多い一方で、性格は生涯を通じて変わりにくいため、採用選考段階で見極めることが有効です。ストレス耐性検査だけでなく、採用面接でもストレス耐性を見極めることができますが、質問の意図を明確にし、どのように見極めるか準備することが大切です。今回はストレス耐性を決定づける6つの要素から、各要素を見極めるための面接での質問例について説明します。

企業理念が共感できない?従業員に浸透しないその理由とは

企業理念の浸透が重要であると考える企業は98%とほとんどの企業が重要性を理解しています。実際に企業理念が浸透していると考える企業は66%と、まだ浸透していない企業が多くあります。何故企業理念が浸透しない、共感できないのでしょうか?理由として「そもそも認知されていない」「抽象的で解釈が異なり、内容が理解できない」などの様々な理由があります。企業理念が共感できない5つの代表的な理由と改善策について説明します。

企業理念はなぜ必要か?意味や定義、経営理念との違いとは

経営理念と類似した概念として企業理念があります。広義では一緒の意味とされる経営理念と企業理念ですが、狭義の意味では異なります。企業理念の浸透が重要であると考える企業は約98%であるのに対し、社員に浸透していると実感している企業は約66%と、理想と現実にギャップがあることが分かります。今回は企業理念の意味や定義、活用する重要性などについて説明します。

強い企業の経営理念とは?他社の事例から浸透理由を考える

経営理念の浸透は、ほぼ全ての企業が重要であると考えられています。一方で、経営理念が実際に浸透していることを実感していない企業は過半数を占め、浸透させるための施策を講じていない企業も1/3程度存在します。経営理念を浸透させるためには、経営理念を作成して明文化するだけでなく、社員一人ひとりに理解してもらいながら、行動に移してもらうことが大切です。今回は経営理念を浸透させた他社企業の事例を紹介致します。

経営理念の作り方。心に響く経営理念の作り方とそのポイントとは

経営理念は「企業経営の方向性」を指し示すだけでなく、企業ブランディングや採用ブランディングにも大きな影響を与える要素です。しかし経営理念を掲げるだけでなく、広く公表しながら浸透させなければ意味がありません。そのためにも、経営理念を作る段階で、具体的でわかりやすく、かつ経営者が本気で考えた経営理念にすることが大切です。今回は経営理念の作り方と注意点について説明します。