「 組織マネジメント 」一覧

組織マネジメントの目的とは、組織を管理(マネジメント)するだけでなく、チームや部署、部署をまたがったプロジェクトをうまく管理することによってパフォーマンス(生産性)を高めることです。多くの大学組織でも、経営学部などの組織マネジメントを目的とした組織や研究が行われています。

組織マネジメントを行うためには、労働生産性の向上はもちろんのこと、労働生産性を向上させるための仕組み(従業員エンゲージメントの向上や社内コミュニーケーションの活性化など)が必要となります。学術的にも多くの実証研究・研究結果が発表されている分野となりますが、人事担当者・経営者としては自社の事業に落とし込むことが最も重要です。

組織マネジメントを上手く活用できれば、業績の向上だけでなく離職率の低下、企業ブランディングへの活用など、様々な点においてメリットがあります。一方で、うまく組織マネジメントができていないのは、激変する経済市場や労働市場への対応や自社業務への落とし込みの難しさが挙げられます。

組織マネジメントカテゴリーでは、組織(チーム)となる管理(マネジメント)手法として、どのような点に取り組まなければならないのかの視点や具体的な取り組み方法、組織マネジメントで成功した企業事例について説明します。

 

ケイパビリティ ストレス パフォーマー モチベーション 労働生産性 従業員エンゲージメント 心理的安全性 社内コミュニケーション 社内ルール 組織風土・企業文化・社風 経営・企業理念 配属 集団凝集性

労働生産性が高い企業の事例とは?業務自動化だけではない!

労働生産性の向上は、多くの企業が取り組んでいる課題です。しかしながら、自社の課題と適した施策に取り組まなければ効果は表れないだけでなく、適した施策を実施しても効果が表れないこともあります。労働生産性が高い企業は、ロボットなどの業務の自動化を行うだけでなく、中長期的な視点での改善を行っています。今回は労働生産性の高い企業が取り組みを行った目的や施策、得られた効果などの事例について紹介します。

労働生産性を向上させる方法とは?付加価値額の増加から考える

労働生産性を向上させるには、労働の成果である「付加価値額」を増加させる方法と労働投入量である「労働人数や労働時間、人件費」を減少させる2つの方法があります。売り手市場や労働者不足と言われる現在の日本において、人件費を削減することは法律的にも厳しく、大きな改善を行うことは難しい領域です。今回は労働生産性を向上させるための「付加価値額の増加」の視点から、どのような方法で付加価値額を上げることができるのかについて説明します。

労働生産性が低い理由とは?日本企業の生産活動から考える

日本の労働労働生産性は過去最高水準と言われていますが、1995年からの約20年、ほぼ横ばいで推移しています。一方で他国の労働生産性の向上が凄まじく、国際社会で比較すると日本の労働生産性は低いと言われるようになりました。日本企業の労働生産性が低い理由として、パソコンの普及によるITの利活用やグローバル化における市場競争の激化に対応しきれなかったことだけでなく、人事評価制度や就業者の意識の変化などにも労働生産性が低いといわれる理由があると考えられます。今回は日本企業の生産活動における、労働生産性が低い理由について掘り下げて説明します。

ピーターの法則と日本型雇用の関係性とは?昇進だけが正解ではない

ピーターの法則は能力主義の社会において起きやすい問題であり、成果よりも人物が評価される日本型雇用と密接に関係する法則です。日本型雇用の評価制度には、終身雇用に基づく年功序列制度や、資格や経験の有無による評価がまだ根強く残っています。今回は何故日本型雇用がピーターの法則に陥りやすいのかの理由について詳しく説明します。

日本の労働生産性はなぜ低いのか?原因を働き方から探る

国際社会と比較して、日本の労働生産性は低いと言われています。2017年では、OECD加盟国35カ国中20位、主要先進国7カ国中最下位といった状態が長らく続いています。日本の労働生産性が低い原因を考えなければ、労働生産性の向上施策を考えることは難しいです。日本の労働生産性が低い原因を、日本企業の企業文化や働き方の観点から追求します。

ピーターの法則への対策とは?会社組織だけでなく個人でもできる!

ピーターの法則とは、優秀な社員であっても昇進し続けるとどこかで無能となる法則です。優秀な社員を昇格させたのに急に成果が出せないなどの場合はピーターの法則に陥っている可能性があります。今回はピーターの法則の対策として、企業組織でできる対策と個人でできる対策について説明します。

労働生産性を読み解くための指標とは?労働分配率や設備投資効率について

働き方改革の柱の一つに労働生産性の向上が挙げられています。多くの企業が労働生産性の向上の課題意識を持っていますが、何から改善していくべきか具体的な施策に落とし込むのは大変です。目先の業務効率を改善するのではなく、自社のビジネスモデルや業務内容に改善の余地がないかを判断する指標として「労働分配率」や「設備投資効率」という指標があります。今回は「労働分配率」や「設備投資効率」がどのようなものか、計算方法、目安となる数字などについて説明します。

昇進したら無能になるピーターの法則とは?人材の適材適所を実現しよう!

ピーターの法則とは「有能な人も昇進し続けると無能になる」という、階層社会学における法則です。日本でも多く見られる、トップダウン型かつ能力主義の組織において当てはまる法則です。無能な人に埋め尽くされた組織はいずれ機能しなくなるため、人材の昇進や配属を考える上では、従業員が無能にならないような人事戦略が求められます。ピーターの法則の概要や特徴、回避するための対策例について説明します。

日本の労働生産性の現状を国際比較してみるとわかることとは

日本の労働生産性を国際社会と比較した場合に「先進国の中で最下位であり、日本の労働生産性は低い」と言われます。実際に日本の労働生産性は先進7カ国での順位は最下位ですが、労働生産性の計算に用いる数字が違ったり、経済状況や為替変動の影響なども考慮する必要があります。労働生産性を向上させる目的は「国際社会での順位を上げる」のではなく「自社の無駄な業務を改善する」ことを意識することが重要です。国際社会から見た日本の労働生産性とその推移、大きな開きがある理由や実際には労働生産性が向上していると考えられている仮説などについて説明します。

コア人材を育成・教育する方法とは?適正な育成方法を知ろう

コア人材は、企業の中核を担う人材であり、事業の成長や他社との差別化を図る上で必要不可欠であり代替が効かない人材です。コア人材は会社の発展段階によって要件が異なるため、求められるスキルを理解した上で中長期的な視点で育成を行うことが大切です。会社の発展段階によってどのような要件があるのか、コア人材を育成する方法はどのような方法かについて説明します。