記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (51)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (88)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 組織マネジメント 」一覧

    組織マネジメントの目的とは、組織を管理(マネジメント)するだけでなく、チームや部署、部署をまたがったプロジェクトをうまく管理することによってパフォーマンス(生産性)を高めることです。多くの大学組織でも、経営学部などの組織マネジメントを目的とした組織や研究が行われています。

    組織マネジメントを行うためには、労働生産性の向上はもちろんのこと、労働生産性を向上させるための仕組み(従業員エンゲージメントの向上や社内コミュニーケーションの活性化など)が必要となります。学術的にも多くの実証研究・研究結果が発表されている分野となりますが、人事担当者・経営者としては自社の事業に落とし込むことが最も重要です。

    組織マネジメントを上手く活用できれば、業績の向上だけでなく離職率の低下、企業ブランディングへの活用など、様々な点においてメリットがあります。一方で、うまく組織マネジメントができていないのは、激変する経済市場や労働市場への対応や自社業務への落とし込みの難しさが挙げられます。

    組織マネジメントカテゴリーでは、組織(チーム)となる管理(マネジメント)手法として、どのような点に取り組まなければならないのかの視点や具体的な取り組み方法、組織マネジメントで成功した企業事例について説明します。

     

    ケイパビリティ ストレス パフォーマー モチベーション 労働生産性 従業員エンゲージメント 心理的安全性 社内コミュニケーション 社内ルール 組織風土・企業文化・社風 経営・企業理念 配属 集団凝集性

    労働者のストレス要因の変化を厚生労働省の調査から読み解くと

    労働者を保護するため、健康に関する現状を理解するために調査・公開されているデータが労働安全衛生に関する調査です。労働安全衛生調査では、強いストレスを抱えている労働者の割合だけでなく、強いストレスとなっているストレス要因の割合についても調査されており、過去の調査データと比較することで、ストレス要因の推移などが明らかになります。今回は2017年の調査と2012年の調査を比較して分かることやストレス管理の改善策として必要なことについて説明します。

    ITケイパビリティとは?ITの利活用も企業組織の能力である!

    ITケイパビリティとは、ITの利活用に関するケイパビリティ(企業組織における能力)のことです。世界企業の時価総額ランキングでは、IT企業が上位を占めています。また1995年頃から横ばいとなっている日本の労働生産性における原因として、ITの利活用が遅れたことも問題として挙げられます。人工知能などの発展により、業務やビジネスモデルにITを組み込むことは競争社会を勝ち抜くために必要不可欠な要素です。今回はITを活用できる能力であるITケイパビリティとはどんなものか、細分化するとどのような能力があるのかについて説明します。

    ストレス要因の強さランキングとは?労働者のストレスの原因を知ろう!

    ストレス管理を行うためには、ストレスの原因となるストレス要因に優先順位を付けて対策を行うことが重要です。ストレスについては様々な学術研究が行われており、ストレス要因の強さについても、ストレス管理に活用できる結果が報告されています。今回はストレス要因の強さをランキングにした研究結果や、研究内容から読み取れるものについて説明します。

    ケイパビリティとコア・コンピタンスの違いとは?共通点・相違点を探る

    ケイパビリティとコア・コンピタンスは、共に組織・起業が持つ能力を指す言葉として使われますが、厳密には意味が異なります。ケイパビリティとは組織の持つ能力全般を指し、他社や市場環境を反映していない能力です。コア・コンピタンスとは、模倣されにくい、競合他社と比べて有意性のある能力のことです。激化する競争社会を勝ち抜くためには、コア・コンピタンスの活用が必須ですが、コア・コンピタンスを活用するためにはケイパビリティを明らかにすることが必要です。ケイパビリティとコア・コンピタンスの言葉の意味や定義、共通する点と相違する点や関係性について説明します。

    仕事でのストレッサー(ストレス要因)の種類や具体例とは?

    職場のストレスを軽減するためには、ストレスの原因となるストレッサー(ストレス要因)を発生させないことが最も良い改善方法です。すべてのストレッサーを排除することは不可能ですが、明らかに不要で悪影響を与えているストレッサーについては改善が可能です。今回はストレッサーの種類や具体例から、改善可能なストレッサーにはどのようなものがあるのかについて説明します。

    ケイパビリティとは?企業や組織の潜在能力を明確にしよう!

    ケイパビリティとは、企業や組織の潜在能力を指す言葉です。コア・コンピタンスも企業や組織の潜在能力を指す言葉として、同様に用いられますが、厳密には意味が異なるものです。グローバル化や市場ニーズの変化など、激化する競争社会で勝ち残っていくためには、自社のケイパビリティを理解して企業戦略に落とし込むことが必要不可欠です。ケイパビリティとは何か、活用するメリットやデメリットについて、コア・コンピタンスとの違いなど、ケイパビリティの概要について説明します。

    ストレス反応とは?ストレスが発生するメカニズムと影響範囲について

    ストレスを感じるメカニズムは、ストレスの原因となるストレッサー(ストレス要因)から刺激を受けることで、ストレス反応として心理や行動に反応が起こることです。ストレス反応には、心理的な反応、行動的な反応、身体的な反応として現れます。ストレスを軽減したり、ストレス管理を行うためには、ストレスが発生するメカニズムについて理解しておくことが重要です。今回はストレス反応を中心に、ストレスが発生するメカニズムや、ストレス反応によって引き起こされること、ストレスの対処行動について説明します。

    ストレッサー(ストレス要因)とは?仕事や職場におけるストレスを考えよう

    仕事や職場には、多くのストレス要因(ストレッサー)があります。ストレスの感じ方は人それぞれで、適量のストレスは企業や労働者にとって良い結果をもたらしますが、過剰なストレスは悪い結果をもたらします。日本では、仕事において強いストレスを感じている労働者は過半数以上にもなり、実際に精神障害の労災請求件数や労災決定件数は増加傾向にあります。今回は抽象的で目に見えないものであるストレスとは何か、仕事や職場でストレスを引き起こすストレッサー(ストレス要因)とは何かについて説明します。

    労働生産性が高い企業の事例とは?業務自動化だけではない!

    労働生産性の向上は、多くの企業が取り組んでいる課題です。しかしながら、自社の課題と適した施策に取り組まなければ効果は表れないだけでなく、適した施策を実施しても効果が表れないこともあります。労働生産性が高い企業は、ロボットなどの業務の自動化を行うだけでなく、中長期的な視点での改善を行っています。今回は労働生産性の高い企業が取り組みを行った目的や施策、得られた効果などの事例について紹介します。

    労働生産性を向上させる方法とは?付加価値額の増加から考える

    労働生産性を向上させるには、労働の成果である「付加価値額」を増加させる方法と労働投入量である「労働人数や労働時間、人件費」を減少させる2つの方法があります。売り手市場や労働者不足と言われる現在の日本において、人件費を削減することは法律的にも厳しく、大きな改善を行うことは難しい領域です。今回は労働生産性を向上させるための「付加価値額の増加」の視点から、どのような方法で付加価値額を上げることができるのかについて説明します。