記事カテゴリー

「 組織マネジメント 」一覧

組織マネジメントの目的とは、組織を管理(マネジメント)するだけでなく、チームや部署、部署をまたがったプロジェクトをうまく管理することによってパフォーマンス(生産性)を高めることです。多くの大学組織でも、経営学部などの組織マネジメントを目的とした組織や研究が行われています。

組織マネジメントを行うためには、労働生産性の向上はもちろんのこと、労働生産性を向上させるための仕組み(従業員エンゲージメントの向上や社内コミュニーケーションの活性化など)が必要となります。学術的にも多くの実証研究・研究結果が発表されている分野となりますが、人事担当者・経営者としては自社の事業に落とし込むことが最も重要です。

組織マネジメントを上手く活用できれば、業績の向上だけでなく離職率の低下、企業ブランディングへの活用など、様々な点においてメリットがあります。一方で、うまく組織マネジメントができていないのは、激変する経済市場や労働市場への対応や自社業務への落とし込みの難しさが挙げられます。

組織マネジメントカテゴリーでは、組織(チーム)となる管理(マネジメント)手法として、どのような点に取り組まなければならないのかの視点や具体的な取り組み方法、組織マネジメントで成功した企業事例について説明します。

 

ケイパビリティ ストレス パフォーマー モチベーション 労働生産性 従業員エンゲージメント 心理的安全性 社内コミュニケーション 社内ルール 組織風土・企業文化・社風 経営・企業理念 配属 集団凝集性 スパンオブコントロール 職場環境 チームワーク 従業員満足度 コンフリクト 1on1 サンクコスト

プレゼンティーイズムとは?出社しても生産性が低い状態に陥る理由

プレゼンティーイズムとは「出社しているが心身の状況の悪さから生産性が上がらない状態」のことです。日本人は勤勉と言われていますが、有給取得率は40%とヨーロッパ諸国に比べると低い状態である一方で、風邪等で欠勤するボーダーラインとして発熱37.9度を挙げるほど、無理して働いている実情があります。今回はプレゼンティーイズムについて説明します。

パフォーマンスマネジメントのやり方や注意点とは?人事部のサポートが大切

パフォーマンスマネジメントとは1970年代に提唱されたマネジメント手法で「部下や従業員の目標管理を通して、組織全体の目標達成を実現するマネジメント手法」です。パフォーマンスマネジメントを実施するためには、評価制度の抜本的な見直しが必要になります。今回はパフォーマンスマネジメントのやり方や注意点について説明します。

ストレッチ目標の設定方法や運用時の注意点とは?フォローが大切

ストレッチ目標とは、ただ単純に手を伸ばしても届かない、並大抵なことでは達成困難な目標のことです。達成困難な目標を設定したことによって、従業員も予想以上に成長する可能性もありますが、適切な運用を行うにはフォローが必要不可欠であり、フォローがないとパワハラとみなされる可能性もあります。今回はストレッチ目標の設定方法や運用時の注意点について説明します。

パフォーマンスマネジメントとは?自発的な行動を促す手法

パフォーマンスマネジメントとは1970年代に提唱されたマネジメント手法で「部下や従業員の目標管理を通して、組織全体の目標達成を実現するマネジメント手法」です。目標管理については従来のマネジメント手法とほとんど変わりませんが、中長期的な目標をベースとした従来の評価方法に見られたタイムラグを防ぐことができます。今回はパフォーマンスマネジメントについて説明します。

ストレッチ目標とは?達成困難な目標設定はどんな効果があるのか

ストレッチ目標とは、ただ単純に手を伸ばしても届かない、並大抵なことでは達成困難な目標のことです。ストレッチ目標は目標を達成する結果に意味があるのではなく、目標を達成するプロセスに意味を見出します。しかし現実的でない目標設定は、従業員の不満を生む原因につながる可能性もあります。今回はストレッチ目標について説明します。

行動科学マネジメントのやり方や実施方法とは?ABCモデルを理解する

行動科学マネジメントとは「誰が行っても再現できる」マネジメント手法であり、行動を起こす動機付けに着目する方法です。行動科学マネジメントはABCモデルを理解すれば、誰でも簡単に行うことができます。今回は行動科学マネジメントのやり方や実施方法について説明します。

行動科学マネジメントとは?再現性を持った成果の最大化を目指す

行動科学マネジメントとは「誰が行っても再現できる」マネジメント手法であり、行動を起こす動機付けに着目する方法です。同じ行動を起こせば同じ成果が得られるマネジメントなので、人事制度や育成計画の設計で大きな効果が期待できます。今回は行動科学マネジメントについて説明します。

ジョブ・クラフティングを実施する方法とは?企業からのサポートも大切

ジョブ・クラフティングとは、従業員一人ひとりが仕事の捉え方や業務上の行動を主体的なものへと修正することで、退屈な作業や「やらされ感」のある業務を、自らやりがいのあるものへ変容させる手法のことをいいます。モチベーションと生産性は密接に関係しているおり、モチベーションの向上が自社の労働生産性・業績の向上につながります。今回はジョブ・クラフティングを実施する方法について説明します。

バウンダリレス組織とは?社内コミュニケーション活性化を行うために

バウンダリレス組織とは、立地や部署・役職などを越えて、従業員同士が協力し合うことを目指した組織です。従業員同士が交流することで、新たなイノベーションのヒントになったり、社内コミュニケーションの活性化、業績の向上など様々なメリットがあります。今回はバウンダリレス組織について説明します。

ジョブ・クラフティングとは?従業員が主体的に働くために必要なこと

ジョブ・クラフティングとは、従業員一人ひとりが仕事の捉え方や業務上の行動を主体的なものへと修正することで、退屈な作業や「やらされ感」のある業務を、自らやりがいのあるものへ変容させる手法のことをいいます。モチベーションと生産性は密接に関係しているおり、モチベーションの向上が自社の労働生産性・業績の向上につながります。今回はジョブ・クラフティングについて説明します。