記事カテゴリー

「 組織マネジメント 」一覧

組織マネジメントの目的とは、組織を管理(マネジメント)するだけでなく、チームや部署、部署をまたがったプロジェクトをうまく管理することによってパフォーマンス(生産性)を高めることです。多くの大学組織でも、経営学部などの組織マネジメントを目的とした組織や研究が行われています。

組織マネジメントを行うためには、労働生産性の向上はもちろんのこと、労働生産性を向上させるための仕組み(従業員エンゲージメントの向上や社内コミュニーケーションの活性化など)が必要となります。学術的にも多くの実証研究・研究結果が発表されている分野となりますが、人事担当者・経営者としては自社の事業に落とし込むことが最も重要です。

組織マネジメントを上手く活用できれば、業績の向上だけでなく離職率の低下、企業ブランディングへの活用など、様々な点においてメリットがあります。一方で、うまく組織マネジメントができていないのは、激変する経済市場や労働市場への対応や自社業務への落とし込みの難しさが挙げられます。

組織マネジメントカテゴリーでは、組織(チーム)となる管理(マネジメント)手法として、どのような点に取り組まなければならないのかの視点や具体的な取り組み方法、組織マネジメントで成功した企業事例について説明します。

 

ケイパビリティ ストレス パフォーマー モチベーション 労働生産性 従業員エンゲージメント 心理的安全性 社内コミュニケーション 社内ルール 組織風土・企業文化・社風 経営・企業理念 配属 集団凝集性 スパンオブコントロール 職場環境 チームワーク 従業員満足度 コンフリクト 1on1 サンクコスト

ワークエンゲージメントとは?従業員の心の健康度を把握していますか?

ワークエンゲージメントとは従業員の心の健康度を示す概念です。ワークエンゲージメントは一時的な状態ではなく、持続的かつ全般的な感情であるため、ワークエンゲージメントを向上させることが組織マネジメントにおいて重要だとも考えられています。今回はワークエンゲージメントについて説明します。

組織社会化の実行方法とは?乗り越えるべき3つの課題を理解しよう

組織社会化とは、新卒採用・中途採用を含む新入社員が、組織や仕事にうまく馴染むためのプロセスです。組織社会化を行うためには、解決しなければならない課題について理解し、どのように課題を解決していくのかの方法について明確な目的意識をもった状態で取り組む必要があります。今回は組織社会化の実行方法について説明します。

社会組織化とは?早期離職や生産性の改善に欠かせないプロセス

組織社会化とは、新卒採用・中途採用を含む新入社員が、組織や仕事にうまく馴染むためのプロセスです。組織社会化は、離職率・定着率の改善だけでなく、労働生産性の向上にも影響があり、結果的に業績の向上にもつながる重要な概念です。今回は組織社会化について説明します。

ポジティブ心理学のやり方とは?普段の業務でも取り組める!

ポジティブ心理学とは、人の持つポジティブな側面に焦点を当てたことで生まれた新しい捉え方です。ポジティブ心理学を実践するには、5つの柱であるPERMAを理解し、普段の生活や業務などで取り組める範囲から始めることが大切です。今回はポジティブ心理学のやり方について説明します。

ポジティブ心理学とは?組織の生産性向上のために必要なこととは

ポジティブ心理学とは、人の持つポジティブな側面に焦点を当てたことで生まれた新しい捉え方です。学問としてはまだ日は浅いものですが、、世界中から研究報告や実践報告がされており、組織の生産性向上にも大きな影響を与える考え方として注目されています。今回はポジティブ心理学の概要について説明します。

サンクコスト効果とは?コスト削減を効率的に判断するために

サンクコストとは取り戻すことができないコストのことです。サンクコスト効果(コンコルド効果)とは、過去にかけた時間や費用を取り戻そうと考えることで将来に対して正しい判断ができなくなることです。企業のコスト削減を実現するためにはサンクコスト効果を理解し、正しい判断ができているかを客観視することが大切です。今回はサンクコスト効果について説明します。

サンクコストとは?過去にかけた時間や費用が正しい判断を狂わせる

サンクコストとは取り戻すことができないコストのことで、過去にかけた時間や費用を取り戻そうと考えることで将来に対して正しい判断ができなくなる心理効果を生じさせます。事業を進める上でも、採算が取れていない事業を撤退する責任を誰も取らなかったことで赤字事業を継続してしまうなど、様々な場面でサンクコストがあります。今回はサンクコストについて説明します。

ホールシステムアプローチの進め方や具体的な方法とは?

ホールシステムアプローチとは、一部のトップ層や主催者側だけでなく、すべてのステークホルダーもしくはその代表者が対話することで、意思決定やアクションプランを生成する方法論の総称です。様々な背景を持った人たちが集まり、お互いに情報をオープンにすることで新たな着眼視点や見つかっていなかった原因などを探求し、具体的な行動や施策へと導くことが可能です。今回はホールシステムアプローチのやり方について説明します。

ホールシステムアプローチとは?情報交換や対話の場から経営課題を解決する

ホールシステムアプローチとは、一部のトップ層や主催者側だけでなく、すべてのステークホルダーもしくはその代表者が対話することで、意思決定やアクションプランを生成する方法論の総称です。様々な背景を持った人たちが集まり、お互いに情報をオープンにすることで新たな着眼視点や見つかっていなかった原因などを探求し、具体的な行動や施策へと導くことが可能です。今回はホールシステムアプローチについて説明します。

1on1ミーティングの導入企業事例とは?管理職の育成にもつながる

1on1ミーティングとは上司と部下が一対一で面談を行うことです。主に部下の理解促進やコミュニケーションの活性化などを目的として、多くの企業で導入されています。近年は働き方改革やwithコロナ・ポストコロナという状況下にあり、ワークスタイルやコミュニケーションの形態そのものの変化の時期でもあります。この記事では、1on1ミーティングを導入し、職場環境の改善に成功した事例を3件紹介します。