記事カテゴリー

「 組織マネジメント 」一覧

組織マネジメントの目的とは、組織を管理(マネジメント)するだけでなく、チームや部署、部署をまたがったプロジェクトをうまく管理することによってパフォーマンス(生産性)を高めることです。多くの大学組織でも、経営学部などの組織マネジメントを目的とした組織や研究が行われています。

組織マネジメントを行うためには、労働生産性の向上はもちろんのこと、労働生産性を向上させるための仕組み(従業員エンゲージメントの向上や社内コミュニーケーションの活性化など)が必要となります。学術的にも多くの実証研究・研究結果が発表されている分野となりますが、人事担当者・経営者としては自社の事業に落とし込むことが最も重要です。

組織マネジメントを上手く活用できれば、業績の向上だけでなく離職率の低下、企業ブランディングへの活用など、様々な点においてメリットがあります。一方で、うまく組織マネジメントができていないのは、激変する経済市場や労働市場への対応や自社業務への落とし込みの難しさが挙げられます。

組織マネジメントカテゴリーでは、組織(チーム)となる管理(マネジメント)手法として、どのような点に取り組まなければならないのかの視点や具体的な取り組み方法、組織マネジメントで成功した企業事例について説明します。

 

ケイパビリティ ストレス パフォーマー モチベーション 労働生産性 従業員エンゲージメント 心理的安全性 社内コミュニケーション 社内ルール 組織風土・企業文化・社風 経営・企業理念 配属 集団凝集性 スパンオブコントロール 職場環境 チームワーク 従業員満足度 コンフリクト 1on1 サンクコスト

1on1ミーティングとは?目的や実施するメリット・デメリットについて

1on1ミーティングとは上司と部下が一対一で面談を行うことです。主に部下の理解促進やコミュニケーションの活性化などを目的として、多くの企業で導入されています。複数の部下をもつ上司の場合、1on1ミーティング実施での業務負荷は無視できないものとなり、ただ導入するでは雑談で終わってしまう、逆に信頼関係を崩壊させてしまう可能性もあります。今回は1on1ミーティングについて説明します。

破壊的コンフリクトとは?組織に負の影響を与える対立は早期に解決しよう

組織やチームが生産性やパフォーマンスを向上させるためには、円滑なコミュニケーションや相互理解が不可欠です。しかし人は色々な考えや思いのもと働いていることも事実であり、時には意見の衝突や対立は避けられません。対立(コンフリクト)には2種類あり、1つは業績の低下につながる破壊的コンフリクトです。今回は破壊的コンフリクトについて説明します。

アプリシエイティブインクワイアリーのやり方とは?原理とステップを理解する

アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)とは、価値を見つける質問を投げかけることで、人材や組織の持っている強みや良いところを発見し、利用しながら目標を達成するアプローチのことです。アプリシエイティブアプローチのやり方としては、8つの原理を理解した上で4つのプロセスを踏むことが大切です。今回はアプリシエイティブインクワイアリーのやり方について説明します。

生産的コンフリクトとは?業績の向上につながる対立を見極めよう

組織やチームが生産性やパフォーマンスを向上させるためには、円滑なコミュニケーションや相互理解が不可欠です。しかし人は色々な考えや思いのもと働いていることも事実であり、時には意見の衝突や対立は避けられません。対立(コンフリクト)には2種類あり、1つは業績向上につながる生産的コンフリクトです。今回は生産的コンフリクトについて説明します。

アプリシエイティブインクワイアリーとは?良い所を認めて伸ばす

アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)とは、価値を見つける質問を投げかけることで、人材や組織の持っている強みや良いところを発見し、利用しながら目標を達成するアプローチのことです。従来の「失敗した原因を探す」「弱みを潰す」という方法とは逆の手段を取り、人材育成や組織活性化のアプローチとして注目されています。今回はアプリシエイティブインクワイアリーについて説明します。

コンフリクトマネジメントの事例とは?具体例から活用イメージをわかす

コンフリクトマネジメントとは、組織やチーム間における衝突や意見の相違などを解決し円滑なコミュニケーションを実現し、企業の成長に役立つ取り組みの事です。コンフリクト・マネジメントといっても具体的にどのような対立からどのような効果が生まれるのか、具体的なメリットについてイメージを持っておくことがコンフリクト・マネジメントの浸透にも繋がります。今回はコンフリクト・マネジメントの事例について説明します。

社内失業が起きる原因や対策方法とは?まずは労働状況について把握しよう

社内失業とは、会社に在籍して勤務しているが仕事がない状態や、仕事のない労働者のことです。日本企業は正社員を解雇しにくい法律があり、終身雇用が前提であった職能評価の存在によって、海外企業に比べて社内失業が起きやすい現状があります。社内失業を防ぐ方法や起きてしまった後の対応方法などはあるのでしょうか?今回は社内失業が起きる原因や対策方法について説明します。

コンフリクトマネジメントの方法とは?現在の状態を確認しよう

コンフリクトマネジメントとは、組織やチーム間における衝突や意見の相違などを解決し円滑なコミュニケーションを実現し、企業の成長に役立つ取り組みの事です。コンフリクトはマネジメントしなければ悪影響しか与えない可能性があり、マネジメントするためには現在の状態を把握することが大切です。今回はコンフリクトマネジメントにおける状態について説明します。

社内失業とは?日本企業の労働生産性低下を招く、解決すべき課題

社内失業とは、会社に在籍して勤務しているが仕事がない状態や、仕事のない労働者のことです。日本企業は正社員を解雇しにくい法律があり、終身雇用が前提であった職能評価の存在によって、海外企業に比べて社内失業が起きやすい現状があります。仕事がない状態で給与を払い続けるのは組織にとっても悪影響ですが、社内失業者が周囲に与える影響についても考慮しなければなりません。今回は社内失業について説明します。

コンフリクトマネジメントとは?組織内の対立を成長機会につなげよう

コンフリクトマネジメントとは、組織やチーム間における衝突や意見の相違などを解決し円滑なコミュニケーションを実現し、企業の成長に役立つ取り組みの事です。日本人は和や協調を重視する傾向が強いため、対立することは悪だと考えがちですが、コンフリクトを効果的にマネジメントすることで、組織に良い影響をもたらします。今回はコンフリクトマネジメントについて説明します。