記事カテゴリー

「 組織マネジメント 」一覧

組織マネジメントの目的とは、組織を管理(マネジメント)するだけでなく、チームや部署、部署をまたがったプロジェクトをうまく管理することによってパフォーマンス(生産性)を高めることです。多くの大学組織でも、経営学部などの組織マネジメントを目的とした組織や研究が行われています。

組織マネジメントを行うためには、労働生産性の向上はもちろんのこと、労働生産性を向上させるための仕組み(従業員エンゲージメントの向上や社内コミュニーケーションの活性化など)が必要となります。学術的にも多くの実証研究・研究結果が発表されている分野となりますが、人事担当者・経営者としては自社の事業に落とし込むことが最も重要です。

組織マネジメントを上手く活用できれば、業績の向上だけでなく離職率の低下、企業ブランディングへの活用など、様々な点においてメリットがあります。一方で、うまく組織マネジメントができていないのは、激変する経済市場や労働市場への対応や自社業務への落とし込みの難しさが挙げられます。

組織マネジメントカテゴリーでは、組織(チーム)となる管理(マネジメント)手法として、どのような点に取り組まなければならないのかの視点や具体的な取り組み方法、組織マネジメントで成功した企業事例について説明します。

 

ケイパビリティ ストレス パフォーマー モチベーション 労働生産性 従業員エンゲージメント 心理的安全性 社内コミュニケーション 社内ルール 組織風土・企業文化・社風 経営・企業理念 配属 集団凝集性

ティール組織の事例紹介!ティール組織を実現した企業の事例について

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織を実現している企業は多くあり、さまざまな取組事例や成功事例が公開されています。今回は、ティール組織を導入した企業の事例をご紹介します。

ティール組織とは?5つの組織モデルの概要と特徴について

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。自社でティール組織の実現を目指す際には、ティール組織を含む5つの組織モデルについて知っておく必要があります。今回は、ティール組織を含めた5つの組織モデルの概要と特徴についてご紹介します。

ティール組織とは?言葉の意味やメリット・デメリットについて

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織では、社員の主体性や当事者意識が強化され、組織全体の生産性の向上につながります。今回はティール組織の意味や目的、ホラクラシーとの違いやメリット・デメリットについてご紹介します。

優秀な人材を確保する方法とは?一般的な人材を優秀な人材に育てよう

優秀な人材を確保するためには「採用・育成・定着」の3つの視点が必要になります。採用や定着のための施策だけでは、他社との競合の関係上優秀な人材の安定した確保は難しいため、自社内での人材育成が重要になります。今回は優秀な人材を確保する方法について、採用や離職防止に加えて、一般的な人材を優秀な人材に育成する方法をご紹介します。

優秀な人材を採用する方法とは?具体的な採用フローや注意点について

優秀な人材の採用は、人手不足が深刻な現代日本において、多くの企業が抱えている課題です。優秀な人材を採用するための方法には大きく分けて6つのポイントがあり、具体的な採用フローや注意点を知っておくことで、他社との獲得競争を有利に運ぶことができます。今回は、優秀な人材を採用するための具体的な方法についてご紹介します。

優秀な人材に選ばれる企業の特徴とは?魅力的な企業の4つのポイント

優秀な人材とは、業績に貢献できる高い能力を持ち、自社に利益をもたらすことができる人材です。優秀な人材が魅力的に感じる企業には共通の特徴があり、優秀な人材にとって魅力的な企業になるべく努力することは、優秀な人材の採用や定着を図る上で非常に重要です。今回は、優秀な人材の特徴と、優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴についてご紹介します。

優秀な人材が辞めてしまう理由とは?人材の流出を防ぐ方法について

優秀な人材の採用と育成、および離職防止は、多くの企業が最優先で取り組むべき問題の一つです。優秀な人材が辞めてしまう理由は、細かく分けると様々な理由が挙げられますが、優秀であるからこその共通点が存在します。今回は、優秀な人材が辞めてしまう理由からもう一歩踏み込んで、優秀な人材の流出を防ぐ方法についてご紹介します。

優秀な人材ほど早く辞めていく理由とは?離職につながる原因について

優秀な人材の流出は、企業にとって「社員が一人辞めた」という以上の痛手となります。優秀な人材ほど早く辞めていく理由には共通点があり、離職理由の共通点を知っておくことで、優秀な人材の流出を防止できます。今回は、優秀な人材ほど早く辞めていく理由について、5つの原因をご紹介します。

優秀な人材とは?「優秀」の定義や求められる能力について

優秀な人材とは、業績に貢献する能力を持ち、自社に利益をもたらすことができる人材です。優秀な人材の定義は企業や業種によって異なりますが、どのような企業にとっても優秀と言える人材には、共通する特徴や能力があります。今回は優秀な人材とはどんな人材なのか、どのように定義すればよいのかについてご説明します。

集団凝集性による集団浅慮とは?意味やデメリット、対策方法について

集団凝集性は、従業員の帰属意識を高めて離職率を低下させることができる一方で、集団浅慮を引き起こす要因にもなります。集団浅慮は、組織の視野狭窄や会議の形骸化など、企業に対して様々な悪影響を及ぼします。今回は集団凝集性によって起こり得る集団浅慮について、言葉の意味や発生する要因、対策方法などをご紹介します。