記事カテゴリー

「 組織マネジメント 」一覧

組織マネジメントの目的とは、組織を管理(マネジメント)するだけでなく、チームや部署、部署をまたがったプロジェクトをうまく管理することによってパフォーマンス(生産性)を高めることです。多くの大学組織でも、経営学部などの組織マネジメントを目的とした組織や研究が行われています。

組織マネジメントを行うためには、労働生産性の向上はもちろんのこと、労働生産性を向上させるための仕組み(従業員エンゲージメントの向上や社内コミュニーケーションの活性化など)が必要となります。学術的にも多くの実証研究・研究結果が発表されている分野となりますが、人事担当者・経営者としては自社の事業に落とし込むことが最も重要です。

組織マネジメントを上手く活用できれば、業績の向上だけでなく離職率の低下、企業ブランディングへの活用など、様々な点においてメリットがあります。一方で、うまく組織マネジメントができていないのは、激変する経済市場や労働市場への対応や自社業務への落とし込みの難しさが挙げられます。

組織マネジメントカテゴリーでは、組織(チーム)となる管理(マネジメント)手法として、どのような点に取り組まなければならないのかの視点や具体的な取り組み方法、組織マネジメントで成功した企業事例について説明します。

 

ケイパビリティ ストレス パフォーマー モチベーション 労働生産性 従業員エンゲージメント 心理的安全性 社内コミュニケーション 社内ルール 組織風土・企業文化・社風 経営・企業理念 配属 集団凝集性 スパンオブコントロール 職場環境 チームワーク 従業員満足度

職場環境における安全配慮義務とは?悪化の放置が罰則につながる

職場環境は、社員の労働生産性や健康、離職率や業績にも直結する重要な要素です。職場環境の改善は、法的にも定められており、悪い職場環境を改善しなかった場合には法的な罰則に繋がり、ブラック企業として認定されるなどの重大な損失を生む可能性があります。今回は職場環境における安全配慮義務について説明します。

BPRとは?業務の改善・最適化を図る方法を理解して活用しよう

BPR(Business Process Re-engenieering)とは、日本語で「業務改革」を意味し、従来の業務改善のような業務フロー別の改善にとどまらず、事業全体の業務プロセスを根本的に見直すことで企業に大きくかつポジティブな変化をもたらすことを目的にバブル崩壊後の日本で注目されました。大きな変化をもたらす取り組みであるが故のリスクも大きいですが、働き方改革によって労働生産性が求めれれる中再び注目されています。

企業DNAとは?目的や役割、活用方法や活用するメリットについて

企業DNAとは、企業の魅力や企業らしさを明文化し、社内外へと発信するための指針です。今後の企業の成長はもちろん変化の激しい市場経済を生き抜くためにも、今企業DNAの必要性が注目されています。ここでは企業DNAの目的や役割、活用するメリットについて説明します。

職場環境による企業や従業員への影響とは?良い職場づくりに役立てよう

職場環境は、社員の労働生産性や健康、離職率や業績にも直結する重要な要素です。職場環境が良いことのメリットは多いですが、悪い事のデメリットも多いため、中長期的な視点での改善が求められます。今回は職場環境が企業や従業員に与える影響について説明します。

スパンオブコントロールの人数を決定する要素とは?最適な人数を知る

スパン・オブ・コントロールとは、上司が直接連動してマネジメントできる人数の限界を示したものです。一般的には5~8人、多くても10人程度と言われていますが、過半数以上の管理職が10人以上の部下を抱えている現状があります。今回はスパン・オブ・コントロールの人数が変動する要素について説明します。

スパン・オブ・コントロールとは?マネジメントできる人数は上限がある

スパン・オブ・コントロールとは、経営学で主に用いられる軍隊発祥の概念で、上司が直接連動してマネジメントできる人数の限界を示したものです。一般には5~8人、多くても10人程度と言われていますが、メンバー間の連携や業務の多様性、上司のマネジメント以外の業務量など様々な要素で適正人数は変化します。一方で、管理職を対象としたアンケートでは10人以上の部下を抱える管理職が過半数となっており、適切にマネジメントができない現状となっています。今回は管理職が管理できる人数を示すスパンオブコントロールについて説明します。

玉突き人事による退職の危険性とは?会社都合とみなされる場合もある

玉突き人事は、欠員補充などを目的とした場当たり的な人事異動のことです。異動を命じられた社員のモチベーションを下げ退職につながる場合も多くあります。意に介さない異動であったり、雇用契約違反の場合、あるいは引越が必要にも関わらず必要な補助がない場合など、会社都合退職となる場合があります。今回は玉突き人事による離職のリスクや、会社都合退職とみなされる場合、自己都合退職とみなされる場合について説明します。

玉突き人事とは?人手不足が招く人事異動に注意しよう

玉突き人事とは人員の補充のみを目的として連鎖的に行われる人事異動のことです。問題のある人間関係の再構成など狙って行われることもありますが、突発的かつ連鎖的な人事異動が場当たり的に起こることで当該社員はもちろん社内全体に悪影響を与えてしまうことも少なくありません。戦略的な人事異動を行うためには、玉突き人事を防ぐ必要があります。今回は玉突き人事とはなにか、玉突き人事によって引き起こされる問題点について説明します。

ミッションステートメントの具体例とは?例文から考える

企業が社会に存続し価値を提供し続ける上で、非常に重要とされている考え方にミッションステートメントがあります。企業理念や価値観、社会に与える影響などをより細かな行動指針として明文化させたミッションステートメントは、企業の成長には欠かせない存在です。ここでは実際にミッションステートメントを導入し成功を収めている魅力的な企業事例について紹介します。