記事カテゴリー

「 組織マネジメント 」一覧

組織マネジメントの目的とは、組織を管理(マネジメント)するだけでなく、チームや部署、部署をまたがったプロジェクトをうまく管理することによってパフォーマンス(生産性)を高めることです。多くの大学組織でも、経営学部などの組織マネジメントを目的とした組織や研究が行われています。

組織マネジメントを行うためには、労働生産性の向上はもちろんのこと、労働生産性を向上させるための仕組み(従業員エンゲージメントの向上や社内コミュニーケーションの活性化など)が必要となります。学術的にも多くの実証研究・研究結果が発表されている分野となりますが、人事担当者・経営者としては自社の事業に落とし込むことが最も重要です。

組織マネジメントを上手く活用できれば、業績の向上だけでなく離職率の低下、企業ブランディングへの活用など、様々な点においてメリットがあります。一方で、うまく組織マネジメントができていないのは、激変する経済市場や労働市場への対応や自社業務への落とし込みの難しさが挙げられます。

組織マネジメントカテゴリーでは、組織(チーム)となる管理(マネジメント)手法として、どのような点に取り組まなければならないのかの視点や具体的な取り組み方法、組織マネジメントで成功した企業事例について説明します。

 

ケイパビリティ ストレス パフォーマー モチベーション 労働生産性 従業員エンゲージメント 心理的安全性 社内コミュニケーション 社内ルール 組織風土・企業文化・社風 経営・企業理念 配属 集団凝集性 スパンオブコントロール 職場環境 チームワーク 従業員満足度 コンフリクト 1on1 サンクコスト

ラーニングオーガニゼーションの実施方法とは?注意すべき5つの項目

ラーニングオーガニゼーションとは、組織に属する全員が組織に対する課題発見と解決を行う組織のことをいいます。ラーニングオーガニゼーションの実施には5つの構成要素が鍵となります。今回はラーニングオーガニゼーションを実施する方法について紹介します。

フィッシュ哲学の実践方法とは?4つのマインドを意識しよう

フィッシュ哲学とは、アメリカ西海岸・シアトルにある魚市場が発祥の組織を活性化するためのマネジメント手法です。①注意を向ける②遊ぶ③喜ばせる④態度を選ぶという、4つのマインドを持つことで実践できます。今回はフィッシュ哲学の実践方法について説明します。

ラーニングオーガニゼーションとは?学習・成長し続ける組織について

ラーニングオーガニゼーションとは「人々が継続的に能力を広げ、望むものを創造したり、新しい考え方や普遍的な考え方を育てたり、人々が互いに学びあうような場」のことで、学習組織を意味しています。会社を中長期的に成長させ続けるために、ラーニングオーガニゼーションは非常に重要な概念であり、組織を構成する人材の最大限の活用が人事部や経営者に求められます。今回はラーニングオーガニゼーションについて説明します。

フィッシュ哲学とは?組織活性化や従業員満足度向上を目指すために

フィッシュ哲学とは、アメリカ西海岸・シアトルにある魚市場が発祥の組織を活性化するためのマネジメント手法です。仕事への取り組み方を従業員が自分たちで選択し、楽しみながらポジティブに目の前の顧客と向き合うことが理念とされています。行動原理(マインド)がシンプルなため、サービス業だけでなく、医療現場や教育の場など、さまざまな業種で導入されています。今回はフィッシュ哲学について説明します。

ソーシャルレコグニションの実践方法や具体例とは?感謝を交換しよう

ソーシャルレコグニションとは、組織においてメンバー同士が互いを承認しあうことや承認し合う仕組みのことです。労働生産性や定着率の向上にも影響のある仕組みですが、闇雲に導入するだけでは制度が形骸化してしまう可能性が高いことに注意しましょう。導入する前の事前の検討や準備、正しく制度が運用されるためのサポートなどを行う必要があります。今回はソーシャルレコグニションの実践方法や具体例について説明します。

ソーシャルレコグニションが会社と従業員にもたらすメリットとは?

ソーシャルレコグニションとは、組織においてメンバー同士が互いを承認しあうことや承認し合う仕組みのことです。様々な企業で導入が進んでいる従業員同士が感謝し合うピアボーナスなどもソーシャルレコグニションの一種です。今回はソーシャルレコグニションについて説明します。

プレゼンティーイズムが発生する原因と改善方法について

プレゼンティーイズムとは「出社しているが心身の状況の悪さから生産性が上がらない状態」のことです。体調不良であっても出社することが原因ですが、欠勤しない理由として「人手不足」「金銭的な不安」「休んでも協力してもらえない」など、企業として改善できる内容も多くあります。今回はプレゼンティーイズムが発生する原因や改善方法について説明します。

プレゼンティーイズムとは?出社しても生産性が低い状態に陥る理由

プレゼンティーイズムとは「出社しているが心身の状況の悪さから生産性が上がらない状態」のことです。日本人は勤勉と言われていますが、有給取得率は40%とヨーロッパ諸国に比べると低い状態である一方で、風邪等で欠勤するボーダーラインとして発熱37.9度を挙げるほど、無理して働いている実情があります。今回はプレゼンティーイズムについて説明します。

パフォーマンスマネジメントのやり方や注意点とは?人事部のサポートが大切

パフォーマンスマネジメントとは1970年代に提唱されたマネジメント手法で「部下や従業員の目標管理を通して、組織全体の目標達成を実現するマネジメント手法」です。パフォーマンスマネジメントを実施するためには、評価制度の抜本的な見直しが必要になります。今回はパフォーマンスマネジメントのやり方や注意点について説明します。

ストレッチ目標の設定方法や運用時の注意点とは?フォローが大切

ストレッチ目標とは、ただ単純に手を伸ばしても届かない、並大抵なことでは達成困難な目標のことです。達成困難な目標を設定したことによって、従業員も予想以上に成長する可能性もありますが、適切な運用を行うにはフォローが必要不可欠であり、フォローがないとパワハラとみなされる可能性もあります。今回はストレッチ目標の設定方法や運用時の注意点について説明します。