記事カテゴリー

「 社内コミュニケーション 」一覧

会社組織を構成するのは人材です。組織としてのパフォーマンスを最大化させるためには、個々の従業員がパフォーマンスを発揮するだけでなく、従業員間の社内コミュニケーションを円滑にすることが重要です。全企業の9割以上の企業が「社内コミュニケーションの不足が業務の障害になる」と回答しているのに対し、全企業の7割以上の企業が「自社の社内コミュニケーションに課題があると感じている」と回答し、解決するのが難しい問題であることも分かります。

社内コミュニケーションを考える上では、事業所や事業部門などの横のコミュニケーション、年代や階層などの縦のコミュニケーション、横と縦を組み合わせた組織全体のコミュニケーションの3種類に分けて課題や施策を細分化することが重要です。どの部分のコミュニケーションにどんな課題があるのかを具体的に考えることで、改善施策へ落とし込むことができます。

社内コミュニケーションカテゴリーでは、社内コミュニケーションによって得られるメリットやデメリット、社内コミュニケーション不足が引き起こす問題、社内コミュニケーションの構造から社内コミュニケーション活性会のための具体的な施策例や事例について説明します。

社内コミュニケーション活性化や社員・内定者研修に有効なゲームとは?

社内コミュニケーションの活性化を目的とした、グループワークやグループワークディスカッションなどの気軽に参加できるゲームが、内定者研修・社員研修において注目されています。チームとして共通の目的を持ちながら楽しく取り組めるゲームは、業務と離れた立場・関係のない話題の中で気軽にコミュニケーションができ、結果社内コミュニケーションの活性化に繋がります。社内コミュニケーション活性化施策として社員研修や内定者研修にゲームを取り入れることのメリット・デメリット、よく使われるゲームの具体的な例について説明します。

社内コミュニケーション活性化の起爆剤?「社内イベント」の有効性とは

社内コミュニケーション活性化の手段として、社内イベントが注目されています。一言でイベントと言っても、全社会議や表彰式だけでなく、運動会やキャンプなど様々な形式があります。社内コミュニケーション活性化の目的である、社員に好まれるイベントや、逆に参加したくないイベントなどの調査結果から成功要因・失敗要因について説明します。

多様化する社内コミュニケーションツールとは?導入に注意すべきこと

社内のコミュニケーションを円滑にするため、社内SNSなどのツール導入が進んでいます。しかし活用されずに失敗に終わるケースも多く、活用方法と情報共有の難しさを物語っています。社内SNSをはじめとした、コミュニケーションツールをいかに活用していくか、ポイントについて説明します。

ランチ懇親会は「社内コミュニケーション」活性化に有効か?

社内のコミュニケーション促進の一環として、「ランチ会」の導入を検討している方も多いと思いますが、実際に実施するとなるとある程度の準備が必要です。ここでは、ランチ会をコミュニケーション活性化にどう活用するか、そのポイントについてご説明します。

社内のコミュニケーション不足が招く企業の課題・問題点とは?原因を追求する

社内のコミュニケーション不足は、様々な問題を引き起こします。社内のコミュニケーション不足が引き起こす問題として、社員の仕事の幅が広がらずにスキルアップできずに業績自体が低下する、コンプライアンス違反に気がつけずに法的な問題に発展する、顧客満足度や自社ブランディングの低下などが挙げられます。社内コミュニケーション不足が業務の障害となると考えている企業は8割にもなり、組織風土や社風に原因があると考えられています。社内コミュニケーション不足が引き起こる原因や具体的な課題、問題点について説明します。

社内コミュニケーション活性化の成功事例とは?職場を活性化しよう!

社内コミュニケーションの活性化とは、離職問題だけでなく、業績向上にも大きく関わる要因であり、様々な企業が取り組んでいる課題です。社内コミュニケーション活性化の重要性が高まり、注目度も上がっている中で、様々な企業で成功事例・失敗事例が生まれています。今回は社内コミュニケーションの活性化施策のうち、企業での成功事例や失敗事例を紹介しながら、自社の職場活性化に活かせる要因を探ります。

社内コミュニケーション活性化のための具体的な施策例やアイデアとは?

社内コミュニケーションの活性化は、多くの企業が取り込む課題です。社内コミュニケーションの活性化を行う施策として重要なのは、まずは「組織全体」「縦」「横」のどこのコミュニケーションに課題があるかを明確にし、適した施策を選択することです。「組織全体」「縦」「横」それぞれの社内コミュニケーションを活性化させるための具体的な施策例やアイデアについて説明します。

「社内コミュニケーション」活性化のための施策 縦・横・全体の流れ

働き方改革が話題になっている昨今、「社内のコミュニケーション活性化」にも注目が集まっています。社内(インナー)コミュニケーションは弾力ある組織作りと同時に、業績にも大きく影響する要素の一つ。活性化のための、具体的な施策についての考え方からご紹介します。

「社内コミュニケーション」活性化のために必要な方法とは?

力強い組織作りに欠かせない「社内コミュニケーション」。働き方改革が話題になっている中で、まずはこのテーマへの取り組みを強化したいと考えている人事担当者の方も多いのではないでしょうか。社内コミュニケーション活性化のための「方法」にはどういったものがあるかを説明します。

社内(インナー)コミュニケーション活性化のポイントとは?

働き方改革が話題になっている昨今、「社内のコミュニケーション活性化」に注目している企業は多くあります。社内(インナー)コミュニケーションは弾力ある組織作りと同時に、業績にも大きく影響します。ここでは、活性化するための基本のポイントについてご紹介します。