記事カテゴリー

「 人材 」一覧

人事業務とは、経営資源として挙げられる「ヒト・モノ・カネ・情報」の4要素のうち、ヒトに関する採用や配属などの業務を指します。ヒトには、身長や年齢などの誰が見ても正確に判断できる定量情報だけではなく、人柄やスキルなどの正確に判断することが難しい定性情報があります。

ヒトに関わる人事業務では、抽象的で正確に判断することが難しい定性情報を、客観的に誰もが判断できる定量情報へと落とし込むことが重要です。人材の性格や価値観は、心理学分野において長年研究されてきた内容であり、リーダーシップやマネジメントスキルなどは、経営学分野において長年研究されてきた内容です。ヒトのことを理解して、円滑な組織運用から業績の向上を実現するためには、学術分野の知見が非常に参考になります。

人材カテゴリーでは、抽象的な概念であり誤った理解をしてしまうことも多い性格や価値観、スキルなどの定性情報を中心に解説します。

コンピテンシー スキル リーダーシップ 性格・価値観 働き方 ストレス耐性 人材アセスメント ソーシャルスタイル マインドセット 経営人材 ロールモデル

オーナーシップとは?企業経営で重要視される理由や活用するメリット

オーナーシップとは「担当する業務を自分ごと化できる姿勢」のことで、モチベーションや従業員エンゲージメントに強く影響を与える要素です。オーナーシップは経営者だけでなく、すべての従業員が持ち合わせていることが理想の組織です。今回はオーナーシップの基本的な考え方やメリット、注意点を紹介します。

経営人材の育成に成功した企業の事例とは?具体的な育成方法について

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材の育成は、多くの企業が抱える課題であるため、育成方法には各社様々な工夫がなされています。今回は経営人材の育成に成功した企業の事例について、具体的な課題や育成方法とあわせてご紹介します。

経営人材育成のガイドラインとは?内容を要約して分かりやすく解説!

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材の育成は、日本を支える各企業にとっての課題であるため、国にとっても重要な課題となっています。今回は、経済産業省が公開している経営人材育成ガイドラインの内容を分かりやすくご紹介します。

経営人材の育成方法とは?具体的な育成プロセスについて

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材を育成するためには、経営層の取り組みだけでなく、中長期的な育成計画の作成が大切です。今回は経営人材の育成方法について、具体的な育成プロセスをご紹介します。

経営人材に求められるスキルとは?スキルの種類や必要な理由について

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。企業を維持・成長させていくためには、時代の流れに合ったスキルを持つ経営人材の育成が必要不可欠です。今回は経営人材に求められるスキルの種類や、それぞれのスキルが必要な理由についてご紹介します。

経営人材とは?意味や定義、採用・育成のために必要な要素について

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材を確保するためには、優秀な人材を採用するだけでなく、どんな人を・どのように育成するのかを明確化することが大切です。今回は経営人材の意味や定義、経営人材を採用・育成するために必要な要素についてご紹介します。

兼業を認めている企業の理由とは?認める際のリスクと対策について

兼業とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を意味する言葉です。兼業を認めて運用するためには、どのようなことに注意する必要があるのか、どうすれば対策できるのかについて知っておく必要があります。今回は、兼業を認めている/認めていない企業の理由や、兼業を認める際のリスクと対策についてご紹介します。

マインドセットの変革方法とは?本人や周囲の取り組み、研修について

マインドセットとは、経験や教育、生まれ持った性質などから形成される「ものの見方や考え方」を意味する言葉です。マインドセットの変革のためには、本人の自覚と努力だけでなく、上司や同僚といった周囲の環境も重要になります。今回は、社員のマインドセットの変革方法についてご紹介します。

マインドセットの使い方とは?ビジネスシーンへの影響の違いについて

マインドセットとは、経験や教育などから形成される「ものの見方や考え方」を意味する言葉です。グロースマインドセットを持つ人とフィックストマインドセットを持つ人では、同じビジネスシーンにおける捉え方や考え方が異なり、その後の行動も大きく変化します。今回は、グロースマインドセットとフィックストマインドセットの違いや、マネジメントへの使い方についてご紹介します。

フィックストマインドセットとは?意味や定義、企業への影響について

フィックストマインドセットとは「人の能力は固定的で努力しても変わらない」という考え方を意味する言葉です。フィックストマインドセットに陥った社員は、当人の生産性が低下するだけでなく周囲のモチベーション低下や離職を引き起こす危険があります。今回はフィックストマインドセットの意味や定義、企業への影響や具体例、グロースマインドセットとの関係についてご紹介します。