記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (51)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (88)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 人材 」一覧

    人事業務とは、経営資源として挙げられる「ヒト・モノ・カネ・情報」の4要素のうち、ヒトに関する採用や配属などの業務を指します。ヒトには、身長や年齢などの誰が見ても正確に判断できる定量情報だけではなく、人柄やスキルなどの正確に判断することが難しい定性情報があります。

    ヒトに関わる人事業務では、抽象的で正確に判断することが難しい定性情報を、客観的に誰もが判断できる定量情報へと落とし込むことが重要です。人材の性格や価値観は、心理学分野において長年研究されてきた内容であり、リーダーシップやマネジメントスキルなどは、経営学分野において長年研究されてきた内容です。ヒトのことを理解して、円滑な組織運用から業績の向上を実現するためには、学術分野の知見が非常に参考になります。

    人材カテゴリーでは、抽象的な概念であり誤った理解をしてしまうことも多い性格や価値観、スキルなどの定性情報を中心に解説します。

    コンピテンシー スキル リーダーシップ 性格・価値観 働き方 ストレス耐性 人材アセスメント

    ナレッジワーカーとマニュアルワーカーの関係性とは?歴史背景から読み解く

    マネジメントの世界的な第一人者、ピーター・ドラッカー氏が提唱した「ナレッジワーカー」。この対語である「マニュアルワーカー」とともに、1970年代以降さまざまなビジネスの現場で使われている用語です。今回は、人事担当者として知っておきたい「ナレッジワーカー」と「マニュアルワーカー」の概要とその違いなどについてご紹介します。

    マニュアルワーカー(単純作業労働者)とは?将来性や必要性について

    マニュアルワーカー(単純作業労働者)とは、ナレッジワーカー(知識資産労働者)の対語である存在です。高度経済成長期において特徴的な働き方で、マニュアル通りに正確かつ速さが求められていました。現代の働き方においてナレッジワーカーの重要性が高まっているものの、マニュアルワーカーが不要というわけでは決してありません。マニュアルワーカーの意味や定義、今後マニュアルワーカーに求められるものについて説明します。

    ナレッジワーカーの条件や特徴とは?抽象化して定義すると

    顧客ニーズの多様化、付加価値の創造など、企業が競争で勝ち残るためにはナレッジワーカーの活用が必要不可欠です。ナレッジワーカーとは、知識や経験を知恵として活用して付加価値を生み出す労働者のことを指します。ナレッジワーカーの条件や特徴は自社が置かれている環境によって様々ですが、抽象化して条件や特徴を定義して説明します。

    知識を知恵に活用するナレッジワーカーとは?意味や重要性について

    ロボットや人工知能の発達により、単純作業を行うマニュアルワーカーではなく、知識を知恵として活用するナレッジワーカーの重要性が高まっています。ナレッジワーカーとは、マネジメントの生みの親であるピーター・ドラッカーが提唱した用語で、知識経済を根本から支える高度な専門知識をもつ労働者と定義されています。ナレッジワーカーとホワイトカラーの違いや、何故今後ナレッジワーカーが重要視されていくのかについて説明します。

    エンパワーメントの使い方とは?企業の活用事例からヒントを得る

    エンパワーメントとは、権限を持たせること、自信を与えること、力を付けてやることで、「意思決定の迅速化」「自ら考え、判断し、行動できる人材の育成」「本来持つ能力の発揮」などのメリットがあります。国内外問わず、エンパワーメントを活用して顧客満足度や離職率の低下を実現した企業は数多くあります。今回はエンパワーメントの使い方をイメージするために、エンパワーメントを活用した企業事例について紹介します。

    誠実さが鍵となるオーセンティックリーダーシップとは?

    オーセンティックリーダーシップとは、自分らしさを活かしたリーダーシップのことです。労働生産性や業績の向上のための企業不祥事が多く発生したことから、リーダーそのものの倫理観や道徳観の必要性について語られています。現代のリーダーシップ研究では状況に応じて発揮するリーダーシップを変えることが求められていますが、「自分自身の本質」を伝えていなければ、メンバーも戸惑ってしまいます。今回はオーセンティックリーダーシップの概要や求められる5つの特性、実践のための4ステップについて説明します。

    エンパワーメントとは?活用するメリットやデメリット、活用方法について

    エンパワーメントとは、権限を持たせること、自信を与えること、力を付けてやることで、「意思決定の迅速化」「自ら考え、判断し、行動できる人材の育成」「本来持つ能力の発揮」などのメリットがあります。少子高齢化により労働力不足が大きな課題となっている日本では、従業員一人ひとりに求められる労働価値が向上しています。従業員に能力を最大限に発揮してもらうためには環境づくりが欠かせません。今回は企業活動や人事領域におけるエンパワーメントの意味や活用するメリット・デメリット、活用方法について説明します。

    ファシリテーション型リーダーシップとは?個人の主体性を活かす!

    ファシリテーション型リーダーシップとは、会議やミーティングなどのファシリテーションの役割を行うようなリーダーシップです。メンバーが主体的に行動できるように意見を引き出すだけでなく、意見が対立した場合にも、公平な立場から総意を取りまとめるリーダーシップです。ダイバーシティの推進などで、様々な価値観や経験を持った人材が増えていく中で、メンバーの個性を最大限に活かせるファシリテーション型リーダーシップの重要性は増しています。今回はファシリテーション型リーダーシップとはどのようなものか、ファシリテーターとリーダーの違いとは何かについて説明します。

    部下を丁寧にフォローするサーバント型リーダーシップとは?

    サーバントリーダーシップとは、現在主流となっているリーダーシップ研究のコンセプト理論の一つであり、メンバーに対して奉仕することで、メンバーの能力を最大限発揮させる環境を作るリーダーシップです。サーバント(Servant)とは「奉仕」や「使用人」などの意味の英語です。サーバントリーダーシップはメンバーに対する理解や承認を重視するため「優しい」という印象がありますが、「無関心」にならないように注意が必要です。今回はサーバントリーダーシップに求められる10個の特性やどのような状況下で有効なのか、サーバントリーダーシップを発揮した企業・人物例について説明します。

    感情のケアを大事にする「EQ型リーダーシップ」とは?

    EQ型リーダーシップとは、現在のリーダーシップ研究の主流であるコンセプト理論の一つです。EQとは「Emotional Intelligence Quotient」の略であり、こころの知能指数とも呼ばれます。EQ型リーダーシップでは、メンバーと感情レベルでコミュニケーションを行うことを重視しており、コミュニケーションに必要なステップを体系化しています。EQ型リーダーシップの概要や活用シーンの例、実際にEQ型リーダーシップを発揮した人物などについて説明します。