記事カテゴリー

「 人材 」一覧

人事業務とは、経営資源として挙げられる「ヒト・モノ・カネ・情報」の4要素のうち、ヒトに関する採用や配属などの業務を指します。ヒトには、身長や年齢などの誰が見ても正確に判断できる定量情報だけではなく、人柄やスキルなどの正確に判断することが難しい定性情報があります。

ヒトに関わる人事業務では、抽象的で正確に判断することが難しい定性情報を、客観的に誰もが判断できる定量情報へと落とし込むことが重要です。人材の性格や価値観は、心理学分野において長年研究されてきた内容であり、リーダーシップやマネジメントスキルなどは、経営学分野において長年研究されてきた内容です。ヒトのことを理解して、円滑な組織運用から業績の向上を実現するためには、学術分野の知見が非常に参考になります。

人材カテゴリーでは、抽象的な概念であり誤った理解をしてしまうことも多い性格や価値観、スキルなどの定性情報を中心に解説します。

コンピテンシー スキル リーダーシップ 性格・価値観 働き方 ストレス耐性 人材アセスメント ソーシャルスタイル マインドセット 経営人材 ロールモデル EQ

信頼関係を築く傾聴の姿勢とは?傾聴の心構えを理解し、教育研修に活かす

業務を行う上で、コミュニケーションスキルは欠かすことができません。不要な軋轢や意思疎通の不具合は生産性を低下させてしまう要因になりかねませんので、コミュニケーションスキルが高い人材というのは普遍的な価値を持っていると言えるでしょう。この記事では、従業員のコミュニケーションスキルを向上させたいという経営者や人事担当者が、具体的にどのような施策を打てば良いかのヒントを紹介します。

傾聴力を見極めるポイントとは?3つの要素と段階を理解しよう!

若手採用の際に極めて重要な評価ポイントになるのがコミュニケーション能力。そのなかでも、意思疎通において欠かせない「傾聴力」をどのように評価したら良いかわからない人事担当者や経営者も多いのではないでしょうか?この記事では、傾聴力を支える概念や習熟度をチェックするためのポイントを紹介します。要点さえ的確に押さえることができれば、採用の現場だけでなく従業員のコミュニケーション能力の育成も視野においても役立てることが可能です。

社会的望ましさの尺度とは?要素を分解し、採用面接で活用しよう

社会的望ましさとは、「一般的に正しいと思われるような振る舞いをする」行動バイアスのことです。採用面接において、求職者の受け答えがどれだけ真実であるかを見極めることは大切です。自分を良く見せようとして「話を盛る」ことは少なくないですが、より重要なのは「話を盛っているから悪い」わけではないことです。この記事では様々にある「社会的望ましさ尺度」についての紹介を行います。

社会的望ましさとは?求職者の盛った話・嘘は成長につながる

社会的望ましさとは、「一般的に正しいと思われるような振る舞いをする」行動バイアスのことです。採用選考では、求職者が盛った話・ウソをつくことは珍しくない一方で、多くの人事担当者が真偽を見抜いています。ウソをつくから悪いと決めつけるのではなく、社会一般的に望ましいように振る舞おうとしている観点から求職者を見極めることで、入社後の成長や配属に活かすことができます。今回は社会的望ましさとは何か、人事業務にどのような影響を与えるのかについて説明します。

フォロワーシップ理論の5つのタイプとは?各タイプの特徴を理解しよう

フォロワーシップとは、チームメンバーとしてリーダーをサポートするために、自律的に行動することを意味します。理想のチームを作るためにはリーダーシップだけでなく、チームメンバーにもフォロワーシップが求められますが、フォロワーシップは1種類だけでなく複数の種類があります。今回はフォロワーシップの5つのタイプと各タイプの特徴について説明します。