記事カテゴリー

「 人材 」一覧

人事業務とは、経営資源として挙げられる「ヒト・モノ・カネ・情報」の4要素のうち、ヒトに関する採用や配属などの業務を指します。ヒトには、身長や年齢などの誰が見ても正確に判断できる定量情報だけではなく、人柄やスキルなどの正確に判断することが難しい定性情報があります。

ヒトに関わる人事業務では、抽象的で正確に判断することが難しい定性情報を、客観的に誰もが判断できる定量情報へと落とし込むことが重要です。人材の性格や価値観は、心理学分野において長年研究されてきた内容であり、リーダーシップやマネジメントスキルなどは、経営学分野において長年研究されてきた内容です。ヒトのことを理解して、円滑な組織運用から業績の向上を実現するためには、学術分野の知見が非常に参考になります。

人材カテゴリーでは、抽象的な概念であり誤った理解をしてしまうことも多い性格や価値観、スキルなどの定性情報を中心に解説します。

コンピテンシー スキル リーダーシップ 性格・価値観 働き方 ストレス耐性 人材アセスメント ソーシャルスタイル

スキルマップの活用事例とは?実際の企業における事例を5つご紹介!

スキルマップとは、在籍中の従業員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを導入する際には、他社の事例を参考にすることで、高い効果と効率が得られます。今回は、スキルマップを導入した企業の事例と、導入した結果得られた効果を5つご紹介します。

ホリゾンタル・リーダーシップとは?組織の多様化への活用法について

ホリゾンタル・リーダーシップとは、従来のタテの関係によるリーダシップではなく、ヨコの関係を重視した新しいリーダーシップ理論です。ホリゾンタル・リーダーシップは、自社のビジネスや組織全体の多様化・グローバル化に役立つだけでなく、女性活躍推進やダイバーシティ推進にもつながります。今回は、ホリゾンタル・リーダーシップの意味や定義、求められる能力やメリット・デメリットについてご紹介します。

スキルマップの評価項目の決め方とは?具体的な方法をご紹介!

スキルマップとは、在籍中の従業員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを作成する上では、評価項目が細かく具体的であればあるほど、現場の業務実態に近く精度の高い資料となります。今回は、スキルマップの評価項目を設定するための具体的な方法をご紹介します。

組織適応力の高い人材とは?組織適応性の4つの傾向から見極める!

組織適応性とは、人材がどのような組織風土と相性が良いかを判断するための根拠となる、人材の性格や価値観の傾向を意味する言葉です。自社の組織風土に合った組織適応力を持つ人材を採用できれば、離職率の改善や生産性の向上が期待できます。今回は自社への組織適応力が高い人材を見抜くために、組織適応性にはどのようなタイプがあるのかをご紹介します。

組織適応性とは?言葉の意味や目的、人事業務における活用方法について

組織適応性とは、人材がどのような組織風土と相性が良いかを示す指標です。組織適応性の高い人材が集まっている会社では、定着率の向上や早期離職の防止だけでなく、生産性の向上や社員同士のコミュニケーションの活発化が期待できます。今回は組織適応性の意味や目的、人事業務に活用するメリットや活用しない場合のデメリットをご紹介します。

スキルマップの作り方とは?評価項目や評価基準の決め方について

スキルマップとは、在籍中の社員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを作成する際には、評価項目や評価基準を正しく設定しなければ、業務の質や社員のモチベーションを低下させてしまう恐れがあります。今回はスキルマップの作り方について、評価項目や評価基準、評価方法の決め方をご紹介します。

スキルマップとは?スキルを可視化する目的とメリット・デメリット

スキルマップとは、在籍中の社員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップは、教育研修だけでなく人事評価やマネジメント、人材採用などの様々な人事業務に活用できます。今回はスキルマップの意味や目的、メリット・デメリットについてご紹介します。

ソーシャルスタイル理論のエミアブルタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるエミアブルタイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はエミアブルタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

ソーシャルスタイル理論とは?4つのタイプとそれぞれの特徴について

ソーシャルスタイル理論とは、効果的なコミュニケーションを行うための手法として、多くの企業で取り入れられているコミュニケーションの理論です。ソーシャルスタイル理論を活用すれば、社内のコミュニケーションが円滑になり、生産性の向上につながります。今回は、ソーシャルスタイル理論によって分類される4つのタイプと、それぞれの特徴についてご説明します。