記事カテゴリー

「 人材 」一覧

人事業務とは、経営資源として挙げられる「ヒト・モノ・カネ・情報」の4要素のうち、ヒトに関する採用や配属などの業務を指します。ヒトには、身長や年齢などの誰が見ても正確に判断できる定量情報だけではなく、人柄やスキルなどの正確に判断することが難しい定性情報があります。

ヒトに関わる人事業務では、抽象的で正確に判断することが難しい定性情報を、客観的に誰もが判断できる定量情報へと落とし込むことが重要です。人材の性格や価値観は、心理学分野において長年研究されてきた内容であり、リーダーシップやマネジメントスキルなどは、経営学分野において長年研究されてきた内容です。ヒトのことを理解して、円滑な組織運用から業績の向上を実現するためには、学術分野の知見が非常に参考になります。

人材カテゴリーでは、抽象的な概念であり誤った理解をしてしまうことも多い性格や価値観、スキルなどの定性情報を中心に解説します。

コンピテンシー スキル リーダーシップ 性格・価値観 働き方 ストレス耐性 人材アセスメント ソーシャルスタイル マインドセット 経営人材 ロールモデル EQ

プレゼンテーションスキルの向上方法とは?心掛けたい3つのポイント

ビジネスではプレゼンテーションをしなければならないシーンが度々訪れます。相手に意図を伝えるスキルでもあるプレゼン力ですが、実に7割以上のビジネスパーソンがそのスキルに不安を抱えているという調査結果も報告されています。ではどうすれば上手くなるのでしょうか?この記事では、プレゼンテーションスキルを向上させる3つのポイントを紹介します。

プレゼンテーションスキルを活用するメリットとは?細分化して考えよう

プレゼンテーションスキルは相手にお願いしたことをやってもらうために大切なスキルです。こちらの意見を伝え、理解してもらうことができて、はじめて人は動きます。一方的ではなく、双方的なコミュニケーションスキルと考えることもできるでしょう。この記事では、ビジネスシーンで不可欠なプレゼンテーションスキルとはなにかを解説し、実際にどのように活用していくかを紹介します。

プレゼンテーションスキルとは?活用場面はプレゼンだけではない

プレゼンテーションスキルとは、自ら情報を発信するコミュニケーションスキルの一つです。社内会議や報告会、顧客との商談など、さまざまな場所でプレゼンテーションの機会がありますが、実に7割以上に登るビジネスパーソンがプレゼンテーションスキルに不安を抱えているといわれています。この記事では、プレゼンテーションスキルの概要、どんな技術を身につければプレゼンテーションスキルが向上するかを紹介します。

ペーシングの実践方法とは?真似をするで覚える3方法の具体例について

ペーシングとは、コミュニケーションスキルの1種であり、相手の話し方や状態、呼吸などのペースを合わせるスキルです。ペーシングを実践するためには「ミラーリング」「マッチング」「バックトラッキング」の3つの方法を意識することが大切です。今回はミラーリングを実践する方法を具体例を用いて説明します。

ペーシングとは?ビジネスでも役立つコミュニケーションスキル

ペーシングとは、コミュニケーションスキルの1種であり、相手の話し方や状態、呼吸などのペースを合わせるスキルです。多くの企業が採用要件に設定しているのが「コミュニケーション能力」です。採用難易度が上昇している昨今では、専門性や経験などの敷居を下げた募集が増えていて、それゆえに業界・職種に寄らないスキルの需要が高まっています。コミュニケーションスキルは重要性が自明でありながらも、多くの企業の課題となっているのです。今回は「ペーシング」の概要や実践方法について紹介します。

将来の企業経営を担う幹部候補生の特徴とは?人材要件を明確にしよう

幹部候補とは、組織の中核を任せることを前提に採用・選抜された人材のことです。労働人口の減少にともない、求人市場では企業間の人材獲得競争が激化の一途をたどっています。短期的には人手不足解消のための人材確保が大切ですが、将来を見据えた企業経営では中長期的な人材マネジメントがかかせません。この記事では、将来の企業経営のカギを握る幹部候補生について、どんな人材を抜擢すべきかを解説します。

アクノレッジメントに求められるスキルとは?伝え方を意識しよう

アクノレッジメントとは「承認」のことであり、組織マネジメントを行う上で上司と部下との信頼関係の構築に役立つスキルです。アクノレッジメントはただ承認するだけでは意味がなく、至った経緯や過程についても承認することが大切です。今回はアクノレッジメントに求められるスキルや実践する際のポイントについて説明します。

幹部候補とは?人材を獲得・育成しないと将来の会社経営が危ない

幹部候補とは、組織の中核を任せることを前提に採用・選抜された人材のことを指します。役員などの経営層なのか、事業部長などの管理職なのかは企業によって異なりますが、幹部候補の確保は多くの企業にとっての経営課題として挙げられています。今回は幹部候補とはどのような人材か、幹部候補を確保するために何をしなければいけないのかについて説明します。

アクノレッジメントスキルとは?信頼される上司を育成しよう

アクノレッジメントとは「承認」のことであり、組織マネジメントを行う上で上司と部下との信頼関係の構築に役立つスキルです。アクノレッジメントはただ承認するだけでは意味がなく、至った経緯や過程についても承認することが大切です。今回は信頼される上司を育成するために重要なスキルであるアクノレッジメントについて説明します。

日本の起業家精神の現状とは?国際社会と比較した調査から分かること

グローバル化によってスピーディーかつ柔軟な対応力が求められる現在のビジネスシーンでは、常に「次のビジネス」へ目を向ける起業家精神が生き残りの鍵となっています。しかしこうしたビジネスマインドを持った人材は日本には決して多くなく、もっと企業で育成していく必要があります。この記事では、日本や海外の起業家精神に関する調査について、どのようなことが報告されているかを紹介します。