記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (50)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (87)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 グループワーク 」一覧

    グループディスカッションやグループワークは、採用選考だけでなく人材教育・研修、チームビルディングなどにも用いられる手法です。

    採用面接での対話で人材を評価するのではなく、実際の行動や考え方などを評価できる方法です。しかしグループディスカッションやグループワークのテーマごとで評価できるスキルが異なるため、何を見極めるのか明確な目的を持ちながら、正確に評価することが求められます。

    グループワークカテゴリーでは、グループワークを実施するメリットや手法、お題によってどのようなスキルを評価できるのかの評価項目や評価基準の決め方について説明します。

    グループディスカッション(GD)のポイント「クラッシャー」とは

    グループディスカッション(GD)は行動を評価できる、採用選考でも使われる選考方法です。しかし「クラッシャー」と呼ばれる参加者がいることで、他の参加者をも正しく評価することができなくなります。グループディスカッションにおけるクラッシャー特徴や対策について説明します。

    グループワークのお題(テーマ)の種類と例題、ネタとは?

    グループワークは、採用選考だけでなく、教育研修などでも実施されています。実際に実施するためには、お題(テーマ)の決め方は悩みどころです。お題(テーマ)には様々な種類がありますが、状況把握力や創造力、主体性などの具体的にどのような能力を評価したいかによって適切なお題(テーマ)を選ぶことができます。グループワークの種類ごとに、具体的にどんなお題(テーマ)があり、どんな能力を評価できるのか、例題を交えながら紹介します。

    グループディスカッションのテーマ(お題)の決め方とは?評価項目から考えよう!

    グループディスカッションは参加者の「コミュニケーション力」を評価できる方法です。テーマ(お題)を何にするのかによって「論理性」「創造性」などの評価項目が変わってくるため、自社の採用要件に適したテーマを選ぶことが大切です。今回はグループディスカッションのテーマ(お題)の種類ごとに、どんな評価項目があるのかや、テーマ(お題)例などについて説明しています。

    グループワークや面接で使える行動評価尺度5選!客観的な評価基準を設けよう

    グループワークや面接では、面接官ごとによって評価にばらつきが生まれてしまうことがよくあります。この原因として、意識しなくとも人間の心理として「慣れ親しんでいる価値観」のみで評価する主観的評価が混じってしまうことが挙げられます。評価者によって評価がばらつかない、客観的な評価を行うためには、評価基準を決める「評価尺度」が必要です。今回は代表的な行動評価基準である「グラフィック・レーティング尺度」「行動頻度尺度」「行動基準評定尺度」「行動観察尺度」「行動要約尺度」の5つの尺度について説明します。

    グループワークのメリットとデメリットとは?ミスマッチも防げます

    グループワークとは、書類選考や面接だけでは評価できない行動について評価できる方法です。グループワークを採用選考に活用する場合には、なりすましや印象操作に惑わされにくくなる、コミュニケーション能力の見極めができるなどのメリットがありますが、団体としての意思決定となることで、個人の良さや見極めが難しくなるなどのデメリットもあります。今回はグループワークのメリットとデメリット、デメリットへの対策について説明します。

    採用選考や研修で使えるグループワーク手法5選とは

    グループワークとは、書類選考や面接だけでは見れない、参加者の主体性や性格を見極めに適した方法です。グループワークには様々な手法がありますが、各手法によって評価項目に得手不得手があります。それぞれの手法を理解し、自社の求める人物像に適した手法を選ぶために、代表的な手法を5つ紹介します。

    グループワークの実施方法とは?目的や準備すること、重要性について

    グループワークとは、書類選考や面接だけでは評価できない行動について評価できる方法です。グループワークは採用選考だけでなく、教育研修などにも使われますが、なぜグループワークが重要なのか、目的やメリットなどについて知っておくことが大切です。今回はグループワークの目的や準備の方法、グループディスカッションとの違いについて説明します。