記事カテゴリー

「 ダイバーシティ・インクルージョン 」一覧

ダイバーシティマネジメントの企業事例と具体的な成果をご紹介!

ダイバーシティマネジメントとは「従業員の多様な個性を企業内に取り込んで活用し、経営に活かしていく」という意味の言葉です。自社でダイバーシティマネジメントに取り組む際には、他社の企業事例を参考にすることで、施策の質や成功率を上げることができます。今回は日本とアメリカにおけるダイバーシティマネジメントの歴史と、ダイバーシティマネジメントの企業事例をご紹介します。

ダイバーシティマネジメントのアメリカにおける企業事例と歴史とは?

ダイバーシティマネジメントとは「従業員の多様な個性を企業内に取り込んで活用し、経営に活かしていく」という意味の言葉です。ダイバーシティマネジメント発祥の地であるアメリカにおける歴史や企業事例からは、今後自社で取り組んでいく際のヒントが得られます。今回はダイバーシティマネジメントについて、アメリカにおける歴史や企業事例をご紹介します。

デモグラフィー型ダイバーシティとは?デメリットや問題点を理解しよう

デモクラフィー型ダイバーシティとは、性別・国籍・年齢など、属性の多様性のことを意味する言葉です。デモグラフィー型ダイバーシティは、外見的・表面的な多様性ばかりに意識が向き、社員の不信感や不公平感の原因になりやすいというデメリットがあります。今回はデモグラフィー型ダイバーシティの意味や定義、企業へのデメリットが起こる理由についてご紹介します。

ダイバーシティマネジメントとは?意味やメリット、実施方法について

ダイバーシティマネジメントとは「従業員の多様な個性を企業内に取り込んで活用し、経営に活かしていく」という意味の言葉です。ダイバーシティマネジメントを正しく行えば、生産性の向上や離職率の低下など、企業に様々なメリットがあります。今回はダイバーシティマネジメントの意味や目的、メリットや課題についてご説明します。

タスク型ダイバーシティとは?メリットや活用方法を理解しよう

タスク型ダイバーシティとは、能力・経験・知識など、実力の多様性のことを意味する言葉です。タスク型ダイバーシティは、組織や事業に新しい知識や価値観を与え、イノベーションを起こす大きなきっかけとなります。今回はタスク型ダイバーシティの意味やメリット、デモグラフィー型ダイバーシティとの違いについてご紹介します。

ダイバーシティーによる労働条件の多様化や採用活動での活用法とは?

ダイバーシティーとは、英語で「多様性」を意味する言葉で、様々な違いを受け入れるという意味で用いられます。ダイバーシティーを推進する際には、人材が抱える様々な事情に応じて労働条件を選べるようにすることで、会社全体の生産性の向上につながります。今回は企業におけるダイバーシティーの取り組みについて、採用シーンでの活用方法や採用後の多様な労働条件の決め方をご紹介します。

ダイバーシティーとは?意味や定義、企業にとってのメリットについて

ダイバーシティーとは、英語で「多様性」を意味する言葉で、様々な違いを受け入れるという意味で用いられます。企業でダイバーシティーを推進する際は、ダイバーシティーの意味や目的をよく理解した上で取り組むことで、企業にとってのメリットを最大化できます。今回はダイバーシティーの意味や目的について説明した上で、ダイバーシティーが企業に与えるメリットについてご紹介します。

ダイバーシティー&インクルージョンとは?多様な人材を活用しよう!

ダイバーシティー&インクルージョンとは「多様性を受け入れて活かし合おう」という意味の言葉です。ダイバーシティーとインクルージョンの違いを知り、並行して取り組むことで、自社の成長や人材不足の解決につながります。今回はダイバーシティー&インクルージョンの意味や企業のメリットについて、ダイバーシティーとインクルージョンの違いからご説明します。

インクルージョンとは?意味や目的、ダイバーシティとの違いについて

インクルージョンとは、あらゆる人材が能力を最大限発揮し、やりがいを感じられるような環境を意味する言葉です。インクルージョンを実現すれば、生産性の向上や離職率の低下など、企業にとって様々なメリットがあります。今回は、インクルージョンの意味やダイバーシティーとの違い、企業にとってのメリットについてご紹介します。