記事カテゴリー

「 母集団形成 」一覧

少子化に伴う労働力人口の減少と、過半数の企業における正社員不足によって、人材採用競争の激化が進んでいます。特に候補者を集める母集団形成は、多くの企業がより注力している採用選考プロセスです。

母集団形成と言っても、求人広告や人材紹介業者への委託、会社説明会の実施や企業分らィングを高めるなど、様々な方法があります。特に優秀な人材を早期に囲い込むインターンシップや、アメリカでは主流となっているリファラル採用などは近年注目されている母集団形成方法です。

母集団形成カテゴリーでは、様々ある母集団形成方法の概要ややり方だけでなく、競合他社と差別化する方法や法的にやってはいけないタブー(違法)内容などについて説明します。

インターンシップ トライアル雇用 企画・設計 会社説明会 採用ブランディング 採用マーケティング 採用要件 求人票 ソーシャルリクルーティング リファラル採用 リクルーター

エンプロイメンタビリティを向上させる方法とは?影響する要因を理解しよう

エンプロイメンタビリティとは、求職者から魅力的と感じ、社員から働き続けたい企業に感じるかという価値を意味しています。入社したいと思ってもらう会社にするために何が必要なのでしょうか。今回はエンプロイメンタビリティを向上させるために、影響を与えている要素について説明します。

エンプロイメンタビリティとは?企業の魅力を高めて人材を獲得する

エンプロイメンタビリティとは求職者から魅力的と感じ、社員から働き続けたい企業に感じるかという価値を意味しています。人材難で優秀な人材獲得や人材流出防止が急務となっています。今後とても重要となるエンプロイメンタビリティについて紹介します。

採ってはいけない人材とは?人材要件や見極め方を明確にしよう

人材採用には多くの課題があり、特に新卒社員の3年以内の離職率は3割を超えているともよく報道されています。採用の目的は事業を行い、利益を出すためです。早期離職や社内失業者が多発すると、人材を抱えることでむしろ赤字を背負うことになるので「採ってはいけない人材」には注意が必要です。この記事では、採用における注意点を紹介します。

採るべき人、採ってはいけない人材の特徴や見分け方とは?

採用活動は「ただ人を採用すればよい」というわけではありません。戦力として長期的に自社で活躍してくれることが想定でき、社内利益を得るのに貢献できる人材でなければ雇うこと自体が赤字になります。だからこそ「採るべき人」と「採ってはいけない人」というのは明確に存在しており、その見極めが大切。この記事では、両者の特徴を紹介し、人材の見分け方について考察します。

リファラル採用に成功した企業事例とは?国内企業3社の成功事例

リファラル採用とは、自社の従業員から採用候補者を紹介してもらう制度です。アメリカでは一般的なリファラル採用ですが、日本でも導入する企業が増加しているものの、成功している企業と失敗している企業の2極化が進んでいます。今回は日本企業におけるリファラル採用の成功事例を3つ紹介します。

リファラル採用の報酬の決め方とは?違法にならないように注意しよう

リファラル採用とは、自社の従業員から採用候補者を紹介してもらう制度です。紹介してもらった従業員に対してインセンティブを与えることで、紹介してもらう動機づけが行われていますが、報酬金額については法的な観点から注意する必要があります。今回はリファラル採用における報酬の必要性や内容、法的な注意点について説明します。

出戻り社員とは?退職した人材を再雇用するメリットとデメリット

出戻り社員とは一度退職した会社に再び入社する社員のことで、昨今導入する会社が増加しています。ただ実際のところ、出戻り社員のメリット、デメリット、気を付ける点は何があるのでしょうか。今回は出戻り社員のメリットとデメリット、注意点についてご紹介します。

出戻り社員とは?再雇用する目的と日本企業における現状について

出戻り社員とは一度退職した会社に再び入社した社員のことです。最近出戻り社員を再度雇用する企業が増えています。今回は、出戻り社員の実態や、実際に採用した際に他の社員はどう思っているかなどリアルな現状や出戻り社員を活用するメリット・デメリットについて説明します。