記事カテゴリー

「 副業解禁 」一覧

働き方改革の一つとして、副業(複業)を解禁する内容のものが含まれています。大手企業の一部では副業を解禁する流れがありますが、多くの企業が副業を禁止しているのが実態です。

副業を解禁する・禁止する法的な規則はありません。しかし、厚生労働省が2017年12月まで示していたモデル就業規則の労働者の遵守事項には「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」との記載があり、会社が許可をださなければ副業ができないという実態がありました。

厚生労働省が2018年1月に公開した新しいモデル就業規則では、上記の遵守事項が削除され、「労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる」と記載がされました。「原則副業を禁止」から「原則副業を認める」方針へと変わっています。

副業解禁カテゴリーでは、自社の副業を解禁することで企業にとってのメリットとデメリット、注意点や考え方についてを説明します。

副業を解禁した他社の事例!先進的な活動から、副業解禁の効果を知る

2018年1月に厚生労働省が公表した「モデル就業規則」によって「原則副業を容認する」流れとなっています。副業について法的な拘束力は元々無く「モデル就業規則」での解禁に先立って副業を容認してきた企業がいくつかあります。今回は副業を解禁した他社の事例から、副業を解禁することでどのような効果をもたらしたのかについて説明します。

副業解禁はいつから?企業が働き方改革に対応する方法について

2018年1月に厚生労働省が公表した「モデル就業規則」で「原則副業を禁ずる」文面が削除され、「原則副業を容認する」文面が追加されました。副業に関する法的な拘束はないため、各企業が「副業を解禁する」とみなしたタイミングで「副業が解禁された」とみなすことができます。逆に現在でも「正当な理由なしに副業を禁止すること」は、労働者の自由を奪う行為として法的問題に発展する可能性が0ではありません。今回は副業が解禁された流れと、企業としてどのような対応や考えが求められるのかについて説明します。

副業解禁とは?期待する効果やメリット・デメリット、注意点について

大企業を含む、一部の企業において「副業解禁」の流れが加速しています。背景として、働き方改革の推進に伴い、厚生労働省が公表している「モデル就業規則」から「原則副業を禁止する」文面が削除され、「原則容認する」文面が追加されたことが挙げられます。副業を解禁することで、労働者の健康管理や本業への影響などが懸念されますが、それ以上に企業・労働者側にも大きなメリットがあります。副業・兼業が原則禁止されていた背景と解禁された背景、企業・労働者側のメリットとデメリットについて説明します。

パラレルキャリアとは?意味や企業のメリット・デメリット、事例について

パラレルキャリアとは「本業を持ちながら、第二の活動をする」ことです。ビジネスパーソンの間でパラレルキャリアへの関心が高まっている一方で、副業・兼業を容認している企業はまだ多くありません。パラレルキャリアを導入することは、従業員・企業にとって様々なメリットやデメリットがあります。今回はパラレルキャリアの意味や導入するメリット・デメリット、パラレルキャリアを導入した企業事例を説明します。