「 副業解禁 」一覧

働き方改革の一つとして、副業(複業)を解禁する内容のものが含まれています。大手企業の一部では副業を解禁する流れがありますが、多くの企業が副業を禁止しているのが実態です。

副業を解禁する・禁止する法的な規則はありません。しかし、厚生労働省が2017年12月まで示していたモデル就業規則の労働者の遵守事項には「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」との記載があり、会社が許可をださなければ副業ができないという実態がありました。

厚生労働省が2018年1月に公開した新しいモデル就業規則では、上記の遵守事項が削除され、「労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる」と記載がされました。「原則副業を禁止」から「原則副業を認める」方針へと変わっています。

副業解禁カテゴリーでは、自社の副業を解禁することで企業にとってのメリットとデメリット、注意点や考え方についてを説明します。

今注目のパラレルキャリア、企業にもたらすメリットとは?

パラレルキャリアへの個人の要請が高まっており、国もその動きを支援しています。その定義と、パラレルキャリアが従業員・企業双方にもたらすメリットとデメリット、導入事例を紹介します。パラレルキャリア容認を人事が検討するための材料、具体的行動の参考にしてみてください。