記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (50)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (87)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 社内ルール 」一覧

    社内ルールとは、就業規則だけでなく暗黙のルールなども含まれる、会社内のルール全般のことです。就業規則や業務マニュアルなどは明文化されているために理解しやすいですが、明文化されていない、部署やチームごとに存在する暗黙のルールは新入社員はもちろんのこと、人事担当者や他部署の従業員が全容を把握するのが難しいルールもあります。

    社内ルールは従業員の行動を束縛するものですが、業務レベルの統一化などによって業績が向上する場合もあります。しかし過剰な束縛は、自由な発想や業務改善が行われにくくなり、組織が硬直化するだけでなく、労働生産性の低下による長時間労働での離職、業績の低下を引き起こします。

    社内ルールカテゴリーでは、社内ルールがもたらすメリットやデメリット、良い社内ルールと悪い社内ルールの違いや見分け方、社内ルールを守らない従業員への対処方法などについて説明します。

    社内ルールを守らない従業員に対して会社が取るべき施策とは

    社内ルールを作ったとしても、従業員に守ってもらえなければ意味がありません。社内ルールが守られない理由として「そもそも従業員に認知されていない」「現場の業務が反映されていない」など様々な理由が考えられます。今回は社内ルールが守られない理由と社内ルールを守らない従業員がいる場合に会社が取るべき施策について説明します。

    社内ルールのフォーマットを活用して自社に合った社内ルールを作ろう

    新しい社内ルールを作る、既存の社内ルールを見直す場合にも何故そのルールが必要なのかの目的を明確にすることが大切です。不要なルールは業務効率の低下だけでなく、社員のモチベーションの低下や離職を引き起こす可能性すらあります。新しい社内ルールの作成時や既存の社内ルールの見直しに活用していただけるように、どのような目的があるのかをリストアップし、フォーマット化致しました。

    様々な例から見る良い社内ルールと悪い社内ルールの共通点とは?

    社内ルールは多ければ多いほど良いものではなく、良い社内ルールや悪い社内ルールなど様々あります。良い社内ルールは労働生産性の向上や従業員エンゲージメントの向上に繋がりますが、悪い社内ルールは逆の効果が生まれます。今回は社内ルールの様々な事例から、何故良かったのか、何故悪かったのかの共通点について説明します。

    社内ルールの作り方や注意点を知って社内ルールを見直そう

    社内ルールは業務の効率化などにも貢献しますが、多ければ多いほどいいものではなく、明確な目的を持って社内ルールを設けることが大切です。社内ルールの作り方とは、何に注意してルールを設けるかを明確にすることです。新しく社内ルールを設ける場合、既存の社内ルールを見直す場合にともに重要です。今回は自社の社内ルールを見直すために、社内ルールの作り方や注意点について説明します。

    社内ルール作りは必要?社内ルールのメリットやデメリットについて

    社内ルールは就業規則と異なり、暗黙のルールなども含まれる、会社内のルール全般のことを指します。就業規則は契約で明文化されていますが、社内ルールの全てが明文化されているケースは稀です。社内ルールがあることで業務がスムーズになる場合もありますが、逆に業務が滞ってしまう、デメリットの面もあります。今回は社内ルールを設ける目的やメリット・デメリットについて説明します。