記事カテゴリー

「 採用コスト 」一覧

少子化に伴う労働力人口の減少や、労働力不足を感じる企業の割合増加によって、人材獲得競争が激化しています。人材獲得競争の激化によって、1人あたりの採用コストも上昇傾向にあります。前年度に採用目標人数を達成できなかった場合は、次年度以降の目標人数に反映されるため、採用予算に対して、1人あたりの採用コストを低下させる必要がありますが、人材獲得競争の激化で増加傾向にあるため、採用できない悪循環に陥ってしまう可能性があります。

労働市場の変化だけでなく、求人サービスや人材紹介サービスの付加価値戦略などもあり、昨年度成功した手法が必ず成功するとも限りません。採用予算から採用コストを見積もるだけでなく、予算配分をどうするのかについても慎重に見極める必要があります。

採用コストカテゴリーでは、採用コストに対する考え方や激動する労働市場における変化や展望、採用コストの削減方法などについて説明します。

採用コストの削減方法とは?採用競争で不利にならない削減方法について

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」のことを意味します。採用コストを削減する際は、上手な方法をとることで他社との採用競争を有利に進められるようになります。今回は、採用コストを削減する際に、他社との採用競争で不利にならないための方法をご紹介します。

採用コストの内訳とは?求人広告と人材紹介の効果的な活用方法

採用コストの内訳とは、大きく分けて内部コストと外部コストの2種類に分類できます。採用コストの内訳を見直すことで、限られた予算を効果的に運用できるようになり、採用競争が有利になります。今回は採用コストの内訳を詳しく説明した上で、上手なコスト配分の方法についてご紹介します。

採用コストの推移状況とは?求人広告費と人材紹介費の予算配分の現状

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」を意味します。採用コストの推移を知っておけば、一人当たりの採用にかける単価や採用コストの予算配分を決める際の重要な参考になります。今回は採用コストの推移と予算配分の現状についてご紹介します。

採用コストとは?一人当たりの平均単価や採用コストの計算方法について

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」のことを意味します。売り手市場が続く日本で人材獲得競争を勝ち抜くためには、限られた予算をいかに運用し、採用コストを削減するかが重要になります。今回は採用コストの概要と計算方法について説明した上で、一人当たりの平均単価や相場の違いについてご紹介します。