記事カテゴリー

「 働き方 」一覧

日本企業の海外進出だけでなく、海外企業の日本進出、ロボットや人工知能などのテクノロジーの発達、少子化に伴う労働力人口の減少による業務効率化(生産性)の向上が求められるなど、市場の激動によって、労働者の働き方も変化しています。

高度経済成長期には、ものを作れば売れた時代であり、どれだけ効率的に製品を生産するかが求められ、業務のマニュアル化やマニュアル通り正確に業務を遂行することが求められていました。現代はものがあふれており、競合他社商品との差別化を行うための付加価値の生産が求められています。マニュアル化した業務は、24時間稼働できるロボットなどに置き換わってきています。

現代は、マニュアル通りに業務を行う「マニュアルワーカー」の時代から、自分の知識や知恵を付加価値とする「ナレッジワーカー」の時代へと変化していると考えられます。

働き方カテゴリーでは、激動する市場によって変化する労働者の働き方や今後新しく誕生するであろう職業、自社はどのように対応していくべきなのかについて説明します。

ナレッジワーカーとマニュアルワーカーの関係性とは?歴史背景から読み解く

マネジメントの世界的な第一人者、ピーター・ドラッカー氏が提唱した「ナレッジワーカー」。この対語である「マニュアルワーカー」とともに、1970年代以降さまざまなビジネスの現場で使われている用語です。今回は、人事担当者として知っておきたい「ナレッジワーカー」と「マニュアルワーカー」の概要とその違いなどについてご紹介します。

マニュアルワーカー(単純作業労働者)とは?将来性や必要性について

マニュアルワーカー(単純作業労働者)とは、ナレッジワーカー(知識資産労働者)の対語である存在です。高度経済成長期において特徴的な働き方で、マニュアル通りに正確かつ速さが求められていました。現代の働き方においてナレッジワーカーの重要性が高まっているものの、マニュアルワーカーが不要というわけでは決してありません。マニュアルワーカーの意味や定義、今後マニュアルワーカーに求められるものについて説明します。

ナレッジワーカーの条件や特徴とは?抽象化して定義すると

顧客ニーズの多様化、付加価値の創造など、企業が競争で勝ち残るためにはナレッジワーカーの活用が必要不可欠です。ナレッジワーカーとは、知識や経験を知恵として活用して付加価値を生み出す労働者のことを指します。ナレッジワーカーの条件や特徴は自社が置かれている環境によって様々ですが、抽象化して条件や特徴を定義して説明します。

知識を知恵に活用するナレッジワーカーとは?意味や重要性について

ロボットや人工知能の発達により、単純作業を行うマニュアルワーカーではなく、知識を知恵として活用するナレッジワーカーの重要性が高まっています。ナレッジワーカーとは、マネジメントの生みの親であるピーター・ドラッカーが提唱した用語で、知識経済を根本から支える高度な専門知識をもつ労働者と定義されています。ナレッジワーカーとホワイトカラーの違いや、何故今後ナレッジワーカーが重要視されていくのかについて説明します。

エンパワーメントの使い方とは?企業の活用事例からヒントを得る

エンパワーメントとは、権限を持たせること、自信を与えること、力を付けてやることで、「意思決定の迅速化」「自ら考え、判断し、行動できる人材の育成」「本来持つ能力の発揮」などのメリットがあります。国内外問わず、エンパワーメントを活用して顧客満足度や離職率の低下を実現した企業は数多くあります。今回はエンパワーメントの使い方をイメージするために、エンパワーメントを活用した企業事例について紹介します。

エンパワーメントとは?活用するメリットやデメリット、活用方法について

エンパワーメントとは、権限を持たせること、自信を与えること、力を付けてやることで、「意思決定の迅速化」「自ら考え、判断し、行動できる人材の育成」「本来持つ能力の発揮」などのメリットがあります。少子高齢化により労働力不足が大きな課題となっている日本では、従業員一人ひとりに求められる労働価値が向上しています。従業員に能力を最大限に発揮してもらうためには環境づくりが欠かせません。今回は企業活動や人事領域におけるエンパワーメントの意味や活用するメリット・デメリット、活用方法について説明します。