記事カテゴリー

「 採用手法 」一覧

高度経済成長期における日本企業は終身雇用制度・年功序列制度が一般的であったため、新卒で採用して、中長期的に育成する人事戦略に適した採用手法が用いられていました。

現代は男性でも2人に1人は離職・転職する時代であり、終身雇用制度・年功序列制度に適した採用手法ではなく、早期離職を引き起こさない採用手法や、中途採用であっても即戦力ではなく教育研修によって活躍人材へと育成する戦略が求められています。

採用手法カテゴリーでは、アメリカで実証されている人と組織のミスマッチを減らす採用手法や、即戦力となる中途採用ができない場合に中長期的な視点で活躍人材へと育成するために必要な採用手法などについて説明します。

採用目標の管理方法とは?KPIの数値管理で目標達成に繋がる!

採用目標とは採用のゴール設定をすることです。採用のゴールを設定して目標達成の有無を確認するだけでは、自社の課題発見に繋がらずに来年の採用活動に活かすことができません。採用目標における進捗率などを管理し、適宜改善を行っていくことが大切です。今回は採用目標の管理方法について説明します。

採用目標とは?設定する意味やメリット、活用する注意点について

採用目標とは採用のゴール設定をすることです。採用目標を設定することで、目標までの到達率が可視化されるだけでなく、何が悪かったのかが分かることで、今後の改善にも活用できます。今回は採用目標について、そもそもなぜ目標を立てる必要があるのか、目標を立てることにどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

採用計画とは?意味や計画を立てる目的、メリットと注意点について

採用計画とは、人材の採用、異動、配置するための計画のことで事業計画達成に重要として多くの企業で導入されています。採用計画を立てるためには、目的を明確にして、注意点などを理解することが大切です。今回は採用計画の意味や目的、メリットについてお伝えします。

採用フローの設計方法とは?必要不可欠な3つの構成要素について

採用フローとは、説明会、エントリー、テストや面接などの選考から内定、入社までの一連の流れのことです。本記事では、一般的な採用フロー設計に共通して必要となる「3つの構成要素」である「採用計画」「選考計画」「フォロー計画」の概要と目的について解説します。

採用工数の改善方法とは?採用プロセス別に手段や理由も解説します

採用工数とは、採用活動における各プロセスにどの程度の時間がかかっているかを可視化したものです。採用工数を改善するためには、採用プロセス別にいまどれくらいの工数がかかっているかを把握した上で、最適な代替手段を選んで導入しなければなりません。今回は、採用工数を改善する方法を採用プロセスごとに説明します。