記事カテゴリー

「 採用手法 」一覧

高度経済成長期における日本企業は終身雇用制度・年功序列制度が一般的であったため、新卒で採用して、中長期的に育成する人事戦略に適した採用手法が用いられていました。

現代は男性でも2人に1人は離職・転職する時代であり、終身雇用制度・年功序列制度に適した採用手法ではなく、早期離職を引き起こさない採用手法や、中途採用であっても即戦力ではなく教育研修によって活躍人材へと育成する戦略が求められています。

採用手法カテゴリーでは、アメリカで実証されている人と組織のミスマッチを減らす採用手法や、即戦力となる中途採用ができない場合に中長期的な視点で活躍人材へと育成するために必要な採用手法などについて説明します。

採用ルートとは?多様化する母集団形成手法の特徴を知り、活用しよう

労働力人口が減少し、有効求人倍率が増床していく中で、様々な採用手法が活用されています。求職者が企業にプレエントリーして面接に至る従来の手法は減少傾向にあり、企業としても新しい採用ルートの特徴を知り、積極的に活用していくことが求められます。今回は多様化する採用ルートの概要について説明します。

インフルエンサー採用とは?自社マーケティングの活性化にもつながる!

SNSにおけるインフルエンサーは企業の活動にも大きく影響を与えています。インフルエンサーを採用基準として定めたインフルエンサー採用が、一部の企業で導入され始めています。今回は自社マーケティングを強化する上での一手となるインフルエンサー採用について説明します。

ワークサンプルテストを採用で活用する方法とは?準備や設計が重要

ワークサンプルとは、体験入社やインターンシップなどで自社の業務を疑似体験してもらうことで、求職者のスキルを見極めることです。ワークサンプルを採用に活用するためには、事前の準備や設計をしっかり行うことが大切です。今回はワークサンプルテストを採用で活用する方法や注意点について説明します。

ワークサンプルのテストとは?スキルの見極めに活用しよう

ワークサンプルとは、体験入社やインターンシップなどで自社の業務を疑似体験してもらうことで、求職者のスキルを見極めることです。スキルを見極めるためには、業務内容に即した内容でテストを実施しなければ意味がないものになってしまいます。今回はワークサンプルの概要と、どのようなテストが考えられるのかについて説明します。

ワークサンプルとは?インターンシップでスキルを見極めるために

ワークサンプルとは、体験入社やインターンシップなどで自社の業務を疑似体験してもらうことで、求職者のスキルを見極めることです。ワークサンプルでスキルを見極めることで、スキルや業務面でのミスマッチが減少するだけでなく、面接の限られた時間を人柄や性格の見極めにも使えることで、更に人と組織のミスマッチを防ぐことができます。今回はワークサンプルを実施する目的や企業や求職者にとってのメリットとデメリットについて説明します。

採用目標の管理方法とは?KPIの数値管理で目標達成に繋がる!

採用目標とは採用のゴール設定をすることです。採用のゴールを設定して目標達成の有無を確認するだけでは、自社の課題発見に繋がらずに来年の採用活動に活かすことができません。採用目標における進捗率などを管理し、適宜改善を行っていくことが大切です。今回は採用目標の管理方法について説明します。

採用目標とは?設定する意味やメリット、活用する注意点について

採用目標とは採用のゴール設定をすることです。採用目標を設定することで、目標までの到達率が可視化されるだけでなく、何が悪かったのかが分かることで、今後の改善にも活用できます。今回は採用目標について、そもそもなぜ目標を立てる必要があるのか、目標を立てることにどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。