記事カテゴリー

「 採用手法 」一覧

高度経済成長期における日本企業は終身雇用制度・年功序列制度が一般的であったため、新卒で採用して、中長期的に育成する人事戦略に適した採用手法が用いられていました。

現代は男性でも2人に1人は離職・転職する時代であり、終身雇用制度・年功序列制度に適した採用手法ではなく、早期離職を引き起こさない採用手法や、中途採用であっても即戦力ではなく教育研修によって活躍人材へと育成する戦略が求められています。

採用手法カテゴリーでは、アメリカで実証されている人と組織のミスマッチを減らす採用手法や、即戦力となる中途採用ができない場合に中長期的な視点で活躍人材へと育成するために必要な採用手法などについて説明します。

親子就活とは?実施される背景と企業はどう対応すべきなのか

親子就活とは学生の就職活動に保護者が積極的に関与・干渉して、親子で協力して内定獲得を目指すことを意味する言葉です。企業に伝えられた内定辞退の理由には建前が含まれている可能性がありますが、実際に内定を促す場合があると答えた親が5人に1人以上いることから、内定辞退を防止するためには親へのフォローが必要になってきています。今回は親子就活に対して企業はどう対応すべきかについて説明します。

リファレンスチェック後の内定取り消しは可能なのか?

採用選考の段階で経歴や実績を「盛って」話す人は、実のところ決して少なくありません。経歴詐称などが発覚すると、最悪の場合は会社の信用問題にも発展するケースもあり、情報の信ぴょう性を確認することが大切です。そこで行われるのがリファレンスチェックです。しかし、内定者のリファレンスチェック後に何らかの詐称が発覚した時、内定取り消しとして大丈夫でしょうか?この記事では、法的な内容も視野に入れつつ解説します。

リファレンスチェックが違法になる?個人情報保護法を確認しよう

履歴書や面接では、事実よりも誇張したことをアピールする求職者と出会うこともあります。経歴詐称など、後々大きな問題に発展するリスクを回避するために、中途採用ではリファレンスチェックというものが行われるケースがあります。前職や経歴などの裏どりとして行われるリファレンスチェックは、プライバシーに関わる情報を扱うため、対象者の許可なく行うことができません。この記事では、リファレンスチェックで違法となってしまうケースや法的観点から注意すべきことを紹介します。

ダイレクトリクルーティングとは?攻めの採用で人材不足を解消する

近年新たな採用手法として注目されている、ダイレクトリクルーティング。まだまだ新しい手法であり、導入を検討されている企業も多いかと思いまが、ダイレクトリクルーティングが従来の採用方法とどこが違うのか、活用することで、得られるメリット・デメリットにはどんなことが挙げられるのかについて紹介します。

リファレンスチェックの実施方法と注意点とは?違法にならないために

人材採用では求職者の見極めが大切です。しかし、一部の求職者は履歴書や面接で「話を盛る」ことがあり、なかには経歴詐称などの重大なものも含まれています。真偽を確認するために実施されるのがリファレンスチェックで、前職の関係者などに電話で接触し、経歴・実績などの裏どりを行うことで、中途採用ではたびたび実施されています。今回はリファレンスチェックの実施方法と注意点について説明します。

リファレンスチェックとは?嘘を確認することだけがメリットではない

リファレンスチェックとは、採用面接での履歴書や採用面接で得られた情報の裏をとる意味で、企業のリスク回避として採用段階に用いられます。個人情報保護法の観点から、求職者の同意が必要となりますが、リスク回避だけでなく、求職者の魅力をより引き出すメリットもあります。今回はリファレンスチェックを実施する企業・求職者のメリットやデメリットについて説明します。

ブラインド採用とは?意味や目的、メリット・デメリットについて

ブラインド採用とは、採用選考時の名前や性別・年齢や学歴といった個人情報を取り除き、能力のみで応募者を評価する採用手法です。ブラインド採用は、応募者を能力のみで評価して採用の可否を決定するため、ダイバーシティの推進や優秀な人材の見逃し防止につながります。今回はブラインド採用の意味や目的、企業のメリット・デメリットについてご紹介します。