記事カテゴリー

「 採用手法 」一覧

高度経済成長期における日本企業は終身雇用制度・年功序列制度が一般的であったため、新卒で採用して、中長期的に育成する人事戦略に適した採用手法が用いられていました。

現代は男性でも2人に1人は離職・転職する時代であり、終身雇用制度・年功序列制度に適した採用手法ではなく、早期離職を引き起こさない採用手法や、中途採用であっても即戦力ではなく教育研修によって活躍人材へと育成する戦略が求められています。

採用手法カテゴリーでは、アメリカで実証されている人と組織のミスマッチを減らす採用手法や、即戦力となる中途採用ができない場合に中長期的な視点で活躍人材へと育成するために必要な採用手法などについて説明します。

採用工数の改善方法とは?採用プロセス別に手段や理由も解説します

採用工数とは、採用活動における各プロセスにどの程度の時間がかかっているかを可視化したものです。採用工数を改善するためには、採用プロセス別にいまどれくらいの工数がかかっているかを把握した上で、最適な代替手段を選んで導入しなければなりません。今回は、採用工数を改善する方法を採用プロセスごとに説明します。

採用工数を削減する方法とは?今すぐ改善すべき5つの採用プロセス

売り手市場かつ人手不足は、人事部門においても問題が発生しています。新たな採用手法の出現や母集団形成の難しさから、採用工数は増加し続けている一方で、人事部門の人手不足により、従来と同じやり方では採用活動を成功させることが難しくなっています。今回は採用工数を削減する方法として、5つの採用プロセスに焦点を当てて説明します。

学歴フィルターとは?現状や目的、活用するメリット・デメリットについて

採用における学歴フィルターとは、企業側が学歴(学校名や学部・専攻など)によってランク付けして、応募可否や選考合否の際に応募者を絞り込むことです。本記事では、学歴フィルターの日本企業における現状と学歴でスクリーニングするメリットやデメリットを解説します。

親子就活とは?実施される背景と企業はどう対応すべきなのか

親子就活とは学生の就職活動に保護者が積極的に関与・干渉して、親子で協力して内定獲得を目指すことを意味する言葉です。企業に伝えられた内定辞退の理由には建前が含まれている可能性がありますが、実際に内定を促す場合があると答えた親が5人に1人以上いることから、内定辞退を防止するためには親へのフォローが必要になってきています。今回は親子就活に対して企業はどう対応すべきかについて説明します。

リファレンスチェック後の内定取り消しは可能なのか?

採用選考の段階で経歴や実績を「盛って」話す人は、実のところ決して少なくありません。経歴詐称などが発覚すると、最悪の場合は会社の信用問題にも発展するケースもあり、情報の信ぴょう性を確認することが大切です。そこで行われるのがリファレンスチェックです。しかし、内定者のリファレンスチェック後に何らかの詐称が発覚した時、内定取り消しとして大丈夫でしょうか?この記事では、法的な内容も視野に入れつつ解説します。