記事カテゴリー

「 企画・設計 」一覧

パソコンの普及による業務内容の変化や顧客ニーズの変動、海外企業の日本進出、ロボットや人工知能などのテクノロジーの発達など、私たちを取り巻く環境は非常に早いスピードで変化し続けています。

人事担当者としても、Webの普及による採用選考プロセスの変化、人事に関わる様々なデータの蓄積や活用、働き方改革関連法案への対応、自社制度の整備など、従来の人事業務から更に多くの業務が増えています。

目先の課題を解決することが重要なのはもちろんながら、今後の経済市場や労働市場の変化に対して、臨機応変に対応することも求められています。短期的な視点でなく、中長期的な視点を持ち、根本となる問題を解決していくことが、人事担当者の業務負担を軽減するために必要です。

企画・設計カテゴリーでは、人事担当者が直面する「社会的な課題や関心」を中心に、人事担当者の業務を変える存在であるHRテクノロジーや市場変化に対応する働き方、抽象的な課題で具体的な解決策が思い浮かびにくい悩みなどについて説明します。

HRテック 人事の悩み 人材ポートフォリオ VUCA 戦略人事

要員計画の立て方や流れとは?メリットやデメリットを理解する

要員計画とは、企業が事業計画を進めるにあたって必要な人材の確保や、不要な人材の整理などを計画することです。要員計画を立てる上では、ボトムアップ方式とトップダウン方式のメリットやデメリットを事前に知っておくことが大切です。今回は要員計画の立て方や流れについて説明します。

要員計画に必要な項目とは?フォーマットを活用して効果的に運用しよう

要員計画とは、企業が事業計画を進めるにあたって必要な人材の確保や、不要な人材の整理などを計画することです。要員計画を立てる上では、業務の棚卸しを行い、必要な役割や職種を事前に確認し、経営戦略とすりあわせていくことが大切です。今回は要員計画に必要な項目や活用できるツールについて説明します。

デリバラブルとは?戦略人事を実現するために必要な視点と考え方

デリバラブルとは、行為の内容を考えるのではなく、行為の結果「誰に、何をもたらすことができるのか」という観点で考えることです。人事業務、戦略人事においては「経営にどのような成果をもたらしたのか」という意味で使用されます。今回は戦略人事を実現するために必要なデリバラブルの考え方について説明します。

要員計画とは?事業計画と密接な関係の要員計画を理解しよう

要員計画とは、企業が事業計画を進めるにあたって必要な人材の確保や、不要な人材の整理などを計画することです。要員計画と事業計画は密接に関係しており、計画を変更する際には慎重になる必要があります。今回は要員計画とは何か、活用するメリットや注意点について説明します。

社内起業家・イントレプレナーの育成事例とは?企業として取り組む施策

競争が激化するビジネスシーンで生き残るためには、常に新しいものを生み出し続ける創造力が不可欠です。カギを握るのが起業家精神(イントレプレナー)ですが、日本は世界的に育成が遅れている傾向にあります。この記事では、いわゆる社内起業家であるイントレプレナーの育成事例を3つ紹介します。

ゆでガエル理論の原因と対策とは?市場の変化に対応していこう

ゆでガエル理論とは、環境に変化に気づかずに致命的な結果を招くことの例えをビジネスの状況に当てはめたものです。過去の成功にとらわれたり、成長意欲がなかったり、組織としてまとまりがなく風通しの悪いものであったりする場合にはゆでガエルに陥りやすくなります。今回はゆでガエルになる原因と対策方法について説明します。

中小企業における採用課題と解決方法とは?適切なターゲット設定をしよう

大企業でも採用が苦戦していますが、中小企業の採用活動はさらに顕著です。人材難の中、応募者の獲得や人材の見極め等をどのように対策をしていけばいいのでしょうか。今回は採用活動の課題の中でも特に中小企業にフォーカスし、採用の課題について説明します。

ゆでガエル理論とは?既存の業務や施策が深刻な問題に発展する可能性も

ゆでガエル理論とは、アメリカで提唱され日本では2000年ごろに紹介された、環境に変化に気づかずに致命的な結果を招くことの例えをビジネスの状況に当てはめたものです。ゆでガエル理論に科学的根拠はないものの、かつて売れた商材や成功したビジネスモデルに囚われ市場の変化についていけなくなる企業の状況をよく言い当てているため、よく用いられています。今回はゆでガエル理論の概要について説明します。