記事カテゴリー

「 企画・設計 」一覧

パソコンの普及による業務内容の変化や顧客ニーズの変動、海外企業の日本進出、ロボットや人工知能などのテクノロジーの発達など、私たちを取り巻く環境は非常に早いスピードで変化し続けています。

人事担当者としても、Webの普及による採用選考プロセスの変化、人事に関わる様々なデータの蓄積や活用、働き方改革関連法案への対応、自社制度の整備など、従来の人事業務から更に多くの業務が増えています。

目先の課題を解決することが重要なのはもちろんながら、今後の経済市場や労働市場の変化に対して、臨機応変に対応することも求められています。短期的な視点でなく、中長期的な視点を持ち、根本となる問題を解決していくことが、人事担当者の業務負担を軽減するために必要です。

企画・設計カテゴリーでは、人事担当者が直面する「社会的な課題や関心」を中心に、人事担当者の業務を変える存在であるHRテクノロジーや市場変化に対応する働き方、抽象的な課題で具体的な解決策が思い浮かびにくい悩みなどについて説明します。

HRテック 人事の悩み 人材ポートフォリオ VUCA

人材ポートフォリオの作り方とは?具体例をもとに設計方法を解説!

人材ポートフォリオとは、組織の状況や事業の戦略に合わせて適切な人材配置を行うための、人材マネジメントの手法です。人材ポートフォリオの作り方には大きく分けて4つのステップがあり、評価の基本となる軸の設定が最も重要です。今回は人材ポートフォリオの作り方を、具体例を交えながら4つのステップに分けてご説明します。

人材ポートフォリオとは?言葉の意味とメリット・デメリットを解説!

人材ポートフォリオとは、組織の状況や事業の戦略に合わせて適切な人材配置を行うための、人材マネジメントの手法です。人材ポートフォリオでは、2つの軸・4つの領域に人材を分類することで、人材が持つ能力を最大限に発揮できる人材配置を行うことで、労働生産性の向上につなげることができます。今回は人材ポートフォリオの意味と目的、活用するメリットやデメリットについてご説明します。

タレントマネジメントの企業導入事例とは?人事システムを学ぼう!

タレントマネジメントとは、自社の抱えるタレント(優秀な人材)の能力や特性を把握して、パフォーマンスを最大化するための人事戦略です。タレントマネジメントは日本でも人事において先進的な企業で導入が進んでおり、実際の導入事例は自社で導入する際の大きなヒントになります。今回はタレントマネジメントを実際に導入して、効果が現れた企業5社の事例をご紹介します。

タレントマネジメントとは?意味や目的、メリット・デメリットについて

タレントマネジメントとは、自社の抱えるタレント(優秀な人材)の能力や特性を把握して、パフォーマンスを最大化するための人事戦略です。社外から優秀な人材を獲得するだけでなく、既存の社員の能力を最大限に活かすタレントマネジメントは、現代の人材難を乗り越えるためのカギになります。今回はタレントマネジメントの意味と目的、メリットやデメリットについてご紹介します。

VUCA時代に求められる能力とは?早めの研修で勝利をつかもう!

VUCAとは、様々な要素によって形成される予測不可能な状況を表すビジネス用語です。VUCA時代を勝ち抜いていくために必要な能力を知っていれば、人材の教育・研修や採用要件などの人事業務に活用でき、VUCAワールドを勝ち抜く鍵になります。今回はVUCAに満ちた時代を勝ち抜くために、どのような能力が求められるのかについて説明していきます。

VUCAワールド(VUCA時代)を勝ち抜く5つの対応策とは?

VUCAとは、様々な要素によって形成される予測不可能な状況を表すビジネス用語です。予測不可能な要素に満たされた現代ビジネスの状況を、VUCAワールドと呼びます。VUCAワールドを生き残り勝ち抜くためには様々な対策が必要ですが、特に重要な対策が5つあります。今回はVUCAワールドにおいて、どのような対策が必要であるかについてご説明します。

ピープルアナリティクスとは?歴史から活用事例まで

人にまつわる問題を解決する手法として「ピープルアナリティクス」が注目されています。ピープルアナリティクスは比較的新しい概念かつ急速に発展している分野であるため、今後より人にまつわる問題の多くが解決できる可能性を示唆しています。自社の業務にて人にまつわる問題を解決するためには、ピープルアナリティクスが非常に有用であることがあります。今回はピープルアナリティクスの概要や歴史、必要な知識や実践方法などについて紹介いたします。

社内でのキャリアアップを考える重要性とは?スキルアップとの違いを明確にしよう

キャリアアップは転職活動に限らず、自社の優秀な人材を確保する上でも重要な概念です。将来の企業を担う幹部候補の人材や、平成生まれの従業員は「自社ではキャリア成長が望めない」「よりキャリアアップできる環境に移りたい」との理由で退職をしています。自社でキャリアアップ環境を作ることは、優秀な人材の離職防止だけでなく、優秀な人材の採用にも活用できます。今回は自社のキャリアアップを考えることのメリットやデメリット、注意点について説明します。

今注目の海外HRテックサービス10選【2018年版】

日本のHRテック市場は毎年140%規模で成長しています。2018年度の日本の市場規模は225.4億円の予測ですが、海外の市場規模は42.5兆円と、日本の市場規模はまだまだ小さいものです。2018年以降のHRテックは「労働生産性の向上」を目的としたサービスが増えるだろうとの予測もあります。今回は2018年8月時に、CBInsightsが発表している最新のトレンドカンパニーランキングから、上位10社のサービスを紹介します。