記事カテゴリー

「 企画・設計 」一覧

パソコンの普及による業務内容の変化や顧客ニーズの変動、海外企業の日本進出、ロボットや人工知能などのテクノロジーの発達など、私たちを取り巻く環境は非常に早いスピードで変化し続けています。

人事担当者としても、Webの普及による採用選考プロセスの変化、人事に関わる様々なデータの蓄積や活用、働き方改革関連法案への対応、自社制度の整備など、従来の人事業務から更に多くの業務が増えています。

目先の課題を解決することが重要なのはもちろんながら、今後の経済市場や労働市場の変化に対して、臨機応変に対応することも求められています。短期的な視点でなく、中長期的な視点を持ち、根本となる問題を解決していくことが、人事担当者の業務負担を軽減するために必要です。

企画・設計カテゴリーでは、人事担当者が直面する「社会的な課題や関心」を中心に、人事担当者の業務を変える存在であるHRテクノロジーや市場変化に対応する働き方、抽象的な課題で具体的な解決策が思い浮かびにくい悩みなどについて説明します。

HRテック 人事の悩み 人材ポートフォリオ VUCA 戦略人事

隠れ倒産が起きる原因や対策方法とは?人材育成が求められている

隠れ倒産とは、会社の資産が債務を上回っている状態でありながら、倒産以外で事業継続を断念する休廃業・解散を意味する言葉です。負債を抱える倒産件数は毎年8000件程度で推移していますが、隠れ倒産の件数は年々増加傾向にあり、原因として後継者問題が考えられています。今回は隠れ倒産が起きる原因や対策方法について説明します。

隠れ倒産とは?減少傾向にある倒産件数の裏で問題となる後継者

隠れ倒産とは、会社の資産が債務を上回っている状態でありながら、倒産以外で事業継続を断念する休廃業・解散を意味する言葉です。負債を抱える倒産件数は毎年8000件程度で推移していますが、隠れ倒産の件数は年々増加傾向にあり、原因として後継者問題が考えられています。今回は隠れ倒産について説明します。

経済産業省が提唱する「2025年の崖」とは?DXレポートの概要について

経済産業省による「DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート」ではITシステムの移行の必要性が主張されています。印象的なのが「2025年の崖」という言葉です。国内IT市場における諸問題をより引き起こされる最悪のシナリオに対する危機感を喚起するもので、最大で年に12兆円の経済損失が出ると試算されています。この記事では、2025年の崖が提唱された「DXレポート」の概要を紹介します。

2025年の崖の原因や対策方法とは?事前準備を進めていこう

2025年の崖とは、基幹業務システムのサポートが打ち切られることで発生するITシステム問題のターニングポイントを示す言葉です。DX(デジタルトランスフォーム)の失敗は市場競争力の低下につながり、最大に年12兆円の経済損失が発生すると試算されています。今回は2025年の崖が発生する原因や対策方法について説明します。

2025年の崖とは?古いシステムが労働生産性の低下につながる

2025年の崖とは、古い自社システムを使い続けていることで発生する経営問題です。2025年の崖によって最大年間12兆円の損失が出ると試算されています。IT人材が減少し、自社システムの度重なるアップデートによりシステムがブラックボックス化し、新しいシステムに移行できないことによって生じます。今回は2025年の崖がなぜ起こるのか、何が問題であるのかについて説明します。

人員計画とは?意味や定義、計画を立てる目的やメリットについて

人員計画とは、会社の業績計画向上のために人材をより活用していくために採用、配置、異動等を網羅した計画のことで多くの企業で策定されています。人員計画は要員計画を実現するために作成し、企業目的を達成するために活用されます。今回は人員計画の意味や定義、計画を立てる目的やメリットについて説明します。

要員計画の立て方や流れとは?メリットやデメリットを理解する

要員計画とは、企業が事業計画を進めるにあたって必要な人材の確保や、不要な人材の整理などを計画することです。要員計画を立てる上では、ボトムアップ方式とトップダウン方式のメリットやデメリットを事前に知っておくことが大切です。今回は要員計画の立て方や流れについて説明します。

要員計画に必要な項目とは?フォーマットを活用して効果的に運用しよう

要員計画とは、企業が事業計画を進めるにあたって必要な人材の確保や、不要な人材の整理などを計画することです。要員計画を立てる上では、業務の棚卸しを行い、必要な役割や職種を事前に確認し、経営戦略とすりあわせていくことが大切です。今回は要員計画に必要な項目や活用できるツールについて説明します。