記事カテゴリー

「 企画・設計 」一覧

パソコンの普及による業務内容の変化や顧客ニーズの変動、海外企業の日本進出、ロボットや人工知能などのテクノロジーの発達など、私たちを取り巻く環境は非常に早いスピードで変化し続けています。

人事担当者としても、Webの普及による採用選考プロセスの変化、人事に関わる様々なデータの蓄積や活用、働き方改革関連法案への対応、自社制度の整備など、従来の人事業務から更に多くの業務が増えています。

目先の課題を解決することが重要なのはもちろんながら、今後の経済市場や労働市場の変化に対して、臨機応変に対応することも求められています。短期的な視点でなく、中長期的な視点を持ち、根本となる問題を解決していくことが、人事担当者の業務負担を軽減するために必要です。

企画・設計カテゴリーでは、人事担当者が直面する「社会的な課題や関心」を中心に、人事担当者の業務を変える存在であるHRテクノロジーや市場変化に対応する働き方、抽象的な課題で具体的な解決策が思い浮かびにくい悩みなどについて説明します。

HRテック 人事の悩み 人材ポートフォリオ VUCA 戦略人事 バイアス

人材発掘とは?自社の人材から適任を発掘し、人材マネジメントに活かす

昨今の求人市場は売り手市場となっており、新規人材の獲得の難易度は年々上昇しています。そのため、スキルや経験が豊富な人材を獲得するには企業間の激しい競争を勝ち抜かねばならず、安定した人事戦略のためには自社の人材を発掘する体制を整える必要があります。この記事では、人材発掘の必要性やそのメリットについて紹介します。

人事データベースの項目とは?どんなデータがあるのかを認識しよう

人事データベースは氏名・年齢などの情報が含まれる基本属性、入社前後の履歴、勤務実態の管理に役立つ勤怠情報、人材配置に効果を発揮する能力やスキル、モチベーションに関わるマインド、現在の職務内容などの項目で構成されることが多いです。今回は人事データベースに入れるデータ項目について説明します。

人事データベースとは?目的や活用するメリット・デメリットについて

人事データベースは人事情報の可視化や集約に効果があり、人事課題や経営課題の発見や解決に役立てられるだけでなく、人材の適切な配置や採用などにも効果を発揮します。導入には、情報の管理などについて慎重に検討する必要があるため、スモールスタートで始めるのがおすすめです。今回は人事データベースを活用する目的やメリット・デメリット、注意点について説明します。

人事データ分析を行うメリットやデメリットとは?目的を明確にしよう

人事データ分析は経営陣などに注目される重要な概念です。人事データ分析では氏名や年齢、給料など人事にまつわるあらゆるデータを分析することで企業の抱える問題の分析やその解決を目指します。分析手法の複雑化などハードルも高いが、データの先に何を見るのか目標設定をしっかりして取り組むことが肝要です。

戦略人事を導入する上での課題とは?阻害する要因や解決方法について

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。戦略人事は企業にとって多くのメリットがありますが、導入するためには人事部のリソース不足解消や経営層の理解を得る必要があるなど、様々な課題を解決しなければなりません。今回は戦略人事を導入する上での課題や、導入を阻害する要因の解決方法についてご紹介します。

戦略人事の導入に成功した企業事例とは?人事課題の解決事例について

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。戦略人事の取り組み内容は、企業が抱えている課題や解決したい問題によってそれぞれ異なるため、自社の課題を明確化する必要があります。今回は、戦略人事の導入に成功した企業の事例を参考にして、戦略人事の導入に役立つヒントをご紹介します。

戦略人事を導入する方法とは?導入の課題を解決する方法について

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。戦略人事を導入する際には、自社の課題を明確にして、経営戦略を人事戦略に落とし込みながら具体的な業務として実践する必要があります。今回は、戦略人事を導入する方法についてご紹介します。

戦略人事とは?意味や定義、導入する目的やメリットについて

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。戦略人事は、経営戦略に沿った人材の採用や研修をスピーディーに行えるようになるなど、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回は戦略人事の意味や定義、導入する目的やメリットなどについてご紹介します。

仮面就職の意味とは?原因と対策を知ればメリットに変えられる!

仮面就職とは、生活しながら転職活動を行うために、本命ではない企業に就職して働いている人または状態のことです。仮面就職をデメリットばかりと決め付けず、仮面就職した新卒社員をいかに活かすかを考えれば、逆に企業価値向上につながるメリットがあることに気付けます。今回は仮面就職の意味と増加の原因、仮面就職への対策とメリットに変える方法をご紹介します。

人材ポートフォリオの分析方法とは?分析結果を人事業務に活用しよう

人材ポートフォリオの分析結果は、人材の配属や異動、採用戦略や雇用形態などの人事業務に役立ちます。人材ポートフォリオは便利なマネジメント手法ですが、分析結果だけを頼りに人事業務を行うと、社員のモチベーション低下や離職につながる危険があります。今回は人材ポートフォリオを使った分析の方法や、分析結果の活用方法と注意点についてご説明します。