記事カテゴリー

「 ワークライフバランス 」一覧

ワークライフバランスとは、仕事と生活の調和を意味する言葉であり、内閣府が「若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会」を目指して定義した言葉です。

ワークライフバランスを実現するためには、仕事もしくはプライベートのどちらかに比重が偏りすぎてはいけません。プライベートを重視するように思われがちですが、あくまで仕事もプライベートも重視することがワークライフバランスです。

ワークライフバランスを実現できれば、労働生産性の向上が期待できます。仕事とプライベートの両方が充実することで、業務の効率化が進み、モチベーションも上がるためです。

ワークライフバランスを実現するためには、ノー残業デーを作るなどだけでなく、根本的な業務内容を見直す必要があります。従来こなさなければならない仕事量を削減したり、やり方を変えなければ「持ち帰り残業」などが発生し、根本的な解決とはなりません。場合によってはビジネスモデル自体を見直さなければならないこともあります。

ワークライフバランスカテゴリーでは、ワークライフバランスやワークライフインテグレーションとは何か、実現することで企業や従業員にどのようなメリット・デメリットをもたらすのか、自社でワークライフバランスを実現するための施策や国内外も含めた企業事例について説明します。

ワークライフインテグレーションの実現につながる制度とは?

ワークライフインテグレーションは、ワークライフバランスから派生した概念で、どちらが良い・悪いというものではありません。人事担当者はワークライフインテグレーションとワークライフバランスの違いについて理解して、自社の従業員や組織風土に適している方を選ぶ必要があります。今回は、ワークライフインテグレーションの実現につながる制度についてご紹介します。

ワークライフインテグレーションの意味とは?企業のメリットについて

ワークライフインテグレーションとは「仕事も生活も人生の一部」と統一(インテグレーション)して考え、仕事と生活両方の充実を求める働き方を意味する言葉です。ワークライフインテグレーションを実現すれば、社員のモチベーションアップや生産性向上など、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回はワークライフインテグレーションの意味や定義、ワークライフバランスとの違いや企業のメリットなどについてご紹介します。

ワークライフバランスの取り組み事例とは?実際の事例を5つご紹介!

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスの推進に取り組む際には、実際の企業事例から多くのヒントが得られます。今回はワークライフバランス推進に取り組んだ企業の事例を5つ、取り組みの目的・内容・結果に分けてご紹介します。

ワークライフバランスの推進に活用できる働き方改革の施策とは?

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスを推進する際には、働き方改革の一環として国が行っている施策や助成金制度が活用できます。今回は、ワークライフバランスの推進に活用できる働き方改革の施策や助成金制度、認定制度などをご紹介します。

ワークライフバランスの海外事例とは?自社の施策の参考にしよう!

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスの推進に取り組む際には、海外の事例を参考にすることで、ライフワークバランスを推進する上での課題を解決するヒントが得られます。今回は、ワークライフバランス実現のためのヒントを海外の事例から探っていきます。

ワークライフバランス推進における日本特有の問題点と解決策とは?

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。日本でワークライフバランスを推進する上での問題点として、男女の役割分担意識の強さがあり、男性の家事参加や女性の社会進出の妨げとなっています。今回は、ワークライフバランス推進における日本特有の問題点についてご紹介します。

ワークライフバランスの問題点とは?推進するための取り組みについて

ワークライフバランスの問題点としては、ワークライフバランスの実現に向けた取り組みに対して、協力を得られない場合があるという点が挙げられます。ワークライフバランスを実現するためには、職務評価制度を導入したり経営者の理解を得たりする必要があります。今回はワークライフバランスの問題点についてご紹介します。

ワークライフバランスとは?言葉の意味や企業のメリットについて

ライフワークバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して内閣府が定義した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランス実現に向けた取り組みの推進は、社員のモチベーションアップや組織全体の生産性向上など、企業にとって様々なメリットがあります。今回はワークライフバランスの意味や定義、企業のメリットや実際の取り組みについてご紹介します。