記事カテゴリー

「 経営・企業理念 」一覧

98%の企業が「社員への理念の浸透は必要である」と思うと回答しています。しかし「自社の理念が社員に浸透している」とい考えている企業は約42%と、理想と現実にギャップがあることがわかります。経営理念や企業理念は類似した言葉として、特には同一の意味として語られることもありますが、厳密な意味合いはことなります。

経営理念とは「事業を管理・遂行する上でこうあるべきであるという根本の考えや道理、筋」のことを意味しています。経営理念は、経営者や社長自身が会社を経営していく中での「考え方」「強い新年」「倫理観」「価値観」「思い」「企業の存在意義」を示すものであり、「企業経営の方向性を明確化する」ことを目的として掲げられています。

企業理念とは「会社が大切にする考え方や価値観」のことで、全従業員が共有して、会社における行動や意思決定の基準となるものです。経営者が変わったとしても、長期に渡って受け継がれる普遍的・持続的なものが企業理念です。

経営・企業理念カテゴリーでは、経営理念や企業理念の言葉の違いや浸透させる重要性と得られるメリット、浸透しない理由や改善策の他企業事例などについて説明します。

ホラクラシー型組織とティール組織の違いと共通点とは?

ホラクラシー型組織とティール組織はよく似た特徴を持っていますが、厳密に言えばホラクラシー型組織とティール組織は意味や定義に違いがあります。それぞれの言葉の違いを理解しておかなければ、定義の違いによる認識のミスマッチが起こる危険があります。今回はホラクラシー型組織とティール組織の違いと共通点について、詳しくご紹介します。

ホラクラシー組織での社員の評価方法とは?評価制度の事例をご紹介!

ホラクラシー型組織とは、上司・部下といったヒエラルキーが存在しない、フラットな組織を意味する言葉です。ホラクラシー型組織では、上司や管理職などの概念がないため、昇進や昇格などを含めた人事評価制度の運用が非常に難しくなります。今回はホラクラシー型組織における社員の評価方法について、ホラクラシー経営を実現した企業の事例をご紹介します。

ホラクラシー型組織を導入する際の注意点や、企業の向き不向きとは?

ホラクラシー型組織とは、上司・部下といったヒエラルキーが存在しない、フラットな組織を意味する言葉です。ホラクラシー型組織を導入する際には、社員のセルフマネジメント能力や各種制度の整備など、注意点や対策方法について知っておく必要があります。今回はホラクラシー型組織の導入に向いている企業の特徴や、導入する上での注意点・注意すべき理由についてご紹介します。

ホラクラシー経営のメリット・デメリット、導入の課題や問題点とは?

ホラクラシー経営とは、企業経営における意思決定権を組織全体に分散させ、社員各自の主体性を重視する経営手法を意味する言葉です。ホラクラシー経営は企業にとって多くのメリットがありますが、理想的なホラクラシー経営を実現するためにはいくつかの条件があります。今回はホラクラシー経営のメリット・デメリット、導入の課題や問題点について詳しくご紹介します。

ホラクラシーとは?意味や定義、目的やメリット・デメリットについて

ホラクラシーとは、企業から役職や肩書などをなくして組織全体に権限を拡張・分散して意思決定をさせる、フラットな組織管理体制を意味する言葉です。ホラクラシー型組織は、社員の主体性強化や組織全体の生産性向上など、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回はホラクラシーの意味や定義、導入の目的やメリット・デメリットなどについてご紹介します。

ティール組織を日本で実現する方法とは?3つの重要な要素について

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織は、日本でも導入する企業が増えており、社員のモチベーションアップや組織全体の生産性向上などの効果が出ています。今回は、日本企業がティール組織を目指す上で必要な要素についてご紹介します。

ティール組織の事例紹介!ティール組織を実現した企業の事例について

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織を実現している企業は多くあり、さまざまな取組事例や成功事例が公開されています。今回は、ティール組織を導入した企業の事例をご紹介します。

ティール組織とは?5つの組織モデルの概要と特徴について

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。自社でティール組織の実現を目指す際には、ティール組織を含む5つの組織モデルについて知っておく必要があります。今回は、ティール組織を含めた5つの組織モデルの概要と特徴についてご紹介します。

ティール組織とは?言葉の意味やメリット・デメリットについて

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織では、社員の主体性や当事者意識が強化され、組織全体の生産性の向上につながります。今回はティール組織の意味や目的、ホラクラシーとの違いやメリット・デメリットについてご紹介します。

企業理念が共感できない?従業員に浸透しない理由とは

企業理念の浸透が重要であると考える企業は98%とほとんどの企業が重要性を理解しています。実際に企業理念が浸透していると考える企業は66%と、まだ浸透していない企業が多くあります。何故企業理念が浸透しない、共感できないのでしょうか?理由として「そもそも認知されていない」「抽象的で解釈が異なり、内容が理解できない」などの様々な理由があります。企業理念が共感できない5つの代表的な理由と改善策について説明します。