記事カテゴリー

「 経営・企業理念 」一覧

98%の企業が「社員への理念の浸透は必要である」と思うと回答しています。しかし「自社の理念が社員に浸透している」とい考えている企業は約42%と、理想と現実にギャップがあることがわかります。経営理念や企業理念は類似した言葉として、特には同一の意味として語られることもありますが、厳密な意味合いはことなります。

経営理念とは「事業を管理・遂行する上でこうあるべきであるという根本の考えや道理、筋」のことを意味しています。経営理念は、経営者や社長自身が会社を経営していく中での「考え方」「強い新年」「倫理観」「価値観」「思い」「企業の存在意義」を示すものであり、「企業経営の方向性を明確化する」ことを目的として掲げられています。

企業理念とは「会社が大切にする考え方や価値観」のことで、全従業員が共有して、会社における行動や意思決定の基準となるものです。経営者が変わったとしても、長期に渡って受け継がれる普遍的・持続的なものが企業理念です。

経営・企業理念カテゴリーでは、経営理念や企業理念の言葉の違いや浸透させる重要性と得られるメリット、浸透しない理由や改善策の他企業事例などについて説明します。

企業理念が共感できない?従業員に浸透しないその理由とは

企業理念の浸透が重要であると考える企業は98%とほとんどの企業が重要性を理解しています。実際に企業理念が浸透していると考える企業は66%と、まだ浸透していない企業が多くあります。何故企業理念が浸透しない、共感できないのでしょうか?理由として「そもそも認知されていない」「抽象的で解釈が異なり、内容が理解できない」などの様々な理由があります。企業理念が共感できない5つの代表的な理由と改善策について説明します。

企業理念はなぜ必要か?意味や定義、経営理念との違いとは

経営理念と類似した概念として企業理念があります。広義では一緒の意味とされる経営理念と企業理念ですが、狭義の意味では異なります。企業理念の浸透が重要であると考える企業は約98%であるのに対し、社員に浸透していると実感している企業は約66%と、理想と現実にギャップがあることが分かります。今回は企業理念の意味や定義、活用する重要性などについて説明します。

強い企業の経営理念とは?他社の事例から浸透理由を考える

経営理念の浸透は、ほぼ全ての企業が重要であると考えられています。一方で、経営理念が実際に浸透していることを実感していない企業は過半数を占め、浸透させるための施策を講じていない企業も1/3程度存在します。経営理念を浸透させるためには、経営理念を作成して明文化するだけでなく、社員一人ひとりに理解してもらいながら、行動に移してもらうことが大切です。今回は経営理念を浸透させた他社企業の事例を紹介致します。

経営理念の作り方。心に響く経営理念の作り方とそのポイントとは

経営理念は「企業経営の方向性」を指し示すだけでなく、企業ブランディングや採用ブランディングにも大きな影響を与える要素です。しかし経営理念を掲げるだけでなく、広く公表しながら浸透させなければ意味がありません。そのためにも、経営理念を作る段階で、具体的でわかりやすく、かつ経営者が本気で考えた経営理念にすることが大切です。今回は経営理念の作り方と注意点について説明します。

経営理念とは?定義・意味や目的、メリットなどを詳しく解説!

経営理念とは「事業を管理・遂行する上でこうあるべきであるという根本の考えや道理、筋」のことであり、売上規模・経常利益額が多い企業ほど経営理念が存在します。経営理念は掲げるだけでなく、社内外にアピールしながら、広く浸透させることが大切です。経営理念の意味や目的、良い・良くない経営理念とは何か、経営理念を活用するメリット・デメリットについて説明します。