記事カテゴリー

「 経営・企業理念 」一覧

98%の企業が「社員への理念の浸透は必要である」と思うと回答しています。しかし「自社の理念が社員に浸透している」とい考えている企業は約42%と、理想と現実にギャップがあることがわかります。経営理念や企業理念は類似した言葉として、特には同一の意味として語られることもありますが、厳密な意味合いはことなります。

経営理念とは「事業を管理・遂行する上でこうあるべきであるという根本の考えや道理、筋」のことを意味しています。経営理念は、経営者や社長自身が会社を経営していく中での「考え方」「強い新年」「倫理観」「価値観」「思い」「企業の存在意義」を示すものであり、「企業経営の方向性を明確化する」ことを目的として掲げられています。

企業理念とは「会社が大切にする考え方や価値観」のことで、全従業員が共有して、会社における行動や意思決定の基準となるものです。経営者が変わったとしても、長期に渡って受け継がれる普遍的・持続的なものが企業理念です。

経営・企業理念カテゴリーでは、経営理念や企業理念の言葉の違いや浸透させる重要性と得られるメリット、浸透しない理由や改善策の他企業事例などについて説明します。

全体最適と部分最適の関係性や活用方法とは?全体像を周知しよう

全体最適と部分最適は、企業の生産性向上のためには必要不可欠な考え方です。経営者は理想の状態である全体最適を目指しますが、従業員は短期的に実現しやすく目先の課題を解決できる部分最適を目指しますが、全体最適を考えていない部分最適は逆に生産性を低下させてしまう恐れがあります。今回は全体最適と部分最適の関係性や活用方法について説明します。

部分最適とは?多くの労働者が生産性向上のために陥りやすい思考について

部分最適とは「特定の問題に対して、一部分のみが最適化されている状態」のことを指し、組織やシステムの一部に着目して業務の効率化を図った状態のことをいいます。特定の問題を解決するためには効果的である反面、他部署や他業務に悪影響をもたらし、組織全体としての生産性を低下させてしまう恐れもあります。今回は部分最適について説明します。

全体最適を阻害する課題や実現するための方法とは?経営層が主体になろう

全体最適とは「組織全体として最適な状態」のことを指し、組織として最もパフォーマンスを発揮できる状態のことです。全体最適を実現するためには、全体最適を阻害する要因や課題についての対策をしながら、成功させるためのポイントについて理解しておくことが大切です。今回は全体最適の実現方法について説明します。

全体最適とは?企業全体として生産性を高めるために必要な視点について

全体最適とは「組織全体として最適な状態」のことを指し、組織として最もパフォーマンスを発揮できる状態のことです。従業員個人や部署ごとに最適化を行ったとしても、企業全体としての全体最適は実現できないため、横断的な改善が必要になります。今回は全体最適について説明します。

野球型組織とは?トップダウン組織の強みやメリットを理解する

野球型組織とは組織構造の一つで、経営層(監督やコーチ)の明確な指示のもと機能する組織のことです。役割や職務が細分化されているため、マネジメントや人事評価がしやすい強みがありますが、主体性が失われる・変化に柔軟に対応することが難しいなどのデメリットもあります。今回は野球型組織について説明します。

サッカー型組織とは?臨機応変で主体的な組織を目指すために

サッカー型組織とは組織構造の一つで、社員一人ひとりが経営方針に従い、状況変化に応じて主体的に判断・行動する自律の進んだ組織のあり方です。共通の目的に向かって、裁量が与えられた従業員が主体性を持って行動できる組織ですが、目的が不明確・裁量がないなどの組織では実現することができません。今回はサッカー型組織について説明します。

ミッションステートメントの具体例とは?例文から考える

企業が社会に存続し価値を提供し続ける上で、非常に重要とされている考え方にミッションステートメントがあります。企業理念や価値観、社会に与える影響などをより細かな行動指針として明文化させたミッションステートメントは、企業の成長には欠かせない存在です。ここでは実際にミッションステートメントを導入し成功を収めている魅力的な企業事例について紹介します。

ミッションステートメントの構成要素とは? 作成時に注意すべきこと

ミッションステートメントとは、直訳だと「企業理念」と訳されることも多く、企業の経営・運営に非常に重要な役割を果たす考え方です。ミッションステートメントを作成するためには、必要な要素について理解した上で作成することが大切です。今回はミッションステートメントの構成要素や作成手順について紹介します。

ミッションステートメントとは?策定する目的やメリット・デメリット

ミッションステートメントとは、直訳だと「企業理念」と訳されることも多く、企業の経営・運営に非常に重要な役割を果たす考え方です。明確なミッション・ステートメントがある企業のほうが企業業績が良いとの調査結果もありますが、曖昧なミッション・ステートメントでは業績の悪化に繋がりかねません。今回はミッション・ステートメントを策定する目的や活用するメリットとデメリットについて説明します。