記事カテゴリー

「 採用ブランディング 」一覧

採用ブランディングとは、企業ブランディングを人材採用分野に応用させたものであり、自社の求める人物像に合致する人材に「入社したい」と思わせるコンテンツを発信することで、労働環境などの自社ブランドの認知度と価値を高める手法です。

採用ブランディングを実施することで、自社の求める人物像からの応募が増加することはもちろんながら「転職を考えていなかったが、次転職するならこの会社が良い」と潜在転職者層にアプローチをかけることができます。この会社で働くと先進的なスキルが身につく、自分らしい働き方ができるなどと思わせることも採用ブランディングの一種です。

採用ブランディングカテゴリーでは、採用ブランディングを実施することもメリットや注意点、どのように採用ブランディングを実施すればよいのかの方法などについて説明します。

採用ブランディングの動画は必要?目的から活用方法を考える

採用ブランディングの方法として、動画が用いられることがあります。若年層はYouTubeなどで普段から動画に慣れ親しんでいることや、文字や画像以上の情報を伝えられることから、動画は非常に有効な手段として考えられています。一方で、伝わりやすい動画ではなくかっこいい動画を作るなど、動画を作ることが目的となってしまっては本末転倒です。今回は採用ブランディングにおいて動画を使うことのメリットや注意点、活用方法について説明します。

採用ブランディングの実施方法とは?5ステップで解説します

採用ブランディングは、採用マーケティングと同様に、採用領域において近年注目されている概念です。採用ブランディングを実施する方法としては、採用マーケティングと同様に、求める人物像の明確や自社の強みや価値の把握などが必要です。採用マーケティングでの視点は自社にあったのに対して、採用ブランディングでは情報を受け取る求職者目線で考えることが重要です。今回は採用ブランディングの実施方法について、5ステップに分けて説明します。

採用ブランディングの目的とは?採用マーケティングとどう違うのか

「採用ブランディング」とはブランディングというマーケティングの手法を採用活動に取り入れた概念です。採用マーケティングとは異なり、採用ブランディングではターゲットに親密感や高価値といった特定のイメージを抱いてもらうことが目的となり、求職者数の増加やミスマッチを防ぐことが採用ブランディングの目指すゴールになります。複数のイメージの共存による混乱や全社員の協力が不可欠などの注意点はあるものの、適切に運用されれば事業の長期的な成長を支える土台作りに大いに有効な手段となるでしょう。