記事カテゴリー

「 採用ブランディング 」一覧

採用ブランディングとは、企業ブランディングを人材採用分野に応用させたものであり、自社の求める人物像に合致する人材に「入社したい」と思わせるコンテンツを発信することで、労働環境などの自社ブランドの認知度と価値を高める手法です。

採用ブランディングを実施することで、自社の求める人物像からの応募が増加することはもちろんながら「転職を考えていなかったが、次転職するならこの会社が良い」と潜在転職者層にアプローチをかけることができます。この会社で働くと先進的なスキルが身につく、自分らしい働き方ができるなどと思わせることも採用ブランディングの一種です。

採用ブランディングカテゴリーでは、採用ブランディングを実施することもメリットや注意点、どのように採用ブランディングを実施すればよいのかの方法などについて説明します。

エンプロイメンタビリティを向上させる方法とは?影響する要因を理解しよう

エンプロイメンタビリティとは、求職者から魅力的と感じ、社員から働き続けたい企業に感じるかという価値を意味しています。入社したいと思ってもらう会社にするために何が必要なのでしょうか。今回はエンプロイメンタビリティを向上させるために、影響を与えている要素について説明します。

エンプロイメンタビリティとは?企業の魅力を高めて人材を獲得する

エンプロイメンタビリティとは求職者から魅力的と感じ、社員から働き続けたい企業に感じるかという価値を意味しています。人材難で優秀な人材獲得や人材流出防止が急務となっています。今後とても重要となるエンプロイメンタビリティについて紹介します。

採用パンフレットの企業事例とは?面白い例や魅力的な例をご紹介!

採用パンフレットとは、企業が求職者に対して自社の魅力をアピールするために制作する、紙媒体の採用ツールです。採用パンフレットを制作する際は、求職者に何を伝えたいかだけでなく、どのようにすれば伝わるかを考える必要があります。今回は、実際の企業が制作した魅力的な採用パンフレットの事例をご紹介します。

採用パンフレットの内容とは?記載すべき情報の具体例について

採用パンフレットとは、企業が求職者に対して自社の魅力をアピールするために制作する、紙媒体の採用ツールです。採用パンフレットの内容は、採用サイトには載せきれないようなパンフレットならではの情報を掲載して、求職者へのアピール力を高める必要があります。今回は、採用パンフレットの内容はどんなものにするべきか、記載すべき情報の具体例についてご紹介します。

採用パンフレットとは?目的やメリット、会社案内との違いについて

採用パンフレットとは、電子媒体だけでは伝えきれない自社の魅力やコンテンツを求職者に伝えるために用いられる、紙媒体の採用ツールです。採用パンフレットは、求職者に対するアピール力の向上や採用活動におけるコストの削減など、企業にとって多くのメリットがあります。今回は採用パンフレットを制作する目的やメリット、会社案内との違いについてご紹介します。

コーポレートアイデンティティの導入・活用に成功した企業事例とは?

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。コーポレートアイデンティティを自社で活用する際には、実際に導入・活用・変更に成功した企業の事例が貴重な参考になります。今回は、コーポレートアイデンティティの導入・活用・変更に成功した企業の事例をご紹介します。

コーポレートアイデンティティを活用できる施策の例とは?

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。コーポレートアイデンティティの効果を最大限に引き出すためには、コーポレートアイデンティティを活用した施策を実施する必要があります。今回は、コーポレートアイデンティティを有効活用するための施策例についてご紹介します。

コーポレートアイデンティティの作り方や具体的な作成プロセスとは?

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。コーポレートアイデンティティを作成する際は、一度決めたものが長期的に使用される企業の顔となるため、慎重に作る必要があります。今回は、コーポレートアイデンティティを構成する要素や、コーポレートアイデンティティの作り方についてご紹介します。

コーポレートアイデンティティとは?意味や目的、活用方法について

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。コーポレートアイデンティティを活用すれば、自社製品やサービスのイメージ向上による利益の増加、採用活動における母集団形成などが期待できます。今回は、コーポレートアイデンティティの意味や目的、活用するメリットについてご紹介します。

採用ブランディングの動画は必要?目的から活用方法を考える

採用ブランディングの方法として、動画が用いられることがあります。若年層はYouTubeなどで普段から動画に慣れ親しんでいることや、文字や画像以上の情報を伝えられることから、動画は非常に有効な手段として考えられています。一方で、伝わりやすい動画ではなくかっこいい動画を作るなど、動画を作ることが目的となってしまっては本末転倒です。今回は採用ブランディングにおいて動画を使うことのメリットや注意点、活用方法について説明します。