記事カテゴリー

「 人事の悩み 」一覧

人事担当者の業務は多岐に渡ります。採用選考から配属、教育研修や人事評価だけでなく、働き方改革の法改正への対応や社内制度の整備など、市場の最新の動向をチェックするだけでなく、会社へと落とし込むことが必要です。

人事の悩みカテゴリーでは、重要だと感じながらも漠然とした悩みや、抽象的すぎて具体的な解決策に落とし込みにくい課題を明確にするために、人事担当者が抱える様々な悩みについて説明します。

仮面就職の意味とは?原因と対策を知ればメリットに変えられる!

仮面就職とは、生活しながら転職活動を行うために、本命ではない企業に就職して働いている人または状態のことです。仮面就職をデメリットばかりと決め付けず、仮面就職した新卒社員をいかに活かすかを考えれば、逆に企業価値向上につながるメリットがあることに気付けます。今回は仮面就職の意味と増加の原因、仮面就職への対策とメリットに変える方法をご紹介します。

タレントマネジメントの導入事例とは?人事システムを学ぼう!

タレントマネジメントとは、自社の抱えるタレント(優秀な人材)の能力や特性を把握して、パフォーマンスを最大化するための人事戦略です。タレントマネジメントは日本でも人事において先進的な企業で導入が進んでおり、実際の導入事例は自社で導入する際の大きなヒントになります。今回はタレントマネジメントを実際に導入して、効果が現れた企業5社の事例をご紹介します。

タレントマネジメントとは?目的やメリット・デメリットについて

タレントマネジメントとは、自社の抱えるタレント(優秀な人材)の能力や特性を把握して、パフォーマンスを最大化するための人事戦略です。社外から優秀な人材を獲得するだけでなく、既存の社員の能力を最大限に活かすタレントマネジメントは、現代の人材難を乗り越えるためのカギになります。今回はタレントマネジメントの意味と目的、メリットやデメリットについてご紹介します。

採用業務を効率化する方法とは?無駄なプロセスを削減しよう

採用業務の効率化は、人事担当者にとって重大な課題となっています。売り手市場が続くことで「以前と同じやり方では人材確保が厳しい」だけでなく、働き方改革の推進により「就労環境や人事制度の整備」などへの対応も求められています。採用における課題として約7割の人事担当者が「マンパワーが課題である」と挙げています。売り手市場で人事担当者を採用するのも難しくなる中、採用業務を効率化させながら内定辞退率を低下させる3つのポイントについて説明します。

エンジニアの評価はどうやるの?各社の人事評価制度の導入事例について

売り手市場が加速するにつれて、エンジニアの人手不足も大きな課題となります。まずは自社のエンジニアに長く就業してもらうことが重要ですが、エンジニアが転職を考えるきっかけとして「正しく評価されていない」ことが理由として挙げられています。特に非エンジニアの人事担当者がエンジニアを正しく評価できるようになるために、エンジニア採用に注力されている企業の事例を紹介いたします。

中途採用が即戦力にならない?期待はずれになる理由や原因、対策とは

即戦力が求められがちな中途採用。スキルも十分にあるのに活躍することが出来ず、即戦力にならない、期待はずれであったという声も多く聞きます。中途採用者が即戦力にならなかったのには、必ず理由や原因があります。これらを紐解きながら、人事担当者ができる対策について説明します。

採用選考中の人事の悩みと解決策とは?面接後の辞退を防ぐ方法について

売り手市場かつ人手不足の現在、人事担当者の業務は増えるばかりで、悩みも尽きることはありません。母集団形成に難航するだけでなく働き方改革による自社制度の整備などで、1人あたりの採用選考に割ける時間も限られる一方で多種多様化する価値観や性格の見極めを正確に行わなければなりません。今回は採用選考中における人事の悩みとして、人材の見極めや面接後の選考辞退を発生させてしまう原因と解決方法について説明します。

人材採用募集活動の人事の悩みとは?理由と課題、解決方法について

売り手市場かつ労働者不足の現在、人材採用の募集活動を行ったとしても、求人に人が集まらない、集まっているが求める人物像とは違う人材が多いなど、人事の悩みは尽きることはありません。しかし人材採用の募集活動の悩みは、対策を打つことで一番効果が見えやすい課題でもあります。今回は母集団形成において人事の悩みとなっている、人材採用の募集活動における課題や課題が発生する理由、解決方法について説明します。

新卒採用担当の人事に向いている人とは?2つのタイプを理解しよう!

入社3年以内の早期離職の理由として最も挙げられているのが「人間関係への不満」です。世界最大級のビジネス特化型SNS「LinkedIn」のマーケティングマネージャであるPaul Petrone氏は「カルチャーが離職の原因であれば、採用担当者に責任がある」と述べています。今回は求職者が仕事探し・会社探しに重視してる点などから、どのような人材が採用担当者(人事担当者)に向いているのか、どんなことが得意な人材が良いのかについて説明します。