記事カテゴリー

「 人事の悩み 」一覧

人事担当者の業務は多岐に渡ります。採用選考から配属、教育研修や人事評価だけでなく、働き方改革の法改正への対応や社内制度の整備など、市場の最新の動向をチェックするだけでなく、会社へと落とし込むことが必要です。

人事の悩みカテゴリーでは、重要だと感じながらも漠然とした悩みや、抽象的すぎて具体的な解決策に落とし込みにくい課題を明確にするために、人事担当者が抱える様々な悩みについて説明します。

隠れ倒産が起きる原因や対策方法とは?人材育成が求められている

隠れ倒産とは、会社の資産が債務を上回っている状態でありながら、倒産以外で事業継続を断念する休廃業・解散を意味する言葉です。負債を抱える倒産件数は毎年8000件程度で推移していますが、隠れ倒産の件数は年々増加傾向にあり、原因として後継者問題が考えられています。今回は隠れ倒産が起きる原因や対策方法について説明します。

隠れ倒産とは?減少傾向にある倒産件数の裏で問題となる後継者

隠れ倒産とは、会社の資産が債務を上回っている状態でありながら、倒産以外で事業継続を断念する休廃業・解散を意味する言葉です。負債を抱える倒産件数は毎年8000件程度で推移していますが、隠れ倒産の件数は年々増加傾向にあり、原因として後継者問題が考えられています。今回は隠れ倒産について説明します。

経済産業省が提唱する「2025年の崖」とは?DXレポートの概要について

経済産業省による「DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート」ではITシステムの移行の必要性が主張されています。印象的なのが「2025年の崖」という言葉です。国内IT市場における諸問題をより引き起こされる最悪のシナリオに対する危機感を喚起するもので、最大で年に12兆円の経済損失が出ると試算されています。この記事では、2025年の崖が提唱された「DXレポート」の概要を紹介します。

2025年の崖の原因や対策方法とは?事前準備を進めていこう

2025年の崖とは、基幹業務システムのサポートが打ち切られることで発生するITシステム問題のターニングポイントを示す言葉です。DX(デジタルトランスフォーム)の失敗は市場競争力の低下につながり、最大に年12兆円の経済損失が発生すると試算されています。今回は2025年の崖が発生する原因や対策方法について説明します。

2025年の崖とは?古いシステムが労働生産性の低下につながる

2025年の崖とは、古い自社システムを使い続けていることで発生する経営問題です。2025年の崖によって最大年間12兆円の損失が出ると試算されています。IT人材が減少し、自社システムの度重なるアップデートによりシステムがブラックボックス化し、新しいシステムに移行できないことによって生じます。今回は2025年の崖がなぜ起こるのか、何が問題であるのかについて説明します。

ゆでガエル理論の原因と対策とは?市場の変化に対応していこう

ゆでガエル理論とは、環境に変化に気づかずに致命的な結果を招くことの例えをビジネスの状況に当てはめたものです。過去の成功にとらわれたり、成長意欲がなかったり、組織としてまとまりがなく風通しの悪いものであったりする場合にはゆでガエルに陥りやすくなります。今回はゆでガエルになる原因と対策方法について説明します。

中小企業における採用課題と解決方法とは?適切なターゲット設定をしよう

大企業でも採用が苦戦していますが、中小企業の採用活動はさらに顕著です。人材難の中、応募者の獲得や人材の見極め等をどのように対策をしていけばいいのでしょうか。今回は採用活動の課題の中でも特に中小企業にフォーカスし、採用の課題について説明します。

ゆでガエル理論とは?既存の業務や施策が深刻な問題に発展する可能性も

ゆでガエル理論とは、アメリカで提唱され日本では2000年ごろに紹介された、環境に変化に気づかずに致命的な結果を招くことの例えをビジネスの状況に当てはめたものです。ゆでガエル理論に科学的根拠はないものの、かつて売れた商材や成功したビジネスモデルに囚われ市場の変化についていけなくなる企業の状況をよく言い当てているため、よく用いられています。今回はゆでガエル理論の概要について説明します。