記事カテゴリー

「 心理的安全性 」一覧

心理的安全性は、元々心理学用語であり、アメリカのGoogle社が成功するチームを作るために共通の成功要因を探るプロジェクトアリストテレスにて最重要な概念であると結論づけたことで注目された概念です。

心理的安全性とは、各チームメンバーが気兼ねなく自分の意見や考えを発表でき、自然体の自分を表現できる環境や雰囲気のことを意味しています。心理的安全性は、チームメンバー間の信頼や理解が必要であり、優秀な人材を寄せ集めるだけで実現できるものではありません。チームビルディングによる信頼関係の構築やチームリーダーによるチームメンバーへの発言機会のサポートなどを行うことで、徐々に形成されていくものです。

心理的安全性カテゴリーでは、心理的安全性とはそもそも何か、心理的安全性を作る方法や心理的安全性を作るために人事担当者としてどのような点に注意しなければならないのかについて説明します。

心理的安全性の論文の内容とは?重要なポイントを分かりやすく解説!

心理的安全性はGoogleの発表で注目を集めた言葉ですが、心理的安全性という概念を最初に提唱したのは、ハーバード大学のエイミー・エドモンソン教授です。エドモンソン教授の論文には、心理的安全性のメリットや高める方法が詳しく書かれています。今回は、心理的安全性の論文の内容について、重要な部分をピックアップしてご紹介します。

心理的安全性を解明したGoogleのプロジェクト・アリストテレスとは?

心理的安全性とは、チームの生産性を高める重要な要素として、Googleが2015年に発表したことで注目を集めた言葉です。Googleのプロジェクト・アリストテレスによる研究の結果、心理的安全性を高めることで、チームの労働生産性が大きく向上することが判明しました。今回は心理的安全性と労働生産性との関係について発表した、Googleのプロジェクト・アリストテレスの研究についてご紹介します。

心理的安全性とは?意味や定義、企業へのメリットや注意点について

心理的安全性とは、チームの生産性を高める重要な要素として、Googleが2015年に発表したことで注目を集めた言葉です。心理的安全性が高い職場では、従業員が失敗を恐れずに発言・行動できるため、チームの生産性が大きく向上します。今回は、心理的安全性という言葉の意味や定義について説明した上で、心理的安全性を高めるメリットや注意点についてご紹介します。