記事カテゴリー

「 ソーシャルスタイル 」一覧

ソーシャルスタイル理論とは、米国の産業心理学者であるデビッド・メリル氏とロジャー・レイド氏が1968年に提唱した、コミュニケーションの理論です。

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションのスタイルを「自己主張の強弱」と「感情表現の強弱」の2軸、4象限に分類し、4つのスタイルに分類します。それぞれのスタイルのコミュニケーションの取り方や強み・弱みから、各スタイルへのコミュニケーションの取り方を体系的にまとめた理論です。

4つのスタイルは「ドライビング」「アナリティカル」「エミアブル」「エクスプレッシブ」に分類されます。同じスタイルの相手に対してはコミュニケーションが円滑になりやすいですが、異なるスタイルの相手に対しては、どのようにコミュニケーションを取るべきかの指針が定められています。

ソーシャルスタイルカテゴリーでは、ソーシャルスタイル理論の概要や活用方法、各スタイルにおける特徴や他のスタイルに対するコミュニケーションの取り方などについて説明します。

ソーシャルスタイル理論のエミアブルタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるエミアブルタイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はエミアブルタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

ソーシャルスタイル理論とは?4つのタイプとそれぞれの特徴について

ソーシャルスタイル理論とは、効果的なコミュニケーションを行うための手法として、多くの企業で取り入れられているコミュニケーションの理論です。ソーシャルスタイル理論を活用すれば、社内のコミュニケーションが円滑になり、生産性の向上につながります。今回は、ソーシャルスタイル理論によって分類される4つのタイプと、それぞれの特徴についてご説明します。

ソーシャルスタイル理論のアナリティカルタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるアナリティカルタイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はアナリティカルタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

ソーシャルスタイルとは?言葉の意味や企業での活用方法について

ソーシャルスタイルとは、人の言動を4つのスタイルに分けて考えることで、相手との適切な接し方を判断するコミュニケーションの理論です。ソーシャルスタイルを活用すれば、従業員が互いの強みや弱みを理解して補い合えるようになり、組織の生産性が向上します。今回はソーシャルスタイルの意味や目的、企業におけるメリットや活用方法などをご紹介します。

ソーシャルスタイル理論のエクスプレッシブタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるエクスプレッシブタイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はエクスプレッシブタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

ソーシャルスタイル理論のドライバータイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるドライバー(ドライビング)タイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はドライバータイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

ソーシャルスタイルの相性とは?タイプごとの相性や接し方について

ソーシャルスタイル理論とは、効果的なコミュニケーションを行うための手法として、多くの企業で取り入れられているコミュニケーションの理論です。ソーシャルスタイルの相性を知っていれば、コミュニケーションの円滑化やトラブル防止に役立ちます。今回はソーシャルスタイル理論で分類される4タイプの相性と、それぞれのタイプとのコミュニケーション方法についてご紹介します。