記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (50)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (87)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 性格・価値観 」一覧

    性格や価値観は、生涯を通じて変わりにくい抽象的な概念です。入社後の教育研修などによって身につけることができる「スキル」以上に、採用選考時での見極めが重要とされています。実際に多くの企業の採用選考時に、性格や価値観を測る適性検査(性格検査、パーソナリティ検査)が実施されています。

    性格や価値観は、人間関係の基礎となるコミュニケーションにも大きな影響を与えており、多くの労働者が抱える「人間関係の悩み」や「社風に合わない」といった問題は、性格や価値観の違いに原因があることが多いです。プライベートでも、離婚の原因として「価値観の違い」や「性格の不一致」などが常に上位に挙げられています。

    性格や価値観を正しく知って人事業務に活用するためには、具体的にどんな性格や価値観があるのかを知る必要があります。心理学分野では、個人間の違いを明確にするために、性格や価値観に関する多くの研究が古くから実施されています。あくまで違いを明確にすることが目的であり、性格や価値観そのものに良い・悪いはない考え方が基本となっています。

    性格・価値観カテゴリーでは、そもそも性格や価値観とはどのような概念なのか、仕事をする上で影響を与える性格や価値観にはどのようなものがあるのかについて説明します。

     

    仕事の価値観とは?種類や例を知って面接やマネジメントに活かす!

    仕事に対する価値観を理解しておくことは、採用活動やマネジメントにおいて非常に重要です。仕事の価値観の違いは、同じ発言に対する意味の捉え方が変わってしまい、「人間関係がうまくいかない」「上司の仕事の仕方が気に入らない」などのミスマッチを引き起こします。仕事の価値観は「人生におけるステージ」や「譲れない優先順位」などから、人によって様々ながら変化していくものです。抽象的ながらも変化していく価値観を把握し、すり合わせを行うことが採用活動やマネジメントにおいて重要です。仕事の価値観とは一体何なのか、具体的にどのような価値観があるのかの例から、どのように業務に活用したらよいのかについて説明します。

    性格とは一体なに?心理学分野における定義や知見を説明します

    人間を表す言葉として使われる「性格」や「価値観」という言葉。目に見えない抽象的な概念のため、混合して認識されている方も多いのではないでしょうか。今回は性格とは一体何なのか、価値観とはどのように違うのかについて説明します。性格は世界70カ国以上の人々のデータがちくされ、心理学の学術研究として、多くの研究が行われ、様々な知見が得られています。人事担当者として、どのような知見があるのか知っておきたい内容についても併せて説明します。

    性格と価値観の違いとは?適性検査を最大限活用するための知識について

    性格や価値観といった言葉は、普段の生活だけでなく、ビジネスの場でもよく用いられています。性格と価値観は、抽象的な概念なため、同じ意味で使われることも多々ありますが、学術的な観点では、性格と価値観は違う概念であると定義されています。適性検査を最大限活用するためには、性格と価値観の違いや定義を知ることが重要です。心理学や社会学の観点から、会社の組織力強化に役立つ知識を、噛み砕いて説明します。

    応募者の志向性とは?採用面接で見極める意味について

    挑戦志向や安定志向など「応募者の志向性」という採用選考時によく使われる言葉があります。応募者の志向性は、定義や活用方法について不明瞭な方も多いのではないでしょうか。キャリア理論から選考・配属に活かす方法など、人事の武器になる「志向性」について説明致します。

    マインドセットの意味や定義、成功者の傾向とは?採用や教育に活かす方法

    マインドセットは「ものの見方や考え方を指す」行動原理や価値観のことです。成功する秘訣はマインドセットにあると言っても過言ではありません。しかし成功するマインドセットは、会社ごとに違うだけでなく、部署やチームごとによっても異なります。自社の成長につなげるために、採用選考や教育研修、配属に活かせるマインドセットの特徴や見抜き方について、説明します。

    自己評価が高い人はリーダーに向いている!中核的自己評価について

    核心的自己評価とは、人材の育成しにくい部分であり「より難しい課題を自ら選ぶ」「自分はやればできる」などの肯定的な態度を無意識に持ち合わせることを意味しています。核心的自己評価は「自尊心」「自己自制感」「神経症傾向」から成り立ち、核心的自己評価が高い人材は、仕事での満足感やパフォーマンスも高いことが近年の研究で分かりました。今回は人材の育成しにくい部分であり、採用選考時に見極めたい概念である「核心的自己評価」について説明します。