記事カテゴリー

「 離職・定着 」一覧

従業員の離職や定着は、人事担当者や採用担当者にとって大きな課題です。少子化に伴う労働人口の減少により、新規人材の採用課題だけでなく、既存従業員に長く働いてもらいながら活躍してもらう課題に対しても対応が求められています。

新規大卒社員の3年以内の離職率が30%を超える状況は、この20年間改善されていません。入社1年以内の離職率が10%を超える状況は、30年以上続いています。早期離職の問題が長らく話題になっているのに対し、企業の多くは有効な改善策を実施できていないことを意味しています。

早期離職は、採用コスト・教育研修コストの回収ができないだけでなく、教育研修に携わった現場社員への業務負担増加など、様々な問題を引き起こします。過半数の企業が正社員不足を感じていますが、採用時に早期離職してしまう人材かどうかの見極めができれば、敢えて採用しないことで教育研修にかかる費用や現場社員の業務負担を軽減することができます。

離職・定着カテゴリーでは、離職や定着に関する基本的な知識を中心に、離職率・定着率の計算方法、離職率が高い企業に起こる問題や高い企業の特徴、早期離職が起こる原因となるミスマッチと改善策であるカルチャーフィットについて説明します。

ミスマッチ・カルチャーフィット リテンション 企画・設計 キャリア 早期離職

キャリアサバイバルの意味とは?企業のメリット・デメリットについて

キャリアサバイバルとは、社員個人の仕事上譲れない価値観と、環境や組織のニーズとの調和を意味する言葉です。キャリアサバイバルとキャリアアンカーを両立させることで、社員のモチベーションが向上し、生産性の向上や離職率の改善につながります。今回はキャリアサバイバルの意味や定義、企業で活用するメリット・デメリットなどをご紹介します。

キャリアアンカーの診断方法とは?企業での診断結果の活用例について

キャリアアンカーとは、キャリアの選択や構築を行う上で欠かせない、個人が最も大切にする価値観や欲求のことを意味します。キャリアアンカーの診断方法や活用例を知っておくことで、社員のモチベーション向上や組織全体の活性化を図ることができます。今回は、社員のキャリアアンカーの診断方法や活用方法の例をご紹介します。

キャリアアンカーの8つの種類とは?それぞれの特徴や適職について

キャリアアンカーとは、キャリアの選択や構築を行う上で欠かせない、個人が最も大切にする価値観や欲求のことを意味します。キャリアアンカーには8つのタイプがあり、それぞれの特徴を知ることで、労働生産性の向上や組織全体の活性化を図ることができます。今回は、8つのキャリアアンカーにはそれぞれどのような特徴があるのかを詳しくご紹介します。

キャリアアンカーの意味とは?企業で活用するメリットについて

キャリアアンカーとは、キャリアの選択や構築を行う上で欠かせない、個人が最も大切にする価値観や欲求のことを意味します。キャリアアンカーを採用や配置などの人事業務で活用すれば、会社と社員のミスマッチを防ぎ、社員のやる気やモチベーションの向上につながります。今回はキャリアアンカーの意味や定義、企業で活用するメリット・デメリットなどについてご紹介します。

早期離職防止ガイドブックとは?ガイドブックの内容を簡単にご紹介!

早期離職防止ガイドブックとは、公益財団法人東京しごと財団/東京しごとセンター・ヤングコーナーが発行している「早期離職を防ぐ」ことを目的としたガイドブックです。早期離職防止ガイドブックは、若手社員の早期離職防止や定着率向上に役立つ様々な内容が紹介されています。今回は、早期離職防止ガイドブックの概要を簡単にまとめてご紹介します。

早期離職のデメリットとは?残った社員や求人活動への悪影響について

早期離職によって引き起こされるデメリットは、企業に様々な悪影響をもたらします。早期離職のデメリットは、採用コストや教育コストの金銭的損失だけでなく、残った社員のモチベーション低下や求人募集の応募者減少にもつながります。今回は、早期離職が企業にもたらすデメリットについて詳しくご紹介します。

早期離職への対策方法とは?採用活動の段階ごとの対策方法について

早期離職を防止するためには、早期離職の発生理由をきちんと調べて、自社の採用や教育のプロセスを改善する必要があります。早期離職への対策は、入社後のマネジメントだけでなく、入社前の採用選考や内定者フォローなどの段階から始められます。今回は、早期離職の対策方法について詳しくご紹介します。

早期離職の理由とは?離職理由のホンネとタテマエ、対策方法について

早期離職者の退職理由は「ホンネ」と「タテマエ」に大きな違いがあります。早期離職者のホンネの離職理由は「人間関係」や「仕事内容」など、性格や価値観のミスマッチに関する理由が中心であるため、求職者の人柄や価値観と自社の社風や既存社員との相性の見極めが大切です。今回は、早期離職の理由について掘り下げてご紹介します。

早期離職問題の現状とは?企業への悪影響や原因、対策方法について

早期離職率は若い人材ほど高く、最も低い大卒でも約3割の新入社員が3年以内に離職しており、直近30年の推移を見ても大きな改善の兆しは見らていません。早期離職を解決するためには、社風や上司・同僚とのミスマッチの防止が重要になります。今回は、早期離職問題の現状や原因、企業への悪影響や対策方法についてご紹介します。

採用ミスマッチを防ぐ方法と、起きてしまった際の解決方法とは?

採用ミスマッチとは、新卒や中途などの採用において企業と求職者の間で起こる、認識や価値観のズレを意味する言葉です。採用ミスマッチの多くは企業側の努力で防止できますが、求職者側に問題がある場合もあるため、採用ミスマッチが起きた際の解決方法についても知っておく必要があります。今回は、採用ミスマッチの原因ごとの防止方法や、採用ミスマッチが起こってしまった際の解決方法についてご紹介します。