「 チームビルディング 」一覧

会社は、複数の組織やチームから成り立ちます。営業部や人事部などの部署だけでなく、各部署内のチームが組み合わさることによって、1つの会社を構成しています。

会社全体の生産性を向上させる場合は、ビジネスモデルの見直しなどだけでなく、各チームのパフォーマンスを最大化させる仕組みが大切です。経営学や社会学などの学術研究はもちろんのこと、GoogleやAppleなどの先進的な人事施策に取り組む企業においても研究や改善が行われています。

チームビルディングカテゴリーでは、チームのパフォーマンスを最大化させるために必要な要素について、学術研究や企業の実証結果で得られた知見について紹介しながら、自社の業務でも活用できるレベルまで落とし込んで説明します。

チームビルディングの手法「タックマンモデル」とは?段階を理解しよう!

企業組織は、大小様々なチームで成り立っています。個人を集めてチームにしたとしても、適切なチームビルディングを行わなければ、チームが有効に機能しません。タックマンモデルとは、チームビルディングの手法の一つで、チームの段階を5段階に分けて、各段階におけるチームの特徴や取るべきチームビルディング方法を明確にしたモデルです。タックマンモデルを活用することで、有効に機能するチームを構築することができます。今回はタックマンモデルがどのようなものか、各段階におけるチームの特徴やチームビルディングの方法について説明します。

チームビルディングとは?目的や方法、成功するチームの共通点を確認しよう!

強い組織を作るために、チームビルディングを取り入れる企業が増えています。Appleの故スティーブ・ジョブス氏は個人の力よりも全体の力のほうがはるかに大きいとチームの重要性を説明しており、Google社では成功するチームの共通点を探す調査を4年以上、総何百万ドルもの費用をかけて調査しています。成功するチームを構築するために、単純に個人の能力が高い人材を集めても意味がありません。成功するチームを作るためのチームビルディングの目的やメリット、成功するチームにおける共通点について説明します。