記事カテゴリー

「 面接手法 」一覧

採用を行っている企業の95%以上が実施する、採用プロセスにおいて人材を見極める場が面接です。面接では、業務の経験年数や資格などの客観的に判断できる定量情報ではなく、人柄や入社意欲、スキルなどの客観的に判断することが難しい定性情報の見極めが主になります。

見極める内容によって、様々な種類の面接方法が選択されています。ストレス耐性を見極めるための「圧迫面接」、具体的な課題解決能力を見極めるための「ケース面接」などが挙げられます。

面接官ごとの評価を統一するための「構造化面接」、多くの日本企業で採用されている「半構造化面接」なども挙げられます。

面接手法カテゴリーでは、様々な面接手法の目的や実施方法、実施するメリットやデメリットなどについて説明します。

Web面接とは?実施する目的やメリット・デメリット、注意点について

Web面接とは、面接地から遠方にいる求職者とオンライン上で互いの顔を見ながら面接を実施する面接手法です。表情を確認できるため、電話面接よりもコミュニケーションを取りやすいメリットがあります。本記事では、Web面接のメリットやデメリット、注意点について紹介します。

電話面接とは?実施する目的やメリット・デメリットと注意点について

電話面接とは、面接地から遠方にいる求職者と電話で面接を実施する手法です。顔が見えないなどのデメリットを不安視する声もありますが、移動コスト削減、採用スピードUPなどのメリットもあります。電話面接のメリットやデメリット、注意点を知って上手く活用してみましょう。

圧迫面接の具体例とは?発言内容や行動例から自社の面接を振り返ろう

圧迫面接とは、新卒採用・中途採用共に「クレームや要望への対応スキル、ストレス耐性」を見極めるために、わざと意地悪いな質問や威圧的な態度をとる面接手法です。面接官が圧迫面接をやろうとしていなくても、求職者が圧迫面接だったと捉えてしまうことがあり、母集団形成や業績へ悪影響を与えることも少なくありません。今回は意図せずやりがちな圧迫面接の5例から、求職者視点・改善ポイントについて説明します。

圧迫面接とは?意味や採用企業側の目的や理由、内定辞退を引き起こすリスク

圧迫面接とは、新卒採用・中途採用共に「クレームや要望への対応スキル、ストレス耐性」を見極めるために、わざと意地悪いな質問や威圧的な態度をとる面接手法です。現在は適性検査などで客観的かつ具体的にストレス耐性を見極めることが可能になったため、圧迫面接で発生するリスクである母集団形成や業績への悪影響について考えることが大切です。今回は圧迫面接を実施する目的や現状、想定されるリスクや圧迫面接の代替手段について説明します。

STAR面接のフレームワークと質問例とは?採用ミスマッチを防止する

STAR面接とは、行動面接における最も有名なフレームワークであり、過去の経験に対して状況・課題・行動・結果を聞くことで、応募者の性格や価値観、思考パターンを掘り下げる手法です。求める人物像が決まっていれば、採用要件に従って掘り下げる質問を明確にすることが大切です。今回は行動面接のフレームワークであるSTAR面接の具体的な質問例を3つ踏まえながら、行動面接の実施方法について説明します。