記事カテゴリー

「 企画・設計 」一覧

多くの企業が離職率の低下・定着率の向上に努めています。新規大卒社員の3年以内の離職率は約20年間30%程度で推移しており、30%弱となったのはリーマンショック直後の新入社員のみです。

日本政府も離職率の高さを危惧しており、厚生労働省は離職を防止するための職場改善に関する助成金や、新規人材の採用に関する助成金などを設けることで、企業の人材採用・定着の支援を行っています。

離職率の改善は、採用選考プロセスや配属、人事評価制度の整備など、人事業務全般が対象となります。自社の離職率を改善するためには、過去に退社した従業員の離職理由から優先順位をつけて取り組むことが重要です。しかし円満退社するために「会社には建前の離職理由を伝える」ことが多く、実態の把握が難しい現状があります。

自社の離職理由の現状がわからない場合は、厚生労働省などの公庁や民間調査会社・人事業界の会社が公表している一般的な離職理由から優先順位をつけて改善することが求められます。短期的に効果の出る施策もあれば、中長期的な改善が必要な施策などもあります。

離職・定着の企画・設計カテゴリーでは、自社の離職率を把握するために、離職率・定着率の定義や算出方法、離職率の高い会社に共通する特徴や問題点、離職率が高くなることによって引き起こる問題や改善策について説明します。

採ってはいけない人の見極め方とは?採用するリスクを理解しよう

人材採用には多くの課題があり、特に新卒社員の3年以内の離職率は3割を超えているともよく報道されています。早期離職で生じるのは人員不足だけではありません。新人はほとんど企業利益に貢献していないので、採用や教育にかかったお金や人材が無駄になります。そうしたリスクを排除するためにも「採ってはいけない人」を見極める方法を知っておく必要があります。

仕事をすぐ辞める人の見分け方とは?採用要件や評価基準を明確にしよう

リーマンショック以降、採用難の時代が続いています。求人市場の企業間競争が年々激しくなっていくなか、新規人材の獲得と同時に離職率を下げることも大切です。会社にとって大きな損害にもなる早期離職を減らすためには、採用の段階ですぐ辞める人を見極めることが重要です。この記事では、仕事をすぐ辞める人の特徴を紹介し、見分け方のポイントについて考察します。

仕事を辞めない人材を獲得するための「求める人物像」の作り方とは

求人市場では求職者数よりも求人件数が上回る売り手市場となっており、企業間の競争が激化の一途をたどっています。さらに、新たな人材が獲得できたとしても早期離職となってしまうことも少なくなく、辞めない人材の確保が重要な人事課題になっています。この記事では、辞めない人材を獲得するためには「求める人物像」をどのように設定し、採用活動を行うべきかを検討します。

仕事を辞めない人づくりとは?職場環境・教育制度の改善を行おう!

多くの企業で「人手不足」が叫ばれている昨今、新たな人材獲得だけでなく、今いる従業員の離職を防ぐことも大切な人事課題となっています。主な離職理由として挙げられるのは「待遇・人間関係・やりがい」の3つです。人事業務として、これらに何らかの対策を講じることは可能でしょうか?この記事では、職場環境や教育制度の改善により、どのように「仕事を辞めない人づくり」を行えるかを説明します。

仕事をすぐに辞める人材の特徴とは?採用要件や人事評価に反映しよう

求人倍率は右肩上がりで上昇し続ける昨今、採用難易度が高く人手不足が深刻化しています。人を採りにくい時代だからこそ、従業員の離職率を改善することは採用と同じくらい大事な人事業務だと言えます。注目したいのが「どういう人が辞めやすいのか」ということです。この記事では、仕事をすぐ辞める人の特徴を整理し、人材マネジメントの効率アップのヒントを探ります。

仕事を辞めない人材の3つの特徴と「仕事を辞めれない」理由とは

現在、日本では求人倍率が増加の一途を辿っており新たな人材確保が非常に難しい状況にあります。だからこそ大切なのは離職率を低下させることです。長期的に自社で活躍できる人材の確保が大切になります。この記事では、早期離職の現状などを振り返りながら、仕事を辞めない人の特徴を紹介します。

定着率向上のメリットとは?目的にも手段にもなり得る!

就業者の1/3が3年以内に離職する中で定着率の向上は各企業が優先的に取り組むべき課題です。定着率の向上で得られるメリットは、採用や教育コストの削減だけでなく、労働生産性の向上や社員のモチベーションの向上、風評被害の防止など多岐にわたり、最終的には顧客満足度の向上など企業収益に大きく関わってきます。今回は定着率向上によって得られるメリットについて、一つ一つ説明します。

定着率の向上方法とは?人材の定着施策を目的別に考える

定着率の向上は、人事担当者・経営者の頭を悩ませる課題の一つです。定着率を向上させることで、採用・教育コストの削減や労働生産性の向上などが期待できる一方で、定着率を向上させるための具体的な課題に落とし込めていない企業が多く存在します。今回は既存従業員・新規従業員の二つの視点から、定着率を向上させるための施策について説明します。

離職率が低い会社の特徴や理由とは?離職率改善を諦めないために

離職率の高い企業に共通する特徴や理由があるだけでなく、離職率の低い企業や産業にも共通する特徴や理由が存在します。厚生労働省の調査データなどを用いて、離職率の低い産業や企業に共通する特徴や理由を分析します。自社で変えられないものだけでなく、自社でも変えられるものもあります。早期離職のコストと離職率を低下させる施策の導入コストと比較することで、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

離職率を改善する取り組み対策とは?離職防止のために目的を明確にする

離職率が高い会社に共通する3つの課題があります。3つの課題とは「人間関係がうまくいかない」「評価制度や給与水準が明確でない」「経営方針や企業理念が浸透していない」です。目先の離職率を改善するのではなく、根本の原因から解決して離職率を継続的に低下させるためには、自社で特に問題のある課題に優先順位をつけて解決しなければなりません。今回はこの3つの課題に対して、何故離職率が高くなるのか、どのように改善すべきかについて説明します。