記事カテゴリー

「 OJT・Off-JT 」一覧

OJT(On Job Training)とは、職場で実務をさせることで上司や先輩社員が指導を行う職業教育のことです。OJTはアメリカで大量の新人教育が行える方法として、日本企業でも用いられている教育研修制度です。

OJTは実際の業務を通じて教育が行えるため、教育研修と業務内容のズレが少ないことがメリットです。しかし体系的に学べないために、業務はできるが仕組みは分からない、仕組みがわからないがために他の業務に応用できないなどのデメリットもあります。

Off-JT(Off Job Training)とは、OJTとは逆の概念であり、実務から一時的に離れて行う職業教育のことです。座学によるセミナーや研修などで体系的に知識を学ぶことで、OJTのデメリットを軽減できる方法です。

OJT・Off-JTカテゴリーでは、OJTやOff-JTの違いやそれぞれの特徴だけでなく、OJTとOff-JT制度をうまく組み合わせる方法などについて説明します。

OJTの失敗例とは?失敗例から学ぶOJTを失敗しないための方法とは?

OJTは現在多くの企業で定着していますが、実施してはいるものの上手く機能しておらず、OJTを失敗している例が存在します。自社でOJTを失敗しないためには、失敗例からOJTでやってはいけないことを読み取る方法が一番の近道です。今回は、OJTを実施する際に失敗しないための方法を、OJTの失敗例をもとにご紹介します。

OJTトレーナーに向く人とは?トレーナーの人選がOJTの質を決める!

OJTを効果的に行うためには、教育研修を行う担当者となるトレーナーの人選が非常に重要になります。OJTトレーナーの人選を行う際には、トレーナーの能力よりも価値観や考え方を重視することで、OJTの効果を高めることができます。今回はOJTのトレーナーに向いている人の特徴を、なぜ向いているのかという理由も含めてご紹介します。

OJTによる教育研修の実施方法とは?PDCAのサイクルを意識しよう!

OJTを実施する際には、人事部や経営層だけでなく、実際に教育を行う各部門がOJTの意味や目的を正しく知っておくことが大切です。OJTによる教育研修は、PDCAのサイクルを意識して教育の目的をハッキリさせることで、効果や効率を向上させることができます。今回はOJTの基本となる4段階職業指導法やPDCAのサイクルにもとづいて、OJTによる教育研修の実施方法をご紹介します。

OJTとOff-JTの違いとは?メリットを高めデメリットを防ぐ方法

OJTとは職場で実務を通して行う研修のことで、Off-JTとは職場を離れて行う合宿や集合研修などの研修のことです。OJTとOff-JTにはそれぞれ違ったメリットとデメリットがあり、上手く組み合わせることで教育研修としての効果・効率を最大限に高めることができます。今回はOJTとOff-JTの違いについて説明し、それぞれのメリットを高める方法とデメリットを防ぐ方法をご紹介します。

Off-JTとは?言葉の意味やOJTとの違い、研修効果を高める方法

Off-JTとは、実務の現場を離れて行う教育研修のことを意味する、企業が従業員の能力開発のために行う教育研修の手法の一つです。Off-JTは単に研修の手間を減らすだけでなく、OJTと組み合わせることで、社員全体のレベルアップと教育研修の効率化を同時に実現できます。今回はOff-JTの意味や定義を説明した上で、Off-JTによる研修の目的やメリット・デメリットについてご紹介します。

OJTとは?意味や定義、実施方法、メリット・デメリットについて

OJTとは、実務を通して学ぶ訓練のことを意味する、企業が従業員の能力開発のために行う教育研修の手法の一つです。OJTを上手く活用すれば、新入社員の早期戦力化や教育研修の効率化が期待できます。今回はOJTの意味や定義を説明した上で、OJTの実施方法やメリット・デメリットについてご紹介します。

ブラザーシスター制度・メンター制度・OJTの違いとは?人材育成制度を理解しよう

メンター制度やブラザーシスター制度、OJTなど、企業の人材育成制度の代表的なものだけでも複数の種類があります。メンター制度やブラザーシスター制度、OJTは実施方法が異なるだけでなく、解決できる課題や目的についても違いがあり、自社の人材育成に関する課題において適した制度を導入することが大切です。人事担当者としては、各制度の目的や違いを理解し、自社の従業員内での混乱や認識のズレを生じさせないための工夫や取り組みも重要となってきます。今回はメンター制度やブラザーシスター制度、OJTなどの人材育成制度の違いについて説明します。