記事カテゴリー

「 キャリア 」一覧

キャリアとは、個人の職業的経歴(職歴)を意味する言葉です。将来どうなりたいかなどのビジョンを基に、現在の仕事へのモチベーションにもつながる概念ですが、自社でキャリアが築けないと判断された場合には、離職を引き起こす可能性のある概念でもあります。

転職回数が比較的少ない男性であっても、2人に1人は生涯を通じて1回以上の転職を経験する時代となっています。転職を考えるきっかけとして「将来に対する漠然とした不安」を挙げる労働者も多く存在します。VUCAワールドと言われる、将来の見通しが困難な時代において、将来に対する漠然とした不安を解消することも困難ですが、離職を防止したいのであれば、事実として認識する必要があります。

「将来に対する漠然とした不安」は具体的な課題や解決策に落とし込めないために、今何をするべきなのかが分からず、このまま今の会社で漠然と働くことの意味を感じなくなってしまうことが原因として挙げられます。将来の見通しであるキャリアビジョンを描き、自社で実現できることを伝えることが「将来に対する漠然とした不安」を解消できる方法です。

キャリアを自社の人事業務に活用するためには、将来像である「キャリアビジョン」や将来像に至るまでの道筋である「キャリアパス」、将来像を描くための「キャリアデザイン」や「キャリアアンカー」など、キャリアに関する様々な理論を理解することが大切です。キャリア理論に対する研究結果が公開されているだけでなく、多くの企業で実証されている理論も多く、人事業務に直結させることができます。

少子高齢化が加速することで、1億総活躍社会の実現を目指す働き方改革ではダイバーシティが注目されています。様々な人材の活躍を推進するために、様々な働き方・キャリア像を理解して実現できる環境を作ることが、従業員・求職者にとって魅力的な組織作りにもつながります。

キャリアカテゴリーでは、キャリアパスやキャリアデザインなどの様々なキャリア理論の概要や実施方法、離職・定着だけでなく人材育成やダイバーシティに活用した企業事例などについて説明します。

ナラティブアプローチとは?従業員の自主性を生み出すために

ナラティブアプローチとは物語や語りによるアプローチのことで、相手の語る物語を通してその人らしい解決方法を見つけるカウンセリングなどに用いられている方法です。ナラティブアプローチは、キャリアビジョン形成やマネジメントによる部下への教育にも活用することができます。今回はナラティブアプローチについて説明します。

クランボルツの意思決定理論とは?予測が難しい中で活用できるキャリア理論

意思決定理論とはキャリアを選択していく意思決定そのものに焦点を当てた考え方です。クランボルツの意思決定では、人の特性だけでなく環境や学習経験なども意思決定に用いられることをモデル化し、偶然の出来事や出会いについても積極的に活用すべきであると提唱しています。今回はクランボルツの意思決定理論について説明します。

ジェラットの合理的意思決定理論と積極的不確実性とは?

意思決定理論とはキャリアを選択していく意思決定そのものに焦点を当てた考え方です。ジェラットの意思決定理論は合理的な意思決定をモデル化しましたが、変化の激しい時代には不確実なことが多いために柔軟な意思決定が求められると提唱しています。今回はジェラットの意思決定理論について説明します。

意思決定理論とは?今後のキャリア選択で大切にしたいポイントを理解する

意思決定理論とはキャリアを選択していく意思決定そのものに焦点を当てた考え方です。職業選択などの重要な意思決定におけるプロセスやスタイルを理解することで、今後の重大な意思決定にも役立てられ、従業員個人の今後のキャリアも考慮した人事異動などにも活用できます。今回は意思決定理論の概要や活用するメリットについて説明します。

ウィリアムソンの特性因子理論とは?人材アセスメントを有効活用しよう

特定因子理論とは、キャリアカウンセリング理論の一つであり、人と仕事のマッチングを考慮した理論です。ウィリアムソンはキャリアに関する課題を4分類し、人材アセスメントなどの結果を用いてキャリアカウンセリングを行う理論です。今回は人材の適材適所を実現するヒントとなるウィリアムソンの特定因子理論について説明します。

パーソンズの特性因子理論とは?人と職業のミスマッチを防ぐために

特定因子理論とは、キャリアカウンセリング理論の一つであり、人と仕事のマッチングを考慮した理論です。人材の能力や特性を明確に理解し、職業に求められるスキルや今後の展望の情報を収集することで人と職業のミスマッチを防ぐ理論です。今回はパーソンズが提唱した特定因子理論の3段階プロセスと7つのポイントについて説明します。

特性因子理論とは?人材の適材適所を実現できるキャリア理論について

特定因子理論とは、キャリアカウンセリング理論の一つであり、人と仕事のマッチングを考慮した理論です。早期離職の原因が「労働者のスキル不足」と考えていた時代に「人と職業のミスマッチ」が早期離職のゲインとなっていると考えた理論です。今回は特定因子理論が生まれた背景などについて説明します。

ニコルソンのトランジション理論とは?良いサイクルを回し続けるために

トランジションとは、移行期や過渡期を意味する言葉です。ナイジェル・ニコルソンは、キャリア・トランジション・サイクルのモデルを整備した学者で、トランジションを循環モデルとして捉えました。良い循環ができれば良い影響を生み続けるのに対して、悪循環が起きてしまうと悪い影響が出続けてしまいます。今回はニコルソンのトランジション理論について説明します。

シュロスバーグのトランジション理論とは?従業員のキャリアを考えるために

トランジションとは、移行期や過渡期を意味する言葉です。シュロスバーグはアメリカのキャリアカウンセリングの理論家・実践家であり、他の理論家とは異なったトランジションの捉え方をして、4つの支援によってトランジションを乗り切る理論を提唱しています。今回はシュロスバーグのトランジション理論について説明します。

ブリッジスのトランジション理論とは?3段階に分けて乗り越える

トランジションとは、移行期や過渡期を意味する言葉です。アメリカの心理学者であるウィリアム・ブリッジスはトランジションを3つのプロセスに分けて考えることで、各段階を乗り切る方法について提唱しています。今回は変化の激しい時代に適したキャリア理論であるブリッジスのトランジション理論について説明します。