記事カテゴリー

「 キャリア 」一覧

キャリアとは、個人の職業的経歴(職歴)を意味する言葉です。将来どうなりたいかなどのビジョンを基に、現在の仕事へのモチベーションにもつながる概念ですが、自社でキャリアが築けないと判断された場合には、離職を引き起こす可能性のある概念でもあります。

転職回数が比較的少ない男性であっても、2人に1人は生涯を通じて1回以上の転職を経験する時代となっています。転職を考えるきっかけとして「将来に対する漠然とした不安」を挙げる労働者も多く存在します。VUCAワールドと言われる、将来の見通しが困難な時代において、将来に対する漠然とした不安を解消することも困難ですが、離職を防止したいのであれば、事実として認識する必要があります。

「将来に対する漠然とした不安」は具体的な課題や解決策に落とし込めないために、今何をするべきなのかが分からず、このまま今の会社で漠然と働くことの意味を感じなくなってしまうことが原因として挙げられます。将来の見通しであるキャリアビジョンを描き、自社で実現できることを伝えることが「将来に対する漠然とした不安」を解消できる方法です。

キャリアを自社の人事業務に活用するためには、将来像である「キャリアビジョン」や将来像に至るまでの道筋である「キャリアパス」、将来像を描くための「キャリアデザイン」や「キャリアアンカー」など、キャリアに関する様々な理論を理解することが大切です。キャリア理論に対する研究結果が公開されているだけでなく、多くの企業で実証されている理論も多く、人事業務に直結させることができます。

少子高齢化が加速することで、1億総活躍社会の実現を目指す働き方改革ではダイバーシティが注目されています。様々な人材の活躍を推進するために、様々な働き方・キャリア像を理解して実現できる環境を作ることが、従業員・求職者にとって魅力的な組織作りにもつながります。

キャリアカテゴリーでは、キャリアパスやキャリアデザインなどの様々なキャリア理論の概要や実施方法、離職・定着だけでなく人材育成やダイバーシティに活用した企業事例などについて説明します。

キャリアショックへの対策とは?企業側からできる対策の方法について

キャリアショックとは、想定外の外的要因によって個人のキャリアが突然崩壊してしまうことを意味する言葉です。キャリアショックは社員のモチベーション低下や離職率の増加など、企業にとって様々な悪影響があるため、対策の方法を知っておく必要があります。今回はキャリアショックの原因や影響、企業ができる対策の方法についてご紹介します。

キャリアショックとは?意味や定義、発生原因や企業への影響について

キャリアショックとは、想定外の外的要因によって個人のキャリアが突然崩壊してしまうことを意味する言葉です。キャリアショックへの対策を怠ると、社員のモチベーション低下や離職率増加など、企業にとって様々な悪影響を及ぼします。今回はキャリアショックの意味や定義、キャリアショックが起こる原因や企業に与える影響についてご紹介します。

キャリアクライシスの原因とは?企業への悪影響や対策方法について

キャリアクライシスとは、個人が積み上げてきたキャリアが崩壊する危機に直面することや、キャリア崩壊の危機そのもののことを意味します。キャリアクライシスを防止・改善するためには、社員自身で解決するのを待つだけではなく、企業側からのアプローチも大切になります。今回はキャリアクライシスの原因や企業への影響、キャリアクライシスを防止・改善するための対策方法についてご紹介します。

キャリアクライシスとは?意味や定義、企業への影響や原因について

キャリアクライシスとは、個人が積み上げてきたキャリアが崩壊する危機に直面することや、キャリア崩壊の危機そのもののことを意味します。社員にキャリアクライシスが起きると、仕事のモチベーションや生産性の低下が発生し、離職につながることもあります。今回はキャリアクライシスの意味や定義、キャリアクライシスが起きる原因や企業に与える影響についてご説明します。

キャリアドリフトの活用例とは?実際の人事業務での活用方法について

キャリアドリフトとは、キャリアデザインの反対語とも言える概念で、社会や環境の流れに身を任せてキャリアを構築しようという理論です。キャリアドリフトの考え方は、社員のキャリア構築に役立つだけでなく、様々な人事業務に活用できます。今回はキャリアドリフトの活用例として、社内の人事業務に当てはめる具体的な方法をご紹介します。

キャリアドリフトとは?意味や定義、企業での活用方法について

キャリアドリフトとは、キャリアデザインの反対語とも言える概念で、社会や環境の流れに身を任せてキャリアを構築しようという考え方です。キャリアドリフトを企業で上手く活用すれば、現在の仕事に対する社員のモチベーションアップが期待できます。今回はキャリアドリフトの概要について、意味や定義、企業で活用するメリット・デメリットなどをご紹介します。

キャリアサバイバルの6ステップとは?企業が支援する方法について

キャリアサバイバルとは、社員個人の仕事上譲れない価値観と、環境や組織のニーズとの調和を意味する言葉です。キャリアサバイバルに取り組む方法は6つのステップで構成されており、それぞれのステップごとに企業が支援できる方法が異なります。今回はキャリアサバイバルに取り組むための方法として、個人が取り組むべき6つのステップと企業が支援する方法をご紹介します。

キャリアサバイバルの意味とは?企業のメリット・デメリットについて

キャリアサバイバルとは、社員個人の仕事上譲れない価値観と、環境や組織のニーズとの調和を意味する言葉です。キャリアサバイバルとキャリアアンカーを両立させることで、社員のモチベーションが向上し、生産性の向上や離職率の改善につながります。今回はキャリアサバイバルの意味や定義、企業で活用するメリット・デメリットなどをご紹介します。

キャリアアンカーの診断方法とは?企業での診断結果の活用例について

キャリアアンカーとは、キャリアの選択や構築を行う上で欠かせない、個人が最も大切にする価値観や欲求のことを意味します。キャリアアンカーの診断方法や活用例を知っておくことで、社員のモチベーション向上や組織全体の活性化を図ることができます。今回は、社員のキャリアアンカーの診断方法や活用方法の例をご紹介します。

キャリアアンカーの8つの種類とは?それぞれの特徴や適職について

キャリアアンカーとは、キャリアの選択や構築を行う上で欠かせない、個人が最も大切にする価値観や欲求のことを意味します。キャリアアンカーには8つのタイプがあり、それぞれの特徴を知ることで、労働生産性の向上や組織全体の活性化を図ることができます。今回は、8つのキャリアアンカーにはそれぞれどのような特徴があるのかを詳しくご紹介します。