記事カテゴリー

「 mitsucari 」一覧

採用工数の改善方法とは?採用プロセス別に手段や理由も解説します

採用工数とは、採用活動における各プロセスにどの程度の時間がかかっているかを可視化したものです。採用工数を改善するためには、採用プロセス別にいまどれくらいの工数がかかっているかを把握した上で、最適な代替手段を選んで導入しなければなりません。今回は、採用工数を改善する方法を採用プロセスごとに説明します。

キャリブレーションとは?相手の気持ちに気づくコミュニケーションスキル

業界・業種未経験の人材を積極的に雇用する人事方針をとるならば、コミュニケーション能力は重要な評価基準となります。特に「相手が何をしたいか気がつくこと」は、人間関係の円滑化だけでなく、職場の生産性の向上にもつながります。「気がつく」スキルがキャリブレーションと呼ばれるものです。この記事では、キャリブレーションがどのようなスキルなのか、そしてビジネスシーンでどのようなメリットがあるかを紹介します。

職場環境における安全配慮義務とは?悪化の放置が罰則につながる

職場環境は、社員の労働生産性や健康、離職率や業績にも直結する重要な要素です。職場環境の改善は、法的にも定められており、悪い職場環境を改善しなかった場合には法的な罰則に繋がり、ブラック企業として認定されるなどの重大な損失を生む可能性があります。今回は職場環境における安全配慮義務について説明します。

仕事を辞めない人材を獲得するための「求める人物像」の作り方とは

求人市場では求職者数よりも求人件数が上回る売り手市場となっており、企業間の競争が激化の一途をたどっています。さらに、新たな人材が獲得できたとしても早期離職となってしまうことも少なくなく、辞めない人材の確保が重要な人事課題になっています。この記事では、辞めない人材を獲得するためには「求める人物像」をどのように設定し、採用活動を行うべきかを検討します。

BPRとは?業務の改善・最適化を図る方法を理解して活用しよう

BPR(Business Process Re-engenieering)とは、日本語で「業務改革」を意味し、従来の業務改善のような業務フロー別の改善にとどまらず、事業全体の業務プロセスを根本的に見直すことで企業に大きくかつポジティブな変化をもたらすことを目的にバブル崩壊後の日本で注目されました。大きな変化をもたらす取り組みであるが故のリスクも大きいですが、働き方改革によって労働生産性が求めれれる中再び注目されています。

企業DNAとは?目的や役割、活用方法や活用するメリットについて

企業DNAとは、企業の魅力や企業らしさを明文化し、社内外へと発信するための指針です。今後の企業の成長はもちろん変化の激しい市場経済を生き抜くためにも、今企業DNAの必要性が注目されています。ここでは企業DNAの目的や役割、活用するメリットについて説明します。

採用工数を削減する方法とは?今すぐ改善すべき5つの採用プロセス

売り手市場かつ人手不足は、人事部門においても問題が発生しています。新たな採用手法の出現や母集団形成の難しさから、採用工数は増加し続けている一方で、人事部門の人手不足により、従来と同じやり方では採用活動を成功させることが難しくなっています。今回は採用工数を削減する方法として、5つの採用プロセスに焦点を当てて説明します。

プレゼンテーションスキルの向上方法とは?心掛けたい3つのポイント

ビジネスではプレゼンテーションをしなければならないシーンが度々訪れます。相手に意図を伝えるスキルでもあるプレゼン力ですが、実に7割以上のビジネスパーソンがそのスキルに不安を抱えているという調査結果も報告されています。ではどうすれば上手くなるのでしょうか?この記事では、プレゼンテーションスキルを向上させる3つのポイントを紹介します。