「 mitsucari 」一覧

ストレスチェック助成金とは?自社のメンタルヘルス制度を確立しよう!

ストレスチェック助成金とは、ストレスチェックが努力義務である常時50名以上を抱える事業所がない事業主向けに、ストレスチェック制度の導入を促進するために誕生した助成金です。特に今後ストレスチェックが義務化する規模まで成長しそうな企業において、自社制度を整える意味でも活用していただきたい助成金です。ストレスチェック助成金が誕生した背景として、精神障害などの労災の申請・認定件数が増加傾向にあることが考えられます。今回はストレスチェック助成金の目的や受給要件、受給金額などについて説明します。

母集団形成の課題と対策方法とは?優れた人材を採用するために

人材獲得競争が激化しています。過半数の企業で自社の従業員不足を認識しているのに対し、少子化に伴う労働人口の減少により、優秀な人材をどのように獲得するかは多くの人事担当者の悩みです。労働人口の減少や、リファラル採用などの新しい採用手法が出てきたことにより、母集団形成に苦戦する企業も少なくありません。優秀な人材を採用し、自社の人材不足を解消するためには、母集団形成は欠かせないものです。今回は母集団形成における代表的な課題や問題、対策方法について説明します。

メンター制度導入のメリット・デメリットとは?導入前に知っておこう!

若手人材の教育だけでなく、離職率を低下させる手法としてもメンター制度が注目されています。日本政府も、メンター制度導入で受給できる助成金を設けたり、メンター制度導入マニュアルを無償で公開したりと、企業にメンター制度の導入促進を行っています。メンター制度を導入すれば必ず効果が得られるわけでなく、メリットだけでなくデメリットにも着目し、事前に対策を練っておくことが効率的な運用には欠かせません。今回はメンター制度導入のメリットやデメリット、デメリットへの対策について説明します。

チームビルディングの手法「タックマンモデル」とは?段階を理解しよう!

企業組織は、大小様々なチームで成り立っています。個人を集めてチームにしたとしても、適切なチームビルディングを行わなければ、チームが有効に機能しません。タックマンモデルとは、チームビルディングの手法の一つで、チームの段階を5段階に分けて、各段階におけるチームの特徴や取るべきチームビルディング方法を明確にしたモデルです。タックマンモデルを活用することで、有効に機能するチームを構築することができます。今回はタックマンモデルがどのようなものか、各段階におけるチームの特徴やチームビルディングの方法について説明します。

産業保健関係助成金とは?健康的に働ける環境づくりに活用しよう!

産業保健関係助成金とは、労働者健康安全機構が設けている助成金で、労働者が健康的に働ける環境づくりに活用できる助成金です。産業保健関係助成金は比較的新しい助成金で、誕生した背景として「長時間労働などによる労災認定件数の増加」などがあると考えられます。労働者保健関係助成金には、4つの助成金があり、ストレスチェックを実施したり、職場環境の改善を行うことで受給できます。今回は労働者保健関係助成金の目的や各助成金について、受給できる金額や要件について説明します。

母集団形成とは?目的や注意点、課題について再認識しよう!

企業における労働力不足が深刻な問題となってきています。自社の従業員が不足していると考える企業は過半数を超えている一方で、少子化に伴う労働人口の減少により、人材獲得競争はより激化する傾向にあると考えられます。自社の従業員を確保するためには、自社の採用候補者となってもらう人材を集める母集団形成の重要性が増しています。母集団形成は、単に候補者の数を集めればよいわけではなく、候補者の質も考慮して母集団形成を行う必要があります。母集団形成の目的や課題、注意点や方法の概要について説明します。

組織の危機を乗り切るための「変革型リーダーシップ」とは?

改革型リーダーシップとは、現在のリーダーシップ研究の主流であるコンセプト理論の一つです。改革型リーダーシップは、経営危機などによって変革を要する状況下において効果的なリーダーシップスタイルです。1999年以降の日産自動車や2000年以降のパナソニックでは、変革型リーダーシップを発揮して、V字回復を実現しました。変革型リーダーシップはどのようなリーダーシップスタイルなのか、活用するメリットやデメリット、押さえておくべき重要なポイントについて説明します。

若手社員の育成を行うメンター制度とは?離職率改善にもつながる!

メンター制度とは、1980年代にアメリカで発祥したと言われる人材育成の指導方法です。日本企業では51%の企業がメンター制度、準ずる制度を導入しているとの調査もあります。メンター制度には人材育成の面だけでなく、離職率の低下や組織風土の醸成にも有効です。日本政府としても離職率の低減を目指すために「人材確保等支援助成金」でメンター制度導入で受給できる助成金を設けたり、メンター制度導入マニュアルを無償で公開するなどの導入支援を行っています。今回はメンター制度導入によってどのような効果が得られるのか、メンター制度導入のメリットやデメリットについて説明します。

チームビルディングとは?目的や方法、成功するチームの共通点を確認しよう!

強い組織を作るために、チームビルディングを取り入れる企業が増えています。Appleの故スティーブ・ジョブス氏は個人の力よりも全体の力のほうがはるかに大きいとチームの重要性を説明しており、Google社では成功するチームの共通点を探す調査を4年以上、総何百万ドルもの費用をかけて調査しています。成功するチームを構築するために、単純に個人の能力が高い人材を集めても意味がありません。成功するチームを作るためのチームビルディングの目的やメリット、成功するチームにおける共通点について説明します。

【業務改善助成金の記入例】申請書類の書き方とは?

業務改善助成金とは、労働生産性を向上させるための設備投資を行い、最低賃金を引き上げた場合に受給できる助成金です。助成金を受給するためには、どんな設備投資を行い、どんな効果が得られるのかを記載する事業実施計画書を記入し、提出する必要があります。業務改善助成金の申請の流れや、申請に必要な書類の書き方について説明します。