記事カテゴリー

「 mitsucari 」一覧

バーナム効果が起きる原因や理由とは?プラセボ効果とも関係がある

バーナム効果とは、誰にでも当てはまる曖昧な表現であるのにも関わらず「自分ごと化」してしまう心理効果のことです。バーナム効果はプラシーボ効果と同様に、思い込みによって発生します。バーナム効果とプラセボ効果を組み合わせることで、人材育成にも活用することが可能です。今回はバーナム効果が起きる原因や理由について説明します。

バーナム効果の具体例や活用するメリットとは?正しく有効活用するために

バーナム効果とは誰にでも当てはまる曖昧な表現であるのにも関わらず「自分ごと化」してしまう心理効果です。バーナム効果を活用することで、相手からの信用を得て深いコミュニケーションができるメリットがありますが、過度に使用すると逆効果となる場合があります。今回はバーナム効果の活用方法について説明します。

バーナム効果とは?誰にしも当てはまることを有効活用する

バーナム効果とは、誰にでも当てはまる曖昧な表現であるのにも関わらず「自分ごと化」してしまう心理効果のことです。誰にしも当てはまることであっても、言われた側は自分のことを言われていると感じることで、心を開きやすくなる効果があります。今回はバーナム効果について説明します。

生存バイアスの具体例や対策方法とは?バイアスの存在を認知しよう

生存バイアスとは、脱落・淘汰されたものを評価することなく残ったもののみを評価するバイアスであり、人材採用だけでなく、人事評価などにも影響を与えるバイアスです。生存バイアスから悪い影響を受けないためには、生存バイアスの存在を認識して対策することが大切です。今回は生存バイアスの具体例や対策方法について説明します。

生存バイアスとは?偏ったデータが正しい判断を狂わせてしまう

生存バイアスとは、脱落した人や淘汰されたものを評せず、残った人や現象だけを評価するバイアスのことです。他社の成功事例だけを見て、同じ手法を導入すれば自社でも必ず成功すると考えるのは生存バイアスの一例で、他にも自社に応募してくれた求職者だけを見て今年の学生は○○だと決めつけるのも生存バイアスです。今回は生存バイアスについて説明します。

錯誤相関とは?相関関係があると決めつけてしまうデメリットについて

錯誤相関とは、本来相関関係のないものに対して相関があると考えてしまう心理現象であり、血液型による性格の決めつけなどの人材採用や人事評価にも影響を与えています。相関関係があると決めつけてしまうことで、無関係の事象にまで影響を与えてしまい、深刻な問題に発展する可能性もあります。今回は錯誤相関について説明します。

初頭効果が発生する原因や理由、対策方法とは?正しい判断を行うために

初頭効果とは、最初に与えられた情報が後の情報に影響を与える現象のことで、第一印象だけでなく、会話の内容などもそれに含まれる心理現象です。初頭効果は確証バイアスの影響を大いに受けており、初頭効果の影響を受けないことは非常に困難ですが、悪影響を受けないように意識することは可能です。今回は初頭効果が発生する原因や理由、対策方法について説明します。

初頭効果を実証した実験内容とは?得られた知見の内容について

初頭効果とは、最初に与えられた情報が後の情報に影響を与える現象のことであり、第一印象だけでなく、会話の内容などでも影響を与えている心理現象です。伝える内容は一緒であっても、伝え方によって受け取り方や印象が変わることは、心理学の世界では70年以上前から周知の事実になっています。今回は初頭効果の実験内容について説明します。

初頭効果がビジネスシーンに与えている影響とは?正しく活用するために

初頭効果とは、最初に与えられた情報が後の情報に影響を与える現象のことであり、第一印象だけでなく、会話の内容などでも影響を与えている心理現象です。初頭効果は営業やマーケティング、人材採用など様々なビジネスシーンに影響を与えています。今回は初頭効果がビジネスシーンに与えている影響について説明します。

初頭効果とは?第一印象の影響が大きい心理効果を理解しよう

初頭効果とは最初に与えられた情報が後の情報に影響を与える現象のことであり、第一印象だけでなく、会話の内容などでも影響を与えている心理現象です。初頭効果を活用するためには、ポジティブな情報を先に提供することが大切です。今回は初頭効果について説明します。