記事カテゴリー

「 mitsucari 」一覧

オンボーディングのプログラム内容とは?成功させるポイントについて

企業の新たな新人教育方法として注目されているオンボーディングは、日本ではまだ実施する企業は少ないことが挙げられます。オンボーディング実施における具体的なプログラム内容について、押さえておきたい基本的な内容やポイント、具体例について紹介します。

信頼関係を築く傾聴の姿勢とは?傾聴の心構えを理解し、教育研修に活かす

業務を行う上で、コミュニケーションスキルは欠かすことができません。不要な軋轢や意思疎通の不具合は生産性を低下させてしまう要因になりかねませんので、コミュニケーションスキルが高い人材というのは普遍的な価値を持っていると言えるでしょう。この記事では、従業員のコミュニケーションスキルを向上させたいという経営者や人事担当者が、具体的にどのような施策を打てば良いかのヒントを紹介します。

ミッションステートメントとは?策定する目的やメリット・デメリット

ミッションステートメントとは、直訳だと「企業理念」と訳されることも多く、企業の経営・運営に非常に重要な役割を果たす考え方です。明確なミッション・ステートメントがある企業のほうが企業業績が良いとの調査結果もありますが、曖昧なミッション・ステートメントでは業績の悪化に繋がりかねません。今回はミッション・ステートメントを策定する目的や活用するメリットとデメリットについて説明します。

人材発掘の人材評価3つのポイントとは?客観的かつ具体的に定義しよう

事業を行うために必要なのが人材。近年日本では求人倍率が増加の一途をたどっており、多くの企業で人材不足が叫ばれています。人材獲得の難易度が上昇しているからこそ、既存の従業員を対象にした人材発掘が不可欠です。この記事では、人材発掘のためにどんなことを評価基準にすべきか、その方法の3つのポイントを紹介します。

面接官トレーニングで面接のスキル・精度を向上させる方法とは?

面接官の研修・トレーニングとは、面接の手順や質問の仕方、心構えや注意点など、面接のスキルアップを図る訓練です。面接で優秀だと思って採用した人材が入社後に活躍していない、早期離職してしまうなどの課題がある場合は、面接官研修・トレーニングで面接スキルの底上げを図ってみてはいかがでしょうか。

オンボーディングの導入プロセスとは?人材育成手法を活用しよう

新入社員を迎え入れると、能力やスキルをいち早く会社へ還元して欲しいと思っている採用担当者が多い中、新たな人材育成手法として注目されているのが、オンボーディングです。今回は、実際にオンボーディングを導入するために必要なプロセスについて紹介します。

傾聴力を見極めるポイントとは?3つの要素と段階を理解しよう!

若手採用の際に極めて重要な評価ポイントになるのがコミュニケーション能力。そのなかでも、意思疎通において欠かせない「傾聴力」をどのように評価したら良いかわからない人事担当者や経営者も多いのではないでしょうか?この記事では、傾聴力を支える概念や習熟度をチェックするためのポイントを紹介します。要点さえ的確に押さえることができれば、採用の現場だけでなく従業員のコミュニケーション能力の育成も視野においても役立てることが可能です。

親子就活とは?実施される背景と企業はどう対応すべきなのか

親子就活とは学生の就職活動に保護者が積極的に関与・干渉して、親子で協力して内定獲得を目指すことを意味する言葉です。企業に伝えられた内定辞退の理由には建前が含まれている可能性がありますが、実際に内定を促す場合があると答えた親が5人に1人以上いることから、内定辞退を防止するためには親へのフォローが必要になってきています。今回は親子就活に対して企業はどう対応すべきかについて説明します。