記事カテゴリー

「 リーダーシップ 」一覧

リーダーシップとは、統率力や指導力を意味する単語で、日本では組織を牽引する能力として認知されています。会社組織を成長させるためには、組織を構成する一つ一つのチームの生産性向上が必要であり、チームの生産性を向上させるためにはリーダーシップを発揮することが重要です。

リーダーシップは紀元前から着目されており、ソクラテスや孔子などもリーダーシップについて言及しています。約80年前の1940年代まで「リーダーシップは生まれ持った先天的な特性」と考えられていましたが、現代のリーダーシップ研究では「優秀なリーダーシップは誰もが身につけられる能力」として認知されています。

現代のリーダーシップ研究では「優秀なリーダーシップは、状況によって対応を変えることができる」として、具体的にどのような状況でどのような対応をするのが望ましいのかが研究されています。市場のグローバル化やロボット・人工知能などのテクノロジーによって労働を取り巻く環境が激変する中で、新しいリーダーシップ論が議論されています。

現代のどのリーダーシップ研究であっても、優秀なリーダーである前提として「業務内容」と「チームメンバーとの人間関係」への興味関心や役割があることとされています。

リーダーシップカテゴリーでは、現代のリーダーシップ研究の内容だけでなく、現代のリーダーシップ研究に移り変わる時代背景や、過去にはどのようなリーダーシップ論が提唱されたのか、どのような点が問題だったのかなどについて説明いたします。

リーダーシップ・パイプラインとは?管理職人材の育成方法について

リーダーシップ・パイプラインとは、次世代のリーダーを効率的かつ安定的に生み出し続ける仕組みのことを意味します。リーダーシップ・パイプラインを活用すれば、リーダーや管理職の育成に役立つだけでなく、教育体制の充実による離職防止にもつながります。今回はリーダーシップ・パイプラインの意味や目的、メリットや注意点などについてご紹介します。

オープン・リーダーシップとは?組織の運営に役立てる方法について

オープン・リーダーシップとは、組織の透明性とヨコのつながりを重視し、組織のメンバー全員が能力を発揮できるようにするリーダーシップ能力です。オープン・リーダーシップを活用すれば、組織の意思決定や業務の処理速度が格段に上がり、業界・業種を問わずフレキシブルな対応が可能になります。今回はオープン・リーダーシップの意味や目的、求められる能力やメリット・デメリットについてご紹介します。

ホリゾンタル・リーダーシップとは?組織の多様化への活用方法について

ホリゾンタル・リーダーシップとは、従来のタテの関係によるリーダシップではなく、ヨコの関係を重視した新しいリーダーシップ理論です。ホリゾンタル・リーダーシップは、自社のビジネスや組織全体の多様化・グローバル化に役立つだけでなく、女性活躍推進やダイバーシティ推進にもつながります。今回は、ホリゾンタル・リーダーシップの意味や定義、求められる能力やメリット・デメリットについてご紹介します。

オーセンティックリーダーシップとは?部下との信頼関係を構築する

オーセンティックリーダーシップとは、自分らしさを活かしたリーダーシップのことです。労働生産性や業績の向上のための企業不祥事が多く発生したことから、リーダーそのものの倫理観や道徳観の必要性について語られています。現代のリーダーシップ研究では状況に応じて発揮するリーダーシップを変えることが求められていますが、「自分自身の本質」を伝えていなければ、メンバーも戸惑ってしまいます。今回はオーセンティックリーダーシップの概要や求められる5つの特性、実践のための4ステップについて説明します。

ファシリテーション型リーダーシップとは?個人の主体性を活かす!

ファシリテーション型リーダーシップとは、会議やミーティングなどのファシリテーションの役割を行うようなリーダーシップです。メンバーが主体的に行動できるように意見を引き出すだけでなく、意見が対立した場合にも、公平な立場から総意を取りまとめるリーダーシップです。ダイバーシティの推進などで、様々な価値観や経験を持った人材が増えていく中で、メンバーの個性を最大限に活かせるファシリテーション型リーダーシップの重要性は増しています。今回はファシリテーション型リーダーシップとはどのようなものか、ファシリテーターとリーダーの違いとは何かについて説明します。

サーバントリーダーシップとは?部下を奉仕・支援し、能力を発揮させる

サーバントリーダーシップとは、現在主流となっているリーダーシップ研究のコンセプト理論の一つであり、メンバーに対して奉仕することで、メンバーの能力を最大限発揮させる環境を作るリーダーシップです。サーバント(Servant)とは「奉仕」や「使用人」などの意味の英語です。サーバントリーダーシップはメンバーに対する理解や承認を重視するため「優しい」という印象がありますが、「無関心」にならないように注意が必要です。今回はサーバントリーダーシップに求められる10個の特性やどのような状況下で有効なのか、サーバントリーダーシップを発揮した企業・人物例について説明します。

EQ型リーダーシップとは?部下や自分の感情を理解し、働きかける

EQ型リーダーシップとは、現在のリーダーシップ研究の主流であるコンセプト理論の一つです。EQとは「Emotional Intelligence Quotient」の略であり、こころの知能指数とも呼ばれます。EQ型リーダーシップでは、メンバーと感情レベルでコミュニケーションを行うことを重視しており、コミュニケーションに必要なステップを体系化しています。EQ型リーダーシップの概要や活用シーンの例、実際にEQ型リーダーシップを発揮した人物などについて説明します。

変革型リーダーシップとは?マネジメントとの違いや事例を知ろう

改革型リーダーシップとは、現在のリーダーシップ研究の主流であるコンセプト理論の一つです。改革型リーダーシップは、経営危機などによって変革を要する状況下において効果的なリーダーシップスタイルです。1999年以降の日産自動車や2000年以降のパナソニックでは、変革型リーダーシップを発揮して、V字回復を実現しました。変革型リーダーシップはどのようなリーダーシップスタイルなのか、活用するメリットやデメリット、押さえておくべき重要なポイントについて説明します。

カリスマと認知されて部下を動かす!カリスマ型リーダーシップとは?

カリスマ型リーダーシップとは、現在のリーダーシップ研究の主流であるコンセプト理論の一つです。カリスマ型リーダーシップでは、カリスマ性を先天的に身につけていることではなく、部下などからカリスマだと認知されることで発揮できるリーダーシップです。代表的な人物としてAppleの創始者であるスティーブ・ジョブス氏が挙げられます。カリスマ型リーダーシップはどのような場面で活用できるのか、活用するメリットやデメリットについて説明します。

コンセプト理論とは?課題に対してリーダーシップ・スタイルを変える

現代のリーダーシップ研究は、コンセプト理論が主流となっています。コンセプト理論は、条件適合理論を発展させたリーダーシップ論です。条件適合理論では、部下や問題の難易度に応じたリーダーシップの一般的な共通解を見つけ出すことが目的でしたが、コンセプト理論は、具体的なビジネスシーンや課題に対して、誰もが活用できるように研究されています。コンセプト理論の概要と、コンセプト理論の中でも代表的な理論について説明します。