「 リーダーシップ 」一覧

リーダーシップとは、統率力や指導力を意味する単語で、日本では組織を牽引する能力として認知されています。会社組織を成長させるためには、組織を構成する一つ一つのチームの生産性向上が必要であり、チームの生産性を向上させるためにはリーダーシップを発揮することが重要です。

リーダーシップは紀元前から着目されており、ソクラテスや孔子などもリーダーシップについて言及しています。約80年前の1940年代まで「リーダーシップは生まれ持った先天的な特性」と考えられていましたが、現代のリーダーシップ研究では「優秀なリーダーシップは誰もが身につけられる能力」として認知されています。

現代のリーダーシップ研究では「優秀なリーダーシップは、状況によって対応を変えることができる」として、具体的にどのような状況でどのような対応をするのが望ましいのかが研究されています。市場のグローバル化やロボット・人工知能などのテクノロジーによって労働を取り巻く環境が激変する中で、新しいリーダーシップ論が議論されています。

現代のどのリーダーシップ研究であっても、優秀なリーダーである前提として「業務内容」と「チームメンバーとの人間関係」への興味関心や役割があることとされています。

リーダーシップカテゴリーでは、現代のリーダーシップ研究の内容だけでなく、現代のリーダーシップ研究に移り変わる時代背景や、過去にはどのようなリーダーシップ論が提唱されたのか、どのような点が問題だったのかなどについて説明いたします。

組織の危機を乗り切るための「変革型リーダーシップ」とは?

改革型リーダーシップとは、現在のリーダーシップ研究の主流であるコンセプト理論の一つです。改革型リーダーシップは、経営危機などによって変革を要する状況下において効果的なリーダーシップスタイルです。1999年以降の日産自動車や2000年以降のパナソニックでは、変革型リーダーシップを発揮して、V字回復を実現しました。変革型リーダーシップはどのようなリーダーシップスタイルなのか、活用するメリットやデメリット、押さえておくべき重要なポイントについて説明します。

カリスマと認知されて部下を動かす!カリスマ型リーダーシップとは?

カリスマ型リーダーシップとは、現在のリーダーシップ研究の主流であるコンセプト理論の一つです。カリスマ型リーダーシップでは、カリスマ性を先天的に身につけていることではなく、部下などからカリスマだと認知されることで発揮できるリーダーシップです。代表的な人物としてAppleの創始者であるスティーブ・ジョブス氏が挙げられます。カリスマ型リーダーシップはどのような場面で活用できるのか、活用するメリットやデメリットについて説明します。

課題に対してリーダーシップ・スタイルを変えるコンセプト理論とは?

現代のリーダーシップ研究は、コンセプト理論が主流となっています。コンセプト理論は、条件適合理論を発展させたリーダーシップ論です。条件適合理論では、部下や問題の難易度に応じたリーダーシップの一般的な共通解を見つけ出すことが目的でしたが、コンセプト理論は、具体的なビジネスシーンや課題に対して、誰もが活用できるように研究されています。コンセプト理論の概要と、コンセプト理論の中でも代表的な理論について説明します。

SL理論に基づいて、部下の能力から将来のリーダーを育成しよう!

SL理論とは、部下の習熟度に合わせて発揮するリーダーシップを変える理論です。SL理論を活用すれば、業務のことが分からない新人社員には具体的な業務指示を行って教育するなど、将来のリーダーとなる人材を育てることが可能となります。SL理論の概要と、部下の習熟度に合わせてとるべきリーダーシップについて説明します。

パスゴール理論から学ぶ!状況に応じた部下との接し方とは

パスゴール理論は、条件適合理論の一つであり、部下との接し方に着目したリーダーシップ理論です。どのような状況において、どのように部下に働きかけをすれば動機づけ(モチベーション)が生まれるかについて研究された理論であり、現代のモチベーション理論とも関わっています。パスゴール理論では、課題解決の目標を明確にして、解決への道筋を部下の習熟度や動機づけに応じて対応方法を変えるリーダーシップが説明されています。今回はパスゴール理論の概要とその内容について説明します。

コンティンジェンシー理論とは?苦手な人への対応方法でリーダーシップがわかる

優秀なリーダーになるためには、取り巻く環境に応じて行動を変えることが必要です。条件適合理論のコンティンジェンシー理論では、苦手な同僚への対応の仕方によって、取るべきリーダーシップが変わることが説明されています。コンティンジェンシー理論が生まれた背景やその内容について説明します。

現代でも有用な条件適合理論とは?リーダーだけでなく部下やビジネス環境も考慮しよう!

条件適合理論は、現代でも通用するリーダーシップ論です。今までの研究はリーダーだけに着目していたのに対して、取り巻くビジネス環境や部下の能力なども考慮し、適したリーダーシップとは何かを研究した理論となります。それまでの研究である行動理論で追求できなかった「どんな仕事」を「どんな条件」で行うのかまでを考慮した理論です。条件適合理論が生まれた背景や条件適合理論の中でも代表的な理論の概要を説明します。

行動理論のPM理論とは?日本発のリーダーシップ研究の代表的理論

リーダーシップ研究の行動理論の一つに、日本発のPM理論があります。優れたリーダーの行動から優秀なリーダーの要因を追求する行動理論において、PM理論は「目標達成行動」と「集団維持行動」の2種類の行動に着目してリーダーを分類した理論です。PM理論が生まれた背景やその内容、企業組織における活用事例について説明します。

マネジリアル・グリッド理論とは?リーダーの行動から良いリーダーかを分析する

リーダーシップ研究の行動理論の一つにマネジリアル・グリッド理論があります。行動理論はリーダーの行動パターンから優秀なリーダーを分析する方法であり、リーダーのタイプが4つのみでしたが、マネジリアル・グリッド理論では81タイプに分類し、大きく5分類にまとめられています。マネジリアル・グリッド理論が生まれた背景や内容、マネジリアル・グリッド理論におけるリーダーシップについて説明します。

優れたリーダーシップの分析の基礎になる「行動理論」とは?

現代に続くリーダーシップ研究は100年以上の歴史があり、行動理論は1940年代頃から研究された代表的な理論の一つです。リーダーシップはスキルであり、身につけられる能力であるが、その能力を追求するために、優秀なリーダーの行動に着目して要因を探ろうとしたものが行動理論です。何故行動理論が生まれたのか、行動理論のうち代表的な理論であるマネジリアル・グリッド論やPM理論の概要、行動理論の問題点について説明します。