記事カテゴリー

「 リーダーシップ 」一覧

リーダーシップとは、統率力や指導力を意味する単語で、日本では組織を牽引する能力として認知されています。会社組織を成長させるためには、組織を構成する一つ一つのチームの生産性向上が必要であり、チームの生産性を向上させるためにはリーダーシップを発揮することが重要です。

リーダーシップは紀元前から着目されており、ソクラテスや孔子などもリーダーシップについて言及しています。約80年前の1940年代まで「リーダーシップは生まれ持った先天的な特性」と考えられていましたが、現代のリーダーシップ研究では「優秀なリーダーシップは誰もが身につけられる能力」として認知されています。

現代のリーダーシップ研究では「優秀なリーダーシップは、状況によって対応を変えることができる」として、具体的にどのような状況でどのような対応をするのが望ましいのかが研究されています。市場のグローバル化やロボット・人工知能などのテクノロジーによって労働を取り巻く環境が激変する中で、新しいリーダーシップ論が議論されています。

現代のどのリーダーシップ研究であっても、優秀なリーダーである前提として「業務内容」と「チームメンバーとの人間関係」への興味関心や役割があることとされています。

リーダーシップカテゴリーでは、現代のリーダーシップ研究の内容だけでなく、現代のリーダーシップ研究に移り変わる時代背景や、過去にはどのようなリーダーシップ論が提唱されたのか、どのような点が問題だったのかなどについて説明いたします。

グローバルリーダーを育成する方法とは?中長期的な教育研修が必須となる

グローバルリーダーとは、言語のみならず、国境、地域、文化など様々な分断線を越境して幅広く活躍できるビジネスリーダーのことです。市場のグローバル化や外国人人材の活用などでグローバルリーダーの需要は高まっており、採用する難易度も比例して高まるため、中長期的に育成することが大切です。今回はグローバルリーダーを育成する方法について説明します。

グローバルリーダーとはどんな人材?特徴やスキルについて

グローバルリーダーとは、言語のみならず、国境、地域、文化など様々な分断線を越境して幅広く活躍できるビジネスリーダーのことです。市場のグローバル化や外国人人材の活用などでグローバルリーダーの需要は高まっており、今後の国際的な競争力を左右すると言っても過言ではない存在です。今秋はグローバルリーダーの特徴やスキルについて説明します。

グローバルリーダーとは?すぐに育成すべき理由について

グローバルリーダーとは、言語のみならず、国境、地域、文化など様々な分断線を越境して幅広く活躍できるビジネスリーダーのことです。キーとなるのは多様性や環境への順応しやすさであり、ビジネスシーンで越境的な活躍をするには、幅広い知識や教養だけでなく、個人のスタイルを強く支える思想も重要です。今回はグローバルリーダーとはどのような人材か、なぜ重要なのかについて説明します。

フォロワーシップ理論の5つのタイプとは?各タイプの特徴を理解しよう

フォロワーシップとは、チームメンバーとしてリーダーをサポートするために、自律的に行動することを意味します。理想のチームを作るためにはリーダーシップだけでなく、チームメンバーにもフォロワーシップが求められますが、フォロワーシップは1種類だけでなく複数の種類があります。今回はフォロワーシップの5つのタイプと各タイプの特徴について説明します。

フォロワーシップとリーダーシップの違いや関係性とは?

フォロワーシップとは、チームメンバーとしてリーダーをサポートするために、自律的に行動することを意味します。理想のチームを作るためにはリーダーシップだけでなく、各チームメンバーがフォロワーシップを持つことも大切です。今回はフォロワーシップとリーダーシップの違いや関係性について説明します。

フォロワーシップとは?理想のチームを作るために求められる行動例

フォロワーシップとは、チームメンバーとしてリーダーをサポートするために、自律的に行動することを意味しています。理想のチームを作るためにはリーダーシップだけでなく、チームメンバーにもフォロワーシップが求められます。今回はフォロワーシップを実現するために求められる行動について説明します。

リーダーシップ・パイプラインとは?管理職人材の育成方法について

リーダーシップ・パイプラインとは、次世代のリーダーを効率的かつ安定的に生み出し続ける仕組みのことを意味します。リーダーシップ・パイプラインを活用すれば、リーダーや管理職の育成に役立つだけでなく、教育体制の充実による離職防止にもつながります。今回はリーダーシップ・パイプラインの意味や目的、メリットや注意点などについてご紹介します。

オープン・リーダーシップとは?組織の運営に役立てる方法について

オープン・リーダーシップとは、組織の透明性とヨコのつながりを重視し、組織のメンバー全員が能力を発揮できるようにするリーダーシップ能力です。オープン・リーダーシップを活用すれば、組織の意思決定や業務の処理速度が格段に上がり、業界・業種を問わずフレキシブルな対応が可能になります。今回はオープン・リーダーシップの意味や目的、求められる能力やメリット・デメリットについてご紹介します。

ホリゾンタル・リーダーシップとは?組織の多様化への活用方法について

ホリゾンタル・リーダーシップとは、従来のタテの関係によるリーダシップではなく、ヨコの関係を重視した新しいリーダーシップ理論です。ホリゾンタル・リーダーシップは、自社のビジネスや組織全体の多様化・グローバル化に役立つだけでなく、女性活躍推進やダイバーシティ推進にもつながります。今回は、ホリゾンタル・リーダーシップの意味や定義、求められる能力やメリット・デメリットについてご紹介します。

オーセンティックリーダーシップとは?部下との信頼関係を構築する

オーセンティックリーダーシップとは、自分らしさを活かしたリーダーシップのことです。労働生産性や業績の向上のための企業不祥事が多く発生したことから、リーダーそのものの倫理観や道徳観の必要性について語られています。現代のリーダーシップ研究では状況に応じて発揮するリーダーシップを変えることが求められていますが、「自分自身の本質」を伝えていなければ、メンバーも戸惑ってしまいます。今回はオーセンティックリーダーシップの概要や求められる5つの特性、実践のための4ステップについて説明します。