記事カテゴリー

「 モチベーション 」一覧

モチベーション(動機づけ)とは、人が行動を起こす原理となる概念のことです。従業員の仕事のモチベーションを高めることで、従業員は自発的に業務を改善するなど、情熱を持って仕事に取り組みます。しかしモチベーションが低い状態では、労働生産性やパフォーマンスの低下につながります。モチベーションが溢れる社員とモチベーションが低い社員では生産性に3倍以上もの差が生まれる調査報告もあります。

モチベーションの低下は、高すぎる目標や不明瞭・不公平な人事評価制度などによって生まれます。逆に考えると、段階的に達成できる目標設定や、明瞭かつ公平な人事制度によって従業員のモチベーションを向上させることができます。

モチベーションカテゴリーでは、そもそもモチベーションとはなにか、従業員のモチベーションを向上させるメリット、モチベーションの低下によって引き起こされる問題、従業員のモチベーションを向上させる方法やモチベーションを向上させた企業事例について説明します。

ポーターとローラーの期待理論とブルームの期待理論の違いとは?

ポーターとローラーの期待理論とは、社員のモチベーションを高めるためには「仕事に対する報酬」と「企業の目的と社員の目的の一体化」が重要であるとする理論です。期待理論にもとづいたマネジメントを行えば、社員のモチベーションアップにともなう生産性の向上が期待できます。今回は、ポーターとローラーの期待理論とブルームの期待理論との違いや、マネジメントでの活用方法をご紹介します。

ブルームの期待理論とは?企業のモチベーションを計算しよう

ブルームの期待理論とは、モチベーションがどのように生じるのかについて着目したモチベーション理論です。ブルームの期待理論は、以降のモチベーション理論の基礎となっている、組織のモチベーションマネジメントを行う上で是非知っておきたい理論です。今回は、ブルームの期待理論における計算式の具体例や、企業での活用方法についてご紹介します。

マクレランドの欲求理論とは?理論の概要や企業での活用方法について

マクレランドの欲求理論とは、従業員の行動には「達成動機(欲求)」「親和動機(欲求)」「権力動機(欲求)」「回避動機(欲求)」のうちいずれかの動機が存在するという理論です。マクレランドの欲求理論は、企業におけるモチベーションマネジメントの重要な参考になります。今回は、マクレランドの欲求理論の概要や各欲求が強い人の特徴、企業におけるマネジメントへの活用方法についてご紹介します。

衛生要因とは?衛生要因を高める方法やメリット・デメリットについて

衛生要因とは、不満足要因とも呼ばれる「これが整備されていないと社員は満足感を持てない」という要素です。衛生要因を満たしていない組織では、社員のモチベーションが低下するだけでなく、離職につながる危険もあります。今回はハーズバーグの二要因理論における衛生要因について、詳しくご紹介します。

動機付け要因とは?動機付け要因を高める方法やメリットについて

動機付け要因とは、達成感や承認欲求などといった、仕事への「やりがい」に直接関わる要因です。動機付け要因は、社員のモチベーションを高めて企業全体の生産性を向上させる上で、非常に重要な要素です。今回は、ハーズバーグの二要因理論における動機付け要因について、詳しくご紹介します。

ハーズバーグの二要因理論とは?動機付け要因と衛生要因について

ハーズバーグの二要因理論とは、仕事における「満足」と「不満足」につながる要因が、それぞれ全く別の原因であるとする理論です。社員のモチベーションマネジメントを行う上では、動機付け要因と衛生要因のどちらか一方だけでなく、両方を満たす必要があります。今回は、ハーズバーグの二要因理論についてご紹介します。

Z理論とは?X理論・Y理論との関係や動機付けへの活用方法について

Z理論とは、権利統制と命令統制による上からの押しつけ型であるX理論と、社員の自主性を尊重するY理論の間を取った、X理論とY理論の「いいとこどり」の理論です。Z理論を活用すれば、社員のモチベーションアップにつながる動機付けを行うことができます。今回はZ理論とX理論・Y理論との関係や、Z理論を社員の動機付けにつなげる方法などについてご紹介します。

X理論・Y理論とは?モチベーションアップ理論をわかりやすく解説!

マクレガーのX理論・Y理論とは、約60年前に提唱された動機付けに関する理論であり、性善説と性悪説にもとづいたマネジメント手法です。X理論・Y理論は、社員のモチベーションを高めるマネジメントを行う上で、重要な参考になります。今回は社員のモチベーションマネジメントを行う上で参考となるX理論・Y理論について、わかりやすくご紹介します。

アンダーマイニング効果とは?モチベーション低下を防ぐ方法について

アンダーマイニング効果とは、内発的に動機づけられた行為に対して外発的な動機づけを行うことによって、モチベーションが低下する現象を意味する言葉です。アンダーマイニング効果は、社員のモチベーション向上を目指した施策が原因で起こり、企業にさまざまな悪影響を与えます。今回はアンダーマイニング効果の意味や定義、研究事例や防ぐ方法についてご紹介します。

エンハンシング効果とは?意味や定義、活用方法や注意点について

エンハンシング効果とは、外発的動機付けによって内発的動機付けが高まり、モチベーションが上がる効果を意味する言葉です。エンハンシング効果を活用すると、社員の内発的動機付けによるモチベーションアップ効果が期待できます。今回は、外発的動機付けから内発的動機付けを発生させる「エンハンシング効果」について詳しくご紹介します。