「 モチベーション 」一覧

モチベーション(動機づけ)とは、人が行動を起こす原理となる概念のことです。従業員の仕事のモチベーションを高めることで、従業員は自発的に業務を改善するなど、情熱を持って仕事に取り組みます。しかしモチベーションが低い状態では、労働生産性やパフォーマンスの低下につながります。モチベーションが溢れる社員とモチベーションが低い社員では生産性に3倍以上もの差が生まれる調査報告もあります。

モチベーションの低下は、高すぎる目標や不明瞭・不公平な人事評価制度などによって生まれます。逆に考えると、段階的に達成できる目標設定や、明瞭かつ公平な人事制度によって従業員のモチベーションを向上させることができます。

モチベーションカテゴリーでは、そもそもモチベーションとはなにか、従業員のモチベーションを向上させるメリット、モチベーションの低下によって引き起こされる問題、従業員のモチベーションを向上させる方法やモチベーションを向上させた企業事例について説明します。

社内イベントで社員のモチベーションをアップ!目的を明確にしよう

社内イベントには業績向上との相関関係があることが調査から分かっています。しかし社内イベントの目的を明確にしなければ、失敗してしまう可能性が高いです。社員のモチベーションアップ、社内コミュニケーションの活性化、内定者フォローなどの目的のうち、今回は社員のモチベーションアップに着目した社内イベントの概要についてお伝えします。他社でもやっているから、毎年やっているからではなく、どうすれば社員のモチベーションが向上するのか、明確な目的意識をもって社内イベントを企画・運営しましょう。

社員のモチベーションをアップさせる社内報のススメ!

社員のモチベーションアップの施策のひとつとして「社内報」があります。近年では紙媒体からWEB媒体へ移行することで印刷や郵送コストの削減をしたり、中には動画を使った社内報を出す企業も出てきました。社員のモチベーションをアップさせる社内報をつくるためには、社員を褒めることです。表彰式よりも多くの頻度で社員を褒めることができる社内報は、継続してモチベーションをアップさせるのに有効です。複数の事業部がある会社でも従業員全体が関われるモチベーションアップ方法ですが、そもそも読んでもらえなければ意味がないため、読んでもらうことも含めて設計をすることが大切です。

社員のモチベーション向上に成功した企業の事例5選!

社員のモチベーションを向上させることができれば、労働生産性も向上し、業績も上がり、離職も減るなどと多くのメリットが得られます。一方で、仕事に対してやる気の出ない社員が過半数を占めていると言われています。社員のモチベーションを向上させたいと思いながらも、効果が出ない・何をしたらよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?他者企業のモチベーション向上事例として、具体的にどんな施策を行ったのか、その目的や内容の詳細について説明します。

社員のモチベーションをアップする施策リストとは?理由も含めて解説!

社員のモチベーションアップは、労働生産性の向上をはじめとした、多くのメリットがあります。具体的にモチベーションをアップさせる施策には、多くの施策があります。しかし自社の従業員に適した施策の選択ができずに、なかなか社員のモチベーションが上がらない、効果を実感できないことも多くあります。社員のモチベーションを上げる主な施策を7つ挙げ、どのような社員がいる場合に効果的であるか、施策内容も含めて説明します。

社員のモチベーションをアップする方法とは?欲求を理解しよう!

モチベーションとは「動機付け」のことです。達成するべき何かがなければ、そもそも動機は生まれません。アメリカの有名な心理学者マズローが提案した欲求の5段階説を用いて、社員のモチベーションをアップさせるために必要な方法についてを説明します。低次の欲求を段階的に満たさなければ、社員もモチベーションアップにはつながりません。承認・尊厳欲求や自己実現欲求は、従業員ごとの価値観によって何をすれば満たされるかが異なります。まずは自社の社員が大事にしている、譲れない価値観などを理解することが大切です。

社員のモチベーション低下が引き起こす問題と対策とは

社員のモチベーション低下によって引き起こる問題は重大です。ある調査によると、モチベーションが低い社員は、モチベーションの高い社員と比べて、生産性が約30%と報告されています。また、優秀な人材ほど、モチベーション低下による離職につながりやすい報告もあります。業績を上げるためには、社員のモチベーション低下を防ぐことは重要です。社員のモチベーション低下によって引き起こる問題や、モチベーション低下を防ぐための労働環境の整備について説明します。

モチベーションマネジメントとは?心理学目線からポイントを解説

社員のモチベーションマネジメントは、業績を上げる意味でも非常に重要です。やる気溢れる社員は、満足していない社員に比べて、労働生産性が3倍も違う調査結果や、会社に対してやる気がないと考えている社員が6割にもなる調査結果があります。モチベーションは継続して高めることに意味があり、モチベーションマネジメントが非常に重要です。心理学目線から考える、モチベーションが上がる・下がる要因や、その付き合い方について説明します。

社員のモチベーションとは?高めることのメリットやその要因

人手不足が大きな社会問題となっていますが、社員のモチベーションが下がっていることが要因の一つかもしれません。離職率を下げ、業績をあげる「社員のモチベーション」について解説します。モチベーションとは「動機づけ」の意味で、仕事においてモチベーションが高いということは、業績を上げるために自ら情熱を注いでいる状態のことです。モチベーションには大きく分けて二種類あり、内的動機づけと言われる仕事そのものに基づくものと、外的動機づけと言われるインセンティブや評価といった人為的なものです。モチベーションが上がる要因としては、正当な評価、ワークライフバランスの推進、円滑な人間関係などがあります。

仕事の幸せはやりがいか給料か?転職ではどちらを重視すべきなのか

就職活動や転職活動において、仕事のやりがいか給料か、どちらを重視すべきなのかという問題について、多くの人が議論を重ねています。心理学でも「お金で幸せが買えるのか」という議題に対して、様々な研究がされてきました。今回は心理学の実証研究から、年収別の幸福度や幸せが買えるお金の使い方から、就職活動や転職活動時の仕事選びの際に重視すべきポイントとして「やりがいか給料か」の課題をひもといて説明します。

仕事のやりがいと内発的動機付けの関係は?日本をグローバルで見ると

仕事のやりがいは人それぞれです。地位やお金を重視する人もいれば、仕事内容を重視する人もいるでしょう。しかし仕事にやりがいを感じる環境であれば、企業の成長を人材がサポートしてくれるでしょう。仕事の動機には、外発的動機づけと内発的動機づけの2種類があります。それぞれの関係と職務満足度への影響を、国際論文の内容から紐解いていきます。