記事カテゴリー

「 助成金 」一覧

助成金とは、国や自治体が推進する内容と合った活動を行う企業を支援する制度であり、条件を満たした上で申請を行うことで、税金からお金が交付されます。

厚生労働省では、人的課題を解決しようとする企業に対して、多くの助成金を設けています。取組内容によって対象となる助成金やコース、助成金額はさまざまあり、受給できる条件や金額なども定期的に見直されています。新しく設置される助成金もあれば、廃止されたり、統合される助成金などもあります。

助成金は条件を満たせば必ず助成されるものではなく、必ず申請を行う必要があります。助成金の中には、新しく制度を導入する・設備投資を行うなどが受給できる条件として掲げられているものもあり、何かしらの施策を実施する前に、該当する助成金がないかどうかを確認することをおすすめします。

助成金カテゴリーでは、主に既存従業員の離職防止や生産性向上、新規人材の採用時に活用できる助成金について説明します。

人材確保等支援助成金 キャリアアップ助成金 労働移動支援助成金 時間外労働等改善助成金 業務改善助成金 産業保健関係助成金

小規模事業場産業医活動助成金とは?産業医を活用しよう!

常時50名以上を使用する事業場には産業医の選任が義務付けられています。常時50名未満でも産業医や保健師の助言や指導、労働者が直接相談できる環境を整備することで受給できる助成金が小規模事業場産業医活動助成金です。産業医は労働者の健康管理を行う専門家であり、労働者の安全配慮義務を満たすためにも非常に重要な存在です。今回は小規模事業場産業医活動助成金の目的や各コースの違い、受給要件や受給金額などについて説明します。

心の健康づくり計画助成金とは?メンタルヘルス不調の予防対策をしよう!

心の健康づくり計画助成金とは、従業員のメンタルヘルス不調の予防や事前対策に活用できる助成金です。労働人口が減少している一方で、精神障害等の労災認定件数は増加しており、メンタルヘルス不調を抱える労働者の比率は増加しています。精神障害ほど重度ではないものの、潜在的に軽度のメンタルヘルス不調を抱えている労働者は多くいると予想されます。心の健康づくり計画助成金の目的や受給要件、受給金額や申請の流れについて説明します。

職場環境改善計画助成金とは?ストレスチェックを有効活用しよう!

平成27年度から常時50名以上の従業員がいる事業所を抱える事業主に対してストレスチェックが義務化されました。50名未満でも努力義務として、なるべくストレスチェックを実施するように努めなければならないとされています。ストレスチェックは、従業員のメンタルヘルス不調に事前に気づくことが目的であり、ストレスチェックの結果を有効活用しなければ、職場環境の改善には繋がりません。政府は、ストレスチェック制度を活用しながら従業員のメンタルヘルス不調の予防を企業に促進するために、職場環境改善計画助成金を設けています。ストレスチェックの結果をどのように活用すれば助成金を受給できるのか、職場環境改善計画助成金の目的や受給要件、受給金額について説明します。

ストレスチェック助成金とは?50人未満でもストレスチェックは努力義務!

ストレスチェック助成金とは、ストレスチェックが努力義務である常時50名以上を抱える事業所がない事業主向けに、ストレスチェック制度の導入を促進するために誕生した助成金です。今後ストレスチェックが義務化する規模まで成長しそうな企業において、自社制度を整える意味でも活用していただきたい助成金です。ストレスチェック助成金が誕生した背景として、精神障害などの労災の申請・認定件数が増加傾向にあることが考えられます。今回はストレスチェック助成金の目的や受給要件、受給金額などについて説明します。

産業保健関係助成金とは?メンタルヘルスケアを積極的に実施しよう!

産業保健関係助成金とは、労働者健康安全機構が設けている助成金で、労働者が健康的に働ける環境づくりに活用できる助成金です。産業保健関係助成金は比較的新しい助成金で、誕生した背景として「長時間労働などによる労災認定件数の増加」などがあると考えられます。産業保健関係助成金には、4つの助成金があり、ストレスチェックを実施したり、職場環境の改善を行うことで受給できます。今回は産業保健関係助成金の目的や各助成金について、受給できる金額や要件について説明します。

【業務改善助成金の記入例】申請書類の書き方とは?

業務改善助成金とは、労働生産性を向上させるための設備投資を行い、最低賃金を引き上げた場合に受給できる助成金です。助成金を受給するためには、どんな設備投資を行い、どんな効果が得られるのかを記載する事業実施計画書を記入し、提出する必要があります。業務改善助成金の申請の流れや、申請に必要な書類の書き方について説明します。

【人材確保等支援助成金】雇用管理制度助成コースとは?

人材確保等支援助成金の雇用管理制度助成コースとは、離職率を低下させるための「評価・処遇制度」や「研修制度」、「メンター制度」などを新たに導入することで受給できる助成金です。目標達成助成であるため、申請の際には現状の離職率と目標とする離職率を記載した雇用管理制度整備計画書を提出する必要があります。雇用管理制度助成コースの目的や受給金額、達成目標として必要な数値などについて説明します。

時間外労働等改善助成金のテレワークコースとは?導入費用が軽減できる!

時間外労働等改善助成金のテレワークコースとは、テレワーク導入のための設備投資などの費用の一部負担される助成金です。企業全体の2割弱しか導入していないテレワーク制度ですが、導入企業の8割が効果があったと実感しており、マイナスだと考えているのは1.5%のみと、多くの企業で効果が得られる有用な施策であると言えます。今回は時間外労働等改善助成金のテレワークコースの受給要件や達成目標、受給金額などについて説明します。

業務改善助成金の受給事例とは?他社の取り組みを参考にしよう!

業務改善助成金とは、労働生産性を向上させるための設備投資を行い、最低賃金を引き上げた場合に受給できる助成金です。既にいくつかの企業が業務改善助成金を受給しており、取組内容や効果も現れています。今回は業務改善助成金を受給した企業の取り組み内容やその効果をご紹介します。

【人材確保等支援助成金】人事評価改善等助成コースとは?

人材確保等支援助成金の人事評価改善等助成コースとは、人事評価を整備し、離職率を改善した場合に受給できる助成金です。人事担当者としても離職率改善には人事評価制度が重要だと考えていながらも、未だに多くの従業員が自社の人事評価制度に不満を抱えています。人事評価改善等助成コースの目的や受給要件、どんなことをしたら助成されるのかについて説明します。