記事カテゴリー

「 採用 」一覧

少子化に伴う労働力人口の減少や、正社員が不足している企業比率の増加などから、人材の獲得競争が激化しており、今後しばらくは続くものと予想されています。定年を迎えて退社する人員の補充だけでなく、新卒採用・中途採用のともに3年以内の離職率が30%を上回っており、人材採用の重要性と難易度が高まっています。

採用では、人材の見極めだけでなく採用選考プロセスを通じて入社意欲を高める取り組みを実施することも重要です。採用したいと思った優秀な人材は、複数社から内定をもらっていることが多く、その中でも自社を選んでもらえるための仕組みを採用選考プロセスに導入することが大切です。

採用カテゴリーでは、面接やグループワークなどの採用選考プロセスだけでなく、内定承諾や内定者フォローなどの内定辞退を防止する施策、海外では実績があるが日本ではあまり実績がなく、今後流行るかもしれない採用手法などについて説明します。

グループワーク 内定承諾 内定者フォロー 採用手法 適性検査 面接 採用コスト

採用コストの削減方法とは?採用競争で不利にならない削減方法について

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」のことを意味します。採用コストを削減する際は、上手な方法をとることで他社との採用競争を有利に進められるようになります。今回は、採用コストを削減する際に、他社との採用競争で不利にならないための方法をご紹介します。

職務適応検査とは?職務適応性で異なる仕事の向き・不向きについて

職務適応検査とは、人材が職務をスムーズに遂行するために必要な知識や技術を、どれだけ速く身に付けられるかを測る検査です。職務適応検査の結果から、人材の職務適応性に合った役職や業務を的確に与えることができれば、人材の定着率や仕事の生産性の大きな向上が期待できます。今回は、職務適応性の種類と、種類ごとの仕事の適性についてご紹介します。

採用コストの内訳とは?求人広告と人材紹介の効果的な活用方法

採用コストの内訳とは、大きく分けて内部コストと外部コストの2種類に分類できます。採用コストの内訳を見直すことで、限られた予算を効果的に運用できるようになり、採用競争が有利になります。今回は採用コストの内訳を詳しく説明した上で、上手なコスト配分の方法についてご紹介します。

職務適応性検査とは?採用活動における効果的な活用方法について

職務適応性検査とは、職務をスムーズに遂行するために必要な知識や技術を、人材がどれだけ速く身に付けられるかを測る検査です。職務適応性検査は、応募者が現時点で持っているスキルだけでなく、将来的なポテンシャルを含めた適性を測ることができます。今回は職務適応性という言葉の意味や定義、職務適応性検査のメリットとデメリットについてご紹介します。

採用コストの推移状況とは?求人広告費と人材紹介費の予算配分の現状

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」を意味します。採用コストの推移を知っておけば、一人当たりの採用にかける単価や採用コストの予算配分を決める際の重要な参考になります。今回は採用コストの推移と予算配分の現状についてご紹介します。

採用コストとは?一人当たりの平均単価や採用コストの計算方法について

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」のことを意味します。売り手市場が続く日本で人材獲得競争を勝ち抜くためには、限られた予算をいかに運用し、採用コストを削減するかが重要になります。今回は採用コストの概要と計算方法について説明した上で、一人当たりの平均単価や相場の違いについてご紹介します。

ストレス耐性検査とは、どんなことが分かるのか?先天的・後天的な要素で考えよう

ストレス耐性検査とは、適性検査の一種で、ストレス耐性の強さを見極める検査です。精神障害の労災請求が年々増加しており、多くの企業が入社前にストレス耐性を見極めようとしています。今回はストレス耐性検査で見極められる6つの要素と、見極めるべき要素について説明します。

ビッグファイブの神経症傾向とは?ストレス耐性に影響を与える!

ビッグファイブの神経症傾向とは、ネガティブなことへの感情の反応を示すもので、ストレス耐性にも大きな影響を与えています。神経症傾向が低い人材=ストレス耐性が強い人材=優秀な人材と考えられがちですが、得手不得手があることを理解することが大切です。今回は神経症傾向の特徴や、神経症傾向が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

意図せずやりがちな圧迫面接の5例!応募者目線で考えよう

圧迫面接とは、新卒採用・中途採用共に「クレームや要望への対応スキル、ストレス耐性」を見極めるために、わざと意地悪いな質問や威圧的な態度をとる面接手法です。面接官が圧迫面接をやろうとしていなくても、求職者が圧迫面接だったと捉えてしまうことがあり、母集団形成や業績へ悪影響を与えることも少なくありません。今回は意図せずやりがちな圧迫面接の5例から、求職者視点・改善ポイントについて説明します。