記事カテゴリー

「 採用 」一覧

少子化に伴う労働力人口の減少や、正社員が不足している企業比率の増加などから、人材の獲得競争が激化しており、今後しばらくは続くものと予想されています。定年を迎えて退社する人員の補充だけでなく、新卒採用・中途採用のともに3年以内の離職率が30%を上回っており、人材採用の重要性と難易度が高まっています。

採用では、人材の見極めだけでなく採用選考プロセスを通じて入社意欲を高める取り組みを実施することも重要です。採用したいと思った優秀な人材は、複数社から内定をもらっていることが多く、その中でも自社を選んでもらえるための仕組みを採用選考プロセスに導入することが大切です。

採用カテゴリーでは、面接やグループワークなどの採用選考プロセスだけでなく、内定承諾や内定者フォローなどの内定辞退を防止する施策、海外では実績があるが日本ではあまり実績がなく、今後流行るかもしれない採用手法などについて説明します。

グループワーク 内定承諾 内定者フォロー 採用手法 適性検査 面接の仕方 採用コスト 面接手法 面談

フリートーク面接とは?採用活動に失敗する場合は構造化面接で精度向上を

フリートーク面接とは、雑談面接とも呼ばれる面接手法です。フリートークや雑談を中心とした採用面接で、候補者の真のコミュニケーションや素の姿を見抜きます。しかし最近は、フリートーク面接では自社が本当に欲しい人材を獲得できないと指摘する声も上がっています。今回は、フリートーク(雑談)面接で人材が見極められない原因や問題点、解決方法や対処策について説明します。

中小企業で雑談面接を導入するメリット・デメリット・注意点について

雑談面接とは、雑談形式による面接手法で、候補者の本音や真のコミュニケーション能力を見抜くのに役立つというメリットがあります。しかし人事担当者や採用担当者のリソースが限られる中小企業において、雑談面接を導入するには注意も必要です。今回は、雑談面接を中小企業が導入するメリット、デメリットを生まないための対策や注意すべきことについて説明します。

雑談面接とは?候補者のコミュニケーション能力を見抜く手法として有効なのか

雑談面接とは、雑談形式による面接のことです。候補者が想定していない質問を投げかけて、それに対する回答や話し方などから候補者の「真のコミュニケーション能力」を見抜くのに役立ちます。しかし、単なるおしゃべりに終始しないよう注意も必要です。今回は、雑談面接の意味や定義、おおまかな流れ、企業側と候補者側それぞれのメリット・デメリットと、雑談面接におけるポイントについて説明します。

集団面接と個人面接の役割や目的の違いとは?うまく使い分けよう

採用のプロセスを大幅に見直して採用活動の質向上を図るためには、集団面接と個人面接の役割を比較して明確にすみ分けを行うことも大切です。今回は、面接の目的、見極めるべき項目、企業側・候補者側それぞれのメリット・デメリット、そして面接実施にあたり必要となる準備について、集団面接と個人面接を比較する形で説明します。

集団面接の準備と全体の流れとは?人材を見極めるポイントについて

集団面接とは、選考の初期段階で行うグループ面接のことで、採用効率の向上を図ることができる面接手法です。集団面接では、自社の採用要件を最低限満たしているかを複数の面接官でぶれずに判定できるよう、集団面接の準備、全体の流れを事前に確認・準備しておくことが大切です。今回は集団面接の準備と全体の流れについて説明します。

集団面接とは?面接官が知っておくべきメリット・デメリットについて

集団面接とは、選考の初期段階で行うグループ面接のことです。短時間で複数の候補者を選考できる効率のよい手法ですが、目的や運用方法が形骸化してしまうと、自社に合う人材を見落としてしまうリスクもあります。今回は集団面接の意味や定義とメリットとデメリットについて説明します。

個人面接の流れとは?成功させるためには事前の準備が必要不可欠

個人面接とは、応募者1人に対して面接官が1人または複数人で実施する面接手法で、相手の能力や人柄を深く掘り下げて理解できるというメリットがあります。しかし応募者が詰問されたと感じてしまった場合などには、圧迫面接と感じてしまう恐れがあるため、注意が必要です。本記事では、個人面接のメリット・デメリットから、行う目的、事前準備、見極める内容など「個人面接の流れ」について解説します。

個人面接とは?最も基本的な面接手法の重要性を再確認しよう

個人面接とは、応募者1人に対して、面接官1人または複数人で行う面接手法で、多くの企業で採用されている面接方法です。個人面接では2つの目的を達成するために面接官が一人何役もこなさなければならないだけでなく、採用判断につながる客観的な評価をしなければならないことが難度を上げています。今回は個人面接について説明します。

採用面接の悩み別、12種類の面接手法メリット・デメリットについて

採用面接には、集団面接と個人面接、構造化面接と非構造化、電話面接・Web面接のように、様々な種類があります。人事担当者は面接の目的や採用課題に合わせて最適な面接手法を選定し、役員や経営者も含めて、面接担当者や採用関係者一同に意図や面接手順を教育しなければなりません。本記事では、5つのお悩み別に12種類の面接方法(手法)を網羅的に取り上げ、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

面接実施前・面接中・面接実施後、3つのフェーズ別「面接の方法」とは

面接の方法を見直すことは、面接の質向上はもちろん、内定辞退や早期離職のリスクを回避することにも役立ちます。本記事では、面接実施前の準備段階、面接実施中、面接実施後の3つのフェーズで、面接官や人事担当者が何をするべきかを体系的に整理して、面接の方法を説明します。