記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (51)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (88)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 採用 」一覧

    少子化に伴う労働力人口の減少や、正社員が不足している企業比率の増加などから、人材の獲得競争が激化しており、今後しばらくは続くものと予想されています。定年を迎えて退社する人員の補充だけでなく、新卒採用・中途採用のともに3年以内の離職率が30%を上回っており、人材採用の重要性と難易度が高まっています。

    採用では、人材の見極めだけでなく採用選考プロセスを通じて入社意欲を高める取り組みを実施することも重要です。採用したいと思った優秀な人材は、複数社から内定をもらっていることが多く、その中でも自社を選んでもらえるための仕組みを採用選考プロセスに導入することが大切です。

    採用カテゴリーでは、面接やグループワークなどの採用選考プロセスだけでなく、内定承諾や内定者フォローなどの内定辞退を防止する施策、海外では実績があるが日本ではあまり実績がなく、今後流行るかもしれない採用手法などについて説明します。

    グループワーク 内定承諾 内定者フォロー 採用手法 適性検査 面接 採用コスト

    性格検査の種類とは?3種類の特徴を理解して活用しよう!

    採用選考などで用いられる性格検査には、主に3種類の手法に分類ができます。3種類それぞれの手法には、検査時間や結果の信頼性、検査者の熟練度などに違いがあり、メリット・デメリットを理解した上で自社で活用する方法を考えることが重要です。今回は性格検査の種類と、それぞれの手法の特徴について説明します。

    「オヤカク」とは?内定者フォローとしてオヤカクの対応は必要なのか?

    オヤカクとは、企業が内定予定者の親に対して、内定承諾の確認を行うことです。オヤカクが求められるようになった背景として、少子化などで親が進路に慣用する機会が多くなったことや大手企業が安泰ではなくなったこと、ブラック企業問題の表面化などが挙げられます。今回はオヤカクが求められるようになった背景や実態、施策内容やポイントについて説明します。

    採用業務の効率化と内定率UPを両立する3つのポイントとは

    採用業務の効率化は、人事担当者にとって重大な課題となっています。売り手市場が続くことで「以前と同じやり方では人材確保が厳しい」だけでなく、働き方改革の推進により「就労環境や人事制度の整備」などへの対応も求められています。採用における課題として約7割の人事担当者が「マンパワーが課題である」と挙げています。売り手市場で人事担当者を採用するのも難しくなる中、採用業務を効率化させながら内定辞退率を低下させる3つのポイントについて説明します。

    性格検査を採用の現場で活かす方法とは?適性検査の種類を知る

    適性検査の一つである性格検査とは、曖昧で抽象的な概念である性格や価値観を、客観的かつ具体的に明示化してくれる検査です。しかし性格検査は分析を行うのみで、人事業務へ具体的にどのようにして応用していけばよいのかについては、利用者に委ねられ、有効活用できていないことも多々あります。今回は性格検査とは何か、自社ならではの形で活用するための方法やメリットについて説明します。

    採用通知書に記載すべき内容とは?テンプレートから具体例を紹介!

    採用通知書とは、応募者が内定者になることを通知する書面であり、内定者として初めての接点となる手段です。採用通知書は事務的な手続きと考えられがちですが、内定者フォローの第一歩であると考えると、非常に影響力の多い手法です。売り手市場によって、内定獲得数も増加しており、優秀な人材であればあるほど、自社を選んでもらうための取り組みは重要です。今回は採用通知書のテンプレートから、記載すべき内容や具体例について説明します。

    面接で失敗しないための2つの目的とは?目的ごとに配分を考えよう!

    面接は全企業のうち99.4%が実施している採用活動プロセスです。面接の目的としては「応募者を見極める」ことが第一に挙げられますが、売り手市場においては「応募者の惹き付け」を行うことも重要です。新卒採用において、過半数の学生が2社以上からの内定を取得しており、「複数の内定から自社を選んでもらう」仕組みを面接にも取り入れることが大切です。面接の目的である「応募者の見極め」と「応募者の惹き付け」を行うことの重要性ややり方、注意点や配分について説明します。

    なぜ採用通知書が必要なのか?目的や内容、送付時期とは?

    採用通知書は、採用選考の合否を通知する事務的な手続きとして考えられがちですが、内定者との1回目の接点となる連絡です。優秀な人材を確保するためには、採用選考で人材を選ぶ視点だけでなく、優秀な人材から自社を選んでもらうという内定者フォローとしての視点が非常に重要です。口頭での採用通知だけでは不安に思う求職者も多いため、書面やメールなどで、確認できる形で採用通知を行うことが重要です。今回は採用通知書の目的や記載すべき内容、送付時期について説明します。

    「面接の仕方」改善や見直しに役立つ6つのチェックポイント

    少子化に伴う労働人口の減少に伴い、人材獲得の難易度が上がり続けています。人手不足を理由とする倒産も年々増加しており、中小企業のみにおける大卒求人倍率は9.91倍との調査もあります。一方で「志望していなかった/滑り止め」企業に就職する学生は「面接などの選考試験を重ねていく中で徐々に志望度が上がった」ことを挙げています。採用面接は、人材の見極めを行う場であると同時に、求職者の志望度を向上できる場でもあります。採用面接で志望度を上げることができれば、採用競争力の向上もできると考えられます。今回は面接の仕方の改善や見直しを行う上で、役に立つ6つのチェックリストを紹介致します。

    RJP事例に学ぶ〜RJP理論を取り入れた採用成功事例とは〜

    ポジティブな情報だけでなくネガティブ情報も含めて、リアルな現場を伝えるRJP理論(Realistic Job Preview)。ネガティブな情報を伝えることで母集団形成ができなくなるとの懸念はありますが、アメリカでは40年以上研究・実証され、一部の日本企業でも導入されています。リアルを伝えることで、入社後のミスマッチが減り、定着し活躍する人材の採用が可能になった企業も多くあります。今回は日本企業におけるRJP理論を取り入れた採用戦略の事例について説明します。

    RJP理論とは?ネガティブな情報も伝えることで入社後のミスマッチを防ごう!

    人材の獲得が難しくなっていく中、採用段階で早期離職を防止する施策にも注目が集まっています。採用の前に、自社のポジティブな情報だけでなくネガティブな情報も公表する「RJP理論(Realistic Job Preview)」がアメリカで1970年代に提唱され、広く研究・実証されているものがあります。日本では「ネガティブ情報を公開することで人が集まらなくなるのでは」との懸念があると思いますが、アメリカではそれを補って余りあるほどの実証効果があります。今回はRJP理論の概要について説明します。