記事カテゴリー

「 採用 」一覧

少子化に伴う労働力人口の減少や、正社員が不足している企業比率の増加などから、人材の獲得競争が激化しており、今後しばらくは続くものと予想されています。定年を迎えて退社する人員の補充だけでなく、新卒採用・中途採用のともに3年以内の離職率が30%を上回っており、人材採用の重要性と難易度が高まっています。

採用では、人材の見極めだけでなく採用選考プロセスを通じて入社意欲を高める取り組みを実施することも重要です。採用したいと思った優秀な人材は、複数社から内定をもらっていることが多く、その中でも自社を選んでもらえるための仕組みを採用選考プロセスに導入することが大切です。

採用カテゴリーでは、面接やグループワークなどの採用選考プロセスだけでなく、内定承諾や内定者フォローなどの内定辞退を防止する施策、海外では実績があるが日本ではあまり実績がなく、今後流行るかもしれない採用手法などについて説明します。

グループワーク 内定承諾 内定者フォロー 採用手法 適性検査 面接の仕方 採用コスト 面接手法 面談

採用ルートとは?多様化する母集団形成手法の特徴を知り、活用しよう

労働力人口が減少し、有効求人倍率が増床していく中で、様々な採用手法が活用されています。求職者が企業にプレエントリーして面接に至る従来の手法は減少傾向にあり、企業としても新しい採用ルートの特徴を知り、積極的に活用していくことが求められます。今回は多様化する採用ルートの概要について説明します。

新卒採用で学生の素直さを見抜くための方法や面接の質問例とは?

新卒の採用面接で「素直さ」を見極めるべき採用要件としたものの、複数の面接官による評価がバラバラで、採用すべき人材かどうかを別途検討しなければならないなど、非効率が生じているケースは少なくありません。本記事では、採用面接で学生の「素直さ」を見極めるための方法・質問例を紹介します。

インフルエンサー採用とは?自社マーケティングの活性化にもつながる!

SNSにおけるインフルエンサーは企業の活動にも大きく影響を与えています。インフルエンサーを採用基準として定めたインフルエンサー採用が、一部の企業で導入され始めています。今回は自社マーケティングを強化する上での一手となるインフルエンサー採用について説明します。

内定取り消しでの損害賠償事例とは?過去の裁判例から判断基準を学ぼう

採用活動をしていると内定を取り消さなければならない事態が発生することもあります。採用や人事担当としては一度出した内定を取り消すことができるのか、できるとしたらどういった場合かなどを押さえておく必要があります。今回は「内定取り消し」によって実際に損害賠償が起こった事例をご紹介します。

採用面接でチームワーク力を見極める方法や具体的な質問例とは?

多くの企業が「チームワーク」を重視しています。様々な業種や職種で、多様な人とコラボレーションしてチームで目標達成を図るスキルが求められています。しかし応募者のチームワーク能力は、面接官による評価のばらつきが生じやすく、見極めはとても難しいものです。本記事では、面接で応募者のチームワークを見抜くための質問方法を解説します。

ワークサンプルテストを採用で活用する方法とは?準備や設計が重要

ワークサンプルとは、体験入社やインターンシップなどで自社の業務を疑似体験してもらうことで、求職者のスキルを見極めることです。ワークサンプルを採用に活用するためには、事前の準備や設計をしっかり行うことが大切です。今回はワークサンプルテストを採用で活用する方法や注意点について説明します。

内定取り消しが合法・違法となる理由とは?客観的かつ合理的に判断しよう

採用活動では多くの内定辞退が発生しており、企業も採用予定数よりも多くの内定を出す現状です。企業側からの内定取り消しについては、合理的な理由がない場合には違法として損害賠償問題に発展する可能性もあるため、判断には慎重になる必要があります。今回は合法・違法となる内定取り消しにおける理由について説明します。

採用面接で応募者の積極性を見極める方法や質問の具体例とは?

企業が応募者に求めるヒューマンスキルのなかでも、特に優先度が高いのが「積極性」です。しかし面接という限られた時間のなかで、応募者の積極性を正確に把握することはとても難しく、面接官によって評価にばらつきが生じやすいものです。本記事では、面接で応募者の積極性を見抜くための質問方法を解説します。

ワークサンプルのテストとは?スキルの見極めに活用しよう

ワークサンプルとは、体験入社やインターンシップなどで自社の業務を疑似体験してもらうことで、求職者のスキルを見極めることです。スキルを見極めるためには、業務内容に即した内容でテストを実施しなければ意味がないものになってしまいます。今回はワークサンプルの概要と、どのようなテストが考えられるのかについて説明します。

内定取り消しとは?違法や損害賠償に発展する可能性もある問題である

採用活動では多くの内定辞退が発生しており、企業も採用予定数よりも多くの内定を出す現状です。企業側からの内定取り消しについては、合理的な理由がない場合には違法として損害賠償問題に発展する可能性もあるため、判断には慎重になる必要があります。今回は内定取り消しにおけるメリット・デメリットについて説明します。