記事カテゴリー

「 採用 」一覧

少子化に伴う労働力人口の減少や、正社員が不足している企業比率の増加などから、人材の獲得競争が激化しており、今後しばらくは続くものと予想されています。定年を迎えて退社する人員の補充だけでなく、新卒採用・中途採用のともに3年以内の離職率が30%を上回っており、人材採用の重要性と難易度が高まっています。

採用では、人材の見極めだけでなく採用選考プロセスを通じて入社意欲を高める取り組みを実施することも重要です。採用したいと思った優秀な人材は、複数社から内定をもらっていることが多く、その中でも自社を選んでもらえるための仕組みを採用選考プロセスに導入することが大切です。

採用カテゴリーでは、面接やグループワークなどの採用選考プロセスだけでなく、内定承諾や内定者フォローなどの内定辞退を防止する施策、海外では実績があるが日本ではあまり実績がなく、今後流行るかもしれない採用手法などについて説明します。

グループワーク 内定承諾 内定者フォロー 採用手法 適性検査 面接の仕方 採用コスト 面接手法 面談

面接官トレーニングで面接のスキル・精度を向上させる方法とは?

面接官の研修・トレーニングとは、面接の手順や質問の仕方、心構えや注意点など、面接のスキルアップを図る訓練です。面接で優秀だと思って採用した人材が入社後に活躍していない、早期離職してしまうなどの課題がある場合は、面接官研修・トレーニングで面接スキルの底上げを図ってみてはいかがでしょうか。

親子就活とは?実施される背景と企業はどう対応すべきなのか

親子就活とは学生の就職活動に保護者が積極的に関与・干渉して、親子で協力して内定獲得を目指すことを意味する言葉です。企業に伝えられた内定辞退の理由には建前が含まれている可能性がありますが、実際に内定を促す場合があると答えた親が5人に1人以上いることから、内定辞退を防止するためには親へのフォローが必要になってきています。今回は親子就活に対して企業はどう対応すべきかについて説明します。

リファレンスチェック後の内定取り消しは可能なのか?

採用選考の段階で経歴や実績を「盛って」話す人は、実のところ決して少なくありません。経歴詐称などが発覚すると、最悪の場合は会社の信用問題にも発展するケースもあり、情報の信ぴょう性を確認することが大切です。そこで行われるのがリファレンスチェックです。しかし、内定者のリファレンスチェック後に何らかの詐称が発覚した時、内定取り消しとして大丈夫でしょうか?この記事では、法的な内容も視野に入れつつ解説します。