記事カテゴリー

「 採用 」一覧

少子化に伴う労働力人口の減少や、正社員が不足している企業比率の増加などから、人材の獲得競争が激化しており、今後しばらくは続くものと予想されています。定年を迎えて退社する人員の補充だけでなく、新卒採用・中途採用のともに3年以内の離職率が30%を上回っており、人材採用の重要性と難易度が高まっています。

採用では、人材の見極めだけでなく採用選考プロセスを通じて入社意欲を高める取り組みを実施することも重要です。採用したいと思った優秀な人材は、複数社から内定をもらっていることが多く、その中でも自社を選んでもらえるための仕組みを採用選考プロセスに導入することが大切です。

採用カテゴリーでは、面接やグループワークなどの採用選考プロセスだけでなく、内定承諾や内定者フォローなどの内定辞退を防止する施策、海外では実績があるが日本ではあまり実績がなく、今後流行るかもしれない採用手法などについて説明します。

グループワーク 内定承諾 内定者フォロー 採用手法 適性検査 面接の仕方 採用コスト 面接手法 面談

採用工数を削減する方法とは?今すぐ改善すべき5つの採用プロセス

売り手市場かつ人手不足は、人事部門においても問題が発生しています。新たな採用手法の出現や母集団形成の難しさから、採用工数は増加し続けている一方で、人事部門の人手不足により、従来と同じやり方では採用活動を成功させることが難しくなっています。今回は採用工数を削減する方法として、5つの採用プロセスに焦点を当てて説明します。

学歴フィルターとは?現状や目的、活用するメリット・デメリットについて

採用における学歴フィルターとは、企業側が学歴(学校名や学部・専攻など)によってランク付けして、応募可否や選考合否の際に応募者を絞り込むことです。本記事では、学歴フィルターの日本企業における現状と学歴でスクリーニングするメリットやデメリットを解説します。

新卒・中途採用共通の面接の質問集とは?必須項目を押さえよう

採用面接実施後、面接官によって評価にばらつきがあり、合否決定にパワーがかかったり、組織へのマッチ度が低い人材が入社するなどの課題を抱える人事担当者は少なくありません。本記事では、新卒・中途に関わらず採用面接全般で共通した、面接官のための質問集を紹介します。

中途採用の面接質問集とは?転職者の本質を見抜く質問例と意図について

中途採用における面接でも、面接を実施したあと、面接官によって評価にばらつきがあり、組織へのマッチ度が低い人材が入社してしまうなどの課題を抱える人事担当者は少なくありません。本記事では、転職者やブランクがある人の本質を見抜くのに役立つ、中途採用ならではの質問集を紹介します。