記事カテゴリー

「 採用 」一覧

少子化に伴う労働力人口の減少や、正社員が不足している企業比率の増加などから、人材の獲得競争が激化しており、今後しばらくは続くものと予想されています。定年を迎えて退社する人員の補充だけでなく、新卒採用・中途採用のともに3年以内の離職率が30%を上回っており、人材採用の重要性と難易度が高まっています。

採用では、人材の見極めだけでなく採用選考プロセスを通じて入社意欲を高める取り組みを実施することも重要です。採用したいと思った優秀な人材は、複数社から内定をもらっていることが多く、その中でも自社を選んでもらえるための仕組みを採用選考プロセスに導入することが大切です。

採用カテゴリーでは、面接やグループワークなどの採用選考プロセスだけでなく、内定承諾や内定者フォローなどの内定辞退を防止する施策、海外では実績があるが日本ではあまり実績がなく、今後流行るかもしれない採用手法などについて説明します。

グループワーク 内定承諾 内定者フォロー 採用手法 適性検査 面接の仕方 採用コスト 面接手法 面談

採用目標の管理方法とは?KPIの数値管理で目標達成に繋がる!

採用目標とは採用のゴール設定をすることです。採用のゴールを設定して目標達成の有無を確認するだけでは、自社の課題発見に繋がらずに来年の採用活動に活かすことができません。採用目標における進捗率などを管理し、適宜改善を行っていくことが大切です。今回は採用目標の管理方法について説明します。

面接回数が多いメリット・デメリットとは?選考・内定辞退防止のポイント

面接の回数が多いと日程調整などの労力は増えますが、応募者との相互理解を深められ、早期活躍を期待しやすいという面もあります。本記事では、面接の回数が多いメリット・デメリットと選考期間が長引くことによる選考・内定辞退を防止するポイントを解説します。

採用目標とは?設定する意味やメリット、活用する注意点について

採用目標とは採用のゴール設定をすることです。採用目標を設定することで、目標までの到達率が可視化されるだけでなく、何が悪かったのかが分かることで、今後の改善にも活用できます。今回は採用目標について、そもそもなぜ目標を立てる必要があるのか、目標を立てることにどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

面接回数が少ないメリット・デメリットとは?回数を減らす方法について

多くの企業で、面接は2回以上実施されています。現在は、面接回数が減少傾向にあります。面接回数を減らすことで、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?本記事では、面接の回数が少ないメリット・デメリットと、面接の回数を減らす方法について紹介します。

面接の平均回数とは?面接で見極めるべき項目や目的、設計方法について

面接は99%の企業で用いられる採用選考プロセスの一つです。面接回数が1回のみの企業は少数であり、多くの企業が2回以上の面接を実施している一方で、面接回数が減少傾向にあります。今回は、平均的な面接回数や、面接回数ごとに見極める項目や目的の具体例について説明します。

採用計画とは?意味や計画を立てる目的、メリットと注意点について

採用計画とは、人材の採用、異動、配置するための計画のことで事業計画達成に重要として多くの企業で導入されています。採用計画を立てるためには、目的を明確にして、注意点などを理解することが大切です。今回は採用計画の意味や目的、メリットについてお伝えします。